今日の一言:200本の時にはなにしようかな  (10/27)

あ、悪魔たん 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

IMG_20161202_214044


※菫さんは喫茶店でアルバイトをしています


菫「新しいケーキ……ですか?」

店長「ええ、新しいコーヒー豆を仕入れるので、セットにする新ケーキを考えてほしいんですが」

菫「しかし、私はあまりそういうのに詳しくないので、考えると言われましても……」

店長「ああ、別にレシピを考えてほしいとかそういう訳ではなくて、こういうのが食べたいな程度で結構ですよ」

菫「は、はぁ……」

店長「常連のお友達の皆さんの意見なんかもいただけると助かります、お手数ですがよろしくお願いしますね」




菫「……というわけなんだが、何か意見くれないか?」

やえ「ケーキって言ってもねぇ……あそこの喫茶店って結構ケーキのメニュー多くなかった?」

真佑子「はい、確か通常メニューだけで十個くらいあったような」

ハオ「それに加えて日替わりセットもありますからね、それだけで通いつめたくなるくらいです」

菫「そうなんだ、ショートとかモンブランとか、主だったメニューは既にあるから、なかなかアイディアが出なくて」

やえ「……十分じゃないの?」

菫「あのマスターはサービスに対して孤高の求道者みたいなスタンスでいるから、満足することなどないんだ」

やえ「サービスを提供する側が満足しないってよく考えなくても意味分かんないな……」

真佑子「孤高の求道者って言うと俺より強い奴に会いに行く人のイメージしか出てこないんですけど……」

ハオ「マスター(達人)」

菫「あながち間違ってはいないかもな、接客のために分身したりするからあの人」

やえ「ちょっとどころじゃなく人間止めてない?」




菫「多治比はお菓子作るの得意だろ、何かアイディアないか?」

真佑子「た、確かに作りますけど所詮アマチュアという意味ではあまり変わらない気がします」

ハオ「ですが、少なくとも日頃おかゆばっかり作っている私よりは洋菓子には詳しいでしょう」

やえ「今さら中国人らしさをアピールされても反応に困るんだけど……」

菫「私たちよりよっぽど日本人臭いよなこいつは」

ハオ「怎麼了?」 ニコッ

やえ「中国語での笑顔の圧力が怖いからやめい」




真佑子「うーん、新しい豆ってどういうコーヒーなんですか?」

菫「え? ああ、確か名前はエレファント、なんだったか? 酸味と甘みがあるコーヒーだったな」

やえ「調べたらそれっぽいの出てきたけど、これかな? ラオスのエレファントマウンテンっていうやつ」

ハオ「ラオスと言えば象ですからね、それじゃないですか?」

菫「比較的苦くないコーヒーだったから、軽めのあっさりした味がいいかもしれないな」

ハオ「そうですね、甘すぎるとコーヒーのほうが負けてしまいますし」

真佑子「そうするとやっぱりシフォンケーキみたいなものがいいですかね? すみません、ありきたりな意見で」

菫「まぁいいんじゃないか? そういうシンプルな方向性がいいっていう意見だけでも十分だ、たぶん」

真佑子「いや、もうちょっとこうアクセントというか、オリジナリティある意見を言わないと申し訳ない気が……」

やえ「あんたさっき自分でアマチュアって言ってたじゃんか、別に気にする必要ないでしょ」

真佑子「そう、麻雀でもそう、私はいつだって特徴がなく、そして結局カマセになる運命……ふふ……」 ドヨーン

菫「……なんでこいつはいきなりトラウマを発症してるんだ」

やえ「自分で自分の地雷踏みに行くとか器用なことするな……」




ハオ「大丈夫ですよ、心配しないでください真佑子」

真佑子「ハオちゃん……?」 グスン

ハオ「真佑子の噛ませっぷりは天下一品です、自信を持ってください」 肩ポン

真佑子「酷くない?!」

やえ「そっち肯定すんの!?」

菫「なんであえてトドメ刺しに行ったんだ……」

ハオ「人聞きが悪いですね、せいぜいバンジージャンプで躊躇してる人の背中を押したくらいのレベルですよ」

やえ「いやそれ十分悪の所業だかんな!?」

ストレス解消法 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

2011111265619_600


コンコンコン トビラガチャー

胡桃「トヨネ! 朝だよ!」

豊音「ん、む、ぅ……」

胡桃「ほら、早く起きる!」

豊音「……あ、くるみおはよ~」

胡桃「はい、おはよう」

豊音「あとごふん~」 ガバァ

胡桃「!? ちょ、トヨネ離して! 離しなさいってー!」

豊音「ZZZ」 スヤー

胡桃「トヨネーーー!!!」




豊音「みんなおはよ~」 トビラガチャー

塞「おはよ……あれ? 胡桃は? 起こしに行ったはずだけど」

豊音「うん、しっかり充電させてもらったよ~」 キラキラ

塞「はい?」

胡桃「漏電した……」 ズズーン

塞「あっ (たまにトヨネは凄く寝惚けることがあるしやんごとなき事態が起こったのだろうなぁということを察し)」

胡桃「分かってたなら助けてよ!」

塞「いや味噌汁のダシをとるのに忙しかったから私」

胡桃「使ってるのダシの素でしょ!?」

白望「…………おはよう」 トビラガチャー

塞「おはよ、今日はやけにすぱっと起きられたのねシロ」

白望「うん、充電したから」 キラキラ

塞「はい?」

エイスリン「ロウデンシタ……」 ズズーン

塞「なぜ申し合わせもなしに天丼をしてくるのか、コレガワカラナイ」




豊音「あ、そーだ、今日って大学の部室におじゃましていい?」

塞「ん? いいんじゃない? そもそも別に誰が立ち入っても何の問題もないでしょ」

胡桃「まぁ、警備がザルなのはどうかと思うけどね、たぶん誰にも何も言われない気がする」

白望「部活の練習日じゃないから……みんな居るかどうかは分からないけど……」

豊音「今日は休養日だからね~、遊びに行きたいなって!」

エイスリン「!! トヨネ! ズルイ!」

豊音「エイスリンさんも行こうよ!」

エイスリン「キョウ、オシゴト……」 ショボーン

豊音「あちゃ、ごめんねエイスリンさ~ん」

エイスリン「ク、クチオシイ……」

胡桃「どこでそんな口調覚えたのエイちゃん!?」




豊音「というわけで来たんですけど、対木さんだけしか居なかったんだ」

もこ「は、はい……私は今日は午前中じ、授業なかったから……」

豊音「うふふ、でも対木さんが居てくれてよかったよ~」 ナデナデ

もこ「わ、わたしも豊音さんをひ、独り占め、です」

豊音(かわいい)

もこ「と、豊音さん?」

豊音「対木さんは授業どう? 私大学の事はよく知らないから聞かせてほしいな」

もこ「楽しい、ですよ、ちょっと授業中に眠くなったり、しちゃいます、けど」

豊音「あはは、駄目だよー、授業はちゃんと受けなきゃ」

もこ「ふふ、そういう時はミントタブレット、のお菓子をほお張るので大丈夫で、ですよ」 ガシャガシャ

豊音「そ、そのお菓子ってほお張るっていう食べ方するものじゃないような」

もこ「おいふぃ、うぇすよ」 モゴモゴボリボリ

豊音「ハムスターみたいになってるよー?!」




豊音「今日は楽しかったよ~」

白望「……そう、よかった」

豊音「? よかった?」

塞「いや、トヨネって最近大きな試合に出てて気を張りつめてたみたいだからさ」

胡桃「今日遊びに行きたいって言ったから、ちょっと心配してたんだ」

塞「ごめんね、昼間に一緒に居られなくて」

豊音「あ、あはは、みんなには勝てないね」

エイスリン「ダイジョウブ?」

豊音「うん、ありがとう、大丈夫だよ~、対木さんのミントお菓子が凄かったし」 ニコニコ

塞(…………お菓子が凄いって何……??)

胡桃(…………でも聞きにくい……心配してた流れだけに……)

今どきの 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Kdaidanwa


憧「……ねぇ、ちょっとまずいことに気付いちゃったんだけど」

泉「分かっとるて、森垣がお嬢様やのに昨日ドカ盛りラーメンに挑戦してクリアしてもうた話やろ?」

友香「神域ィ!」

憧「いや違うけど!? ていうかアンタ本当に何やってんの!!?」

友香「…………ふと気になって並んだら大変なことになったんでー……」

憧「よかった、まだ後悔できてるだけ魂まで堕ち切ったわけじゃなさそうだわ……」 ホッ

泉「ドカ盛りラーメンは禁断の果実かなんかか」




憧「だ・か・ら! 私が気付いたのはそうじゃなくて! 私たち女子大生よね!?」

泉「そういうことになっとるハズやけども」

友香「なっとることになっとるんでー」

憧「じゃあ! なんで! オシャレとかそういう女子大生っぽい会話を一回もしたこと無いの私たち!?」

友香「…………???」

泉「…………???」

憧「なんでそんな『コイツ何言ってんだ』みたいな顔してんの!?」




憧「だってこの三人でいるときにそういう話した覚えゼロなんだもん」

泉「いや、まぁな、私らも女の子やし、そらそういうのに興味がないわけやないねん」

友香「うん、学科の子たちとはたまにそういう話したりする」

憧「……じゃあなんで」

泉「いや、まぁ別に特に理由はないねんけどな」

憧「……は?」

友香「うん、特に理由はないかも」

泉「いや、むしろ私らもいま言われてみて疑問に思うレベルやでこれ」

友香「んー、本当なんでなんだろ、訳わかんないんでー」

憧「……………………はあああああああぁぁぁぁぁぁ」

友香「ため息すごい」




泉「まぁアレやな、オシャレの話は他の友達でも出来るけど、アホな話できるんは自分らだけやしな」

友香「ああ、それは確かにあるかもしれないんでー」

憧「ええ~? なんかアンタら誰に対してもボケまくってるイメージしかないんだけど……」

泉「おうおうゆーてくれるやんけ、私の乙女力(おとめぢから)溢れるゆるふわトークスキル知らんな?」

憧「したことないっつってんでしょ」

友香「まぁ(頭が)ゆるふわなのは容易に想像できるんでー」

泉「いま凄い大事な部分が略されたような気がするんやけど」

憧「風邪ひかなさそうだしね」

泉「それボカしてるようでいてストレートに馬鹿にしてるやつやからな?」

憧「じゃあいい加減ノースリーブ止めなさいよ……見るからに寒そうだから……」

泉「冬はちゃんと普通の服着てるけど!?」

友香「そんな、泉がノースリーブをやめるなんて怜センパイが太ももフェチ辞めるレベルの事件なんでー!?」

泉「アレレベルなんか私のノースリーブ!?」

怜「先輩をアレ呼ばわりとは偉ろなったもんやな泉ぃ?」

泉「なんでいきなり居てはるんですか先輩!?」

ニックネーム【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ra-men



揺杏「お、須賀京太郎」

京太郎「なんでフルネーム呼びなんすか岩館先輩……」

揺杏「あっはっは、いやいや、なんかちょっと名前呼びが気恥ずかしくてさ」

京太郎「あんまり恥ずかしがってるようには見えないですけどね」

揺杏「ばっ、奥ゆかしい乙女のキモチを分かってねーなぁこいつは」

京太郎「奥ゆかしい乙女? どこに?」

揺杏「お? 戦争か?」




京太郎「第一、名前を呼ぶなんてそんな気にするようなもんでもないでしょ」

揺杏「……女だらけの環境で生きてきたプレイボーイは言うことが違いますなぁ」

京太郎「その言い方なんかすげえトゲありません!?」

揺杏「まぁ実際、高校から専門までずっと女だらけの環境だったからさ、私」

京太郎「え、マジですか、箱入りじゃないですか」

揺杏「イエス! 私 is 箱入り!」

京太郎「ところでそんな箱入りお嬢様の岩館先輩は昨日のディナーに何をお召し上がりに?」

揺杏「背油とニンニクたっぷりのラーメンを」

京太郎「台無しだよ」

揺杏「うちら花子ちゃん先輩たちと一緒に行ったじゃん、ボケたん?」

京太郎「知ってたから言ったんですよ!」




揺杏「じゃあどうやって名前呼ばれたいんだよ~、なんかリクエストある?」

京太郎「リクエストって…… 好きに呼べばいいじゃないですか」

揺杏「んー、じゃあ無難に苗字で?」

京太郎「別に俺はそれでもかまいませんけど」

揺杏「いや、それだと年下は可能な限りあだ名をつけるっていう私の矜持に反するからな……」

京太郎(面倒くさいなこの人……)

揺杏「よし、そんじゃ京太郎の『京』をとって京ちゃんと呼ぼう、これなら他の人とも被ってないし」

京太郎「あー、まぁ確かに大学では被ってませんね」

揺杏「……ん? ってことは大学以外では京ちゃん呼びさせてる奴がいるのか、やっぱプレイボーイじゃーん」

京太郎「なんでさっきからプレイボーイ推しなんですか…… 呼んでるのは幼馴染ですよ、幼馴染」

揺杏「……幼馴染っていうと、あの宮永妹?」

京太郎「え、知ってたんですか?」

揺杏「そりゃまぁ、私も清澄には主にインハイで大変お世話になりましたしぃ?」

京太郎「いやぁ、竹井部長は強敵でしたね」

揺杏「っせぇよ! このプレイボーイが!」

京太郎「だからなんでプレイボーイ呼び推すんですか!?」

命の水 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

toukyousui


数絵「……お疲れ様ですぅー」 トビラガラー

真佑子「お疲れ様、数絵ちゃんどうかした? なんだか目に見えて疲れてるような」

数絵「そうなんですよ真佑子さぁん、もう大変でした……」

恭子「なんやいたずらでもしてたんちゃうん」

数絵「談話室の冷水器が一日何人に使用されてるのかをカウントするためにひたすら観察してました」

真佑子「予想以上に暇人ッ!?」

恭子「何人/ hやったん?」

真佑子「なんで末原先輩は興味深々なんですか!?」




恭子「あんなぁ、自分そういうことばっかりしてるから麻雀部全体が変人の巣窟扱いされんねんで」

真佑子(よかった、興味津々な訳じゃなかった)

数絵「皆さん横にある自販機で飲み物を買っていくので、あまりの不人気っぷりが気になってしまいまして」

恭子「うーん、まぁ普段使われてんのあんまり見ないっちゅうんは確かやけど」

真佑子「そういえば、私もああいう水飲み場は使ったことないですね」

恭子「……え、マジで? あそこの限定って訳やなくて?」

真佑子「はい、自分史上で使ったことないです」

恭子「そういえば多治比ってお嬢様やったわ、いい意味で忘れとった」

数絵「まさか、運動後のぬるーい水道水のうまさをご存じないなんて……」 ドヤアァァ

恭子「まぁ言いたいことは分からんでもないねんけど、なんで自分胸張ってドヤ顔してるん?」

数絵「明日、もう一度ここに来てください、本当の水道水を飲ませますよ」

恭子「それって明日じゃなくて今日じゃだめだったん?」

真佑子「ねぇ、何が数絵ちゃんをそこまで水道水擁護に駆り立ててるの……?」

数絵「まぁ色々理由はありますが、一番気に入ってるのは――――」

真佑子「なんです?」

数絵「値段だ」 ドヤアアァァァ

恭子「ドヤ顔で語った割に貧乏くさい理由」





恭子「というわけで、ほれ、飲んでみー」  ジャー

真佑子「う、は、はい……」

数絵「大丈夫、初めては多少勇気がいるかもしれませんが大丈夫、慣れれば病み付きになりますよ」

恭子「大丈夫って二回言うと胡散臭さ半端ないな」

真佑子「それでは……」 ゴクゴク

真佑子「…………あ、結構おいしいですね、もっと塩素が凄いのかと思ってました」

恭子「まぁ取水する場所にもよるやろうけどな」

数絵「東京の水道水は結構美味しいんですよ、『東京水』って言ってペットで売られてるくらいですし」

恭子「関東人の商魂、結構たくましいな……」

真佑子「ですがこれだったらミネラルウォーター買わなくてもいいですね、十分美味しいです」

数絵「そうでしょう? 思わずシェフを呼びたくなってしまうのでは?」

恭子「…………いや、上水道の事務所にでも行けばええんかそれ」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。基本的に火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。


紺フェスバナー-20150823_224336



記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード