今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

不安の種【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

isu

泉「……先輩」

怜「なんや」

泉「ヒマです」

怜「うだうだやっとるんなら忙しそうな先輩の作業手伝ってくれてもええんちゃう?」

泉「え、園城寺先輩忙しそうには見えないですけどなにやってるんですか」

怜「椅子の木目が迷路に見えるからそれやっとる」

泉「めちゃめちゃヒマやないですか!?」

怜「おかしい…… どうやってもゴールが四方を壁に囲まれた位置に……?」

泉「そらイスやし」




怜「うーん、部室に寄ったらまさか泉しかおらんとは……」

泉「他の先輩方は今日来られないんですかね」

怜「那岐ちゃんも宥姉やんも今日はこーへん言うとったで」

泉「そうですか、何か用事でもあったんかな」

怜「さぁ? それは知らんけど、まぁ部室でぐだぐだと駄弁るよりは優先したいことがあったんやろ」

泉「たいていの事柄は大体それより優先度高なると思いますけどね……」

怜「あれ、そういえばなんで泉部室開けられたん? 鍵持ってへんやろ一年は」

泉「ああ、さっき帰り際の船久保先輩から預かったんですわ」

怜「フナQ帰ったん?」

泉「ええ、なんや絹恵さんと買い物行く言うてましたよ」

怜「あの二人仲ええよなぁ」

泉「まぁ同い年のイトコですからね」

怜「ええねんええねん、そうやって新しい女と新しい恋を見つけていく、素敵なことやないですか」

泉「まるでかつて自分が古い女だったと言わんばかりの言い草」




怜「他の一年はどうしたん?」

泉「森垣と新子ですか? いや、分かんないすね、今日は同じ授業なかったんで……」

怜「…………泉ハブられとるんか、可愛そうになぁ……」

泉「いや違いますけど!?」

怜「強がり言わんでもええよ、先輩として弱音くらいやったら聴いたる」

泉「そんな慈しみを込めた瞳で見つめられてもそんな事実ないですよ!?」

怜「本当に?」

泉「え…… いや、二人とは仲ええですし……」

怜「二人と居る時も無意識に疎外感を感じたり…… 自分の知らん話題で盛り上がっている二人を見たり……」

泉「…………えっと……」




prrr prrr

憧「はいもしもし、泉どうかした?」

泉『あ、もしもし新子!? うちら友達やんな!?』

憧「……………………は?」

泉『まさか私の事ハブったりなんかしてへんやろ、な! な!?』

憧「何があったかは分からんが分かったから落ち着け」




料理の"し"【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

c82d73567c826a85026dca37201a30d8


恵「スーパーに塩とか売ってるじゃん」

京太郎「売ってるな」

恵「あれの商品としての違いがよく分からないんだけど、どういう違いあるのアレ」

京太郎「ああ、まぁ買うときは1kgとかで買うから食べ比べとかできないよな」

恵「結局食塩だと思うんだけど、成分に違いでもあるの」

京太郎「製塩方法の違いはあるよ」

恵「聞いといてなんだけどなんで答えられるんだ……ちょっと気持ち悪い……」

京太郎「本当に聞いといてなんだなお前!?」




京太郎「簡単に言うと、天日塩とイオン交換膜製塩法の二つに分けられるのかな」

恵「……それは……ポイントカードでビニール袋と交換的な……」

京太郎「AEONは関係ないぞ」

恵「その二つって何か違うの?」

京太郎「天日塩っていうのは昔からの、干したり炊いたりして塩にするやつな」

恵「イオンは?」

京太郎「んー、なんて言ったらいいのかな、水と塩分だけ通すような膜を使うことで海水を濃くする方法だ」

恵「えっ、現代化学すごい」

京太郎「高校くらいの化学なんだが」

恵「わ、私文系だったし……(目をそらす」

京太郎「おいおい言い訳か〜〜???」

恵「文科系部活だったし……」

京太郎「関係ねえしそれ俺もだし」




恵「じゃあ岩塩は?」

京太郎「あれはまた別だな、金とか鉄とかみたいに塩を発掘するんだよ」

恵「へー」

京太郎「料理とかで塩の塊をガリガリしてんの見たことない? あれ岩塩だよ」

恵「たぶん見たことないなァ」

京太郎「岩塩と普通の塩だったら直接舐めると結構味が違うから分かりやすいぞ」

恵「料理はちょっと……」

京太郎「料理しろ」

恵「料理する人が料理を作りたいように、私は料理を食べたいのさ」

京太郎「どういう言い訳だよ」

恵「なァ作りたい人」

京太郎「どういうタカり方だよ作らねえよ」



 

あったかお鍋【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Nabe_Kansai_style


恭子「そろそろ鍋の季節も終わりやなぁ」

真佑子「そういえば私、今シーズン食べてなかったかもしれません、お鍋」

やえ「今年って白菜高かったもんなぁ」

恭子「今週末うちで鍋やる? 大きめの土鍋あんで」

真佑子「土鍋って……末原先輩一人暮らしでしたよね? なんでそんなものを?」

恭子「宴会用やな、普段の料理ではほとんど使わんし」

やえ「そういえばあれっていつ買ったの? 大学一年の頃は持ってなかったわよね」

恭子「あれなぁ、一年の冬に友達が持ってきたまま置いてったんやけど」

真佑子「鍋を?」

恭子「鍋を」

やえ「どういう状況なのよ……」

恭子「いやそいつ突然『鍋食いたい』って言い出してな、土鍋なんかない言うたらいきなり無印で買うてきて」

やえ「どんだけ鍋食べたかったのよそいつ」

真佑子「鍋を買う(そのものを)」




やえ「その友達ってあれでしょ、愛宕でしょ?」

恭子「ん? よう分かったな、この話したことあったっけか?」

真佑子「愛宕って……愛宕洋榎プロのことですか」

やえ「いや聞いてはないけど、そんなアホなことするような友達っていったら大概アイツでしょ」

恭子「はは、強く言い返せへんな」

真佑子「末原先輩と愛宕プロが同じ高校だったのは存じてますが、小走先輩ともお知り合いだったんですか?」

やえ「ええまぁ、あいつ結構有名だし」

恭子「高校時代に結構練習試合したことあんねん」

真佑子「あ、そういえば同じ関西でしたね」

恭子「こいつと洋榎、表面上は穏やかに対戦してても内面ムキになって喧嘩みたいに対局しててなぁ」

やえ「あっちがムキになってるだけでしょ!」

恭子「な?」

真佑子「小走先輩、同い年の強い人と打つ時だいたいそんな感じですもんね!」

やえ「あ゛あ゛ん゛!?」

真佑子「ぴいっ!?」 ガガーン

恭子「女子大学生が出しちゃいけない声出とるぞ」




真佑子「愛宕プロって結構末原先輩のお部屋に遊びに来られるんですか?」

恭子「ん? ああ、まぁたまにな、アポなしで突然やけど」

やえ「あんた一回ガツンと言わないとアイツちゃんと分からないわよ」

恭子「まぁ別に迷惑って訳でもないし……」

やえ「あんたねぇ……」

恭子「家に居らへんくて二時間玄関に放置してた事とかあったし」

真佑子「普通に酷い」

やえ「アポなしって言っても流石にその時くらいは連絡来てたんじゃないの?」

恭子「授業中で出るの面倒やったからな、携帯無視して帰ったら玄関先でさめざめ泣いてた」

やえ「普通に酷い」

恭子「流石に悪かったと思ったんやけどなぁ、そのあと鍋作ってやったら機嫌が一瞬で直って困惑したわ」

やえ「どんだけ鍋食べたかったのよそいつ」




すぐおいしい 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

slooProImg_20140829205420


星夏「どうして分かってくれないんですか!」

白望「流石にないと思う」

塞「え、ちょ、どうしたの二人とも」

星夏「あっ、聞いてくださいよ臼沢先輩! 小瀬川先輩の保護者でしょ!」

塞「保護者ではないけど話は聞くから」

星夏「チ○ンラーメンって牛乳で作ると美味しいですよね!?」

塞「流石にないと思う」

星夏「なんで!?」




星夏「チキン○ーメンはお湯で作るもの! そういう固定概念に囚われてるんじゃないですか?」

白望「そもそもチキンラー○ンを食べたこと自体が数えるくらいしかないよ」

塞「ああ、まぁそうかも」

星夏「ええ……もしかして岩手って日本じゃないんですか?」

塞「日本と日本以外の組み分けがおおざっぱすぎない?」

星夏「そんな体たらくでは創業者安藤百福が浮かばれませんよ!」

塞「誰だかわからんけど幸せそうな名前してる」

白望「小瀬川白望は劔谷高校の元部長安福莉子さんを応援しています」

塞「誰!?」




塞「じゃあそこまで言うんなら食べてみる? 噂の牛乳チキ○ラーメンとやらをさ」

白望「ええ……買いに行くとかダルい」

星夏「あ、チキ○ーなら竹井部長が巣にため込んだ食料の中にありましたよ」 ガサガサ

塞「……また久は私物ため込みスペースを作ってるんだ…………」

星夏「まぁまぁ、そのおかげでこうしておこぼれにあずかれたわけですから」

白望「ひ、久だけそんなもの作ってたなんて……ズルい……!!」

塞「羨むな」

星夏「あ、別の棚に牛乳もありましたよ! 誰のか分かりませんが丁度いいですね!」

塞「それは捨てなさい」

白望「……常温保存はちょっと」




白望「ホットミルクって電子レンジで作れるんだね」

塞「湯葉みたいなのできちゃうけどね」

星夏「コンビニにもありますけどね」

白望「それ以上いけない」

塞「……さて、そろそろ三分経つ?」

星夏「まだ30秒待ってくださいよ」

白望「……なんだかんだですっごい楽しんでるように見えるよ塞」

塞「え、ま、まぁそうかもね、実はけっこう気になってる、味」

星夏「ふふ、おいしそうな匂いが漂ってまいりましたよ!」

塞「そろそろでしょ? フタ開けるよ?」

星夏「え、いいんですか? 塞がなくて?」

白望「塞だけに?」

塞「名前の弄り方が雑だよ…… ふた、オープン!」 パカッ

白望「…………」

塞「…………」

星夏「…………おお……」

白望「……塞どうぞ」

塞「いやシロ行きなよ、見た目もシロだしさ」

星夏「見た目は確かにちょっとですけどね、結構美味しいんですよクリーミーで……はいどうぞ」

白望「……ありがとう (小椀なんてこの部室のどこにあったんだろう)」

塞「い、イタダキマース……」 ズルズル

白望「…………あ、結構美味しい……かも」 ズルズル

塞「あー、うん、結構いける、なんかとろみがないシチューみたいな感じする」 スープゴクゴク

星夏「でしょ? まぁたまに食べるなら結構アリって感じですね」 ズルズル

塞「うーん、割とアリかもねこれ……残りの牛乳と○キンラーメン全部使っちゃおうか」

星夏「異議ナーシ!」




― 数日後 ―

久「私のチキ○ー食べたの誰!? 折角トマトジュースとタバスコでチリトマトにしようと思ってたのに!」

まこ「まぁた食べもん持ち込んどったんかい!! ちゅうかなんじゃその異界レシピ!?」

星夏「チリトマト派に食べさせるチキラ○などありはしません! 我々チャウダー派が全て美味しく頂きましたよ!」

まこ「そもそも部室に食べもん置いとくなァ!!!」

白望「ちゃうねん」 ユカニセイザー

塞「……ちゃうねん」 ユカニセイザー




ミドル・クライシス【シノハユSS】

※シノハユの二次創作SSです
※いつも書いてるSSとは趣が異なります
※いつものについてはアバウトをどうぞ
アンケートに【はや慕】のリクエストを頂いたので書きました

bench

 
~ 湯町中 裏庭のベンチ ~

はやり「…………」 ジュースゴクー

はやり「…………」

はやり「…………はぁ」

慕「は、や、り、ちゃーん」

はやり「はやっ!? し、慕ちゃんどうしたの?」

慕「あっ、ごめんね驚かせちゃって、ちょっと見かけたから声をかけただけなの」

はやり「そ、そうなんだ、びっくりしたよ」

慕「お昼ご飯もう食べ終わっちゃった?」

はやり「うん、元々そんなにお弁当大きくないから」

慕「うむむ……その食の細さでなぜそのお胸が……」 ジロジロ

はやり「どこ見てるの!?」




慕「……それで、どうかした?」

はやり「……えっ?」

慕「はやりちゃん、さっきため息ついてたから」

はやり「あー、見られてたかぁ」

慕「そもそもいつも教室でご飯食べてるはやりちゃんが裏庭に出てったっていうのもあったからね」

はやり「ふふ、よく見てるなぁ」

慕「玲奈ちゃんも心配してたよ、しっかり励ましてこいって送り出されたんだから」

はやり「玲奈ちゃん……」

慕「玲奈ちゃん自身は終わってないからって鬼気迫る勢いで次の授業の宿題してたけど」

はやり「…………玲奈ちゃん……」




慕「私じゃ役に立てないかもしれないけど……お話を聞くくらいならできるから」

はやり「うん、ありがとう……」

慕「私じゃなくても、閑無ちゃんだって杏果ちゃんだって、もちろん玲奈ちゃんだっていいんだからさ」

はやり「……これは愚痴なんだけど」

慕「うん♪」

はやり「(嬉しそうだなぁ……)……私ってアイドル活動をしているでしょ」

慕「当代一のアイドルだよ!」

はやり「はは、ありがと、でも最近なんだか足踏みしちゃってさ」

慕「……足踏み?」

はやり「お仕事も色々やりたいと思ってるんだけどね……あんまり変わり映えがしない気がして……」

慕「うーん、マンネリ感があるっていう事なのかな」

はやり「え、んー…… そう、なのかな……」

慕「でもマンネリかぁ、気付かなかった、はやりちゃんテレビで観ててもすっごくキラキラしてるから」

はやり「え、キラキラ?」

慕「うん! 観るたびにいつも元気をもらってるよ!」

はやり「…………」

慕「……私、あまりアイドルとかに詳しくないけど、はやりちゃんがやってることは凄い事だと思うよ」

はやり「慕ちゃん……」

慕「だから、えっと、その……」

はやり「……ありがとう、慕ちゃん」

慕「えっ、え? 何が?」

はやり「ん、なんだか元気が出たよ、悩んでる暇なんてないよね☆」

慕「あ、☆出た!」

はやり「はややっ☆」

慕「ふふ、完全復活した?」

はやり「うん、また頑張れるよ☆」

慕「私が何か出来たわけじゃないけど……」

はやり「そんなことないよ! アイドルを元気づけられるなんて慕ちゃんはまさにスーパーアイドルだね☆」

慕「そ、そんな……私なんておっぱい大きくないし……」

はやり「……アイドルなんだったらむしろあんまり大きくても困るんだけどな」

慕「おっぱいは大事だよ!!!!!??」

はやり「今日イチ凄い勢いだよ慕ちゃん!?」

慕「おっぱいは大事なことだよ!!!」

はやり「とりあえず大声でおっぱい連呼するのやめてほしいな!」




閑無「…………あいつら裏庭でなにしてんだ……」

杏果「……とりあえずおっぱいおっぱい騒いでるのは聞こえてくるけど」

閑無「……あいつらなにしてんだ…………」




【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード