今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

もっと燃えるがいいや 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kuki

花子「は~、最近クッキー作ってないわ~」

明華「はっはっは、まるで普段から作ってるかのような言い方を」

花子「潜在的に失礼な」

尭深「先輩のおうちってオーブンなどがあるのですか?」

花子「あるよん、実家だし」

尭深「越谷にかまど文化があったとは知りませんでした」

花子「越谷を未開の地みたいな言い方してない!?」




花子「なんか扱い酷くね? 私がクッキー焼いてたっていいじゃん別に」

明華「いえ、そういうつもりでは……」

尭深「普段そういうお話をあまりされなかったので、そういうイメージが出て来なくて、すみません」

花子「そこまで言うなら今度焼いて持ってきてあげよっか?」

明華「それはいいですね! 楽しみにしてます!」

尭深「美味しいお茶を用意して待ってますね」

花子「ふん! 美味しくて手のひらリバースしても知らねーかんな!」

尭深「普通にリバースしたりしないといいんですけどね」

花子「信用なさすぎでは!?」




~ 数日後 ~

花子「ほら、焼いてきた」

絃「え、な、何を? 家?」

花子「酷いな!? クッキーだよ!? 明華たちが欲しいっていうから作ったんだって」

明華「おお、お待ちしてました! さっそくお茶にしましょう!」

尭深「渋めの茶葉用意しておきましたから」 コポポ

花子(お茶淹れるのはええ)

絃「わー、楽しみっ!」

花子「ほら、大目に焼いてきたから人数分あるよ」

明華「ではいただきます♪」

尭深「…………ふむ、これは」

花子「ど、どう? わりとうまく出来た方かなって持ってきたんだけど」

明華「えっと、うん、普通に美味しいです」

尭深「そうですね、普通に」

絃「特に文句を言う隙もなく美味しいね」

花子「なんで文句を言う前提のテイスティングしてんの……?」

尭深「いえ、浅見先輩ならここで一つボケを挟んできてくれるかなと」

花子「なにその妙な信頼……」




代走不在 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

toire


やえ「…………ッ」 タン

智葉(小走の奴……対局中だというのに……集中していない?) タン

誠子(いや、ある意味集中してるというか……鬼気迫る感じではあるけど) タン

ハオ (……というより、これは…………) タン

やえ「……ッ!」 フルフル

智葉(なにか、悲しいような、激情を堪えている……?)

やえ「……これを通らば、リーチ」 タン

智葉「残念だが通らないな、3900もらうぞ」 パララ

やえ「……ッ…………はい、これで終了ね」 カチャカチャ

ハオ「リーチ棒含めてサトハがトップですね、お疲れ様でした」

誠子「……あの、小走先輩どうかしたんですか? なんだかさっきから落ち着きがないような」

やえ「……なんでもないわ、私が最下位だから抜けるから」 ガタッ

ハオ「えっ、はい……」

やえ「……!」 ダッ

誠子「…………小走先輩、なんだかすごく深刻そうでしたね」

ハオ「一目散に部室から出て行ってしまいましたし……」

誠子「辻垣内先輩、どうしたらいいんでしょうか」

智葉「……心配なのは分かるが、あいつが話さないうちはあいつの問題だ、何を悩んでるかは知らんがな」

ハオ「サトハ……」

智葉「歯がゆいだろうが、私たちにできるのはあいつが話してくれることを待つことだろう」

誠子「……そう、ですね」

恭子「ん、なに、小走の話しとるん?」 トビラガラー

ハオ「いえ、なにか思いつめているようで…… 心配していたのです」

恭子「そうなん? さっきトイレからめっちゃスッキリした顔で出てきてたけど」

誠子「ただトイレ我慢してただけじゃないですか!!?」

ハオ「あいつが話さないうちはあいつの問題だ(キリッ」

智葉「ほう、命が惜しくないようだな、卓につけ」

誠子「私はそこまで煽ってないですよ!?」

智葉「末原も座れ、ちょうど空いた」

恭子「うち関係あらへんねんけど!?」



いつも通りの戦場 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

2013040701


~ 栄牌技ホール 選手控室 ~

もこ「こ、こんにちは……」 トビラガチャー

藍子「すいません、姉帯選手は……」

豊音「あっ、対木さん! 百鬼さん! いらっしゃい!」

プロA「あれ、姉帯さんお客さん?」

豊音「はい! チケット渡して招待しました!」

藍子「お招きに与りましてー」

プロB「そっか、お友達だったんだ、よかったー」

もこ「? よ、良かった、って、どういう?」

プロC「いやぁ、豊音ちゃんが男の人を招待したのかと思ってみんなハラハラしてたんだよね」

プロD「ただでさえ天使の豊音ちゃんが男を呼んで堕天しようとしてるのかと」

プロB「こいつぁメチャゆるせんよなぁ~~~!?」

藍子「すげえ、病人しかいない」

プロA「…………向こうの談話室で話してきなさいな、こいつらは試合時間までには現実に戻しておくから」

豊音「は、はい」





藍子「改めて、今日はお招き頂きまして」

もこ「ありがとうござい、ます」

豊音「ふふふ、二人とも来てくれて嬉しいよー」

藍子「さっきの先輩の反応を見るに、誰かを招待するのって珍しかったり?」

豊音「うーん、さえたちは結構来てくれてるけど、先輩たちもそれは知ってるから」

もこ「そ、そうだったんですか」

豊音「それ以外の人を誘うのって久しぶりで、先輩たちが盛り上がっちゃって…… ごめんね」

藍子「いえいえ、私も久しぶりに公式戦が観られて嬉しいですよ」

もこ「ひ、久しぶりの、ポップコーン楽しみ……」

藍子「うん、後で売店に買いに行くから我慢して」

豊音「あ、そっち」




もこ「きょ、今日は豊音さん、先発なん、ですね」

豊音「うん、今日は中堅で出るんだよ~」

藍子「最近中堅で出てるんですよね? もはや栄の中盤エースですよ」

豊音「ふふ、ありがとう、今日も頑張る!」

もこ「す、すごい、豊音さん全然緊張してない……」

豊音「あはは、わたしもプロ三年目だからね~、公式戦の緊張感はちょっと慣れたかな!」

藍子「もことか他の大学に出かけての練習試合くらいでいっぱいいっぱいだもんね」

もこ「う、うん、この間は緊張しすぎて、牌の柄を書き換えちゃった」

豊音「緊張すれば牌の柄書き換え出来ちゃうの!?」

藍子「重なった熱き思いが、世界を希望の未来に再構築する!」

もこ「轟盲牌!」

豊音「意図的にイカサマしてる!?」





もこ「そういえば、今日エイスリンさんは、居ないん、ですか?」

豊音「うん、今日はエイスリンさんはオフだよ、昨日まで連続で出場してたから」

藍子「あ、そういえば連続出場制限ありましたねそういえば」

豊音「だから今日はウチでゆっくりしてるんじゃないかなー?」

藍子「エイスリンプロのためにも負けられませんね」

豊音「うん、エイスリンさんが居ないうちに負けるわけにはいかないからね!」

もこ「じゃ、じゃあ、エイスリンさんが、ず、ずっと休んでいれば理論上は負けない……?」

豊音「どういう理論なの!?」

藍子「沈む前に足を上げれば水の上を歩ける並のガバガバ理論なんだけど!?」




不安の種【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

isu

泉「……先輩」

怜「なんや」

泉「ヒマです」

怜「うだうだやっとるんなら忙しそうな先輩の作業手伝ってくれてもええんちゃう?」

泉「え、園城寺先輩忙しそうには見えないですけどなにやってるんですか」

怜「椅子の木目が迷路に見えるからそれやっとる」

泉「めちゃめちゃヒマやないですか!?」

怜「おかしい…… どうやってもゴールが四方を壁に囲まれた位置に……?」

泉「そらイスやし」




怜「うーん、部室に寄ったらまさか泉しかおらんとは……」

泉「他の先輩方は今日来られないんですかね」

怜「那岐ちゃんも宥姉やんも今日はこーへん言うとったで」

泉「そうですか、何か用事でもあったんかな」

怜「さぁ? それは知らんけど、まぁ部室でぐだぐだと駄弁るよりは優先したいことがあったんやろ」

泉「たいていの事柄は大体それより優先度高なると思いますけどね……」

怜「あれ、そういえばなんで泉部室開けられたん? 鍵持ってへんやろ一年は」

泉「ああ、さっき帰り際の船久保先輩から預かったんですわ」

怜「フナQ帰ったん?」

泉「ええ、なんや絹恵さんと買い物行く言うてましたよ」

怜「あの二人仲ええよなぁ」

泉「まぁ同い年のイトコですからね」

怜「ええねんええねん、そうやって新しい女と新しい恋を見つけていく、素敵なことやないですか」

泉「まるでかつて自分が古い女だったと言わんばかりの言い草」




怜「他の一年はどうしたん?」

泉「森垣と新子ですか? いや、分かんないすね、今日は同じ授業なかったんで……」

怜「…………泉ハブられとるんか、可愛そうになぁ……」

泉「いや違いますけど!?」

怜「強がり言わんでもええよ、先輩として弱音くらいやったら聴いたる」

泉「そんな慈しみを込めた瞳で見つめられてもそんな事実ないですよ!?」

怜「本当に?」

泉「え…… いや、二人とは仲ええですし……」

怜「二人と居る時も無意識に疎外感を感じたり…… 自分の知らん話題で盛り上がっている二人を見たり……」

泉「…………えっと……」




prrr prrr

憧「はいもしもし、泉どうかした?」

泉『あ、もしもし新子!? うちら友達やんな!?』

憧「……………………は?」

泉『まさか私の事ハブったりなんかしてへんやろ、な! な!?』

憧「何があったかは分からんが分かったから落ち着け」




料理の"し"【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

c82d73567c826a85026dca37201a30d8


恵「スーパーに塩とか売ってるじゃん」

京太郎「売ってるな」

恵「あれの商品としての違いがよく分からないんだけど、どういう違いあるのアレ」

京太郎「ああ、まぁ買うときは1kgとかで買うから食べ比べとかできないよな」

恵「結局食塩だと思うんだけど、成分に違いでもあるの」

京太郎「製塩方法の違いはあるよ」

恵「聞いといてなんだけどなんで答えられるんだ……ちょっと気持ち悪い……」

京太郎「本当に聞いといてなんだなお前!?」




京太郎「簡単に言うと、天日塩とイオン交換膜製塩法の二つに分けられるのかな」

恵「……それは……ポイントカードでビニール袋と交換的な……」

京太郎「AEONは関係ないぞ」

恵「その二つって何か違うの?」

京太郎「天日塩っていうのは昔からの、干したり炊いたりして塩にするやつな」

恵「イオンは?」

京太郎「んー、なんて言ったらいいのかな、水と塩分だけ通すような膜を使うことで海水を濃くする方法だ」

恵「えっ、現代化学すごい」

京太郎「高校くらいの化学なんだが」

恵「わ、私文系だったし……(目をそらす」

京太郎「おいおい言い訳か〜〜???」

恵「文科系部活だったし……」

京太郎「関係ねえしそれ俺もだし」




恵「じゃあ岩塩は?」

京太郎「あれはまた別だな、金とか鉄とかみたいに塩を発掘するんだよ」

恵「へー」

京太郎「料理とかで塩の塊をガリガリしてんの見たことない? あれ岩塩だよ」

恵「たぶん見たことないなァ」

京太郎「岩塩と普通の塩だったら直接舐めると結構味が違うから分かりやすいぞ」

恵「料理はちょっと……」

京太郎「料理しろ」

恵「料理する人が料理を作りたいように、私は料理を食べたいのさ」

京太郎「どういう言い訳だよ」

恵「なァ作りたい人」

京太郎「どういうタカり方だよ作らねえよ」



 
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード