今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

クルミゾンハード 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

bb638b80


久「今日の練習だけど、対局前にこのクジを引いて、書いてある命令を実行すること」

まこ「もう既に嫌な予感しかせんのじゃが……」

白望「……ダルい」

塞「無駄だろうことを承知で一応聞くけど、そのクジって拒否権は」

久「引かなかったら私が本人の代行でテキトーに引いてあげるから安心してね」

藍子「安心、安心ってなんだ」


もこ「こういうのは……勢いが、大事!」スッ

久「お、もこちゃん何引いた?」

もこ「え、えーと、『東場はずっと空気イス』……!??」

星夏「単純に辛いやつだこれ」

藍子「もこ、空気イスとか出来るん?」

もこ「た、たぶん無理……!」

久「………もこちゃん」

もこ「ぶ、部長、引き直させて……!」

久「困難に打ち勝ってこそ練習になると思わない?」

もこ「」


まこ「……じゃあ、次はわしが引くか」

久「あら、まこも何だかんだでやる気じゃない、私嬉しいわー(棒」

まこ「あんたのことじゃけえ、どうせ『当たり』があるんじゃろうしな、先に引いたほうが気が楽じゃ」スッ

久「そうね、ところで見た感じそれ『当たり』っぽいクジだけどその中身読んでみてくれる?」ニヤニヤ

まこ「」

胡桃「えーと、なになに、『ネコミミメイド服着用で打牌するたびに「○○だニャン♥」と宣言すること』」

久「当然ツモロンポンチ―カンも語尾ありで宣言してもらうからね」

まこ「なんで条件増えとんじゃ!」

久「メイド服を着なれてるまこならこのくらい朝飯前でしょ?」

まこ「確かに着なれとるのは事実じゃが誤解を生みまくる言い方はやめんか」

星夏「染谷先輩ってコスプレ趣味だったんですか!!??」

まこ「実家の麻雀喫茶で着とっただけじゃから! つーかあんたウチの店に来よったことあるじゃろーが!」

久「ところではい、これネコミミとメイド服ね、早く着けなさい」

まこ「」


塞「え、えーと、じゃあ次は私が……」ドキドキ

星夏(臼沢先輩凄いな、染谷先輩の惨状を見て全く怯んでない)

白望(……いや、塞はたぶん……)

塞「えーと……『チャイナドレス着用』……」

藍子「うーん、語尾とかの条件がないだけ普通……なのかな……」

胡桃「それ感覚が麻痺してるだけだと思う」

久「はいチャイナドレス、塞はお団子だしそういうの似合うわよね」

塞「ええー、チャイナドレスかー、いやーまいったなー」チラッチラッ

星夏(すごい勢いでドレスをチラ見してるし……全然まいってるように見えないんですけど)

白望(塞はコスプレとかそういうの大好きなんだよね、本人は隠したがってるみたいだけど……)

藍子(あんなバレバレなのに隠したがってるとかキャラ設定間違えてませんか)

星夏(設定て)


久「じゃあ次は胡桃引いてね」

胡桃「う、私か……えいっ!」スッ

もこ「な、なんて書いてあったん、です?」

胡桃「えーと……『ラス引いた数×人数分のつけめんを明日の打ち上げで食べ切る』……!?」

星夏「もう普通に罰ゲームですよねこれ」

藍子「しかも明日に持ち越すまさかの時間差攻撃」

星夏「このつけめんって確か、美味しそうだけど普通盛りで1.5人前くらいあるやつですよね」

胡桃「食べてみたいとは思ってたけど……量が多くて尻込みしてたのに……」

藍子「よかったじゃないですか、クジを引いたせいにできて」

もこ「んんんんんんんっ!」

星夏「へへへ おい、取り皿を用意しろ。みんなでシェアしてやる」

胡桃「耐えなきゃ……!! 今は耐えるしかない……!!」

藍子「鹿倉先輩がノってくれたのはいいんだけど、このネタ明日の本番にとっとけばよかったね」

星夏「ちょっとここで消費するにはもったいなかったですよね」

もこ「時間差攻撃……!恐ろしい子……!」

胡桃「ネタにノったのに急に真面目になるのやめてよ!!」


^ ^
まこ(ネコミミメイド)「………こいつらほんまアホじゃな……」

久「wwwwwネコミミメイドwwww似合ってwwるわよwwwまこwwwwww」

^ ^
まこ「いや、一番なんとかせんといけんのはこいつか……」グヌヌ

白望「語尾は?」

^ ^
まこ「……付き合ってられんにゃん」

塞(チャイナ)「……ちゃんとやってあげるんだそれ」


※長くなったので後半に続く

【雑記】咲まとめアンテナ様に登録されました


はい、というわけで、まとめアンテナ様に掲載が始まりました。
うちのブログに言うほど末原先輩出てこない気がするんですけどそれは大丈夫なんですかね。

勢いで申請してしまいましたが、今になってくっそ恥ずかしくなってきましたので、過去の記事がいろいろと修正されるかも知れません。多分明日修正します。

雑記は咲カテゴリに入りませんので、アンテナに載るのはssのみになると思われます。
これからも当ブログを宜しくお願い致します。

10秒チャージ 【咲-Saki- K大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

section01_06

泉「ん、ツモで1300・2600です」

浩子「はい」ジャラ

絹恵「……はい」ジャラ

那岐「……」ジャラ

那岐「………うあー、あー」

泉「なんか部長が奇声上げ始めたんですけど!?」

浩子「いつものことやから安心し」

泉「いやいつも奇声上げてる事実の方が安心できません」

絹恵「聞いたことがある、新免先輩はエネルギーが切れると脳の余計なリソース切って卓に没入する!」

泉「余計なリソースっていうか人間性まで犠牲になってるんですが」


泉「っていうかさすがにちょっと休憩入れません?」タン

絹恵「6半荘くらいぶっ続けで打ってるからなぁ」タン

那岐「うあー」タン

浩子「おお、我らが部長どのは続行の構えを見せとるで」タン

泉「ここではないどこかを見つめてるようにしか見えませんが」タン

那岐「ロン、8000」パタン

泉「そこはしっかり発音するんかい!」

那岐「発声申告はしっかり、が基本だぞ」

泉「説得力皆無なんですがそれは大丈夫なんですかね」

絹恵「ダブリー一発ついとれば倍満やったのに、なんでダブリーかけなかったんです?」

那岐「気づいたときには既に切った後だった」

泉「没入できてませんやんか!」


浩子「はいはい、休憩休憩」

那岐「うう……糖分、糖分を……」

泉「チョコありますけど」

那岐「天使か」モグモグ

泉「天使認定安いっすね……私も食べよ……」

絹恵「んー……はぁ、つっかれたわー…」ノビー

浩子(……絹ちゃんが背すじ伸ばして胸を張ると、ただでさえ暴力的なおもちが大変なことに)

絹恵「ん? 浩ちゃんどしたん?」

浩子「いや、なんでも、ない……」 ギリギリ

絹恵「顔こわっ!?目のハイライト消えてるんやけど!?」

泉「……船久保先輩、その気持ちわかりますよ」

浩子「いや、泉よりはあるから」

泉「慰めようとしたのにこの扱い!」


絹恵「なぁなぁ泉ちゃん、私もチョコあるからひと口ずつ交換せーへん?」

泉「ええですよ、どうぞ」

絹恵「ありがとー」ニコッ

泉(なんやねんこの人……笑顔可愛すぎるやろ……)

浩子(従姉妹で同じメガネながらホンマ色々とズルいと思うわ)

泉(勝手に脳内に割り込んでくんのやめてもらえません?)

那岐(Lチキください)

泉(チョコしかないです)

爽(ビスケットエンターティメント所属の女性アイドルグループ、チョコレは今関係ないだろ!)

泉(『チョコレか』やなくて『チョコしか』としか思っとらんやろ!)

那岐(本当に関係ないな)

浩子(ちゅうか誰やねん今の)

絹恵(三人ともいきなり色んなとこ睨みつけ始めたけどどうしたんやろ)


浩子「しかし、対局途中でガス欠してまうのはちょっと問題ですね」

那岐「うう、昔はそんなことなかったのになぁ……」

絹恵「対局中になんか飴ちゃんとか舐めてたらええんちゃいます?」

那岐「試したことあるんだが、口の中に物が入ってると対局に集中できなくてな」

泉「ガス欠しそうな時だけ食べたらええやないですか」

浩子「それやったら飴よりもっと吸収が早いやつがええやろな、ブドウ糖でも舐めますか?」

絹恵「そういやインハイの時、永水の巫女さんが対局中に黒糖ポリポリしとったな」

泉「あの人は単純に好きで食べてはると思いますけどね」

那岐「ご当地の名産を食べてアピールする広告効果も狙ってるかもしれんが」

泉「観光大使かな?」


浩子「うーん、地元の名産か……部長は岡山やから……」 

那岐「岡山と言えばきびだんごかな、甘いし」

絹恵「対局中に相手がいきなりダンゴ出してモッチモッチ食べだしたら笑ろてまうわ」

浩子「自分で食べるだけじゃなくて、相手に配れば仲間になってくれるかもしれんしな」

泉「桃太郎か!!!」ツッコミビシィ

絹恵「アカンもう新免先輩の見た目が桃太郎にしか見えん」

那岐「ええ……どっちかっていうと二刀流だし宮本武蔵がいい」

泉「どっちかっていうとレベルの話なんすかそれ」

咲SS書きさんに20の質問【雑記】

ah_tom1


こういうのは積極的にネタにするたちなのです。
というわけで咲ワン様からネタをお借りしました。

今後とも咲SS布教活動を宜しくお願いします。私も微々々々力ながら頑張らせて頂きます。


Q1.ハンドルネーム
 もとの

Q2.VIP、SS速報などで使っていた固定ハンドルネームがあったら教えてください
 投稿したことないです

Q3.創作歴を教えてください
 ブログだけは10年くらいずっと書いてましたが、創作はここ2~3ヶ月くらいですかね

Q4.好きな咲SSを教えてください
 シリアス:船久保浩子はかく語りき
 コメディ:原村部長は〜シリーズ
 カオス:ゲンツキ・ホーwwww
 エロス:んほー
 いわゆる京太郎SSも好きです(あんまりこういう区分をするのは好きではないですが)

Q5.咲-Saki-以外で好きな作家・作品を教えてください
 書き切れないですが、とりあえず4コマ漫画とか好きです

Q6.咲SSを書きはじめたきっかけを教えてください
 大学のことを書いた咲SSってあんまり無いなと思ったので

Q7.いまも咲SSを書いていますか?
 そりゃ…お前…(クワマン)

Q8.咲SSを書いていくうえで抱いた悩みや困った事を教えてください
 文章がゴミすぎてゴミすぎて震える
 あとキャラのコレジャナイ感が出るの良くない兆候だと思う

Q9.Q8の悩み、困ったことは解決しましたか?どんな方法で改善されましたか?
 文章云々は向上心とは別のところで多分永遠に解決しない気がする
 キャラ崩壊は毎回気を付けるくらいしか…(ちょくちょく壊れてるけど)

Q10.いままで書いた作品を教えてください(出来ればリンク付きで)
 創作はこのブログにあるやつだけです

Q11.咲SSを書く時の拘りを教えてください
 4コマ的な起承転結のテンポ

Q12.SSを早く書くコツってありますか?
 ちゃんとオチまでの流れを決めておかないとかえって詰まるから、
 当てずっぽうに状況を始めないようにしようね!(頭を抱えながら)

Q13.面白いSSを書くコツってありますか?
 ぼく「」

Q14.咲-Saki-シリーズで好きなキャラクターを教えてください
 末原先輩とあらたそ〜
 あとは爽くんとか姉帯さんとか京ちゃんとか閑無ちゃんとか

Q15.咲以外で好きなキャラクターを教えてください
 嫁枠で言うならSO2のチサト・マディソンさんとKOFのまりん

Q16.自分が書いた作品の中で一番気に入っているのは?
 毎回記事をアップするたびに「これ今までで一番おもろいわwww」って思ってる感ある

Q17.咲SSにオリジナルキャラを出した事はありますか?
 キャラ崩壊という名の、名前とガワを借りた中身オリキャラという許されざる存在なら何人か

Q18.今後の野望や抱負を教えてください
 規則正しく更新(願望)

Q19.咲SSを書いてきた中で嬉しかった事を教えてください
 感想コメントをもらえると大変嬉しいですね
 こんな場末ブログにありがとうございます

Q20.最後に何か一言
 偉そうに言える立場ではないですが、私みたいに特にバックボーンがなくても思い切りさえあればSSらしきものは書けるので、もっと皆さん書いたらいいのになぁと思います

りぼくるみ【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

クルミ~1

胡桃「おはよ~」

星夏「おはよう……ござ、い……ます?」

胡桃「? どうしたの?」

星夏「……今日の鹿倉先輩なんか可愛いですね」

胡桃「……熱でもあるの?」

星夏「いやだって、可愛らしいもの頭につけて」

胡桃「え? ……ああっ! なんかリボンついてる!? これやったの誰!?」

塞「わ、私は、知らない、けど」プルプル

胡桃「露骨に笑いをこらえてくる……いやらしい……」


白望「……やったのトヨネだよ」

胡桃「朝じゃれてきたあの時か……いまのいままで気付かなかったよ……」シュルシュル

塞「あー、ほどいちゃうのか、可愛かったのになぁ」

胡桃「じゃあ塞につけてあげようか?」ニコッ

塞「お断りします( ゚ω゚)」

胡桃「ちょっと髪型直してくる……」

塞「はい、いってらっしゃい」


星夏「お二人ともお茶どうぞ」

白望「ありがとう……」

塞「ありがと、ん、おいし」ズズズ

星夏「トヨネって姉帯プロのことですよね? 朝からってことは、姉帯プロをお泊めしたんですか?」

塞「あれ、言ってなかったっけ? 私ら三人と、トヨネと、エイちゃん……Aislinn Wishartプロの五人でルームシェアしてるんだよ」

星夏「へぇー、五人とも同じ高校出身でしたよね? 仲がいいんですね!」

塞「シェアを始めた主な理由はダラけるシロの頭をはたくためだけどね…」

白望「みんなもうちょっと大らかに生きるべきだと思う」

星夏「小瀬川先輩の面倒を見てる時点で相当大らかだと思います」


星夏「なにかルームシェアを始めるきっかけでもあったんですか?」

塞「トヨネとエイちゃんがプロに指名されたのはいいんだけど、二人とも、その、色々大変そうで」

白望「……エイスリンは日本に住み始めてまだ二年くらいだったし、トヨネは箱入り娘だったから」

塞「二人とも同じチームに指名されたから、じゃあその近くの大学入って一緒に住むかーってなって」

星夏「イイハナシダナー」

白望「もうエイスリンもトヨネも自活できそうなくらいには世間慣れしてると思うんだけど」

塞「まぁその辺はね……もう離れる理由も特にないっていうか」

星夏「急に倦怠期の同棲カップルみたいなこと言い始めた」

塞「五人でも同棲っていうのかな」

星夏「同棲したことがないのでなんとも」


胡桃「ただいまー」

星夏「あ、お茶飲みます?」

胡桃「ありがとう、ちょーだい」

塞「あはは、いつもの胡桃だ」

胡桃「言っとくけど、ここまで全く指摘してくれなかった二人も同罪だからね?」ジロッ

塞「えー、写真撮ったりしてないだけ許してよー」

白望「エイスリンが密かに写真撮ってたから後で見せてもらえるよ」

塞「やったわ☆」

胡桃「もーーー!! みんなもーーーー!!!」プンスコ

星夏(なにこの可愛らしい生物)
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード