今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

かわいい(かわいい) 【咲-Saki- T大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編の3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

3ef04e45

-  喫茶店  -

カランカラン(入店鈴

菫「いらっしゃいま、せ……」

やえ「……」

誠子「……」 

数絵「……」

真佑子「……」

菫「……こちらの席へどうぞー」

誠子「いやいや! なに見なかったふりしてんですか!」

菫「うるさい! 笑えばいいだろ! 喫茶店でバイトしている私を!」

やえ「お店の中でそんな発言して大丈夫なの!?」

店長「店内はお静かにお願いします」

五人「「「「「アッハイ」」」」」


菫「……お冷をどうぞ」

真佑子「ありがとうございます」

誠子「いつごろシフト終わるんです?」

菫「……あと15分くらいだから待ってろ、終わったら客として座るから」

数絵「終わったら間髪入れずにすぐ駆けつけてくださいよ? 絶対ですよ?」

菫「なんだその念押し」

数絵「可愛い制服のウエイトレスさんを隣に座らせたいという純粋な想いが」

やえ「ゆっくり着替えてからでいいわよ」

菫「そうさせてもらう」

数絵「シット!!!!!」


菫「注文は?」

真佑子「おすすめのケーキはありますか?」

菫「ガトーショコラが甘さ控えめでコーヒーにも合うのでおすすめだな」

数絵「菫さんがケーキの解説してるっていうだけでじんわり面白いんですが」

菫「射るぞ」

数絵「真佑子さんが悪い」

真佑子「流れ矢が!?」ガガーン


カランカラン(入店鈴

菫「いらっしゃいませ、喫煙席と禁煙席どちらをご利用になりますか?」

モブ「禁煙で」

菫「かしこまりました、こちらのお席へどうぞ」


真佑子「……エプロンドレスの弘世先輩、フリフリで可愛らしいですねー」

やえ「思った以上に似合っててびっくりしたわ……何よりあの弾ける笑顔」

誠子「普段の凛々しい表情からは分からなかった、可愛い顔を見せてくれましたね」

やえ「なんで口説いてるみたいな口調なの?」

数絵「その笑顔が我々を認識して一瞬で曇っていく様はまさに芸術であったという」

やえ「こっちはこっちで発想がこの上なくゲスい」


菫「ふう、お前たち待たせたな」

誠子「あ、先輩上がりですか、お疲れ様でーす」

菫「まったく……見つからないようもうちょっと遠くの店にすれば良かったか」

真佑子「いつごろから働き始めたんですか?」

菫「一か月くらい前からだな、そろそろ慣れてきたかという感じだ」

誠子「バイト始めたなら言ってくださいよ、水臭いじゃないですかー」

菫「言ったら絶対大挙してからかいに来るだろ……初めてのバイトだったからそんな余裕なかったし」

数絵「菫さんの初めては喫茶店かー」

やえ「自重」

数絵「はい」


やえ「でもどうして喫茶店なの? 初めてのバイトにはちょっと業務の難易度高いかと思うんだけど」

誠子「そうですね、こう言っちゃなんですけど、時給も普通ですし」

菫「いや、その……別にお金が欲しくてというわけではなくてな?」

真佑子「………制服、ですよね?」

菫「!?」ビクッ

誠子「ああ、可愛い制服に惹かれて始めてたんだ」

真佑子「弘世先輩フリフリのドレスとか密かにお好きみたいですからね! 隠してても私には分かります!」 フンス

やえ「多治比はなんでこんなにテンション高いの」

誠子「真佑子もそういうの好きなんですよ……」

菫「い、いや! 別にそれ目当てで働き始めたという、わけでは、ない、ん、だが

やえ「こっちはこっちですごい勢いで語尾が小声になっていってるんだけど」

数絵「語るに落ちるとはこのことですかね」


やえ「……まぁ、働いてるのを隠したいっていうのなら別に言いふらしたりはしないから」

菫「ほ、本当か!? すまない……」

真佑子「ええー、先輩可愛かったのにー…」

菫「ば、馬鹿! 辻垣内や末原あたりに見られてみろ…… は、恥ずかしすぎて死ぬ……」カァァ///

誠子「あの二人はそれこそ全力でネタにしてからかってきそうですからね……」

数絵「ええ、我々は決してこのことを口外したりはしませんとも、約束しましょう」

菫「本当に頼む……」

数絵「ちなみに、先ほど菫さんが笑顔で料理を運ぶ写真を部内SNSにアップした所、既にコメントがついているようで」

恭子『10回保存したwwwwwwwwwwww』

菫「おい南浦お前ええええええええ!!」襟首ユサユサ

数絵「いや、ちょ、さっきまではまさか隠したがってるとは、思わなかったんで、ちょ、まってくだs」ガクンガクン

誠子「……まぁ、口外はしてないよね、写真アップしただけで」

菫「そんなとんちで許されると思ってるのか! いいから早く消せ!」

数絵「」 ガクンガクン

やえ「気絶してるわね」

菫「南浦起きろおおおおおお!!」

店長「お静かに」

四人「「「「アッハイ」」」」

OBOGに何しに来たんです?と聞くのはやめよう【咲-Saki- K大学麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki- 本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

 a0004920_22172967


七実「邪魔するよーん」

浩子「邪魔するんやったら帰ってー」

七実「はいよー……ってなんでやねん!」

怜「おお、藤白先輩もようやっと関西のノリに馴染んだようやで」

七実「私もともと関西人だけど!? 関西弁じゃないだけだよ!」


絹恵「え、藤白先輩きとるん?」

七実「絹ちゃん久しぶりー」

絹恵「お久しぶりです! 去年、先輩が留年して追い出し会が普通の飲み会になって以来ですね!」

七実「グハァッ!」

怜「藤白先輩が血ぃ吐きよったで!」

浩子「謝れ! 同い年の戒能プロと元々実績で差があった所に大学でさらに色々遠のいた藤白先輩に謝れ!」

七実「ガハァッ!」

絹恵「あ、あの、私が言うのもなんやけどもうそのへんで」


七実「うう、後輩に弄ばれた……」

怜「すんません、元千里山のよしみで許してください」

七実「怜ちゃん本当にイイ性格になったよね……高校一年の時はあんなに儚げだったのに」

絹恵「怜だけに?」

怜「さぶいわー、めっちゃさぶいっすわー」

七実「私がスベったみたいな言い方!?」


浩子「うちは千里山でかぶってた年ないんですけどね、学年的に」

絹恵「それ言うたら私なんか違う高校やし」

七実「まぁ浩子も絹恵ちゃんも監督つながりで大学で会う前から知ってたからねー」

浩子「なぜ私だけ呼び捨てなのか」

七実「prprしたいかしたくないかで区別してるんだよね」

浩子「真顔で変態嗜好をカミングアウトしよったでこの変態」

怜「これ、ちゃん付けされてもされなくてもどっちにしろあんまり嬉しないな」


絹恵「私とかお母ちゃんに『藤白と会うと汚されるから近寄らんとき』言われてましたからね」

怜「だいたいあってるで」

七実「あってないよ!? 出合い頭に絹ちゃんのスカートにもぐりこもうとか流石にしないよ!?」

浩子「とっさに口に出したにしては妄想が具体性持ちすぎやろ」

七実「いや妄想してるだけなら害はないから、綺麗な娘にセクハラするのがちょっと好きなだけだから」

浩子「これ訴えたら勝てる案件ちゃうやろか」

怜「私……高校時代この人に指導受けてたんやで……」


浩子「ほんで、今日はどうしたんです?」

七実「いや、ちょっと報告があってね」

絹恵「報告ですか?」

浩子「ついになんかのブラックリストに載ったとかですかね」

七実「まだ載ってないよ!? そもそも自分じゃ分かんないよそれ!?」

怜「まだ載ってないとか言うてるあたり自覚はあるんかい」


七実「実は……来年大阪ブラックパンサーズから指名を受けることになりました! ようやく私もプロです!」

絹恵「えええ! ほ、ホンマですか! 先輩おめでとうございます!」

七実「ありがとう絹ちゃん、君の豊かなおもちのおかげだよ」

怜「言葉の意味はわからんがとにかくすごい自信やな」

七実「せやろー? 流石やろー?」

絹恵「お姉ちゃんのマネやめ」

七実「はい」

浩子(絹ちゃんのシスコンも治らんなぁ)


浩子「ドラフトまだ結構先やと思うんですけど、内々定もらったんですか?」

七実「あ、信じてないな? こないだちゃんと社長さんと面談もしたんだよー」

怜「面談したうえで藤白先輩を採用するとか仏かなにかか?」

七実「面談の時に『うちも若いころは色々やらかしたもんやで』って言ってた」

怜「奇行的な意味で完全に同類ですやん」

浩子「これの進化系がプロチームのトップなんか……(困惑)」


浩子「まぁなんにせよめでたいですわ、近いうち飲み会でも開きましょうか」

絹恵「ええな! どうせやったらお姉ちゃんとか江口先輩とかも呼んだらどうやろか!」

七実「セーラちゃんかぁ、久しぶりに会いたいなぁ」

絹恵「プロなんやからこれからいくらでも顔あわせるんちゃいますか?」

七実「いやまぁそうなんだけど、なんか向こうがこっちのこと怖がってるみたいだから」

怜「あんたが高校ん時に神出鬼没でセクハラしまくったからやろ!」

七実「セクハラとは失礼な! マンツーマンでいろいろと指導してただけだよ!」

浩子「セクハラの言い訳でよく聞くやつですそれ」

怜「うちと竜華がどんだけ苦労してガードしたと思ってるんや…」

絹恵「江口先輩ってそういうセクハラとかめちゃくちゃ苦手っていうか、恥ずかしがり屋ですもんね…」

怜「純情乙女やからなセーラ」


絹恵「ま、とりあえず飲み会の予定だけでも抑えときましょうか、この土曜とかどないです?」

七実「あ、ごめん、その日は期末考査の再試験あるから無理だわ」

怜「……もしかして、大学卒業のほうは」

七実「ん? まだ確定してないよ? 単位があと30個ほど残ってるから」

浩子「残しすぎやろ! あんた5年生ちゃうんかい!」

絹恵「30てフル単とる勢いなんですけど…」

七実「そこはまぁほら、松山フロティーラの遠征に帯同したりしてたからどうしても授業にはね」

絹恵「松山というよりは戒能プロ目当てですよねそれ」

怜「しかも帯同というからにはホテルとかまでついてってるで」

七実「いやー、最近はホテルでも顔を見られたらすぐ警備員呼ばれたりするから大変なんだよねー」

浩子「やっぱりブラックリスト入りしてるじゃないか(憤怒)」

コレクター魂 【咲-Saki- G大学麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki- 本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

0777d3804c0f6e884b46b4f8cdb3d038


星夏「―――――!!!!」

まこ「……なんで文堂のヤツはプラトーンのパッケージのポーズで固まっとるんじゃ?」

藍子「プロ麻雀カードのパック開けてたからそれじゃない?」

まこ「ええカードでも当たったんか」

星夏「ええカードなんてもんじゃないですよ! 激レア来ましたよ激レア!!」

まこ「うおおたまげたいきなりやる気満々じゃのぉ!?」


藍子「なになに? 誰のカード当たったん?」

星夏「なんと今回のパックの目玉、小鍛治プロの純白ウエディングドレス verです!」

まこ「……小鍛治プロにウエディングドレスをまとわせるたぁ、むごい事をする……」

藍子「カードを売るためなら人は鬼にもなれるんだね……」

星夏「その反応を返すことがそもそもむごい気がしてならないのですが」


藍子「このカードの小鍛治プロの表情やばない?」

まこ「なんちゅうか、悲しみと喜びと諦めが一体になった表情しとるの」

星夏「器用ですよね」

まこ「その一言で済ましてええんかこの闇のオーラ」

藍子「画面は間違いなく純白なのに、この世の全てを呪ってるかのような雰囲気さえあるよね」

星夏「噂では『ちゃんとお仕事しなさい!』ってお母さんに怒られた直後のオファーで断れなかったそうですよ」

藍子「企画を引っ張ってきた代理人、有能」

まこ「ちゅうか、小鍛治プロまだ実家暮らしなんか……確かもうさんjy」

藍子「それ以上いけない」


まこ「にしても、相変わらず文堂はずっとコレクターやっとるんじゃな」

星夏「小学生の時にプロ麻雀カードの第一弾が発売してからずっと集めてますからね」

藍子「え、マジで? すごいね、何枚くらい持ってるの?」

星夏「何枚とか数えたことないですけどね、だいたい1万枚くらいでしょうか」

まこ「バスタブ埋もれるな」


星夏「余りまくったダブりは周りに配っちゃいますからたぶんもっと買ってます」

藍子「銘刈プロのカードを20枚まとめて渡されたときはどうしようかと思ったよ」

まこ「配るにしてももうちぃと考えて配らんか」

星夏「なんか面白いかと思いまして」

藍子「いや確かにちょっと面白かったけども、その後神経衰弱して遊んだけども」

まこ「全部同じ絵柄じゃぞそれ」


藍子「カードもそうだけど、メインのはずのお菓子の方も他の人に配りまくってるよね?」

まこ「うちの部の茶菓子は基本的に文堂提供のせんべいオンリーじゃからな……」

星夏「寄付してるだけですから問題ないですよね?」

まこ「ほいじゃが……飽きがきてな……」

星夏「そんなのすでに私が5年前に通った道ですよ!」

まこ「なぜ胸を張るのか」


まこ「しっかし、ほんにあんたのコレクター魂は筋金入りじゃのぉ」

星夏「なぜだろう、あまり褒められている気がしません」

まこ「若干呆れとるからな」

藍子「ちゃんと麻雀の練習も本気だしなよー?」

星夏「いや出してますって! 出してていつもボッコボコにされてるんですよ!」

藍子「普段の練習ではそうでもないのにカードのパック開けるときだけ開眼してるのは?」

星夏「毎局目を見開いてると疲れるんで」

まこ「おい」

星夏「冗談ですってば、流石に負けっぱなしは悔しいですし」


星夏「……いつかお二人のことも、完璧に負かしてみせますよ」

まこ「……ははは、そいつはなんとも面白い冗談じゃの」

藍子「ふふ、そう簡単には負けてあげないけど?」

星夏「望むところです、手ごわくなきゃ乗り越える意味がありませんから」

藍子「あ、野依プロのホロレア当たった」

星夏「ちょおおお!? その「野依プロ」カード一枚をこのカード全部と交換してください!」アタッシュケースパカー

まこ「……楽しみにせんで気長に待っとるわ」

Y・A・E!Y・A・E!【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki- 本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ


a100da16



数絵「深い意味は無くて単純に聞いてみたいことがあるんですが」

ハオ「そうやって前置きされると嫌な予感しかしないんですが……なんでしょう」

数絵「ハオさんは留学生ですけど、なぜこの大学を選んだんですか?」

やえ「意外にもガチ質問だったわね」

ハオ「特に理由はないんですけどね、智葉からいい学校だとは聞いていましたし」

数絵「それだけでこの大学を選ぶんですか……相当受験が難しい部類の大学だと思うんですけど……」

ハオ「昔から勉強で困ったことないので」

数絵「ぐぬぬ」


やえ「え、ってことは、麻雀留学じゃなくて、大学へ勉強するための留学で来てたの?」

ハオ「形の上で言えばそうですね、実質的には麻雀をするためですけど」

数絵「そもそもウチの大学は国立ですから競技の特待生みたいな制度はありませんよ」

やえ「大学が国立ってこと初めて知ったんだけど」

数絵「設定で決まってるだけでしたから」

やえ「メタすぎる!」

ハオ「カズエのスゴイ=メタイジツ!ゴウランガ!」

やえ「おまえは何を言ってるんだ」


ハオ「まぁ、この選択は間違ってはいなかったと思いますよ」

ハオ「高校時代と比べても着実にレベルアップしている実感があります」

ハオ「それもこれも全て先輩方のおかげですね」

やえ「主に末原のおかげでしょ、私は特に何もしてないわ」

数絵「いえ、かくいう私もやえさんの指導により相当レベルアップしました」

数絵「やえさんにはいくら感謝してもしきれません、正味な話」


ハオ「本当にありがとうございます、やえ」

数絵「やえさん実際スゴイ! しかも素敵滅法超絶美人!」

やえ「ちょ、いきなり何よ! やめなさい!」

数絵ハオ「「こーばっしり! こーばっしり!」」」

やえ「やめろっていってるでしょ!」

ハオ「照れてる顔とても可愛いです」

数絵「やえさんマジ天使! 女神! 結婚したい!」

やえ「……っ///」プルプル


(数分後)

智葉「おつかー……何やってんだお前ら?」

ハオ「やえがあまりに可愛すぎたせいで怒らせてしまいまして」

数絵「女神様のご機嫌をとるために正座で反省しているというわけです」

智葉「ちょっと言ってる意味がよくわからないんだが」

やえ「…っ!///」ナミダメプルプル

ハオ(かわいい)

数絵(かわいい)

智葉(かわいい)

幽霊とはどんな効果だ?いつ発動する? 【咲-Saki- G大学麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki- 本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

skitched-20120525-113920-550x262


藍子「もこー、もこー、どこいったんー?」

もこ「こ、こっち……」

藍子「ちょ、いくら並んでるから席とっといてって言ってもこんな隅っこ?」

もこ「ここしか、あ、空いてなかったから……」

藍子「? 空いてるじゃん、ほら、あそことか」

もこ「あそこ? お爺さんが座ってる、よ……?」

藍子「……え?」

もこ「……?」

藍子「……やっぱテイクアウトにしてもらおうか」

もこ「……そ、そうだね」


藍子「……とまぁ、もこと一緒に行動してるとこういうイベントがですね」

久「」

もこ「て、照れる///」

久「いや褒める流れじゃなかったわよもこちゃん!?」

藍子「あれ、部長はこういう話苦手だった?」

久「得意な人とかそうそういないでしょ! なんか妙にリアリティがあるし!」

藍子「そりゃ実際にあったことだし」


もこ「い、生きてる人との区別がつかない時があって……ちょっと間違えちゃうときがたまに」

久「なんか普段は区別つけられてるみたいに言うってことは割と頻繁に見えてるってこと!?」

もこ「悪さはめったにしない、ですよ……たぶん」

久「やめて! もっと確信をもって否定して!」


久「うう、やめてよ……今夜はもう眠れないかも……」

藍子「なんかエロいセリフですね、体がほてっちゃって的な」

久「恐怖でだけどね!? 冷や汗だけどね!?」

もこ「ぶ、部長は活力のオーラが凄いから、悪い子は寄り付けないから大丈夫、だよ」

久「なんだかよくわからないけど、大丈夫なら良かった……のかしら……」


久「で、でも、もこちゃんと一緒に行動してるとそんなイベントが頻繁に……?」

藍子「稀によくある」

久「どっち!?」

藍子「まぁ、いるのかいないのかわかんないよりは、一緒にいた方が安全だと思いますけどね?」

久「た、確かに一理あるかも……もこちゃん、今日うちに泊まらない?」

もこ「や、やった! 部長の部屋の大きいテレビで映画、み、観てもいい?」

久「……映画って、どんな?」

もこ「せっかく大きいテレビだし……この間借りてきた、リングの日本版とアメリカ版を、観比べてみたい」

久「」
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード