今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

部長の器【咲K大麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki-本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※大学別に面子は固定です


怜「なぁなぁ宥姉やん膝枕してー」 (サワサワ

宥「きゃっ! と、怜ちゃん///」

浩子「先輩、セクハラもええ加減にせんと清水谷先輩に通報しますよ」

怜「フ、フナQそれはあかんわ、一番やってはならんことやで」(カタカタ

憧「怯えるくらいならしなきゃいいのに……」

友香「どういうこと? 怯えるって?」

泉「ああ! ……いろいろ事情があるんや、うん、きっと」

絹恵「この子説明が面倒やからって色々放棄しよったで」



那岐「なぁお前ら…練習、しないのか……」

浩子「アカン、我らが部長様が拗ねてもうてるわ」

怜「那岐ちゃん堪忍やで、これも全て宥姉やんの膝枕が魅力的すぎるのが原因なんや」

宥「ええっ、あったかくないよぉ……」

絹恵「園城寺先輩……ほんまこれが無ければええ先輩やのに……」

憧「本当に膝枕キチよね、いろんな意味で玄を思い出すわ……」

泉「あのドラローさんもこんななんか……しっかりしてそうやのに」



怜「おう、先輩にこんなんとは随分生意気な口きくやないか泉ぃ?」

泉「ひぃ!?」

浩子「これはちいとばかし教育が必要なようやなぁ?」

泉「船久保先輩までなんでいきなりそっち側にまわってるんですか!?」

浩子「残念やったなぁ、トリックやで」

泉「意味わからへん!?」



那岐「………練習……」

友香「先輩、私打ちたいんでー」

那岐「も、森垣……」(パァァ

憧「あたしもー」

友香「もー?」

憧「な、なによ」

友香「いや、なんでもないんでー」

絹恵「じゃあ私らで打ちましょうか」



那岐「後輩はいい子だなぁ……」

絹恵(ボボイーン

友香(ポイーン

憧(ムチッ

那岐「」 (ペターン

那岐「……ちょっとこの面子とは打ちたくない」

絹友憧「「「えっ」」」

浩子「あの部長ちょっとメンタル弱すぎちゃいます?」

怜「おもろいからええやん」

宥「みんな仲良しさんだね~」

探し物はなんですか?【咲大学麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki-本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※大学別に面子は固定です


菫「去年のインカレの牌譜どこにいった?」

恭子「昨日多治比が持っとったの見たけど」

智葉「そういえば今日あいつ見てないな」

誠子「真佑子なら昨夜プロの試合観たら顔面引きつらせすぎて貧血起こしたって休んでますよ」

菫「いろいろツッコミ所しかないんだが?」

恭子「あの顔芸やりすぎると貧血なるんやな」

ハオ「割と新情報ですね」

誠子「顔芸って、せめてリアクションとか言ってあげましょうよ」


菫「仕方ない……ちょっと電話してみようか」

数絵「待ってください!」

菫「お、おう? なんか急に割り込んできたな南浦」

数絵「探し物は往々にして身近に隠れている物……まず部室をよく探してみては?」

菫「む、まぁそうだな、体調が悪い所にわざわざ電話をかけるのも……」

数絵「ちなみに牌譜の束ですが、私がさっきから椅子のクッションにして座っていました」

菫「資料の扱いが雑!? っていうか身近すぎるだろ隠れてる所!」

数絵「鞄の中も机の中も探したけれど見つからないのに?」

菫「お前のお尻の下にあったからな! そりゃ見つからないよな!」


智葉「弘世……いくら部室とはいえ、こんな真っ昼間からお尻お尻と騒ぐのは」

菫「え……これ私が悪い流れなのか……?」

やえ「ちょっと、お尻とか騒いでるの外まで聞こえてるんだけど?」(ガラッ

菫「」

ハオ「すごいちょうどいいタイミングで入って来ましたね」

恭子「流石は王者といったところやな」

誠子「末原先輩さっきから感心するポイントおかしいくないですか?」

森伊蔵を飲んだのは私です【咲大学麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki-本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※大学別に面子は固定です


智葉「森伊蔵が手に入っ」

菫「末原の部屋でいいな? つまみは用意していく」

恭子「アカンわ、この間の大騒ぎで隣に散々文句言われてるからしばらく控えんと」

数絵「もういっそ部室でいいんじゃないですか?」

誠子「いや流石に部室で酒盛りはまずいでしょ」

智葉「お前ら人の話を最後まで聞け」



菫「なんだ、むしろ今の流れで家飲み以外の展開がありうるのか」

恭子「ここまできておあずけは許されへんで」

智葉「店で出してたのが8合ほど余っていて、飲んでもいいと貰ってな」

智葉「私一人で飲むには多めだが、部員みんなで飲むには少々心もとない量というわけだ」

誠子「……つまり、戦って勝ち取れ、強者はすべてが肯定される、こういうわけですか」

菫「辻垣内を含めて三人分といったところか……クク、面白い」

数絵「キャラがブレブレなんですが大丈夫ですか?」



真佑子「うーん、私まだ未成年だしちょっとパスかなぁ」

ハオ「というか数絵も未成年でしょう」

数絵「お酒は飲みませんが、飲み会には参加したい派です」

真佑子「なにその派閥、いやわかるけど」

恭子「ということは、うち、弘世、小走、亦野の四人で二枠の森伊蔵を争うという形やな」

菫「四人で卓が立つな、ちょうどいい機会だ、部長の威厳をもってまとめて叩き潰してくれる」



やえ「森伊蔵って焼酎でしょう?私は別にお酒いらないわよ」

菫「……は?」

誠子「いやいや、小走先輩それは、流石にちょっと」

恭子「今から血で血を洗うデスマッチ麻雀が開幕するっていう流れやったやろ! なんで水差すんや!」

やえ「……え? なんで私辞退してるのに怒られてるの?」

誠子「小走先輩本気ですか!? だってあの森伊蔵ですよ!?」

やえ「いや、だって私そもそもそんなにお酒好きじゃないし」



菫「私たちは酔っ払ってふにゃふにゃしてる小走を見てるととても楽しいんだがな」

やえ「私飲み会で笑いものになってたの!? なおさら勝負する理由なくなったわよ!」

恭子「笑いものちゃうから、赤くなってプリプリ怒って絡んでくる小走をニヤニヤ眺めて和んでるだけやから」

やえ「それを笑いものになってるっていうのよ!」

誠子「小走先輩マジ天使!」

数絵「Y! A! E!」

恭子「Y! A! E!」

やえ「なんか意味不明の合言葉が!」

ハオ「この人たちシラフなのになんでこんなにテンション高いんでしょうか」

智葉「正直誰でもいいからとっとと決めてほしい」

王者の風格【咲T大麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki-本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※大学別に面子は固定です


恭子「おはよーさん」

やえ「おはよう」

恭子「なんや、まだ来てるの小走だけなん?」

やえ「暇人で悪かったわね」

恭子「なんで拗ねるん……部活に熱心なのはええことやん」

やえ「授業午後からだし、下宿先に居てもすること無いから」

恭子「まぁそのへんはうちも同じなんやけどな」


やえ「せっかくだし牌譜の検討会でもする?」

恭子「うちら二人で会なんか?」

やえ「他の面子で理論的に頼れそうなのあと辻垣内くらいでしょ」

恭子「あいつはあいつで色々おかしいやろ……」

やえ「それはまぁ……そうか」


恭子「そういえば小走にちょっと聞いてみたい事あったんやけど」

やえ「何よ突然あらたまって」

恭子「いや、小走って奈良出身やんか? どうして東京の大学に来たんやろって」

やえ「……姫松の大将さんに言われたくはないんだけど」

恭子「うちは単純に学力的にええ大学入ろ思ただけやで」

やえ「え、それだけ?」

恭子「ま、関西は顔見知り多いし、知らない所で経験を積むっちゅうんもあったけどな」


やえ「後者は私も似たようなものかな、大学リーグで一番規模大きいの関東リーグだし」

やえ「……奈良の王者って、つまりは内弁慶ってことじゃない? それを見返したくて」

恭子「別にそんな否定的なニュアンスで呼ばれてる訳やないと思うんやけどなぁ」

恭子「実際あの弘世とか辻垣内とかを押しのけてうちの部のエースポジやん」

やえ「あの二人はダブルス組む事も多いからでしょ……」


やえ「ともかく、私はこっちに武者修行のつもりできている」

やえ「インハイ団体で結果を残せなかったことを気に病んで地元から逃げてきたわけじゃない」

やえ「安心した?」 

恭子「……ちゃうし、別に気遣ったとか、そんなんちゃうし」

やえ「そうね、関西の裏切り者は他人なんか気にしてる余裕無いわよねぇ?」

恭子「」(ビクッ

やえ「なんか関西では悪名高いらしいじゃない? 奈良はともかく大阪から来ると流石に目立つのかしら」

やえ「あ、もしかしてその道連れが欲しかった? だとしたら残念だったわね」


やえ「名門姫松の大将にして頭脳、プロ入りも噂されたほどの人材が関東入りとはなぁ」 (ニヤニヤ

恭子「……ちゃうねん、経験積むために来ただけで、別に関西を裏切ったとかそんなんちゃうねん」

やえ「関西の麻雀部では『末原? ああ、あの東京モンか』で通るらしいわよ」

恭子「」

恭子「……メゲるわ……」

部長さんと副部長さん【咲T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ



菫「………」(PCカタカタ

恭子「………」(PCカタカタ

菫「今度の練習試合の予定なんだが、どこ集合にしてた?」

恭子「お相手の最寄り駅の改札前やったやろ、しおり作っとるから待っとき」

菫「すまん、助かる」


恭子「………」(PCカタカタ

菫「………」(PCカタカタ

恭子「試合のあとは合宿みたいに自由に打つ予定やけど指導者とか呼ばなくて大丈夫やろか」

菫「相手もこっちも素人ばかりじゃないし、上級生がいれば問題ないだろう」

恭子「まぁメンバーの大半3年やし、実質ゆるーい交流戦みたいなもんやしな」

菫「4年の人達も参加してくれると言うし、そもそもそんなに人数が居るわけじゃないからな」

恭子「そもそも成人迎えてる大学生の合宿に保護者必要なんかって話やけど」


菫「っていうか、メンバーの話してて改めて思うんだが」

菫「うちの部ってやたらと強い奴らばかり集まってないか」

恭子「世代の有力選手がなんでか知らんが集まってきとるからなぁ」

恭子「しかも少数精鋭とばかりに他の部員がはいってこーへん」

菫「なんで私が部長やってるんだ……どう考えても分不相応だろ」

恭子「白糸台のシャープシューターさんがなんや言うとるわ」

菫「もうさすがにそれ言われるのちょっと恥ずかしいんだが…」

恭子「さすがチーム虎姫のリーダーだ!」

菫「やめろ」


恭子「まずうちらの世代はうちら二人と辻垣内と小走やけど」

菫「1年の時によく知った顔を部室で見たときは驚いた」

恭子「辻垣内は最初筋モンかと思て顔合わすたび震えとったなぁ」

菫「お前後で対局でカタカタさせられても知らんぞ」

恭子「ところでうちは関西やからあれやけど、弘世って小走の事知っとったん?」

菫「ミドルからずっと活躍して、同世代でもわりと有名だったからな」

恭子「あの王者キャラがか」

菫「まだ何も言ってない」


恭子「で、一つ下に亦野と多治比」

菫「こいつらはまぁ、高校からの後輩&同じ地区の有力選手だから知ってた」

恭子「亦野って弘世のこと慕って来たんちゃうん?」

菫「そんなわけ無いだろ、本人曰く偶然だと」

恭子「ヘイヘイSSSさん照れとるー」

菫「射るぞ」

恭子「冗談やんか……多治比って昔から強かったん?」

菫「三年前のインハイ団体で淡にひき潰されてたな」

恭子「メゲるわ……」

菫「なんでお前がメゲるんだ」


菫「で、1年が南浦とハオ」

恭子「まさか臨海の留学生が進学してくるとはこの末原の目をもってしても見抜けなんだ」

菫「ここまで日本麻雀にドハマリするとは思わなかったそうだが」

恭子「故郷にアへ顔ダブル役満レター送っていくんか……(困惑」

菫「南浦のことは正直よく知らなかったんだがな」

恭子「自己紹介の『出身は長野です』でみんな色々察したわな」

菫「長野は魔境か何かか?」

恭子「知らん、そんな事はうちの管轄外や」


菫「と、まぁ部員たちを振り返ってみたわけだが」

恭子「せやな、とりあえず言いたいことは一つや」

菫「奇遇だな、私も一つだけ言いたいことがあるんだ」

恭子「……」 

菫「……」 

菫恭子「「扱い面倒なやつ多すぎだろ(やろ)」」

菫「まぁ、高校時代に照と淡コンビに手を焼かされた私にとっては言うほどでもないんだが」

恭子「正直その流れでドヤ顔できてるだけ我らが部長もたいがいやぞ」

菫「お前にだけは言われたくない」

恭子「あかん、この流れ口論になって結局作業が終わらんやつや」

菫「……確かにな、さっさと片付けよう」

恭子「………」(PCカタカタ

菫「………」(PCカタカタ

菫恭子((こいつよりはマシだと思うんだけどなー……))
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード