今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

美味しい学食は何でも美味しい 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

carry_gaku

花子「よーす」

京太郎「あれ、浅見先輩、うっす」

花子「珍しいじゃん、学食で会うなんて」

京太郎「あー、まぁそうですね、俺あんまり学食来ないもんで」

花子「それそれ、いつも弁当食ってるじゃん、なんで今日は違うん?」

京太郎「それは――――」

明華「すみません京太郎、お待たせして……おや、花子さん」

花子「おっす」

京太郎「明華先輩に賭けで負けてご飯を奢ることになりまして……」

花子「えー、学食で? 奢り? そんなだからモテないんだよ京太郎」

京太郎「事情も聞かずにいきなり当たりが強くないですか!?」

明華「京太郎はモテないのではなくてモテようとしてないのだと先日自分で言っておりましたよ」

京太郎「なんでそういう余計なことを最適なタイミングでバラすんですか!?」




京太郎「折角奢ろうっていうのに酷いですよ明華先輩……」

明華「ふふ、申し訳ありません」

花子「いやーでも悪いね! 私までごちそうになっちゃって」

京太郎「浅見先輩にまで奢るとは一言も言ってないですけど」

花子「酷い! いくら明華が可愛いからって先輩差別は良くないぞ!」

京太郎「ふふはは! 奢らせたければ賭けで俺がベコベコになるまで勝ってから言ってもらおうか!」

明華「あまり胸を張って強気で言う内容ではないですよ京太郎!?」




花子「っていうか賭けって、何やったの? あまり麻雀部として人様に言えないようなことはちょっと」

京太郎「なっ……」

明華「そんな、花子さんが年長者の威厳のようなものを……?」

花子「年長者だし部の役職もちだし!? 君ら私に対してどんなイメージ持ってんだ……」

京太郎「いや、だって、ねぇ?」

明華「私は花子さんもやればできる子だと信じていましたよ」 ニコッ

花子「……いやそれ保護者目線だよね、完全にやんちゃ坊主扱いしてるよねそれ」

京太郎「はっはっは、なにを馬鹿な、レディをそんな扱いにするなど、紳士の振る舞いではありません」キラッ

花子「まぁ別にいいけど……で、賭けって、なにやったの」

明華「大したことはしていないですよ、どちらが早くレポートを書き上げるか勝負していたのです」

京太郎(スルーされた)

花子「え? 同じ授業で? でも二人学年違うくない?」

京太郎「暇つぶしに取ってた音楽の授業で一緒だったんですよ」

明華「毎年やっているカリキュラムが違うと聞いたので、単位にはなりませんが聴講していたんです」

花子「むしろ音楽とかいう授業があることを初めて知った…… なにソレ、大学でそんなんあんだ」

明華「音楽はいい…… なんとかの生み出したなんとかの極みですよ」

京太郎「先輩、なに一つ情報がない名言になってます先輩」




京太郎「それで、なに食べますか明華先輩」

明華「そうですね…… やはり安定の肉うどんでしょうか」

花子「カレーも結構美味しいよ」

京太郎「ここの食堂ってカレーに異常なこだわりありますよね、ライスもサフランだし」

明華「美味しいのは知っているんですが、量が尋常ではないので……」

京太郎「あー、確かにそうですね、それじゃ俺が注文しますから小皿にでも分けましょうか?」

明華「それはいいですね!」

花子「なんだそのイケメンムーブ、本当にガースーか?」

京太郎「俺は元々イケメンですよ」

花子「イケメンは違うなーあこがれちゃうなー」

京太郎「それほどでもない」

明華「まぁ、それほどでもないというのは確かにそうかもしれませんね」

京太郎「お約束から梯子を外されると困っちゃうんですけど!?」

気疲れに気付かれ 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

tama


菫「あ、あけまして、おめで、とう……」 トビラガララ

真佑子「おめで…… せ、先輩どうしたんですか、なんだか……」

やえ「いつにも増して顔色というかオーラが陰気だけどどうかしたの」

菫「ふふ、その毒舌すら懐かしい……心地よさすら感じるな……」

やえ「アンタなんか気持ち悪いんだけど!?」

真佑子「とうとう罵声で快感を覚えられるようになったんですね先輩! 私はやってくれると思ってました!」

やえ「こっちはこっちで言いぐさが酷いんだけど!?」

菫「とうとうって何だよ! 普段からそんな風に思ってたのお前!?」

 


菫「いや、な、昨日まで正月休みだっただろ」

やえ「そうね、私は奈良帰ってたけど」

菫「我が家には年始の挨拶に来る人が結構いるんだが」

真佑子「そうなんですか、親類の方が多いんですね?」

菫「ああ、まぁ父の仕事関係というか、そんなようなものなんだが……」

やえ「……? いまいち話が見えてこないんだけど」

菫「…………気遣いとお世辞にまみれた会話を年始の三が日ずっと続けていてな……」 ゲンナリ

真佑子「うっわぁ……『かなりお嬢様』すごい……」

やえ「私だったら外に出かけっぱなしにしてるわね」

菫「そういう訳にもいかないんだよ付き合いがあるから…… 本当に参った」 ハァ

真佑子「なんかここまで参ってる弘世先輩を見るの初めてかもしれないです」

やえ「つきあいの長いアンタでも?」

真佑子「ええ、高校時代、大会で私たちの学校と戦ってるときのほうがまだ断然余裕そうな表情でした」

やえ「胸張って言うことじゃないかんな」




真佑子「そ、それじゃあ弘世先輩を元気づけるため、ぱーっと遊びにでも行きましょう!」

菫「いや、私は心配ない、大丈夫だよ、心配かけていたらすまん」

真佑子「ええ、でも……」

菫「気持ちは嬉しいがな、今日はこれから練習だ、じき他のメンバーも来る」

真佑子「そ、そうですか……」

やえ「そうそう、むしろこの機に乗じてタマとったるくらいに思わなきゃダメだかんな」

菫「なんでいきなり業界用語を混ぜてきたんだ?」

真佑子「私はチンピラか何かなんですかね……」

2016/11~12月のアクセス解析 【雑記ネタ】

SSの更新が先走ってしまいましたが、改めましてあけましておめでとうございます。
年初の目標は「更新に穴を空けないこと」です。
いやまさか去年一年ずっと更新を途切れさせないなんて自分でも思ってなかった。

さて、今回はタイトル通りのネタ記事となっております。
10月が含まれてないのは単純に面白くなかったからです(辛辣)
アイツはもう消した!


【2016年11月】
201611

>フェスバイト ツライ

 めっちゃ苦労にじみ出てんな……

>くっころ 菫
 SSSさんがオークに弱そうっていうのは共通見解ですよね(純粋な瞳)

>竹井久 たらし 2016
 2016年も変わらないたらし具合



【2016年12月】
201612
 
>咲 智 憩
 シンプルかよ
 
>咲-Saki- CS
 ABブロックの覇者が集う決勝卓は実質クライマックスシリーズなのでは?(無理やり)

>サティス製薬 小走
 >株式会社サティス製薬(サティスせいやく、英:Saticine Medical Co., Ltd.)は、埼玉県吉川市に本社を置く化粧品、医薬部外品などの製造を行っている企業。
 すごい満足しそうな名前ですね(決闘者並の感想)

>お腹に顔 SS
 ……なるほど、続けて?(話を促す)




とりあえず、咲日和のネリーみたいに智葉さんのお腹の上で寝てみたいなぁと思いを新たにする結果となりましたね。

今年も皆様、何卒よろしくお願い致します。 

いつも通りの年始 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

osyo


久「新! 年! あけおめ!」

塞「年明け早々テンション高いね……」

星夏「大体いつもこんな感じだったような気がしますけども」

久「なぁに? 二人とも気合いが足りてないわよ! そんなので激動の2017年を乗り越えていけるとでも!?」

塞「なんかいきなり勝手に激動の年認定されてる」




星夏「ところで今日って何かあるんですか?」

久「いや? とりあえず部室開けただけだから」

塞「ノープランすぎるよ……」

星夏「まぁ私らも予定がなくて部室に寄ってる時点で人の事は言えませんけどね」

久「白望たちは家にいるの?」

塞「うん、みんな新年会で飲んだくれて騒いでたから、今は疲れでダウンしてるんじゃないかな」

久「へぇ、胡桃までダウンするのは珍しいわね」

塞「酔ったエイちゃんが凄くてね……ふふ……」

久「へ、へぇ……(触れないでおこう)」




星夏「ところで臼沢先輩がピンピンしてるのはなぜなんですかね」

塞「私? 私は料理とか作ってたから飲んでる暇があんまりなくてさぁ」

久「あっ、そ、その、ごめん」

星夏「じゃ、じゃあ今から突発新年会でもやりましょうか!?」

塞「露骨に気を遣ってくるのやめてよ!?」




久「でも新年会って言っても、お酒も何もないわよ」

星夏「お菓子ならあるんですけどね」

塞「お菓子っていうか、ぜんぶ星夏の寄付したプロ麻雀せんべいじゃん……もう飽きたよ……」

星夏「私のほうが飽きてますよ!」

久「威張ることじゃない」

塞「まぁなんでもいいじゃない、コンビニなら空いてるから、何か買いに行きましょ」

星夏「アイス買ってくれたら機嫌直しますよ!」

久「子供か!」

塞「梅酒と一緒に食べると美味しいらしいよ」

久「大人だ!?」

星夏「その前に未成年なんですけど私」

カオスの深淵とか割と気軽に覗ける 【白糸台SS】

※いつものSSとは違う趣のSSです
※即興二次(一時間)で過去に書いた作品のサルベージです
 年末ということで時間がなかったんです許して

※お題:フハハハハ!それはぬめぬめ 必須要素:インドカレー
※クソお題すぎるわボケ

carry



「ねぇ誠子ちゃん、一つ頼みごとがあるんだけど」

「…………なんでしょうか」

「? なんでいきなり敬語になったの?」

「いや、なんとなく良い予感がしなかったからなんだけどね」

「ははは、多分気のせいだよ、うん」

「うわー凄い自信満々に言い切られた」


……私を期待の眼差しで見つめる彼女、渋谷尭深は戦友であり、親友だ。
普段ならこんな改まるまでもなく、お互いに言いたいことを言い合う仲である。

つまり、これから切り出される”頼みごと”とは。
前置きを挟まなくてはいけないほどの「何か」であるということだ。

…………正直逃げたい。


「ダメカナ?」

「ダメダヨ」

くそっ、色々と読まれてる。心とか。


「……はぁ、一体何事? 出来るなら、明日の練習に差支えない感じにしてほしいんだけど」

「やだなぁ、そんなに大変なお願いじゃないよ、料理の味見をしてほしいってだけ」


私でもそう何度も見たことがないような、輝く笑顔で言い放つ尭深。
だが、私は見逃さなかった。可能なら見逃したかった。


彼女の眼鏡の奥で、底知れぬ闇のオーラが渦巻いている様を。


「料理の味見、ねぇ…… また創作料理でもしたの?」

「さすが誠子ちゃん、分かってるね」

「いや、前に尭深が作ったスムージー、控えめに言って酷かったじゃん」

「グリーンスムージーがあるならイエローがあってもいいよね」

「あれ飲んでムーンサイドばりのトラウマ体験してるんだけどね私」


軽口を叩きながら、油断なくじりじりと逃走経路をうかがう。

だが、扉との間はすでに尭深に塞がれている。
腰が低く入ったいいディフェンスだ。なかなか鍛えられている。仙道か。


「……はぁ、分かったから、早く食べさせてよ」

「ふふ、最終的にはノってくれるから好きだよ誠子ちゃん」

「ノってるんじゃなくて逃げ場を塞がれてるんだけどなー……」

「今日はカレーだよ、インドカレー」

「ふーん、インドカレーってことは、色々ごった煮スパイスってことなの?」

「そうそう、最近誠子ちゃん疲れ気味みたいだったからね、元気になってもらおうと」

「え、気付いてたのか…… なんだか恥ずかしいな」

「スタミナの元であるオクラとか納豆とかめかぶとか色々入れてみたんだよ」

「うん、ちょっと待とうか」

「フハハハハ!題してぬめぬめ天国&地獄カレー!!!」

「待ってって言ってるでしょ! っていうかなんで地獄要素入れちゃったの!!?」


まずい、尭深のテンションがアゲアゲ状態になっている。
というかふははははて。マッドサイエンティスト以外の何物でもないぞそれ。


……彼女はたまにこうして奇想天外ラクガキ無用な料理を作りたがる悪癖があったりするのだ。
別に作るだけならまぁ、別にまぁ、最悪いいのかもしれないが、その悪魔合体させた料理の主な被害者たる私にとってしてみれば、この定期イベントはたまったものではない。

たまには淡とかにも食べさせればいいのに、なぜか彼女はいつも毒見役に私を指定してくる。
それが彼女の親愛の証といえば聞こえはいいのだが。
ちょっと友情の形を再確認する必要はあるかもしれない。


「はい、誠子ちゃん、召し上がれ」

「うわー、まじかー…………」

「美味しそうではないかもしれないけど、食べられる食材しか使ってないから」

「せめてもうちょっと食欲が湧く口上を考えてほしかったな」

「はい、あーん」

「」


スプーンの上には混沌しか広がっていない。
まさにカオス。世界中の宇宙物理学者が求めてやまない暗黒物質はここにあった。


……こうなったら覚悟を決めるしかないか。


「……よし…………」


弘世先輩、先立つ不孝をお許しください。
宮永先輩、お菓子が切れたら戸棚の上のお煎餅持ってってくださいね。
淡、あんまり眉毛のこと気にし過ぎると今度は生えてこなくなるから気をつけろよ。


「あ、あーん……」

「…………どう?」






「あ、あれ、普通に……食べられる……?」

「でしょ?」

「まったりしてなくて、それでいてしつこい感じだけど、スパイスが効いているから味は普通のカレーみたいだ」

「やっぱりカレーの包容力は凄いよね」

「食感は最悪だけどな…… これ以上ない程にぬめってるから……」

「玉ねぎとか素で糸ひいてたからね、他のぬめぬめの食材とうまくハマってくれると思ったんだ」

「…………え?」

「え?」

「…………」

「…………」

「腐ってんじゃん! そんなの食わさないでよ!」
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード