今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

2015年11月

【雑記】タイトル画像をいただきました

Twitterでこんな発言をしていたんです。


今思えば欲望にまみれた非常に恥ずかしい発言ですが、この発言を真に受けてなんとシリンさんが作ってくださいました! すげえ!


tKkscf2
(↑クリックで高画質&元サイズになります)

大学編にふさわしいキャンパスっぷりですね!
そして文字色が紺色のあたりにこだわりがうかがえます。
シリンさんありがとう!

というわけで、ヘッダーにあわせてちょっとデザインもいじりました。
どこが変わったかぶっちゃけ分からないくらいの微妙な調整ですが。
ブログタイトルの白文字がダサい件については何卒触れないで頂けますと幸いです。
しゃーないんや……あれ無いとちょっとまずいかなって思ったんや……

というわけで、今後はこのデザインでやっていこうと思います。
できるなら、可能なんだったら、ヘッダー画像シャッフルとかめっちゃ憧れてるんで、えっと、その、皆さん、もっとください。(正直は美徳)

たったひとつの冴えたやりかた 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

4c19332c110631d9808f57d0c8c8e7a2


久「~♪」

久「あ、そうだ、ねぇまこー? まこー?」

まこ「ん、おう、そうじゃな、それじゃわしはそろそろ往ぬるけぇ」

久「おもむろに立ち上がらないでよ!? 流石にちょっとあしらい方適当すぎない!?」

まこ「あんたの思いつきに毎回乗ってたらやっとれんわ」シッシッ

久「くるみー! さえー! まこがなんか冷たい!」

胡桃「割と自業自得じゃない?」

塞「誰だってそー言う、わたしもそー言う」

久「」



まこ「ちゅうか言っておったろうが、今日は午後から実家にもどるけぇ部活は途中で抜けるとな」

久「…………も、もちろん覚えてたわよ!」

まこ「おい今の間」

胡桃「帰るって……実家でなんかあったの?」

まこ「いや、そういうわけじゃないんですがの、たまには店に顔を見せとかんと常連が寂しがるっちゅうか」

塞「ああ、そういえば実家って麻雀喫茶なんだっけ」

久「ふん! せいぜい爺さん達にチヤホヤされてくるといいわ!」

まこ「久が爺さん呼ばわりしとったと皆さんに言うとくわ」

久「いやほんとすんませんした」

胡桃「腰低っ!?」



塞「久もお店の常連さん達と仲がいいの?」

久「うん、まぁ、仲がいいっていうか……」

まこ「ククク、高校時代にさんざん世話になっとるけぇ、頭が上がらんのじゃろ」

久「もう! 実家帰るんならさっさと行きなさいってば!」

まこ「ふふ、それじゃあの、週明けにゃあまた戻ってくる」

塞「達者でね~」

胡桃「お土産楽しみにしてるからね~」

久「二人は二人でなんなの? まこの親かなんかなの?」



塞「しかし、実家の手伝いとはまこも大変だねぇ」

久「まぁ看板娘だから仕方ないわよね」

胡桃「なんで久が気持ち自慢気なの……」

久「まこは私が育てた」

塞「? どういうこと?」

久「あの麻雀喫茶、元々は普通の雀荘だったんだけど、私の発案でメイド喫茶要素を取り入れたのよね」

胡桃「まこ……可哀想に……」

塞「久の毒牙にかかったせいで……」

久「割と本気で失礼ねあなたたち……」



胡桃「で、メイド麻雀喫茶にしたおかげで繁盛するようになったって?」

久「収支で言えば特に変わらなかったみたいね」

塞「完全にただコスプレして終わっただけになってるじゃん!?」

久「ま、結局のところまこにメイド服を合法的に着せたかったっていう?」

胡桃「……悪魔だ、悪魔がいる」

塞(……たぶん本気で知恵を絞って、協力したのが照れくさいんだろうなぁ)

久「……何?」

塞「いや? 別に?」

久「……ふん」

ニワチョコ ~あのひとからのおくりもの~【シノハユSS】

※シノハユの二次創作SSです
※いつも書いてるSSとは趣が異なります
※いつものについてはアバウトをどうぞ


fc29b15a2be4c1e496365255cd5caee5



知代子「…………」 カチカチ 

ポンポンポン! ヒット! ツモ! トイトイドラ1!

知代子「…………」 カチカチ

知代子(んー、和了れたのはいいけど、流石にちょっと何も考えなさすぎたかしら……)

知代子「……」チラッ

時計「もうすぐ日付変わるで」

知代子「はー、もう12時かぁ、そろそろ止めて寝ておきますか……」 セスジノビー

モーイッポフミダセル♪ ワターシマッテタヨー♪

知代子「ん? メッセージ…… 菜緒子から?」ピピッ

菜緒子『来月の土日のどこかでそっちに行くからよろしくね』

知代子「」

知代子「……はぁ」

知代子「……既にこっちに来るのは決定してるのね…………」

知代子「この子は本当にもう、もう……」 ハァ

知代子「……」 メルメル

知代子『私の歓待が受けたいのなら…… 言いたいことは分かりますね?』

知代子「送信、と」 ピピッ

知代子(来月かぁ、15日だったらあの予定延期しなきゃいけないわね……)

モーイッポフミダセル♪

知代子「って返信早ぁ!?」

知代子「まったく……」 ピピッ

菜緒子『さっぱり分からないから行くのやめるわね、さよなら』

知代子「」

知代子「え、ええー……」 ドドーン

知代子『えええええええ意味かんないっすとりあえずず事情の説明を』

知代子「…………」ピッ

知代子 (………なんでこう、私がわたわた振り回される側にまわってるのかしら)

知代子(他の子と話す時はむしろ私が引っ掻き回す方なのに)

知代子(……なんだかペース乱されるわね、もう)

ハーバタイテーオネガイー♪ ギュットチカラヲコメルヨー♪

知代子「っと、今度は電話?」

知代子「……んーと、うん」ピッ

知代子「はい、もしもし、ダコタ・ファニングです」

菜緒子『ダコタ・ファニングに謝りなさい』

知代子「ごめんなさい、宇宙戦争のレイチェル役本当に可愛かったです」

菜緒子『よろしい、それで、何か予定でも入ってた?』

知代子「いや、予定入ってはいないけど、何と言うか、いつも突然よねあなた……」

菜緒子『いつものことでしょ?』

知代子「……ソウデスネ」

菜緒子『貴方が本当に外せない用事で埋まってるっていうなら延期するけど……』

知代子「まぁ、それは大丈夫ですけど!」

菜緒子『そうよね、そう言ってくれるのは知ってたわ』

知代子「……その無駄に高い信頼度には胸を張っていいものか迷うのだけれども」

菜緒子『あなたが4週連続で土日が埋まっているなんて状況がありえないもの』

知代子「ちょっとまってそれ私の交友関係の貧弱さに対しての信頼ってこと!?」

菜緒子『そうね』

知代子「素直にして簡潔にひどい」

菜緒子『で、どうなの?』

知代子「いや、まぁ来るって言うならいつだって空けられますけど」

菜緒子『……そう、良かった、それじゃ15日とかはどうかしら』

知代子「……うん、問題ないわよ、東京駅のいつもの場所でいい?」

菜緒子『……ありがとう』

知代子「? どうかした?」

菜緒子『いや、なんでもないわ、それじゃ詳細はあとでメールするから』

知代子「はいはい、それじゃおやすみ」

菜緒子『おやすみ』ピッ

知代子「………………」

知代子「……はぁ」ベッドボフッ

知代子「…………寝ますかね」

知代子「…………明日、服買いに行こう……」

炎の妖精 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

エコボイラー①


宥「うふふ、絹恵ちゃんあったか~い」ベタベタ

絹恵「もー、あんまりべたべたせんとって下さいよ~」

宥「えへへ、だって絹恵ちゃんあったかいんだもん」ギュー

絹恵「んー、なんでやろ? さっき熱っついラーメン食べたからやろか」

宥「ラーメン?」

泉「さっき一緒に食べに行ってたんですけどね、絹恵さん特盛の味噌バターラーメン食べてましたわ」

絹恵「ちょ、泉ちゃんバラさんとってや!」

泉「いやー、あの量には驚き通り越して感心してもうた……」

宥「へぇー、絹恵ちゃんって結構くいしんぼさんなんだね」ナデナデ

絹恵「は、恥ずかしい……」

宥「ちなみに泉ちゃんは何食べたの?」

泉「私はプリンパフェっす」

宥「ラーメンどころかご飯ですらなくてスイーツなの!?」



絹恵「松実先輩はお昼何か食べはったんですか?」

宥「私はお弁当持ってきてるから」

泉「あ、そうやったんですね」

宥「うん、部室の電子レンジ使ってるんだ」

泉「お弁当って、自分で作ってるとか?」

宥「板前さんにまかないついでに作ってもらってるの」

絹恵「ああ、そういえばご実家旅館なんでしたっけ」

泉「くぁー、美味しいもの食べられるん羨ましいですわ」

宥「わ、私も料理できない訳じゃないんだよ!?  朝が弱くて起きられないだけなんだよ!?」

絹恵「先輩待って、せっかく否定しようとしてるのに別のネガティブな要因に塗りつぶされとる」



泉「松実館かぁ、一度でええから泊まってみたいなぁ」

宥「うーん、繁忙期でなければお友達価格でいいんだけど……」

絹恵「今の時期って結構忙しいんですか?」

宥「今の吉野は紅葉シーズンだからね」

泉「あー、お客さん凄そうやなぁ」

宥「下手すると一年で一番忙しいかも……お客さんが入れ代わり立ち代わりでピストン宿泊状態だよ」

絹恵「うわぁ、ホンマ大変そうですね」

泉(ピ、ピストン、宿泊///// )

宥「? 泉ちゃん、どうかした?」

泉「へ、あ、な、ななななんでもないですよ!?」

絹恵「いきなりどうしたん大声で!?」



泉「え、えっと、オフシーズンに合宿とかで行けたりはできへんのですか?」

絹恵「んー、去年もそういう話あったんやけど、なかなか予定が合わんかったらしくて結局流れてしもてなぁ」

宥「あ、それに関しては今年こそはって皆で頑張って調整してるから、期待してくれていいかもだよ」

泉「おお、ホンマですか」

絹恵「楽しみやなぁ!噂の妹さんにも会ってみたいし!」

宥「私も頑張っておもてなししちゃうからね~」

泉「おもてなしって、ご飯の配膳とかですか?」

宥「いや、私のお仕事はお風呂のボイラーの管理なんだけど」

絹恵「ボイラー!!!??」

泉「ボイラーでおもてなしするってなんです!?」

宥「温度をサービスでマシマシに……」

絹恵「いやいや! 松実先輩基準のお風呂とか湯あたりしてしまいますて!」

宥「あったかいから大丈夫だよ~」

泉「その謎理論マジやべーす」

【雑記】業務報告とかいろいろ


50


管理人の藤宮もとのでございます。
ふじみや、もとのです。

そういやここんとこ雑記書いてなかったなーと思ったので書きます。
まぁ普段の日常ネタなんかは表ブログやツイッターなんかで書いてるので、こっちに今更書くネタがないってのもあるんですが。
そもそもここはSSブログですから、雑記とは本来いらない存在なのでは……?

ちなみに気持ちがちょっと沈んでいるときに書いた文章なので、いつになく丁寧な口語体になっています。
自分で読んでてまじめすぎて面白くなかった。まぁ業務報告兼ねているのでこのくらいでいいか。



●咲ワンneoについて
困った先輩との付き合い方」でエントリーしています。
余談ですが、大学の人達SSでない作品をアップするときはだいたい企画とかにエントリーする時ですね。
 →投票ページ
清き一票をよろしくお願いいたします。
現時点では二位争いがなかなかデットヒート。


●HNに苗字がつきました
単に「もとの」だったんですが、文章に名前を入れると非常に読みにくいことになるので、苗字が追加されました。
特に何か変わるわけではないんですが、業務報告までに。
まぁ「もとの」になる前は別の苗字がちゃんとついてたんですけどね。
とある理由によりエゴサしにくい名前に変えたので若干イライラが募っておりました。
名前の由来は一応あって、一文字ずつ拝借したりしたのですが、どこから取ったとかは聞かないでください。恥ずかしい。
これからも藤宮もとのをよろしくお願いいたします。


●SSが50本突破
いつの間にか突破していました。
おめでとう僕。ありがとう私。
内容に関しては相変わらずすぎるというか、やってることに変化がなさ過ぎて自分でもこれでいいのかと若干心配になりますが、スタイルに関しては当分は変えるつもりがありません。変えるのが面倒だから。
本当は50本のタイミングで有給休暇をとろうと思っていたのですが、なんと忘れていました。
100本のタイミングでは忘れないようにしたいですね(フラグ)


●第二回咲ワンでブービー&その一つ上の順位
そろそろ落ち着いたと思うので触れておきます。
二作品エントリーしましたが、表題の通りの結果となりました。
恐らく二作品エントリー組では合計が最低得票じゃないですかね。やっぱり編リチャホモSS書いとけばよかった。
第一回では10位でしたが、やっぱり全体的にレベルが高かったですね。
色々な作品が読めて幸福でしたし、実力と人気を兼ね備えた方々のエントリーには心が躍りました。
結果に対して特に悔しいとかそういうのは投票が進んでいる段階でも全く感じませんでしたし、むしろ最下位でないためネタにならないじゃねえかという気持ちすらありましたけどね私は。
お祭りなので0票じゃなければ基本的にはそれで満足です。
投票いただきました皆様には最上級の感謝を。
楽しい遊び場がなくなってしまった事に思う部分は多少ありますけどね。まぁそれはそれ。

●咲SSサイト・SSブログの更新停止について
最近更新を停止されるブログやサイトが多いなぁという印象です。
いや、読者の側で皆様の決断を止める権利などそもそも無いんですけどね。趣味の話ですから。
他の趣味に時間を割くためにこちらを止められるというのならなおさら。
僕自身も、現時点では更新そのものが楽しいので続けていますが、マンネリになったらいつかは更新しなくなるでしょうし。
でも、それでも、やはり正直言うと寂しい気持ちはあります。
馴染みのサイトの更新停止・閉鎖というのはいつまでたっても慣れることはないですね。
せめて彼らの前途に、幸多からんことを願います。


内容に関しては以上になります。
さしあたり、12月の中~下旬あたりにリアルの仕事が忙しすぎることが予想されるので、今から戦々恐々としています。
いや書きためしておかないと無理ゲーでしょこれ。メゲるわ。
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード