今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

2016年01月

みかんは色々あるけれど 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

ndyjjyrwkw


怜「那岐ちゃんは身長高いよなぁ」ミカンムキムキ

那岐「言うほど高いか?」

怜「いくつなん」モグモグ

那岐「春の身体測定では168だったな」ミカンムキムキ

怜「いやいや、相当高いほうやろ」

那岐「……どちらかといえば身長より胸が成長してほしかったんだが」ハァ

怜「お? 身長も胸もないウチに対する宣戦布告やんな?」ミカンムキムキ

那岐「言葉を返すようだが、身長はあるのに胸がないっていうのも、それはそれでだいぶきっついぞ」

怜「あー、確かになぁ」モグモグ

那岐「少しはフォローしようとする努力を見せろ」モグモグ



怜「この麻雀部やと宥姉やんとか絹ちゃんがまさに理想の身体しとるわ」

那岐「まぁ、確かにな、あの二人はスタイルが半端じゃないし」ミカンムキムキ

怜「そのうえ太ももの感触も抜群と、まさに言うことなしやで」

那岐「その部分そんなに大事か?」モグモグ

怜「何言うてんの、バスト・ウエスト・ヒップ・フトモモのフォーサイズは基本中の基本や」

那岐「色々言いたいが、とりあえずなんか語呂悪いなフォーサイズって」

怜「ムムーーンンササイイズズへへよよううここそそ」

那岐「だれに はなして いるのだ。」モグモグ



怜「……うーん、みかん食べんのもそろそろ飽きてきたなぁ」

那岐「指とか真っ黄色になってるしな……」ゴシゴシ

怜「みんなで食べればすぐに無くなると思ってんけどなぁ、結局ウチら二人くらいしか食べてへんし」

那岐「なんだ、お前が言い出したんだろ、箱みかん買って部室に置いておこうって」

怜「せやかて、まさか二週間経っても半分しか減っとらんとは思わへんやんか」

那岐「まぁ普段はみんな練習してるわけだしな、そんなに食べようっていう機会がないんだよな」

怜「うーん、このままやと腐ってまうな、どうにかして消費量を上げられんもんやろか」

那岐「ようするに、みかんが食べたくなる環境にしたらいいんだよな」

怜「よし、こうなったら部室にこたつでも設置しよか」

那岐「こたつにみかんか? ずいぶんと安直な……」

宥「それにしよう! そうしよう!」フンス

那岐「うおあぁあどっから出てきた!?」

怜「宥姉やんいつからおったん!!?」

宥「だって……こたつさんは最高だから……」

那岐「有無を言わさない感がすごいな……」

世界が嫉妬する髪へ 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ


wsfrsa


恭子「なぁなぁ、ちょーっと気付いたことあってんけど」

誠子「なんですか?」

恭子「ウチの部って黒髪ロング多くないか?」

誠子「末原先輩がそれに気づいた状況がどんななのかがまず謎なんですが、確かにそうですね」

恭子「部長の弘世はもとより、多治比、南浦と」

誠子「髪型ほどいたら小走先輩と辻垣内先輩も長いですよね、あとハオも」

恭子「普段お団子やけど結構長いわな」

誠子「…………考えてみたら、ウチの部で私達だけですね、黒髪じゃないの」

恭子「な、いまどき髪が原色なヤツも普通におるくらいのはずなんやけどな」

誠子「いや、原色とかは流石に…… 目立ちすぎますし……」

恭子「愛宕洋榎、宮永姉妹、白水哩、大星淡」

誠子「すみませんでした」



恭子「しかもウチの部の連中、そろいもそろって長髪やからな、髪ほどいたら後ろから見分けつかんわ」

誠子「確かに…… 普段はみんな違う髪型してますから分かりやすいですけど、ほどいたら中々ですね」

恭子「多治比はとりあえず能力者連れてきて、威圧すればあの顔するから分かりやすいんやけどな」

誠子「色々突っ込みたいですけど、とりあえず可哀想なんでやめてあげてください」

恭子「辻垣内はあれか、実家の事disれば一発やな」

誠子「その後で生きていられるならそれでもいいんですけどね」

恭子「火消し(隠喩)」



恭子「弘世は背がでかいからすぐにわかるし」

誠子「高校の時、あの背丈でイケメンで本物のお嬢様ときたもんだからファンが凄かったんですよね」

恭子「ああ、話には聞いたことあるわ、弘世様親衛隊やったっけ?」

誠子「ええ…… どんだけその噂広まってるんですか……」

恭子「うちが現役の頃のインハイで既に弘世様って広まっとったで」

誠子「マジすか、うけるー(棒)」

恭子「めちゃくちゃ棒読みやんけ……」

誠子「まぁ、ウチらは本当の弘世先輩を知ってるわけですし、それで特に問題はないんですけどね」

恭子(こいつも大概先輩大好きやな……)



恭子「で、残るのが小走と南浦か」

誠子「うーん、身長が10センチくらい違うんですけど、逆に言うとそれ以外だと……」

恭子「とりあえずなんか面白い事言わせて、ノってくる方が南浦でキレるほうが小走」

誠子「それノってくる方も来る方じゃないです?」

恭子「じゃ他にどんな判別方法あるん?」

誠子「私ならマードックぶつけますよ」

恭子「誰が前田日明潰す時の話しろ言うたんや!」

誠子「ああいえ、どっちかと言うとケンコバ的な意味の方です」

恭子「どっちにしろ意味わからんやろ!」

教えたがり欲 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

misamisathread

久「…………」ニヤッ

久「リーチ♪」

胡桃「…………」タン

もこ「…………」タン

星夏「…………これは?」 トン

久「はい、ざんねーん、ロン、7700ね」 パタタ

星夏「oh…」

胡桃「あー、やっぱ久はそーいう待ちだったかぁ」

星夏「部長の悪魔、もとい悪待ちが炸裂して、終わるころにはズタズタにされた文堂の星夏がいた」

胡桃「鬼! 悪魔! 久!」

久「ちょっと、見事にアガったんだから、少しくらい私を褒めてくれたっていいんじゃない?」

もこ「ぶ、部長の麻雀は、相変わらず、カッコイイ……!!」 キラキラ

久「もこちゃんは本当に素直でいい子ね……!!!」 ブワッ

星夏「泣くほど感動しなくても……」

もこ「あのバシーンって叩き付けるツモは、ちょっと、ドヤ顔で真似するのは恥ずかしいけど……」

久「上げて落としてきた」

胡桃「真似して友達に噂とかされると恥ずかしいし……」

星夏「ラスボスヒロインかな?」



星夏「んー、んむ、ちょっと色々情報を整理したいので一旦休憩にしてもらっていいですか?」

胡桃「おお、やる気勢だねぇ」

久「それじゃあちょっとお茶にしましょうか、もこちゃん、手伝ってもらえる?」

もこ「わ、わかり、ました」

星夏「すいません鹿倉先輩、ここなんですけど、なんか変な捨て方してません?」

胡桃「ああ、これは何となく久から邪悪な気配を感じ取ったから」

星夏「ええ…… それってそもそも部長が邪悪だからっていう、めっちゃ人読みじゃないですか」

久「星夏あとでアツアツのお茶一気飲みの刑ね」

星夏「お茶淹れてたんじゃなかったんですか今の聞いてたの!?」ビクッ



胡桃「まぁ、久だからっていうのはともかく、相手の気配みたいなものを感じ取るのも重要だからね」

星夏「うむむ…… 私はどちらかと言うと、気配とかより事前データを重視してしまうんですよね」

胡桃「それももちろん重要だけど、感覚的な直感を磨くっていうのもまた必要なことだと思うよ」

星夏「なるほど、流石鹿倉先輩! 」

胡桃「い、いや、後輩を指導するのも先輩の役目だからね! このくらい当然だよ!」

もこ(く、胡桃さん、なんだか嬉しそう……?)

久(高校の麻雀部では塞たち5人しか部員が居なかったらしいからね、後輩に飢えてるんでしょ)

もこ(か、かわいい)

久(そう、胡桃かわいい)

胡桃「…………なんだかあの二人から不穏な気配を感じる」

星夏「ええー、なんかめっちゃ役立ってるじゃないですか直感的なヤツ」

導かれしものたち 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

ldg3ayprxactrmkhw90n_400x400


泉「お、森垣やん」

友香「あ、泉と怜センパイ! お疲れ様なんでー!」

怜「おっすおっす、ゆかゆかはいつも元気やなぁ」

友香「へへ、あんたは元気なのが取り柄って憧とかにもよく言われるんでー」

怜「ウチらは物静かで陰気なやつ多いからな、ゆかゆかのパワーが五臓六腑に染み渡るわ」

泉「陰気って自分で言わはるんですか……」

怜「お? 別に 自分のこととは言っとらんで?」

泉「え、ちょ、まっ、え?」

怜「もしかして、ウチのことを陰気でゲスで、紛うことなき人間の屑やと思っとったんか泉ぃ?」

泉「いやそんなことまでは言ってませんけど!?」

友香「私のログには確かにあるんでー」

泉「森垣ィ!?」



泉「というか実際、ウチの部ってそんなに陰気っていうか、物静かな人多いですかね?」

怜「せやかてセーラみたいなん居らんやん、うちの大学」

友香「セーラって、神戸の江口プロのことデス?」

泉「あないに騒がしい人もそうそう居てへんと思いますけど……」

怜「おー、なんや、今日の泉は先輩の悪口ガンガンぶん投げてくるなぁ」

友香「インベタのさらにインを攻めてるんでー」

泉「…………もう好きにしてーなって感じっすわ」

怜「よっしゃ、竜華とフナQにもチクっといたろ」

泉「すんませんすんませんすんませんそれだけは勘弁してくださいホンマ調子乗ってすいませんした」

友香(どれだけトラウマがすりこまれてるんで……)



泉「でも実際江口先輩ですけど、あそこまでにぎやかな人ってなかなか珍しいですよ」

怜「そーかぁ? あんまり意識した事あらへんけど」

泉「いや、園城寺先輩は長い事一緒に居て感覚麻痺しとるだけですて」

友香「確かにインタビューとかでもひたすら喋ってるんでー」

怜「まぁ、確かにそうかもしれへんな、神戸のチームメイトの誰より目立っとるし」

泉「神戸の他の選手って野依プロとかですよね……」

友香「……そっちはそっちで口ベタすぎる?」

怜「セーラはチームメイトにうまく溶け込めとるんやろか…… 目立ちすぎやって陰口されたりとか……」

泉「お母さんかなにか?」



泉「でもそれ、溶け込めるか心配っていうなら園城寺先輩もでしょ」

怜「え、ウチ? なにが?」

泉「だって大学出た後にプロ目指すんですよね?」

怜「せやけど」

泉『今日のヒーローインタビューは園城寺選手です! 素晴らしいうち回しでしたね!』

友香「なんか始まった!?」

怜「ええ、それもこれも試合前に竜華の膝枕でふとももパワーを補充したおかげですわ」キリッ

泉「ほらこれほらぁ! どう考えても放送事故不可避やんか!」

怜「なんや! 膝枕ちゅうんは沐浴とかと同じ、神聖な儀式やぞ! ケチつける気か!」

泉「言ってる事の頭からシッポまで意味不明なんですけど!?」

友香「その前に、竜華って清水谷さんでー? 当然のように一緒のチームにいる前提で話してたんでー」

怜「安心し、すべての極上の膝枕はウチの頭に集う運命にあるんや」

友香「…………なるほどー」

泉「おい、諦めんなや!」

この20ドルで5ドルのリングサイドに入り、残りはおしるこでも買いたまえ 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

oshiruko


やえ「うう、さ、さ、寒い……」ガチガチ

菫「確かに、今日はなかなか冷える朝だな」

恭子「ええ…… そんな震えが止まらんほど寒いか今日?」

菫「スパッツ愛用者は寒さに強く出来てるんだな」

やえ「もう人間じゃないのよきっと」プルプル

智葉「そういえば、雪国の女子高生も吹雪の中で足を出していたりするよな」

菫「なんということだ…… いつまでも女子高生気取りの挙句のスパッツ愛用だったとは……」

恭子「流石に扱いが理不尽過ぎひんか?」



やえ「冗談はともかく、暖房つけていい? っていうかなんで今日暖房ついてないの?」

菫「……(スッ)」

やえ「なによこのプリント…… えー、整備につき全館空調停止のお知らせ!!??」

智葉「……とまぁ、そういうわけだな」

恭子「んー、入口んトコの掲示版にも結構前からそのプリント貼ってあったんやけどな」

やえ「あんなところに貼ってて誰が確認するのよ」

智葉「いや、しろよ」

菫「そもそも今日は活動日でもないし、特に知らせなくてもいいかと思っていたんだがな」

恭子「ったく、お前ら何も用ないのに部室に来んなや」

智葉「人の事言えんだろお前」

やえ「ものすごい勢いでブーメラン突き刺さってるわよあんた」カタカタ



智葉「まぁ、この部室日当たりあんまり良くないからな、陽が昇っても当分冷えたままだと思うぞ」

やえ「くっ、お茶! あったかいお茶飲む!」ブルブル

恭子「お湯沸いてへんけど」

やえ「電気ケトルあったでしょ! 私が水くんでくるから!」

智葉「ケトル、先週南浦がコードふんづけて壊してたろ」

やえ「人災じゃないの! あいつ絶対後でトばす!」

菫「次の練習日は3日後だから、それまで機会はないがな」

やえ「ぐぬぬ、いつも熱っつい風ビュンビュン吹かせてくる癖に、こういう時に限って居ないんだから!」

恭子「そう考えたらあいつエコなオカルト持っとるな」

菫「一家に一台欲しい感じだな」

智葉「いやオカルトを暖房に使うとかいう発想に普通に至れてる時点で頭おかしいからな?」



菫「それじゃ、何かコンビニであったかい飲み物でも買ってくるか?」

やえ「うう、一旦中に入ったらもう外には出たくなかったけど……」

智葉「このまま部屋の中で縮こまってるよりはマシだろ、行くぞ」

恭子「缶のおしるこくらいなら奢ったるで」

やえ「……しょ、しょうがないわね」イソイソ

智葉(……こいつおしるこ大好きか)

恭子(まぁ、いかにも甘いモン大好きって感じやしな)

菫(その期待を裏切らないあたりは流石の王者だな)

やえ「…………なんか、視線が生暖かいんだけど」

菫「気のせいだ(イケボ」

やえ「気持ち悪いわ! さっさと行くわよコンビニ!」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード