※このSSは咲-Saki-本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※大学別に面子は固定です


怜「なぁなぁ宥姉やん膝枕してー」 (サワサワ

宥「きゃっ! と、怜ちゃん///」

浩子「先輩、セクハラもええ加減にせんと清水谷先輩に通報しますよ」

怜「フ、フナQそれはあかんわ、一番やってはならんことやで」(カタカタ

憧「怯えるくらいならしなきゃいいのに……」

友香「どういうこと? 怯えるって?」

泉「ああ! ……いろいろ事情があるんや、うん、きっと」

絹恵「この子説明が面倒やからって色々放棄しよったで」



那岐「なぁお前ら…練習、しないのか……」

浩子「アカン、我らが部長様が拗ねてもうてるわ」

怜「那岐ちゃん堪忍やで、これも全て宥姉やんの膝枕が魅力的すぎるのが原因なんや」

宥「ええっ、あったかくないよぉ……」

絹恵「園城寺先輩……ほんまこれが無ければええ先輩やのに……」

憧「本当に膝枕キチよね、いろんな意味で玄を思い出すわ……」

泉「あのドラローさんもこんななんか……しっかりしてそうやのに」



怜「おう、先輩にこんなんとは随分生意気な口きくやないか泉ぃ?」

泉「ひぃ!?」

浩子「これはちいとばかし教育が必要なようやなぁ?」

泉「船久保先輩までなんでいきなりそっち側にまわってるんですか!?」

浩子「残念やったなぁ、トリックやで」

泉「意味わからへん!?」



那岐「………練習……」

友香「先輩、私打ちたいんでー」

那岐「も、森垣……」(パァァ

憧「あたしもー」

友香「もー?」

憧「な、なによ」

友香「いや、なんでもないんでー」

絹恵「じゃあ私らで打ちましょうか」



那岐「後輩はいい子だなぁ……」

絹恵(ボボイーン

友香(ポイーン

憧(ムチッ

那岐「」 (ペターン

那岐「……ちょっとこの面子とは打ちたくない」

絹友憧「「「えっ」」」

浩子「あの部長ちょっとメンタル弱すぎちゃいます?」

怜「おもろいからええやん」

宥「みんな仲良しさんだね~」