※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ
※twitterでリクエストを頂いて書きましたが、僕には百合が書けないと思い知りました


trickplay3


菫「こんな時間に、電話?」

(カガヤイテー♪ ココイチバーン♪ )

菫「私、こんな着メロだったか……? (ピッ ハイ」

?『私だよ』

菫「その声は……宥か?」

宥「」(アッタカーイ

菫「そのヘブン状態はやっぱり宥だな、いきなり電話くれるなんて珍しいじゃないか」

宥『ふふっ、菫ちゃんお久しぶり』

菫「久しぶりって言ってもお互いメールは頻繁にしてるだろう」

宥『でもやっぱり私は電話でお話しした方が、菫ちゃんを感じられて好きだなぁ』

菫「……そうだな、私もだ」



菫「…………」

宥『…………』

菫「そ、そういえばいきなり電話をかけてきて、何か要件でもあったのか?」

宥『あ、うん、実はね、来週末に東京まで練習試合で行くことになって、その時に会えないかなぁって』

菫「来週末とはずいぶん急だな」

宥『ごめんね、個人の伝手で都合がついた試合だから……急に色々決まったの』

菫「ふふ、私に会うのは試合のついでか?」

宥『も、もう、菫ちゃん意地悪だよ』

菫「ははは、冗談だよ」

宥『意地悪な人にはお土産あげないんだから』

菫「お土産ってなんだ?」

宥『予定では奈良漬を』

菫「クール便の方で送ってくれないかそれ」



菫「で、どこと練習試合するんだ? あ、いや、答えにくいなら答えなくてもいいんだが」

宥『東京のO大学だよ』

菫「あそこか……確か尭深が居たはずだが」

宥『あっちの部長の霜崎さんとうちの部長の那岐ちゃんが知り合いで、今回こういう話になったんだ』

菫「……うちの大学には来てくれないのか?」

宥『え、あれ? インカレ本戦で会おうって言ったの菫ちゃんじゃない』

菫「あ、い、いや、すまん、忘れてくれ」

宥『……うふふ、菫ちゃんって実はけっこう嫉妬深いよねぇ』

菫「し、嫉妬!? ちょっと待て宥、そんなつもりは」

宥『菫ちゃんが心配してることはないから大丈夫だよ~』

菫「だから、違……ああもう、 いい加減からかうのは止めてくれ」

宥『さっき意地悪言われたお返しだよ(ニコッ』

菫(凄くいい笑顔を浮かべている気がする……)



宥『それで、いつ頃なら空いてる?』

菫「ああすまん、話が脱線したな、来週末……の土曜日と日曜日どっちだ?」

宥『試合兼交流会が日曜だから、土曜日がいいかな』

菫「じゃあ土曜日の15時からは大丈夫か?」

宥『うん、わかった、楽しみにしてるね』

菫「集合場所は決めなくていいのか?」

宥『菫ちゃんの部屋に直接行くから大丈夫だよ』

菫「……なぁ、それって」

宥『……寝かせてあげないからね?』

菫「」

宥『うふふ、楽しみだなぁ、菫ちゃんとタイマン99年桃鉄』

菫「寝かせてくれ」

宥『そうだ、ブロックス栄光のスターファイターも持っていこう!』

菫「寝かせてくれ」

宥『ほかに何かやりたいボドゲあったら言ってね! なんとか当日までに揃えておくから!』

菫「寝かせてくれ」