※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ


fasfa


藍子「~♪」

まこ「なんだかご機嫌じゃの」

藍子「え~? そう~? うふふふふ」

塞「ご機嫌通り越して浮かれてるようにしか見えないけど……」

まこ「端的に言うて気持ち悪いぞ」

藍子「ねぇもうちょっと私に対してやさしくなろ?」



塞「もしかして恋人でもできたの?」

藍子「違いますよぉ」

まこ「んー、10円ガムであたりでも出たんか」

藍子「流石にそれでここまでテンション高くなれない」

塞「じゃあ、りんごをかじっても血が出なかったとか?」

藍子「出るのがデフォルトなのか……」

まこ「じゃあ……」

藍子「あの、せめて真面目に寄せていってもらえません?」

塞「いやぁ、不意に大喜利が始まったからつい」

藍子「大喜利て」



塞「で、何があったの?」

藍子「いやぁ、実は携帯を機種変しちゃいましてー」

まこ「ふむ、それでお昼休みはうきうきウォッチングしとったんか」

藍子「いやウォッチングまではしてないけど」

塞「どんなのにしたの?」

藍子「これです」

塞「うわっ、すっごいおおきい……」

まこ「こんなの(ポケットに)入りきらんわ……」

藍子「申し訳ないが下ネタはツッコミがしづらいのでNG」

塞「下ネタにツッコミ(意味深)だなんてダメだよ藍子ちゃん」

藍子「うわー、先輩だけどこの人どつきたい」



まこ「連絡先とかはかわっとらんのじゃろ?」

藍子「うん、まぁSIMカード差し替えただけだから」

塞「そっか、番号もアドレスも変わったわけじゃないのか」

藍子「まぁアプリとかは最初から入れなおしなんで、そこが面倒なんですけどね」

塞「いやいや、昔のやつに比べたら差し替えるだけでいいなんてだいぶ楽だから」

まこ「…………」

藍子「…………」

塞「……え?」

まこ「……臼沢さん、流石に今のは」

藍子「誤解を恐れずに言うならめっさおばさん臭いです今の言い方」

塞「」



まこ「とりあえず、アプリの連絡先は早めに登録しときんさいよ」

藍子「はいはい、部活のグループにお知らせ出しとくからフォローしといてね」

塞「もうすぐ部活始まるから、やるんなら後でね」

藍子「わわわわ分かってますってば」

塞「分かりやすい動揺の仕方すぎて逆に嘘っぽくするのやめない?」

まこ「さて、そんじゃ自動卓の準備しときますかの」

塞「……あ、ごめん、さっき牌磨いてたやつ、まだ途中だった」

まこ「ふむ、手伝いますけん、三人で仕上げてしまえばはよ終わるじゃろ」ガラガラ

塞「ごめんね、途中で投げ出しちゃってて」ガラガラ

藍子「なにか途中であったんですか?」キュッキュ

塞「特に何かっていうか…… しいて言えば窓の鍵をかけ忘れたか心配ってくらいで」キュッキュ

藍子「ははは、部室で何の心配してんですか」キュッキュ

まこ「ははは、まったく……」キュッキュ

塞「…………」キュッキュ

藍子「…………」キュッキュ

まこ「…………」キュッキュ

藍子「…………すみません、ちょっと一旦抜けてきてもいいですか」ガタッ

まこ「…………わしも」ガタッ

塞「二人ともめっちゃ不安になってんじゃん! 私も一回帰るけど!」ガタッ