※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ

ko-cya-


由華「尭深は紅茶とか飲んだりしないの?」

尭深「飲むけど…… どうしたの、いきなり」

由華「普段緑茶ばっかり飲んでるなって思って」

明華「確かにそうですね、その湯飲み以外で何か飲んでいる所を見た記憶がありません」

尭深「……これでコンソメスープ飲んだりもするけど」

由華「え、ええー、いいのそれ……」

尭深「紅茶のカップだってスープやデザート入れたりするでしょ?」

明華「そうですね、確かにそう言われたら違和感がないかもしれません」

由華「湯飲みに匂いついたりとかしそうだけど」

尭深「流石に強い匂いがするものは入れないようにしてるから……」

明華「じゃあ今度とんこつスープおすそ分けしますね」

由華「とんこつスープをおすそ分けするって中々にパワーがあるワードじゃない?」

尭深「とんこつスープ単品で渡されて飲めって言われても困惑するでしょう」

明華「そんな、麺もつけます」

由華「じゃあ普通のどんぶり使うよ」




由華「話を戻すけど、紅茶はお嫌い?」

尭深「好きだよ、ただ自分ではあまり上手に淹れられないから緑茶を飲んでるだけで」

由華(そう言ってるけど、緑茶に比べたら上手くないだけで、結局紅茶もすごい気がしてならない)

明華「それでしたら、由華が紅茶を淹れてあげればよいのでは?」

由華「え」

尭深「そうだね、私も由華ちゃんが淹れたアフタヌーンティーが飲みたいな」

由華「アフタヌーンとかしれっとハードル上げてくるのやめて」

尭深「あ、でも紅茶の茶葉って部室に在庫あったかな」

明華「それが偶然なんですが、ちょうどここに買ってきたアッサムの茶葉がありまして」 ガサッ

由華「いやなんであるの!? というか明華普段から茶葉買ってるくらいだったら明華がやればいいのに!」

明華「そのほうが面白そうでしょう?」 ニコニコ

由華(……あっ、これ逃げられないヤツだ)




由華「こ、紅茶、どうぞ」 カチャ

尭深「…………」 ズズッ

明華「…………」 ズズッ

由華「…………」

尭深「……なるほど」

明華「……ど、独創性に、溢れてますね?」

由華「ダメ出しにしてもせめてもっと具体性を伴った批評にしてほしかったな……」

尭深「香りがついたお湯かな」

由華「すいませんその辺で許してください」

尭深「まぁこういうのはやり方さえ覚えればどうとでもなるから、勉強してみてもいいんじゃない?」

由華「う、そ、そうだね、ちょっとはそういうの覚えてみようかな」

明華「ふん、せいぜい精進することですね!」

由華「明華はそれ何キャラなの…… そういえば明華はフランス系だけど、コーヒー党ではないの?」

明華「強いて言えばタピオカミルクティーが好きですね」

由華「それぷちぷちしたやつが入ってるからでしょ!?」