※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※いつも書いてるやつとは毛色が異なります
※一応いつも書いてる大学シリーズと同じ時間軸です

0078-01


―  恵比寿ゴールデンレイン本拠地 恵比寿総合文化ホール  ―

咲「…………」

咲「…………」 ハァ

晴絵「……咲?」

咲「あ、あっ、赤土さん!」 パアァァッ

晴絵「よ、どうしたのこんなところで」

咲「え、は、はい、ちょっと……」

晴絵「……また道に迷ってたのかぁ」

咲「さ、流石にもう迷わないですよ! 自分のチームのホーム会場なんですから、ここ!」

晴絵「じゃあ、テストするか、ここから一番近いトイレってどこにある?」

咲「…………」

晴絵「…………」

咲「……あそこ、窓の下に見える薬局でおむつを」

晴絵「解決法が強引過ぎるだろ!?」




ピッ ガコン

晴絵「ほら、お茶」

咲「……ありがとうございます」

晴絵「……何か悩みでもあるの?」

咲「え、ええ、どどどどどどどうしてそそそそれをををを」

晴絵(隠せてると思ってたのか……)

咲「……赤土さんは凄いですね、流石は元教師です」

晴絵「ソウデスネ」




咲「…………実はお姉ちゃんが」

晴絵「? 照のヤツがどうかした?」

咲「この間、久しぶりに二人でお買い物に行ったんですけど、そのときにケンカしちゃって」

晴絵(こいつらいつもケンカしてんな)

咲「その後、夜にあんまりお話できてないんです……」

晴絵「……え、いつもは夜に話してんの? 確か一緒に住んでるって訳でもなかったと思うんだけど」

咲「あ、はい、毎晩寝る前に電話で」

晴絵「彼氏か何か?」




咲「でもケンカしちゃって、ここまで仲互いしちゃうのって久しぶりだから、どうしたらいいのか……」

晴絵「久しぶり、ねぇ…… 確か高校の時ってそんなに仲良くなかったと思ってたんだけど」

咲「私が高校一年のときに、仲直りしてからですね、ここまで話すようになったのって」

晴絵「だからってそんな毎晩電話で話すようにはなかなかならないと思う」

咲「私って携帯電話使うの下手だったから、練習台になってもらってたら、そのうち……」

晴絵「彼氏か何か?」




晴絵「ケンカかぁ、そもそも何でその、買い物の時にケンカになったの?」

咲「あ、はい、私が服を買おうとしたら不機嫌になっちゃって」

晴絵「はぁ? どういうことだそれ」

咲「その日は特に何か目的があって買い物してた訳じゃないんですけど」

晴絵「だからって、別にウインドウショッピングするくらい良くあることでしょ」

咲「はい、でも、それでシャツとかスラックスとか買おうとしたら機嫌が悪くなっていったんです」

晴絵「え? 咲ってスラックスとか履いたりするの?」

咲「いや、スラックスは京ちゃん用にと思って」

晴絵「オカンかお前ェ!?」




晴絵「いやいやいやそれはないだろー、京ちゃんってあれだろ、噂の大学生の彼氏くんだろ」

咲「か、かかかかか彼氏違います!」

晴絵「彼氏でもないやつのスラックス買ったりしないだろ…… いや彼氏でも買わないと思うけど……」

咲「え、か、彼、彼氏……」 プシュー

晴絵「でもまぁ、確かに照が怒るのも分からなくもないかもな、一緒に買い物してる時に別の買い物されちゃ」

咲「う、た、確かにそれかも…… 後で謝っておきます……」

晴絵「まったく、そんなんで新人王大丈夫なのかー? 監督も張り切ってたっていうのに」

咲「わ、私なんか新人王無理ですって……」

晴絵「去年のインハイを蹂躙しつくした人が何か言ってるな……」




晴絵「で、その彼s」

咲「彼氏じゃありません!」

晴絵「……知り合いの京ちゃんって、いま大学生なんだっけ?」

咲「あ、はい、都内の大学に」

晴絵「え? 東京に出てきてるんだ」

咲「はい、一人暮らししてますよ」

晴絵「まぁ、あまり人のそういうのに首つっ込むのもあれだけど、健全にな」

咲「だから、そういうのじゃないんですってばぁ!」

晴絵「はいはい、そうだなー」

咲「もう!」 プンスコ



―  都内某所アパート 京太郎の部屋  ―

京太郎「………………」

照「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「………………」

照「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「…………あのー、もう帰っていいですかね、照さん」

照「……ここは君の部屋だよ」 ゴゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「……そっすね」

照「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎(誰か助けて)