※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

754d395e-s


怜「なぁなぁ憧ちゃん、ちょっとええ?」

那岐「折り入って話があるんだが」

憧「え? 大丈夫ですけど、どうかしたんですか?」

那岐「新子はもうすぐ誕生日だったよな?」

憧「はぁ、そうですけど」

怜「なんかプレゼントでもと思ったんやけどな、なにか欲しいもんある?」

憧「へ? ど、どういうこと?」

那岐「す、すまん! 私たちも二人で色々相談して考えたんだが」

怜「悩みだしたら迷走に迷走を重ねて、なに贈ったらええか分からんようなってもうて」

那岐「だから、いっそのこと本人に聞いてしまえばと思って」

憧「は、はぁ、なるほど……」

怜「悩むよりは本人に聞いたほうが一番欲しいものが分かるし無難やろ」

憧「まぁ、確かに悩みがスパイラルした挙句に変な物をプレゼントされるよりはマシかもですけど」

那岐「ちなみにさっきまで私たちで相談してたときは『ハム詰め合わせ』とかに決まりかけた」

憧「完全にお歳暮の類なんですけど!?」

怜「ええ案やと思てたけど、今考えたら贈られてもちょっと困るわなぁ」

憧「迷走具合が手に取るように分かるわね……」




怜「で、何が欲しいん?」

憧「んー、でもこう言われるとすぐにパッとは出てこないですね……」

那岐「まぁ、すぐにって訳でもないから、何か思いついたら教えてくれ」

憧「はい、分かりまし…… あ、そうだ」

怜「お、なんか思いついたん?」

憧「あ、すいません、欲しいもの考えてたら、お姉ちゃんに牛乳買って来てって頼まれてたの思い出しちゃって」

怜「よっしゃわかった!」

憧「何を!?」

怜「待っててや、今から近くの牧場に行って絞ってきたるわ!」 ダッ

憧「手作業!? と言うかいくらなんでも牛乳のプレゼントはさすがに嫌なんですけど!?」

那岐「そうだぞ園城寺、少し落ち着け」

憧「よ、よかった、那岐さんが真面目な常識人で……」

那岐「新子家が乳脂肪分3.6%派なのか、4.5%派なのか、まずそこを確かめたほうがいいのでは」

憧「やはりポンコツだった! 知ってた!」




―  数日後  ―

浩子「……で、結局部長らに何をお願いしたんや」

憧「えーっと、電気スタンドが欲しかったのでそれを」

泉「家電かい」

浩子「まぁ本人が欲しがってるならええんちゃうか…… ほら、プレゼント、誕生日おめでとう」

憧「わ、いいハンカチだ、ありがとうございます」

泉「……えっ」

憧「えっ?」

泉「あ、いや、なんでも……ない…… そうそう、私のプレゼントは後で渡すから」

浩子「なんや、うちとプレゼント被ったか?」

泉「なんで察しが良いのに気遣いはないんですか!!!??」

憧「別にハンカチならいくつあっても良いんだし、気にしないわよ……」

泉「そ、そうか、それならええんやけど…… ほら、おめでとう」

憧「ふふ、ありがと」

浩子「ところで、プレゼントのハンカチには『手切れ』の意味を考える人もおるらしいで」

泉「なんでこのタイミングでそういうこと言うんです!?」

浩子「いや、そんなつもりないなら最初に言った方がええやろ」

憧「確かにそれはそうですね」

泉「……まぁ、新子が気にしないならそれでもええんやけど…………」

浩子「お? 泉は新子に勘違いされたぁないらしいで?」 ニヤニヤ

憧「ふ~~~~~~~~~~~~ん?」 ニヤニヤ

泉「っだーーー!! もう!! なんで私をイジる流れになってんですか!」

憧「私誕生日だもーん♪」

浩子「うち先輩やし」

泉「」

浩子「そういうわけで、改めておめでとうな」

憧「いえいえ、ありがとうございます!」

泉「……やべーす」