※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

hora-


塞「ね、眠い……」 ウトウト

星夏「臼沢先輩、大丈夫ですか?」

もこ「き、昨日ウチで、ホラー映画の鑑賞会してたから」

星夏「なにそのサバト」

もこ「よ、夜通し皆で観て、楽しかった……!」

塞「怖くて観たくないけど観ちゃうんだよねー……」

もこ「それが自慢(ニコッ」

星夏「んんんー! どっかで見た事ある反応なんだよなーそれ!」




塞「あーだめだ、ちょっと午後まで意識がもちそうに、ない、かも……」

星夏「しっかりしてくださいよ、午後からゼミがあるって言ってたじゃないですか」

塞「そーなんだよぉ……」 ウトウト

もこ「だ、大丈夫? チ○ビタ飲む?」

塞「この栄養ドリンク超助かる!」 カシュッ ゴクゴク

星夏「栄養ドリンクを一気飲みする女子大生……(ホロリ」

もこ「だ、ダメ、かな?」

星夏「まぁ私もどちらかと言えばチョ○ラBBよりオ○ナミンCのが好きな方だから、それについてはなんとも」

塞「私が言うのもなんだけど、そっちはそっちで小学生男子かあんたは」




塞「うーん、なんとなく気合い入った……かな……?」

もこ「よ、夜遅くまで、付き合わせちゃってごめんなさい」

塞「ん? いや別に気にしなくていいよ、そもそもウチに呼んだの私の方だし」

星夏「そういえばその鑑賞会、小瀬川先輩とかも一緒に観てたんですか?」

塞「いや、シロはさっさと寝てたよ…… 最後まで観てたのは私と、もこちゃんと、エイちゃんかな」

星夏「えっ、エイスリンさんってそういうホラーとか得意なんですか」

塞「いや、めっちゃ涙目だったけど」

星夏「うーんこの鬼畜」

もこ「い、嫌よ嫌よも好きのうち……?」

星夏「違うと思う」




塞「それじゃ、私そろそろ授業行くからー……」 フアア

星夏「はーい、無理しないでくださいね」

塞「イテキマース」

星夏「……さて、他の皆さんも来ないだろうし、部室閉めて帰ろうか?」

もこ「そ、それだったらこれからウチに遊びにこない……?」

星夏「…………一応聞いておくけど、何か、その、あるの?」

もこ「昨日観きれなかったDVDがまだあって、それを」

星夏「いったいなんのDVDだよてめ―――っ!!」

もこ「おすすめホラーの」

星夏「ですよねー! 知ってましたけどね!」