※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

happybirthday1


揺杏「こんちわーっす」 ガラッ

誓子「あら、おはよう」

由暉子「おはようございます」

揺杏「お、ユキいるじゃーん、めずらしい」

誓子「揺杏だってそんなに出現頻度かわらないでしょ」

揺杏「いや、もともとこの大学の部外者だし私」

由暉子「今日は誓子先輩の誕生日ですから、大学に行かない選択肢がありません」

揺杏「まぁ私もそんな感じだけどね、どうよ、この可愛い後輩っぷりに感動したっしょ?」

誓子「恩着せがましく言われなければ感動してたかもしれないけどね…… ま、ありがと」




揺杏「ところで、ほかの部員の人たち、まだ来てないの? 部室に来るようにって連絡もらってたんだけど」

由暉子「実は私も、恵さんと京太郎くんから連絡をもらいまして」

誓子「私もなんだけど…… それが誰もいないのよ、部室に集まるようにってメール来てたのに」

由暉子「…………なるほど」

揺杏「……ああ、部室には、かぁ、なるほど」

誓子「……ん?」

由暉子「誓子先輩、今日って」

揺杏「ユキ待って、多分これ本当に気付いてないから、これ以上はやめといたほうがいい」

由暉子「は、はぁ……」

誓子「なに、気付いてないってなんのこと?」

揺杏「いや、良いんだよ、チカセンはチカセンのままで(慈愛の目)」

由暉子「私たちはそんな誓子先輩が好きなんです(慈愛の目)」

誓子「なんで二人とも急に目が優しくなったの!?」




誓子「な、なんなの……」

揺杏「いやいや大丈夫だってほら、そろそろ部長さんあたりから連絡がくるんじゃない?」

誓子「え? 絃から?」

由暉子「恐らく部室ではなくて、他の方の部屋で準備をしているんでしょうね」

揺杏「多分ね」

誓子「部屋? 準備?」




揺杏「お、と言ってる間に花子ちゃん先輩から電話きたわ、はーい? 岩館ですけどー?」

花子『お、その声の余裕出してる感じだともう感づいてる?』

揺杏「いやー、流石にバレバレっしょ、でもまだ本人気付いてないみたいだけど」

花子『マジかよ…… これじゃweの勝ちじゃないか!』

揺杏「んで、どこ行けばいいんすか?」

花子『タッツミーの部屋に来て、場所は確かユキりんが知ってるはずだから』

揺杏「ユキ、巽の家ってどこだか知ってる?」

由暉子「はい、何度かお邪魔したことがあります」

揺杏「はいはい、それじゃ今から向かうんでよろしくー」 ピッ

誓子「…………???」

揺杏「ほらほら、さっさと行くぞーチカセン」

誓子「え、う、うん……」

由暉子「ふふっ、おめでとうございます、誓子先輩」