※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

※私はげんこつハンバーグを食べたことがありません(半ギレ

genkotu


藍子「あー、なんか急にハンバーグ食べたくなってきた……」

まこ「あんたさっきお昼食べたばっかじゃろ」

藍子「いやー、静岡県民はふとした瞬間に食べたくなるものなんだよ、げんこつハンバーグが」

久「げんこつハンバーグって、あれよね、静岡の『炭焼きレ○トランさわ○か』のハンバーグ」

まこ「そがぁな店があるんか、聞いたことないのう」

久「私も名前だけしか知らないんだけど、有名なお店なのかしら?」

藍子「静岡ローカルのチェーン店ですからね、私もこっち来てから久しく食べてないわー」

久「久を食べてない?(空耳)」

まこ「あんたが腐っとるんは耳か脳か」

藍子「たぶん両方じゃないかな」




久「そんなに美味しいの? その、げんこつハンバーグ」

藍子「こう、なんというか、野生の本能に訴えかけてくるんですよね」

まこ「なんじゃそら」

藍子「鉄板にまん丸のハンバーグを乗っけて持ってくるんだけど、それを目の前のテーブルで焼いてくれるの」

久「えっ、なにそれは」

まこ「最初の段階では焼けてないんか?」

藍子「そーそー、二つに切って、中心の赤い部分を鉄板に押し付けて目の前でジュー! って」

久「それはなかなかの迫力ね…… 聞いてたら食べたくなってきたかも」 

藍子「んー、でも静岡にしかないんですよね…… 今日は実家に帰ろうかなぁ……」

まこ「ええんじゃないか、何がきっかけでも、実家に顔を見せるんはええことじゃけん」

久「それじゃ、19時に駅に集合ってことでいい?」

藍子「…………ん・ん・んー???」

久「私、ハンバーグ、食べたい」

藍子「なぜ片言」

まこ「……百鬼はそのまま実家におればええが、あんたは帰りどうするんじゃ」

久「……藍子は久の困り顔を見て、見捨てる気持ちになったりは、しないんだよね?」

藍子「愉悦なら割と感じますけど」

久「なんで愉悦部なのよ! 」

まこ「その前に、なぜ一人称が名前呼びなんじゃ……」




藍子「ま、お泊り会ってことで別にかまわないですけどね、今更遠慮するような仲でもないですし」

久「良かった、藍子愛してる!」

藍子「はいはい、私も愛してマスヨー」

まこ(酷い棒読みじゃあ……)

藍子「まこも来るでしょ?」

まこ「ん、そうじゃな、わしもそこまで言われたらげんこつハンバーグとやらが気になってきたわ」

久「それじゃ着替えとか持ってくるから、また後でね! そこら中で派手にやったる!」 ガラッ

藍子「はいはーい、また後でー」

まこ「……なんちゅうか、すまんの、思い立ったら止まらない癖があるけぇ、あれは」

藍子「はは、それこそ今更でしょー、まこほどじゃないけど、私だってあの人との付き合いはそれなりだし」

まこ「まぁな」

藍子「それでも、なんだかんだで憎めないんだよねー、なぜか」

まこ「…………ふふ、そうじゃな」 ニコッ

久「ねぇ、いま私のこと褒める流れだったりした?」 ガラッ

藍子「うおおおおい!? 何でいきなり戻ってきたのこの人!?」

まこ「……こういうやつなんじゃ」 ハァ