※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

7457


憧「――――あと何かありますか?」

浩子「うん、後は特にないかなぁ、新子は色々な打ち方ができるから特に言うことないわ」

憧「ええー、もっと他に色々指導してくださいよぉ」

浩子「なんやねんその絡み方、甘えんぼか」

憧「甘えっ……てないですよ! 何言ってんですか!」

浩子「はいはい可愛い可愛い」

憧「ぐぬ…… 釈然といかない……」 グヌヌ

浩子「そもそもうちは別に指導者でも何でもないんやけどなぁ」

憧「でもこの麻雀部ってコーチとか監督とか居ないし」

浩子「藤白せんぱ」

憧「アレはエキセントリックボウイだから」

浩子(ガールですらないんか……)




浩子「麻雀のアドバイスだったら三年の先輩方に聞いてみたりしないんか?」

憧「聞いたりはしてるんですけど……」

浩子「けど?」

憧「ほら、なんていうか、三年って三人とも理論より感覚派なところあるから」

浩子「そやね」 ジー

憧「だからアドバイス聞いても時々理解できないことがあるっていうか……」

浩子「なるほどなー」 ジー

憧「……さっきからスマホ弄ってなにやってるんです?」

浩子「いや、憧新子のすべらない話を録音して先輩方に聴いてもらおうかと」

憧「いや本当に何やってるんですか!?」 ガガーン




浩子「まぁ録音は冗談やけど、うちからのアドバイス貰ってばっかりじゃ意見が偏るから気ぃつけや」

憧「う…… だって、浩子さんのアドバイスが分かりやすいから……」

浩子「……聞こえないな、もっと大きな声で言いなさい」

憧「浩子さんは最高です!!!」

怜「…………ええ…… どういうプレイなん二人とも……」

憧「と、怜さん居たの!!? っていうかプレイ言うな!!」

浩子「新子がどうしても弟子にしてほしい言うんですわ」

憧「いや弟子とまで言ってないですけど!?」

怜「なるほど、師匠と弟子というイメプレとは…… なかなか高度な事しよるな憧ちゃん……」

憧「師弟って高度なんだ!? っていうかプレイ言うなって言ってるでしょおおおぉぉお!!?」