※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

matsumikan


憧「あ、おはよ、宥姉」

宥「おはよ~」

憧「ごめんね、待った?」

宥「大丈夫だよぉ、まだ電車の時間まで余裕はあるし」

憧「いや~、ギリギリかもわかんないよ、宥姉と一緒にいるとなぜか時間の進みが早いから」

宥「どういう事なの……」

憧「アレ本当なんでなんだろう、宥姉のほわほわオーラで時空が歪んでいる……?」

宥「言ってる意味がよく分からないよ」

憧「ほら、時空歪ませてないで早く学校行こう?」

宥「時空歪ませる説採用しちゃうの!? というか今色々言ってたのは憧ちゃんだよぉ…… 」




玄「お、お姉ちゃーん! よかった、まだ居た!」 バタバタ

宥「え、玄ちゃん!? どうしたの!?」

憧「玄おはよ~」

玄「憧ちゃんおはよう! お姉ちゃんがお弁当忘れてるって板さんに渡されて…… はいこれ」

宥「えっ、あっ! 」 ガサガサ

憧「宥姉……」

宥「ご、ごめんね玄ちゃん、忙しい時間なのにありがとう」

玄「大丈夫だよ~ それじゃあね! 憧ちゃんもいつでも遊びにきてね! 今日の帰りとか!」 パタパタ

憧「って今日かい! あ、行っちゃった…… 急ごう、宥姉」

宥「う、うん……」




宥「はぁ~…… やっちゃったなぁ、私……」 トボトボ

憧「……いつになく押しが強いというか、女将モード玄だったわね」

宥「朝は本当に忙しいからね~、玄ちゃんに迷惑かけちゃった……」

憧「それじゃ、今日の帰りに何か美味しいもの買ってって、お礼言いましょ、ね?」

宥「……うん、そうだね、憧ちゃんも来てくれるでしょ?」

憧「まぁ、遅くならなければね、今日も練習はあるし」

宥「憧ちゃんだったらいくら遅くても大歓迎だよぉ」

憧「いや、私がかまうんだってば!」

宥「どうして? またうちでご飯食べていけばいいのに、賄い出すよ~」

憧「それよ! 松実館のすっっっっごく美味しい賄いご飯のおかげで! 私がどれだけ苦労しているか……!」

宥「す、凄いタメて美味しいって言ってくれたのは嬉しいんだけど、な、何か困らせちゃってた?」

憧「………………体重が」 シクシク

宥「あっ」

憧「なんであんなにご飯が美味しいのよぉ…… 残さず食べちゃうでしょお……」 シクシク

宥「今日は良いシシが入ってたから、すじのお肉で肉じゃがか、カレーとかかな~」

憧「宥姉ええええええ!」




憧「でも最近、夜が寝苦しくなくなったわよね~」

宥「そうだね、私もタオルケット一枚追加したよ」

憧「相変わらずね宥姉は…… 朝とか大丈夫なの? ちゃんと起きられてる?」

宥「だ、大丈夫だよ、私だってもう21歳なんだから一人で起きるくらい……」

憧「くらい?」

宥「しゅ、週に二回くらい玄ちゃんに起こしてもらうくらいで済んでるよ! セーフだよ!」

憧「宥姉それ済んでないから、麻雀で言ったら5,200振り込んじゃってるくらいアウトだから」




憧「そっか~、宥姉はまだお寝坊が治らないのか~」 ニヤニヤ

宥「うう…… 気を付けます……」

憧「いやぁ、普段一緒に登校する時は待っててもらってるから、気づかなかったな~」

宥「……うーん、それはちょっとまた別の理由があるんだけどね」

憧「え?」

宥「えっと、時間割の関係で、憧ちゃんと一緒に登校できるのって週に二回だけでしょ?」

憧「そうね、火曜と金曜だけ一緒だけど、それがどうかしたの?」

宥「だから待ち遠しくて、朝になったらすぐ目が覚めちゃうんだ~」 ニコッ

憧「…………しっ、小学生か!!」

宥「ええっ、ひどいよ~」