※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

p10304015b55d


七実「ヘーイ! テイトクゥ!  お疲れぇ!」 ガラッ

泉(新子の声マネめっちゃ上手っ!?)

怜「ヘイらっしゃい、何にしやしょう」 ニギニギ

七実「おっ、大将の今日のおすすめは?」

怜「嫌ですわお爺さん、私は先鋒ですよ」

七実「うわこの美少女ババアめんどくさい」

泉「……なんであの人ら、部屋に入ってきていきなりコント始めてんねやろか」

浩子「さぁなぁ、聡明な方々の考えはることは凡人にはわからん」

泉「聡明とか言いつつ完全にバカにしてはりますやん……」




浩子「にしても最近だと珍しいですね、藤白先輩が顔を出してくれるんは」

七実「ん? まぁそうだね、というか元々私は部活引退してるわけだし」

泉「それを考えたら現状でも相当な頻度で顔だしてもろてますけどね……」

七実「いいじゃん別に、まだ在学中だしぃ」

怜「普通の四年生は就活やらなんやらでこの時期大学にめったに寄り付かんもんなんやけどな」

七実「っかー! 辛いわー! 就活しないでプロ入りが決まってるからなー! プレッシャー半端ないわー!」

浩子「少しは愉悦を取り繕おうという姿勢を見せてもらえませんかね」

怜「これ他の四年の先輩に聞かせたらボッコボコにされるんと違うか」




七実「あ、そだ、はいこれ、みんなにお土産~」

泉「おお、ありがとうございます、えっと、玉泉堂の温泉せんべい?」

浩子「これは……道後温泉に行きはったんですか?」

七実「そーそー、ちょっと旅行にね、いやぁ温泉気持ちよかったわー」

泉「ええなぁ、私もどっか旅行に行こかなぁー……」

怜「……道後温泉ってどこにあるんです?」

七実「ええと、愛媛県だね」

怜「戒能プロが所属する松山フロティーラが所在するのは?」

七実「……愛媛県だね」

怜「もうひとつ、質問してええかな…… 戒能プロになにしはったん?」

七実「……君のような勘のいい変態は嫌いだよ」

怜「開き直った上に人を変態扱いしよったでこのストーカー!」

泉「変態とか藤白先輩だけには言われたないやつっすわ」

七実「うっさい! いいでしょ別に不在のところに押しかけて下着をもいで行ったって!」

怜「なんか下着泥棒を果物狩りのように言うててんけどこの人!?」

浩子「まーた戒能プロのとこに迷惑かけたんかこれは……」

泉(いまさりげなく人じゃなくて物扱いしやへんかったか……?)