※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

awq


菫「…………」

真佑子「……弘世先輩、どうかしたんですか?」

やえ「さぁ? 私が部室来た時からああだったけど」

菫「……多治比か」

真佑子「多治比ですが」

菫「多治比ッ! 小走ッ! 君の意見を聞こうッ!」

真佑子「特にハサミ討ちの形にはならないとは思いますが、私でよければ」

やえ「テンションというか、頭がおかしくなったのかしら」




菫「淡…… 大星の話なんだがな」

真佑子「大星さんですか?」

やえ「大星淡ってあの、松山フロティーラの? そういえばあんたの後輩なんだっけ?」

菫「そうだ、付け加えるなら、今でも私や亦野、多治比とはたまに会ってるな」

真佑子「彼女が関東に遠征に来る時くらいですけどね、会えるの」

やえ「そんで、その大星がどうかしたの」

菫「いや、あいつもな、プロになってからずいぶん経つわけだ」

真佑子「まだ一年目なのに、ちょくちょく試合に出られてて凄いですよね」

やえ「最近はずっと一軍帯同してるからな、十分すぎるくらい活躍してるだろ」

菫「……………………………………そう、それなんだ」

やえ「は?」

真佑子(沈黙長かったなぁ)

菫「あいつは箱入りで世間知らずだから…… 舞台裏で何かやらかしてやしないかと心配で心配で」

真佑子「はぁ」

菫「私たちになら傍若無人な態度も許そう、だが社会人としてあの礼儀知らずを出そうもんなら」

やえ「そうねぇ、まぁ心配なのはよ~~~~~く分かったけど、一言でいうならあれよね、多治比」

真佑子「そうですね、小走先輩」

菫「な、なんだ? この心労を分かってくれたか?」

やえまゆ「お母さんか」

菫「誰がお母さんだ!!?」

真佑子「いやだって大星さんももう社会人なんだし」

やえ「はっきり言って口調が過保護なお母さんにしか聞こえないわよ」

菫「お母さんと言うよりいいとこお姉さんだろ! 訂正しろ!」

真佑子「そこなんですか!??」