※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
SS150本投稿を達成してました

map_01



恵「……ん? あれって真屋さん?」

花子「お、本当だユキりんじゃん、うーい」

由暉子「花子先輩、恵さん、お疲れ様です」

恵「今日は部活来れるんかい?」

由暉子「はい、今日は最後まで部室に居られます」

花子「最近あんまり来てないから、チカりんが忙しいのかって心配してたよん」

由暉子「……ご心配をおかけして申し訳ないです」

恵「いや真屋さんが凄く頑張ってるのは皆テレビで知ってるしねェ…… 悪いことしてるわけじゃないんだから」

花子「チカりんが騒いでるのは単に親バカなだけだと思うけどね~」

恵「親じゃないです」

由暉子「? 誓子先輩は私の親だったのですか?」

恵「親じゃないです」




由暉子「ふふ、高校の時からずっと、過保護にしてもらっちゃってるんです」

恵「過保護とか言ってる割にうれしそうに見える」

由暉子「過保護うれしいですよ?」

花子「……需要と供給成り立ってるじゃん」

恵「はぁ…… なんというか、真屋さんって後輩オーラが凄いよなァ」

由暉子「後輩オーラ……ですか?」

花子「あーそれは何となくわかる、なんというか、守ってあげたくなるっていうか」

由暉子「……そうなんでしょうか?」

恵「うん、なんというか庇護欲をかきたてられる」

花子「今『お前は俺のカキタレになるのだ』って言った?」

恵「どういう耳してんだっていうか色々最低ですねあんた!?」

由暉子(かき……柿の種? ですか?)

由暉子「わさびもいいですが、私は梅味が好きですね」

恵「こっちはこっちで何の話してんの!?」




恵「アイドルって色々地方にロケとかしたり?」

由暉子「たまーにグラビアを撮影に行ったりはします」

花子「ふぇー、そこだけ聞くと羨ましい限りっすわ」

恵「どこでやってんの? やっぱり沖縄とか、グアムとか?」

由暉子「………………………………九十九里です」

恵「…………えっ?」

由暉子「牌のおねえさんくらい有名ならともかく、私はプロ雀士でもないので……」

花子「……アイドル業界も大変なんだねぇ」

恵「えっ……えっ? もう十月も終わろうとしてるんだけど?」

由暉子「うふふ、わぁい九十九里、ゆきこ九十九里大好き」

恵「真屋さん!? 気をしっかり保って! 虚空を見つめんな!」




由暉子「とりあえずそういう場合は、雪景色の中で水着を着せられるよりはマシと思ってやっています」

恵「命の危険がありそうな絵面と比べてマシと言われても」

花子「あー、なんかそれってニッチな需要があるらしいよ、雪景色の水着グラビアって」

恵「ええ……マジですかい…… 業が深すぎて来世に期待出来なくなるやつでしょソレ」

由暉子「肌が白い景色に映えるので見る分にはいいのかもしれませんね」

花子「じゃ自分が撮られるのは?」

由暉子「嫌です(ニコッ」

花子「道産子で名前がユキなのに雪は苦手かぁ」

恵「苦手とかそういう次元の話じゃないし、道産子を強化人間かなにかと勘違いしてませんかね……」

由暉子「もう疲れたよパトラッシュ……」

花子「うん、それあんまり洒落になってない」

由暉子「うふふふ」

恵「えっと、げ、元気だしなよ、これから部室で練習だし、私のこといっぱいトばしていいから!」

花子「そっちはそっちでトばされることを当然のように受け入れるなよ!?」