※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

nagi



憧「宥姉~、この帽子って宥姉の?」

宥「あっ、私の帽子…… 憧ちゃんありがとう」

那岐「…………」




怜「つまりな、アコチャーはうちに膝枕をして、身体の成長を確認される義務があるんや」

憧「言ってることの頭から尻尾まで意味不明なんだけど!!?」

那岐「…………」




那岐「な、なぁ新子、ちょっといいか?」

憧「はい? なんですか?」

那岐「それ! それだよブレイド!」

憧「ブレイドって誰ですか!?」

那岐「なんで君は園城寺たちにはタメ口で話すことがあるのに、私には敬語しか使わないんだ!」

憧「えっ、ええ……?」

那岐「なにか失礼な事でもしたのか? それとも部長として尊敬できないような人間だったというのか!?」

憧「ちょ、落ち着いてください那岐さん」

那岐「すまなかった、だがこれから私もちゃんとするから!」

憧「落ち着け」

那岐「はい」




憧「はぁ、敬語ですか」

那岐「別に大したことじゃないと言われればそうなんだが、どうにも気になってしまって……」

憧「ちゃんと敬語が使えてることを怒られるだなんて思ってもいませんでしたけどね」

那岐「いや、済まなかった…… 正直に言うと、距離を感じたから、仲良くしたいと思って」

憧「はぁ、別に私は相手が仲がいいからタメ口をきくとかそういう訳ではないんですけど」

那岐「え? 違うのか?」

憧「だって私と那岐さん……その、な、仲が良いじゃないですか」

那岐「新子ッ!」 ガシィ

憧「ちょ、いきなり抱きつかないで下さいよ! うわ力強っ!?」




憧「私が敬語の理由ですか……なんとなくですよ、なんとなく」

那岐「……私が言うべきことではないかもしれないが、敬語ってなんとなくで使うようなものだったか?」

憧「すみません、私も特に意識して使ってたわけではなくて」

那岐「でも君の高校の恩師……赤土プロだったか? 彼女にも呼び捨てにしてたみたいだし」

憧「ハルエは幼稚園のころから面識があるんで、その名残っていうか……」

那岐「……まぁ、どっちにせよ私のくだらない拘りだ、錯乱して済まなかったな」

憧「べ、別に那岐さんに距離を取っているとかそういう訳では……むしろ尊敬してるっていうか……」

那岐「ん? なんだって?」

憧「だって、那岐さん最高だから……」

那岐「聞こえないな、もっと大きな声で」

憧「那岐さんは最高です!」

那岐「(無言の笑顔)」

憧「ノせた癖に何笑顔になってんですか!? ていうかこれ浩子さんにもさせられたし流行ってんの!?」

那岐「はっはっは、タメ口タメ口」

憧「一瞬で天より高く増長したこの人!?」