※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

3680417681_2701bab9d8



那岐「……んー」 グルングルン

絹恵「新免先輩、肩ぐるぐる回してどないしたんですか?」

那岐「ああ、ちょっと肩が凝って……」

浩子「勉強でもしてはったんですかね」

那岐「それが家の近くのスーパーで特売やってたんだが、つい買いすぎてしまってな」

絹恵「ああ、スーパーの袋って両手に持つと結構肩にきますよね」

浩子「え、家の近くって、いま大学に居るんやけど……どういうことです?」

那岐「特売を逃したくなくて、授業中に特売に行って、それからまた学校に戻って部活に来た」

浩子「自由すぎるやろ部長」

那岐「だって……仕方なかったんだ! 今日がポイント五倍デーかつ特売日という”特異点”だったから!」

絹恵「自由すぎるわ部長」




浩子「はぁ、もうちょいまともな理由か思いましたわ」

那岐「なんとでも言え、たとえ大馬鹿の謗りを受けようと、今日この日だけは逃すわけにはいかなかったんだ」

絹恵「授業サボったらアカンでしょー、先輩」

那岐「課題はちゃんと提出済みだから勘弁してくれ……」

浩子「課題?」

那岐「終われば帰っていいと言われてたからな」

絹恵「なんや、サボったわけやないんですか」

那岐「サボったとは一言も言ってないだろ」

浩子「だからってそれで行くのがスーパーの特売っていうのが悲しすぎると思いませんかね」





絹恵「そういえば肩こりと言えば、私も最近結構凝ってて……何が原因なんやろか」 オモチモチモチ

那岐「…………」

浩子「…………何がって、そらおっぱ」

那岐「言うな! なにより私がみじめだから! 言うなっテ!」

絹恵「ふふ」

那岐「愛宕ォ!? お前ワザとだろワザとなのか!?」

絹恵「私は新免先輩のこと好きですよ」

那岐「なんで突然それ言い出したんだ!?」