※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kinggame


絃「それじゃ、来週の練習試合には参加ということでいいの?」

由暉子「はい、よろしくお願いします」

誓子「ごめんね絃、急にメンバー変更なんて」

絃「大丈夫だよ、もともと相手に比べてこっちの人数がひとり足りなくてどうしようかって思ってたから」

由暉子「でしたらよいのですが……」

誓子「一人だけ余るっていうのもなんだか可愛そうね、人数が合って良かったわ」

絃「相手の部長さんが『余った子は隅で折り紙しててもらうから気にしないで』って言ってたんだけど……」

由暉子「絵面が悲惨すぎませんか」




絃「真屋さん練習試合でどのポジションに出たい? シングル? コンビ? それともチーム?」

由暉子「空いているところで構いませんよ?」

絃「いや、まだ特に決まっているポジションがあるわけじゃないから、希望があれば聞いてあげられるよ」

由暉子「……そうなんですか、それではちょっと考えてみます、明日まででよろしいでしょうか?」

絃「はーい」

誓子「リーグ公式戦までまだ時間があるって言っても、そろそろポジション固定した方がいいんじゃない?」

絃「う…… だ、だって、みんなぐんぐん成長して強くなってるから…… 良い意味で悩ましくて……」

由暉子「……………………」

誓子「ふふ、ユキが来ない間にみんなすっごく強くなってるんだから」

由暉子「わ、私も強くなっていますよ!」

絃「うーん、ポ、ポジションどうしよう……いっそのことくじ引きとかでもいいかなぁ……」

誓子「こらこら、しっかりしなさい部長」

絃「じゃ、じゃあ…… 大学生らしく王様ゲーム、とか……?」

誓子「誰がくじ引きの競技性を上げろと言ったの」

由暉子「結局王様が決めることになるだけの気がしますが」




誓子「それにしても、ユキが練習試合に出るって結構久しぶりじゃない?」

由暉子「はい、練習試合の日のスケジュールが空いてくれてよかったです!」

絃「最初は行けないって言ってたね、予定がなくなったの?」

由暉子「それが、瑞原プロと一緒のロケがあったのですが、瑞原プロの都合が合わず延期になりまして」

誓子「へー、仕事の予定を動かすなんて何かあったのかしら……?」

絃「牌のおねえさんって仕事に真摯で丁寧だっていう噂だもんね」

由暉子「なんでも、チームの後輩の結婚式にどうしても出なければならないんだとか」

誓子「……あっ(察し)」

由暉子「瑞原プロがわざわざご自分でお詫びに来てくださったんです」

誓子「かわいそうな瑞原プロ……」

絃「きっと空の向こうから見ていて下さっているよ」

誓子「死んでないから」

由暉子「そういえば……心なしか目が虚ろだったのは何故なんでしょう……」

誓子「そっとしといたげなさい」