※シノハユの二次創作SSです
※いつも書いてるSSとは趣が異なります
※いつものについてはアバウトをどうぞ

8c5813c4


耕介「おはよう……」 ガララ

慕「おはよっ!」

耕介「ん~味噌汁の具は何?」

慕「キャベツと油揚げだよ」

耕介「大好きだよそれ」

慕「知ってる~」

耕介「ごめんなぁ、朝作ってもらって」

慕「楽しいよ? 好きな料理作ったり」

耕介「……トマトは?」

慕「美味しいよ?」

耕介「……ソーデスネ」

慕「顔洗ってきてくださーい」

耕介「はーい」




耕介「今日は学校早く帰って来れるのか?」ミソシルズズー

慕「あ、うん、今日は部活ないから」

耕介「そうか、色々ごちそう作って待ってるから」

慕「え? 色々ってなんで? なにかあったっけ?」

耕介「なんでって……今日慕の誕生日じゃん」

慕「…………!!!」

耕介「……え、なんだ、どうした?」

慕「…………おじさんが覚えててくれるなんて思ってなくて」

耕介「流石に覚えてるよ!?」

慕「ふふ、冗談だよ」

耕介「別にちょっとくらいなら寄り道してもいいからな、あんまり心配はしてないけど」

慕「心配しないの?」

耕介「安心の慕だもん」

慕「心配してくれた方が嬉しいのに」

耕介「…………」

慕「…………」

耕介「……心配したらハゲるし」

慕「心配しなくてもハゲてないから思いっきり心配していいよ!」

耕介「もうなにがなんだか」




慕「という訳だから、今日は早く帰るねっ!」

閑無「おっさん料理できるのか」

杏果「おっさんって……」

慕「おじさんの料理美味しいよ?」

玲奈「へー、誕生日っていうなら結構頑張って作ってるのかな」

慕「うん、なんか色々作るって」

閑無「色々……」

杏果(想像してる)

玲奈「そりゃ早く帰らなきゃなぁ」

はやり「プレゼントは日曜日に集まった時に渡すね☆」

杏果「学校にプレゼント持ってくるのはちょっと怖いからね」

慕「ありがとう! 楽しみにしてるね」

閑無「おう! まだプレゼント選べてないけどな!」

はやり「…………閑無ちゃん……」

杏果「……閑無以外のを楽しみにしててね」

慕「わ、わかった」




慕「ただいまー」 ガチャ

耕介「お、早かったな」

慕「あ、ごめんね、まだだった?」

耕介「いや、あとグラタンとか焼くだけだからすぐだよ」

慕「わー、楽しみ!」

耕介「手洗ってきな」

慕「はーい」

耕介「友達と一緒じゃなくて良かったのか?」

慕「みんな日曜日にパーティ開いてくれるって!」

耕介「そうなのか……」

慕「? どうしたの? 日曜日だめだった?」

耕介「そういう事じゃなくて……向こうに豪華さで負けるわけにはいかないなぁと思って」

慕「豪華じゃなくても嬉しいよ?」

耕介「いや、これは自分との闘い!俺は姪可愛さにおいても頂点に立つ男だ!」

慕「ランキング制だったの!?」

耕介「南米の主婦層では俺を8位だと言っているやつもいるようだがとんでもない、俺は世界1位なのだよ」

慕「誰調べですか!?」