※超短い
※最新話の片岡さんちょーかっこよかったよー記念
※咲さんは控えめで文学少女かわいいのでいちいちこういう事に悩んだりするんですよ(超早口)



「咲ちゃんは中学の頃は何してたんだ?」
「え?」

 唐突に優希ちゃんが質問を投げかけてきた。
 何してた……って、なんだか随分と抽象的な質問だなぁ。

「えっと、本を読むとか、京ちゃんと遊んだりとか?」
「違う違う、何か部活をやってたのかって話だじぇ」

 部活……
 当時の私は部活に入っていなかった。
 というか、正確に言うと必ず部活に所属しなければならない決まりがあったため、部費のかからない部活に名義だけ所属していた。
 放課後はもっぱらお気に入りの木の下で本を読むか、まっすぐ家に帰ってごろごろしていたくらい……で……

「……」
「咲ちゃん?」

 翻って目の前の優希ちゃん。

 麻雀部の部長として、時には部員同士でぶつかることがありながらも、周りの友人やOGに支えられ、強いリーダーシップでもって部を束ねて……(想像)
 麻雀部の部長として和ちゃんや室橋さん、夢乃さんたちを引っ張りながら、見事に大役を勤め上げて人間として成長をしていく……(想像)

「……い」
「い?」
「生きててすみません……」
「どういう思考回路でそうなったのか」