今日の一言:200本の時にはなにしようかな  (10/27)

色んな大学の人達

せつなさと気まずさと 【咲-Saki-大学SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※今回は特別編として、九州の大学(Q大学)の面々を書いています
※いつもの登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
江崎先輩は別の地方の大学に進学しています(すまぬ)





初美「ローン! 小四喜ですよー!」

朱里「あ゛あ゛あ゛あ゛あ! 」

小蒔(あ、当たりそうでした……! 危なかったです……) ドキドキ

煌「こらこら友清さん、対局中はあんまり大きな声を出すものじゃないですよ」

美子「……まぁ最初は誰やっち驚きやろ、友清は高校時代、薄墨が現役の永水と戦ったことのなかけん」

煌「まぁ、それは……そうなんですが……」

朱里「……も、もう一局! もう一局ばお願いします!」

霞「あら、向上心があるのはいい事ね、それじゃ……私も本気出しちゃおうかしら」 ズズズズズ

朱里「」

巴「やめましょうよ、あちらの合宿なのに足止めて本気で殴りあうの……」




朱里「」 シーン

美子「真っ白に燃え尽きよったか……(合掌」

春「……立つんだ、アカリーン」

巴「それ、立ち上がるどころか消えてなくなりそうな呼び方じゃない?」 アッカリーン

小蒔「ふふっ、今日はQ大の皆さんのおかげで、賑やかで楽しいですねっ!」

煌「申し訳ございません、このような大勢で」

霞「いいのよ、私たちはあんまり外に出るっていうことがないから、大勢で来てくれて嬉しいわ」

初美「色々お土産も貰いましたしねー」

煌「持ってきたのはただのお菓子なのですが……」

春「久留米の黒棒……! まさに人類の英知の結晶……!」 キラキラ

美子「……まぁ喜んでくれたなら良かっちゃけど」




煌「さて、それではキリも良いですし、そろそろ練習はお開きにしましょうか」

美子「ん、そやね」

朱里「……そういえば、今夜は白水先輩と鶴田先輩の試合があっじゃなかとですか?」 ガバッ

初美「おお、復活が早いですねー」

霞「あら、哩ちゃんたちが試合に出るの?」

煌「ええ、白水先輩が次鋒で、姫子が中堅で出ると聞いています」

初美「そうなんですかー、それじゃご飯食べてお風呂入った後に、皆でテレビ観戦しましょうか?」

小蒔「そうしましょう! 鶴田さんたちの活躍を皆で観たいです!」

美子「何から何まで迷惑かけて申し訳なかね」

巴「何も問題ないですよ、私たちも楽しんでますから」

朱里「そん結果、思う存分麻雀ば楽しまされたっちゃですけど」

煌「結果的に生き残れたのなら問題ありませんよ」

朱里「死ぬ可能性あっとですか!?」

湧「失礼します、ご飯の用意が出来たそうですよ」

巴「おお、ナイスタイミング」

霞「それじゃあ皆さん、行きましょうか」




巴「いよいよ次鋒戦ですね」

煌「次鋒・中堅ということは当然リザベーションを使うでしょうし、放送事故にならなければよいのですが……」

美子「いやぁ、流石に大丈夫っち思う…… 哩らやっちもうプロやけん」

アナウンサー『さぁ本日の次鋒戦は注目の九州同期対決! 長崎からは白水哩! 大阪は藤原利仙です!』

小蒔「えっ、あっ、り、利仙さんです! 利仙さんが出てきました!」

初美「そういえば彼女は大阪所属でしたね、ど忘れしてましたよー」

霞「…………ふぅん」 ゴゴゴゴゴ

巴「あっ(察し)」

春「…………」 黒糖ポリポリ

煌(い、石戸さんは一体どうされたのですか? なんだか藤原プロを見る目に殺気がこもってる様な) ヒソヒソ

巴(あー、利仙さん…… 藤原プロは、霞さんの宿敵というか、ライバルというか)

初美(いつもいつも顔を合わせるたびに口喧嘩してましたし、本当に水と油なのですよー)

煌(な、なるほど……)




霞「……さぁ、みんなで張り切って哩ちゃんを応援しましょう」

巴(それ完全に私情入ってませんか……?)

春(でもそれを指摘したら面倒なことになりそう……)

朱里「……? この大阪の次鋒の方、皆さんのお知り合いなら一緒に応援したほうが良いのでは?」

美子(おお、流石友清、見えとう地雷ば踏み行った)

煌(冷静に状況判断してる場合ですか!??)

小蒔「そうですね! せっかくなので、利仙さんにも白水さんにも、頑張ってもらいたいです!」 ペカー

霞「……ふふ、そうね、小蒔ちゃん」 ニコッ

初美(ふー、姫様が大天使で助かりましたよー……)

煌(……いや、霧島の姫に対する形容詞としてそれは適切なんでしょうかね……?)

春(和やかならなんでもいい……)




アナウンサー『試合終了おおお! エスペランサ長岡、大将戦で起死回生の大逆転だああああ!』

解説『非常に素晴らしいゲームでした、まるでそれまでの試合が全てこの逆転のためにあったかのような』

ワアアアアアア!!!

巴「…………」

美子「…………」

霞「…………」

朱里「…………」

煌「…………」

小蒔「…………」

初美「…………」

春「…………」

霞「…………さ、試合は終わったし、そろそろ明日に備えて寝ましょうか?」

美子「…………そうやね」

初美「……それじゃあ、寝床の準備をしてくるですよー……」

全員(…………)

全員(……気まずい…………)

お酒は二十歳になってから 【咲-Saki- 大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ


nomikai



絃「えと、それじゃあ、今日はG大とO大の合同練習お疲れ様ということで」

久「どんどんハジけてくれていいからね! 新聞沙汰にならない程度になら!」

京太郎「一番ハジけそうで心配な人が何か言ってますね……」

まこ「まぁ合同飲みじゃから、あれも流石に分別はつけるたぁ思うんじゃが」

久「そこの二人、後で体育館裏ね」

明華「こ、これがかの有名なジャパニーズ面貸せや…… 本物を見たのは初めてです……!」

由華「ああ、明華の日本知識がまた偏っていく……」

絃「はい、それじゃかんぱーい」

部員『かんぱーーーーい!!』




恵「文堂さん、お疲れ様」

星夏「おお、上柿さん! お疲れ様!」

恵「こうやって直接話すのも久しぶりかね?」

星夏「そうですね、なんだかんだで一年ぶりくらいかも」

京太郎「あれ、二人って知り合いだったの?」

星夏「そりゃまぁ、高校時代は打倒清澄を誓い合った仲ですから」

恵「あたしゃむしろアンタが文堂さんと知り合いだったことに驚いたわ」

京太郎「まぁ、風越は清澄と何回か合宿やってたから」

恵「ちょ、初耳ですけど文堂さぁん!? 打倒清澄の誓いはどこいったの!?」

星夏「クク…… 強くなるためなら、悪魔に魂くらい売ってやる……!」

恵「何キャラなのそれ」

京太郎「まるで清澄が悪魔の巣窟みたいな言い方」

星夏「あってるじゃないですか」

恵「あってんじゃん」

京太郎「少しは否定させろ」




絃「んっ、んっ、んっ、ぷはー!」 コノタメニイキテルー!

久「ふふふ、霜崎さんって結構いけるクチなのね?」

絃「えっ、あ、そ、そうかな?」

胡桃(一瞬で空になったジョッキと女子力が高い反応のギャップが凄い)

藍子「いやー絃さんがうわばみだったとは…… 一緒に飲んだことなかったから知らなかった」

もこ「い、絃さん、すごい! かっこいい!」

絃「ふふ、ありがとう、でもあくまで自分のペースを考えて、ちゃんと飲まなきゃだめだよ、もこちゃん」

胡桃「もこちゃんもお酒飲むようになったら、気をつけなねー」 カシオレゴクー

もこ「は、はい、わかり、ました」 ウーロンチャゴクー

久「胡桃ってお酒強くないもんねぇ」

胡桃「うん、身体がちっちゃいから…… お酒のまわりもはやい…… のかなぁ……」

藍子「鹿倉先輩待って、言えば言うほど自爆するやつだからそれ」

白望「落ち込むなら言わなきゃいいのに……」




塞「本当、お疲れ様……」 ゲソー

誓子「お互いにね……」 ゲソー

由華「お、お疲れ様です」

塞「私らの代で練習試合って初めてだったんだけど、準備とかがこうも色々面倒だとは思わなかったわ……」

誓子「同じく」

ソフィア「総務はこういう時仕事が多くて大変そうだなぁ、お疲れ様」

花子「『副部長とかいう名前だけで実質お飾りの役職に就いてて良かったー』って?」

ソフィア「いや言ってないけどな!? というかお前だって一般部員だろ!?」

花子「私はほら、賑やかし専門だから」

由華「それ役職としてカウントされるんだ……」

誓子「まぁ、特に今回みたいな合同練習だと、勢いでグイグイいく花子みたいなキャラも必要だしね」

花子「そういえば二人って高校時代は部長だったんだろ? それに比べて総務はまだ楽だったりする?」

誓子「全然! ウチの高校は部員が五人だけだったから、仕事って言っても書類作ったりするだけだったし」

塞「あ、それウチもウチも」

花子「…………ってことはアレか、二人とも高校時代に楽した分のツケが回って来てるって事なんじゃないか」

ソフィア「いやそれ高校時代から楽をしっぱなしのお前が言えたことじゃないからな?」

塞「あ、よかった、そこ突っ込んでよかったんだ」

誓子「花子が高校の部活で凄い苦労してたとかだったらどうしようかと思ったわ」

花子「おいおい、この私が責任ある立場に就けるような器に見えるのかい!」

由華「威張るポイントおかしくないですかね」




尭深「染谷さんってもう成人してるの?」

まこ「ついこの間、20歳になったばかりじゃあ」 ←5月5日

明華「ぐぬぬ、なんだか少し羨ましいですね……」 ←6月23日

尭深「Me too」 ←7月23日

まこ(なぜ英語)

明華「フランスや韓国でしたら、私もとっくに成人している扱いなのですが」

まこ「ん、ほうなんか」

尭深「確かフランスが十八歳、韓国が十九歳だよね、成人年齢」

明華「まぁ成人と言っても、里帰りした際にアルコールを試して、結局口には合いませんでしたし……」

まこ「こういうんは慣れじゃとよう言うしの、わしも誕生日にちぃと試してはみたが、よう飲めんわ」

明華「まこは酔ったらどんな感じになるのですか? 少し興味がありますね」

尭深「ああ、泣き上戸とか、笑い上戸とかね」

まこ「んー、それが…… 酔い潰れてどうなるのか、わし自身よう覚えとらなんだ」

尭深「一緒に飲んでた人はなんて言ってたの?」

まこ「それが一緒に飲んでた久やらも、記憶を飛ばしよったけぇ、分からんのよ」

明華「そうなのですか?」

久「…………そうね」

塞「…………」

胡桃「…………」

白望「…………ダル……」

尭深「あっ(察し」

明華「まこ、ウーロン茶飲みませんか?」

まこ「既に飲んどるんじゃが!?」




絃「えと、ところで竹井さん?」

久「どうしたんだいイト太くん」

胡桃(つっ込んだら負け、つっ込んだら負け)

絃「このお店はそろそろラストなのですが、二次会はどうしましょうか…… G大の皆さんは参加されますか?」

久「当たり前でしょ? ……と言いたいけど、未成年組は帰さないとね、一応」

白望「……私、17歳現役JKだからホテル帰るね」

由華「言うに事欠いて凄いこと言い出した」

ソフィア「現役JKが黒霧島ロックで5杯も飲むかッ!」

胡桃「はーい、それじゃとりあえず店出るよー」




塞「さて、二次会どうしようか」

久「んー、未成年も多いし、結局監督者が必要だから、いっそ解散してホテルに連行する方がいいのかしら」

京太郎「今しれっと出てきた『ホテルに連行』とかいうワード、結構パワーないですか?」

久「破ぁ!(物理」

京太郎「」 ドサッ

花子「長野生まれってスゲェ…… 改めてそう思った」

まこ「なんでじゃ長野関係ないじゃろ」

塞「え、えーと、それじゃ須賀くん気絶しちゃったし、お開きってことでいい?」

花子「そんじゃ最後の締めは、イトちーん?」

絃「はい、それじゃ皆さん、今日はお疲れ様でした!」

絃「練習試合ということでG大の皆さんにお越し頂き、本当にありがとうございました」

絃「お互いに地域リーグ戦でいい成績を残せるよう、これからも両校仲良く切磋琢磨して頑張りましょう!」

絃「それでは皆さん改めて、今日はお疲れ様でした!」

全員『お疲れ様でしたー!!!』 

終わらない戦い 【咲-Saki- 大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ
※twitterでリクエストを頂いて書きましたが、僕には百合が書けないと思い知りました


trickplay3


菫「こんな時間に、電話?」

(カガヤイテー♪ ココイチバーン♪ )

菫「私、こんな着メロだったか……? (ピッ ハイ」

?『私だよ』

菫「その声は……宥か?」

宥「」(アッタカーイ

菫「そのヘブン状態はやっぱり宥だな、いきなり電話くれるなんて珍しいじゃないか」

宥『ふふっ、菫ちゃんお久しぶり』

菫「久しぶりって言ってもお互いメールは頻繁にしてるだろう」

宥『でもやっぱり私は電話でお話しした方が、菫ちゃんを感じられて好きだなぁ』

菫「……そうだな、私もだ」



菫「…………」

宥『…………』

菫「そ、そういえばいきなり電話をかけてきて、何か要件でもあったのか?」

宥『あ、うん、実はね、来週末に東京まで練習試合で行くことになって、その時に会えないかなぁって』

菫「来週末とはずいぶん急だな」

宥『ごめんね、個人の伝手で都合がついた試合だから……急に色々決まったの』

菫「ふふ、私に会うのは試合のついでか?」

宥『も、もう、菫ちゃん意地悪だよ』

菫「ははは、冗談だよ」

宥『意地悪な人にはお土産あげないんだから』

菫「お土産ってなんだ?」

宥『予定では奈良漬を』

菫「クール便の方で送ってくれないかそれ」



菫「で、どこと練習試合するんだ? あ、いや、答えにくいなら答えなくてもいいんだが」

宥『東京のO大学だよ』

菫「あそこか……確か尭深が居たはずだが」

宥『あっちの部長の霜崎さんとうちの部長の那岐ちゃんが知り合いで、今回こういう話になったんだ』

菫「……うちの大学には来てくれないのか?」

宥『え、あれ? インカレ本戦で会おうって言ったの菫ちゃんじゃない』

菫「あ、い、いや、すまん、忘れてくれ」

宥『……うふふ、菫ちゃんって実はけっこう嫉妬深いよねぇ』

菫「し、嫉妬!? ちょっと待て宥、そんなつもりは」

宥『菫ちゃんが心配してることはないから大丈夫だよ~』

菫「だから、違……ああもう、 いい加減からかうのは止めてくれ」

宥『さっき意地悪言われたお返しだよ(ニコッ』

菫(凄くいい笑顔を浮かべている気がする……)



宥『それで、いつ頃なら空いてる?』

菫「ああすまん、話が脱線したな、来週末……の土曜日と日曜日どっちだ?」

宥『試合兼交流会が日曜だから、土曜日がいいかな』

菫「じゃあ土曜日の15時からは大丈夫か?」

宥『うん、わかった、楽しみにしてるね』

菫「集合場所は決めなくていいのか?」

宥『菫ちゃんの部屋に直接行くから大丈夫だよ』

菫「……なぁ、それって」

宥『……寝かせてあげないからね?』

菫「」

宥『うふふ、楽しみだなぁ、菫ちゃんとタイマン99年桃鉄』

菫「寝かせてくれ」

宥『そうだ、ブロックス栄光のスターファイターも持っていこう!』

菫「寝かせてくれ」

宥『ほかに何かやりたいボドゲあったら言ってね! なんとか当日までに揃えておくから!』

菫「寝かせてくれ」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。基本的に火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。


紺フェスバナー-20150823_224336



記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード