今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

O大麻雀部の人達

気の利く人 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Wednesday


京太郎「……あれ?」

揺杏「お、京ちゃん」

由暉子「こんにちは」

京太郎「この二人がそろって部室にいるって珍しいんじゃないですか?」

由暉子「確かにあまりなかったかもしれませんね」

揺杏「別に仲悪いどころか普通に仲良いよ、というか普段チカセン含めて結構連絡とってるし」

京太郎「へぇ、仲良いんですね」

由暉子「私があまり部に顔を出せないのが悪いのですが……」

京太郎「まぁしょうがないよな、というか、普段からテレビでユキを観てるから居ないイメージがない」

由暉子「観てくださっているんですか、嬉しいです」

揺杏「……あれ、二人って結構仲良かったんだっけ? ユキ呼びしてるし」

京太郎「まぁ、同級生ですからね」

由暉子「おっ、お友達ですから」 カアァ

京太郎「なんで顔を赤らめてんの」

由暉子「だ、だって、男の子のお友達なんて初めてで」

揺杏「…………京ちゃん、一応チカセンに知られないようにしなよ、過保護だし」

京太郎「OK揺者、-Toki-に落ち着け、何か誤解をしている」

由暉子「? 誤解、ですか? ちゃんとお友達ですよ?」

揺杏「いや、うん、分かってるって、お友達っていうテイな、分かった分かった」

京太郎「ちげえ! 話聞いてくださいよ!」

揺杏「それじゃ私帰るから、あとは若い者同士で……」

由暉子「揺杏先輩も十分お若いですよ」

揺杏「若作りしてる扱いされてるんですけど!? 事実若いよ!?」

京太郎「自分でフったネタでしょうが!」




揺杏「まぁ京ちゃんはヘタレだからそんなことはないだろうとは思ってたケドね~」

京太郎「あまり嬉しくない信頼のされ方だ……」

由暉子「ところで揺杏先輩、誓子先輩と連絡はどうしましょうか?」

揺杏「あー、うん、どうしようか、なんか面倒になってきたかも、二人で行っちゃう?」

由暉子「それは流石に可哀そうな気がしますが」

京太郎「桧森先輩ならさっき学部の事務室で見ましたよ」

揺杏「えっマジで、まだやってたのかよ」

京太郎「あれってなにやってるんです?」

由暉子「水曜日の麻雀部活動許可を出してるんです」

揺杏「今後由暉子の予定的に水曜日が空けられる事になりそうだから、部活の日を変えられないかってね」

京太郎「マジか、ユキ良かったな」

由暉子「はい、私も仕事がなければなるべく来たかったので……」

京太郎「でも、他の部員に知らせなくていいんですか?」

揺杏「もちろん部長さんと相談済みだよ、っていうかあのチカセンがそんな根回ししてないはずないでしょー」

京太郎「違いないですね、あの細かいことにいちいちよく気が付く桧森先輩なら!」

揺杏「そう! 色々見つけてはいちいち小言を言うのが趣味のチカセンなら!」

誓子「ふぅん」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

由暉子「あ、お疲れ様です」

誓子「あ、ユキ、さっき受理されたから、たぶん来週あたりから水曜日も部活出来るんじゃないかしら」

由暉子「ありがとうございます!」

京太郎「良かったなユキ!」

揺杏「めでたいなユキ! これは今から祝杯を挙げに行かなきゃな!」

京太郎「揺杏先輩ナイスアイディア! さっそく行きましょう!」

揺杏「そうすっか!」

誓子「二人とも、ステイ」

二人「「はい」」

誓子「正座」

二人「「はい」」




おてつだい【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kozara

誓子「なんだか最近雨が多いわね」

絃「そうだね、洗濯物が溜まっちゃう……」

花子「あれ、イトちんって実家住みじゃなかったの? 洗濯?」

絃「実家だけど家事のお手伝いはしてるから」

花子「うわっ、偉っ……まぶしすぎるっしょ……」

誓子「そっちは実家だからってだらけすぎよ」

花子「私を働かせたら大したもんですよ」

絃「いっそ清々しいまでに胸を張ってニート発言したね……」

誓子「花子らしいと言えばらしいけどね」

絃「やる気出せば料理とかも色々できるのに…… もったいないよ花子ちゃん」

花子「家事なんて出来る人がする、それでいいんだよ」

誓子「それ普段から家事してる人が言うなら分かるんだけどね……」

花子「『牌より重いものを持ったことがない女』という希少価値はぜひとも継続していきたい」

誓子「言うほど希少価値かしらそれ……」

絃「でもこの間花子ちゃん、月刊少年ガ○ガンを手のひらの上にいくつ積めるかって遊んでなかった?」

花子「ああ、そいえばそんなんやったね、5冊のせたら手首がイカれるかと」

誓子「なに変なことやってるのよ二人して……」

絃「つまり『月刊少年ガン○ン5冊より重いものを持ったことがない女』こと浅見花子! ということだね!」

花子「なんだか我ながら一気に微妙な感じになったな」

誓子「とりあえずすごく重そうということは伝わってくる」




花子「そういえばこの中だと一人暮らしはチカりんだけか」

誓子「そういえばそうか、実家住み羨ましいわね……」

花子「おいおい褒めるなよ~」

誓子「少なくとも褒めてはいない、断じて」

絃「誓子ちゃんは家事サボったりしてない?」 クスクス

誓子「自分がしないと誰もしてくれないもの、嫌でもするわよ」

花子「そうか、そうやって自分を逆境に追い込むことでチカりんにも家事スキルが開花したわけか」

絃「やらないといけないっていうのはやる気を出すにはいい方法かもしれないね」

誓子「……ちょっと待って、それなんか元々私が家事やらない子みたいじゃない?」

花子「チカりんは意外とそういうのやらないタイプでしょ、ハナピー知ってるよ」

絃(鼻ピー……)

誓子「そんなことないわよ! まったく失礼ね!」 プンスコ

花子「えー? それじゃ例えば何やってた?」

誓子「……………………ご飯の時にお醤油のお小皿を並べたりとか……」

花子「小学生か」

絃「小学生だね」

誓子「い、いまはちゃんと家事してるから! 掃除洗濯してるし料理だってしてるもん!」

花子「はいはい(優しい目」

絃「うんうん(優しい目」

誓子「もおおおお!」




もっと燃えるがいいや 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kuki

花子「は~、最近クッキー作ってないわ~」

明華「はっはっは、まるで普段から作ってるかのような言い方を」

花子「潜在的に失礼な」

尭深「先輩のおうちってオーブンなどがあるのですか?」

花子「あるよん、実家だし」

尭深「越谷にかまど文化があったとは知りませんでした」

花子「越谷を未開の地みたいな言い方してない!?」




花子「なんか扱い酷くね? 私がクッキー焼いてたっていいじゃん別に」

明華「いえ、そういうつもりでは……」

尭深「普段そういうお話をあまりされなかったので、そういうイメージが出て来なくて、すみません」

花子「そこまで言うなら今度焼いて持ってきてあげよっか?」

明華「それはいいですね! 楽しみにしてます!」

尭深「美味しいお茶を用意して待ってますね」

花子「ふん! 美味しくて手のひらリバースしても知らねーかんな!」

尭深「普通にリバースしたりしないといいんですけどね」

花子「信用なさすぎでは!?」




~ 数日後 ~

花子「ほら、焼いてきた」

絃「え、な、何を? 家?」

花子「酷いな!? クッキーだよ!? 明華たちが欲しいっていうから作ったんだって」

明華「おお、お待ちしてました! さっそくお茶にしましょう!」

尭深「渋めの茶葉用意しておきましたから」 コポポ

花子(お茶淹れるのはええ)

絃「わー、楽しみっ!」

花子「ほら、大目に焼いてきたから人数分あるよ」

明華「ではいただきます♪」

尭深「…………ふむ、これは」

花子「ど、どう? わりとうまく出来た方かなって持ってきたんだけど」

明華「えっと、うん、普通に美味しいです」

尭深「そうですね、普通に」

絃「特に文句を言う隙もなく美味しいね」

花子「なんで文句を言う前提のテイスティングしてんの……?」

尭深「いえ、浅見先輩ならここで一つボケを挟んできてくれるかなと」

花子「なにその妙な信頼……」




料理の"し"【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

c82d73567c826a85026dca37201a30d8


恵「スーパーに塩とか売ってるじゃん」

京太郎「売ってるな」

恵「あれの商品としての違いがよく分からないんだけど、どういう違いあるのアレ」

京太郎「ああ、まぁ買うときは1kgとかで買うから食べ比べとかできないよな」

恵「結局食塩だと思うんだけど、成分に違いでもあるの」

京太郎「製塩方法の違いはあるよ」

恵「聞いといてなんだけどなんで答えられるんだ……ちょっと気持ち悪い……」

京太郎「本当に聞いといてなんだなお前!?」




京太郎「簡単に言うと、天日塩とイオン交換膜製塩法の二つに分けられるのかな」

恵「……それは……ポイントカードでビニール袋と交換的な……」

京太郎「AEONは関係ないぞ」

恵「その二つって何か違うの?」

京太郎「天日塩っていうのは昔からの、干したり炊いたりして塩にするやつな」

恵「イオンは?」

京太郎「んー、なんて言ったらいいのかな、水と塩分だけ通すような膜を使うことで海水を濃くする方法だ」

恵「えっ、現代化学すごい」

京太郎「高校くらいの化学なんだが」

恵「わ、私文系だったし……(目をそらす」

京太郎「おいおい言い訳か〜〜???」

恵「文科系部活だったし……」

京太郎「関係ねえしそれ俺もだし」




恵「じゃあ岩塩は?」

京太郎「あれはまた別だな、金とか鉄とかみたいに塩を発掘するんだよ」

恵「へー」

京太郎「料理とかで塩の塊をガリガリしてんの見たことない? あれ岩塩だよ」

恵「たぶん見たことないなァ」

京太郎「岩塩と普通の塩だったら直接舐めると結構味が違うから分かりやすいぞ」

恵「料理はちょっと……」

京太郎「料理しろ」

恵「料理する人が料理を作りたいように、私は料理を食べたいのさ」

京太郎「どういう言い訳だよ」

恵「なァ作りたい人」

京太郎「どういうタカり方だよ作らねえよ」



 

渇いた叫び 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kashitu


ソフィア「今日は乾燥がすごいな」 ケホ

尭深「そうですね、さっき部屋に入るときにバチッ!って静電気が凄かったです」

恵「加湿器のパワー上げましょうか」

ソフィア「むしろ加湿器ついてたのかって感じだな……」

恵「あー、これもう全力モードで動いてますね……」

尭深「うーん、濡れタオルでも干しましょうか」

ソフィア「加湿になるような大きいタオルなんかあるのか? ハンカチタオルならあるけど……」

恵「それじゃ私のはやりん等身大タオルを」

ソフィア「なんでそんなもん持ってんの!?」

尭深「そんな貴重なもの加湿なんかのために使っちゃっても大丈夫?」

ソフィア「そこか? 気にするところそこか?」

恵「大丈夫です、これ普段使い用なので」

ソフィア「他に何用があるんだ……」




ソフィア「うーん、乾燥してると髪の毛のまとまりがなぁ」

尭深「先輩編み込みパーマですもんね」

ソフィア「うん、まぁ天パを誤魔化してるだけなんだけどな」

恵「えっと、前から聞きたかったんですけど、その、ドレッド? ってお手入れどうやってるんですか?」

ソフィア「え? 普通だよ普通、朝出る時に編み込みを入れるだけだし」

尭深「頭洗ったりするのも大変なイメージがあるんですけど、そうでもないんですか?」

ソフィア「普通のシャンプーで洗ってドライヤーで乾かしてるだけだけど」

恵「乾かすのに時間かけたりとか」

ソフィア「ドライヤーも10分かからないくらいだぞ? 毛の量はそこまであるわけじゃないから」

尭深「……意外と普通なんですね」

ソフィア「だろ?」

恵「ど、ドライヤーを使うなんて……すごい!」

ソフィア「私は幼稚園児かなにかか」




ソフィア「私としては渋谷の髪質が羨ましいけどな、つるつるで」

尭深「あ、ありがとうございます」

恵「どんなお手入れしてるんですか?」

尭深「と、特別なことは何もしてない……と思う、髪を洗うのも石鹸だし」

ソフィア「せ、せっけん!?」

恵「それ髪の毛キシキシしないですか!?」

尭深「お酢を薄めたのでトリートメントしてるから大丈夫、さっぱりするよ」

ソフィア「はー……すごいな渋谷、なんだかおばあちゃんみたいだ」

尭深「お、おばあちゃん!!?」

恵「確かに……お茶のイメージも合わさると……」

尭深「…………二人とも、次からお茶は自分で淹れてくださいね」

ソフィア「本当すいませんでした許してください」

恵「ええ変わり身早い!? 置いてかないでくださいよごめんなさい!」




【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード