今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

O大麻雀部の人達

今年もやってくる 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

クリスマス

由華「ところで皆、クリスマスのよて――」

明華「ストァ――――ップ!!!!」

由華「え、な、なに、細胞でも見つけたの」 ビクッ

明華「職場でクリスマスの予定の話はセクハラですよ! 予定のない者に対する情けは無いのですか!?」

ソフィア「ここ職場じゃなくて部室だし」

明華「ま、ま、まぁ私は予定があるので関係のない話ですが!」

尭深「明華ちゃん、この間一人でクリスマスコンサートに行くって言ってなかった?」

明華「予定は……予定です」

ソフィア「一人で?」

誓子「明華……(ホロリ」

明華「泣くほど!?」




明華「うう……みんな嫌いです……」

尭深「まぁまぁ、チケット一つしか取れなかったんでしょ? しょうがないよ」

ソフィア「今年は誓子の家でクリスマスパーティやるから、コンサート終わったら来なよ」

明華「……へ? パーティですか?」

誓子「うん、ウチなら部員くらいまでなら入るでしょ」

由華「そうなんですか、一人暮らしすごいですね」

誓子「それほどでもないわ、まぁもちろん後片付けなんかはしてもらうけどね」

明華「で、ですが去年はそんなイベントなかったではないですか…… ランダムイベントなのですか?」

由華「ゲーム脳かあんたは」

ソフィア「それが、須賀の奴がな」

由華「京太郎がどうかしたんですか?」

ソフィア「いや、自分が料理ほかもろもろの雑用をするから、ぜひとも開催しましょう! って熱く語ってきて」

尭深「なるほど、京太郎くんならお料理も上手ですからね」

ソフィア「なんだか熱く語りすぎて血の涙を流しかねんレベルだったんだが、アレはなんだったんだろうな」

誓子「そこは……触れてあげないであげましょう」

明華「なるほど、京太郎の入部というフラグが必要だったのですね」

由華「ゲーム脳かあんたは」




由華「でもいいんですか? 誓子先輩って教会の娘さんだって聞いたことあるんですが」

誓子「いいって何が?」

由華「クリスマスにパーティとか、騒いだりしても」

誓子「ああ、まぁ別に問題ないでしょう、主への感謝さえ忘れなければ楽しそうな方が断然いいわ」

尭深(お堅いんだか柔軟なんだか)

明華「コンサート終わったら絶対に合流しますので! 料理やお酒は残しておいてくださいね?」

由華「料理は最悪京太郎にお願いすればいいかもしれないけど、お酒については保証しかねるなぁ」

誓子「ちょっと! ウチでの馬鹿騒ぎは絶対に控えてもらうからね! 泥酔するなんてもってのほかだから!」

尭深「はい、もちろんですよ(ニコッ」

由華「そのタイミングでその笑顔めちゃめちゃ胡散臭いな」




誓子「特にソフィア! あなたちゃんと花子のこと管理しておいてね! あれ酔うと悪ノリが悪化するから!」

ソフィア「まぁ大丈夫だろ、あいつも最低限のところは弁えるし」

誓子「最低限って! ゼロ・リバースの惨劇を忘れたの!?」

由華「なんですかソレ……」

ソフィア「ちょっと前、飲みに行ったら偶然居酒屋で隣り合っただけの社会人グループと意気投合してな」

明華「コミュ力お化けすぎるエピソードですね……」

誓子「で、相手全員を飲み潰した結果、全員リバースして死屍累々、その後は誰も残らなかったというね……」

由華「……よし、パーティで花子先輩は隔離しておこう」

尭深「あげるのはひまわりの種とかでいい?」

ソフィア「ハムスター扱いかよ」

誓子「だめよ、そんなのお酒がすすむーとか文句言うにきまってるわ、味の薄いジャーキーとかにしましょう」

ソフィア「犬用かよ、どっちにしろペット扱いなのかよ」

明華「なんだか面白そうなので、途中参加する時に美味しいお酒大量に持っていきますね」

誓子「マジでやめて」

由華「どうしたんですか誓子先輩!? 言葉使いが変ですよ!?」

受け継がれしモノ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

haiao


花子「自動卓の牌の色が青い方が勝率が高い気がする」

明華「ほう、続けてください」

花子「なんだろうね、やっぱり青は高貴な色、すなわち私にふさわしいという方程式が成り立つんだろね」

明華「なるほど、とてもよく分かります、やはり選ばれるべくして選ばれたというわけですね」

花子「ノブレス・オブリージュ的なね」

明華「勝つのが義務という訳ですね」

ソフィア「……なに話してるんだかあのお馬鹿たちは」

絃「あ、あはは……」




花子「お馬鹿とはなんだねソフィ、私たちの真面目な考察に茶々を入れるなんて」

明華「高貴な心を忘れてはいけませんよ」

ソフィア「真面目要素なんて欠片もなかっただろ」

花子「いやだって牌の色がさ」

絃「それだったら青に統一する?」

花子「えっ」

明華「えっ」

ソフィア「えっ」

絃「そうと決まれば予算を組まなくちゃね、とりあえず顧問の先生に押印をもらってこなくちゃ」

花子「ちょ、ちょっとまって、実はそこまで真面目に言ってたわけじゃないかなーって」

明華「そっ、そこまでお金をかけてまでやるようなことでは」

ソフィア「日和るの早すぎるだろお前ら」

絃「冗談だってば」




絃「でも実際のところ、牌の絵柄が薄れてるのがあるから、買い換えたいなと思ってたんだ」

ソフィア「あ、そうだったんだ」

明華「そういうものってバラで売っているのではないですか?」

絃「うん、売ってはいるんだけど、ひとつだけ新しいものにしてもガン牌みたいになっちゃうから」

花子「ああ、それはまぁ目立つかなぁ」

絃「だから牌だけ一セットまるごと買っちゃってもいいかなって」

ソフィア「結構長いこと使ってたからなぁ、最後に入れ替えたのってうちらが入学した直後くらいだっけ」

花子「そだね、一番古いのなんか何年前からあるかわかんないし」

明華「け、けっこう昔からあったのですねアレ」

花子「そう、先輩方の血と汗と涙と手垢がしみこんだ備品なのさ」

ソフィア「その言い方だとなんか汚いんだが」

絃「汚いと言えば一緒においてあるトランプとかもけっこう……」

花子「そう、先輩方の血と汗と涙と手垢がしみこんだ備品なのさ」

ソフィア「あれ大富豪にしか使ってないんだけど血とか出る要素なくないか……?」

明華「甘いですよソフィ、大富豪ほど血で血を洗うという慣用句が似合う競技もそうありません」

ソフィア「何言ってんだ麻雀の留学生」

絃「次の突発部内戦こそは負けないからね花ちゃん……!」

ソフィア「霜崎ィ!? っていうか部内戦ってなんだよいつそんなのやってたんだよ麻雀部で!?」

花子「拗ねないでよ、次はソフィが居る時にやるからさ」

ソフィア「そういうことを言ってんじゃないんだよ麻雀をしろォ!」

ニックネーム【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ra-men



揺杏「お、須賀京太郎」

京太郎「なんでフルネーム呼びなんすか岩館先輩……」

揺杏「あっはっは、いやいや、なんかちょっと名前呼びが気恥ずかしくてさ」

京太郎「あんまり恥ずかしがってるようには見えないですけどね」

揺杏「ばっ、奥ゆかしい乙女のキモチを分かってねーなぁこいつは」

京太郎「奥ゆかしい乙女? どこに?」

揺杏「お? 戦争か?」




京太郎「第一、名前を呼ぶなんてそんな気にするようなもんでもないでしょ」

揺杏「……女だらけの環境で生きてきたプレイボーイは言うことが違いますなぁ」

京太郎「その言い方なんかすげえトゲありません!?」

揺杏「まぁ実際、高校から専門までずっと女だらけの環境だったからさ、私」

京太郎「え、マジですか、箱入りじゃないですか」

揺杏「イエス! 私 is 箱入り!」

京太郎「ところでそんな箱入りお嬢様の岩館先輩は昨日のディナーに何をお召し上がりに?」

揺杏「背油とニンニクたっぷりのラーメンを」

京太郎「台無しだよ」

揺杏「うちら花子ちゃん先輩たちと一緒に行ったじゃん、ボケたん?」

京太郎「知ってたから言ったんですよ!」




揺杏「じゃあどうやって名前呼ばれたいんだよ~、なんかリクエストある?」

京太郎「リクエストって…… 好きに呼べばいいじゃないですか」

揺杏「んー、じゃあ無難に苗字で?」

京太郎「別に俺はそれでもかまいませんけど」

揺杏「いや、それだと年下は可能な限りあだ名をつけるっていう私の矜持に反するからな……」

京太郎(面倒くさいなこの人……)

揺杏「よし、そんじゃ京太郎の『京』をとって京ちゃんと呼ぼう、これなら他の人とも被ってないし」

京太郎「あー、まぁ確かに大学では被ってませんね」

揺杏「……ん? ってことは大学以外では京ちゃん呼びさせてる奴がいるのか、やっぱプレイボーイじゃーん」

京太郎「なんでさっきからプレイボーイ推しなんですか…… 呼んでるのは幼馴染ですよ、幼馴染」

揺杏「……幼馴染っていうと、あの宮永妹?」

京太郎「え、知ってたんですか?」

揺杏「そりゃまぁ、私も清澄には主にインハイで大変お世話になりましたしぃ?」

京太郎「いやぁ、竹井部長は強敵でしたね」

揺杏「っせぇよ! このプレイボーイが!」

京太郎「だからなんでプレイボーイ呼び推すんですか!?」

辛いです、バイトが好きだから 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

araisan


ソフィア「……どうしよう」

誓子「もうすぐ部活なのになんかいつになく深刻そうな顔ね……いつになく……」

ソフィア「おいそこ強調されると普段どれだけ緊張感ないんだよってなるだろ」

尭深「新井先輩は、い、いつも真剣に部活をされて、ま、ますよ」 オドオド

ソフィア「その庇い方は暗にそうだと言ってるほうのやつだぞ渋谷!?」

誓子「嫌ね、冗談よ、冗談」

ソフィア(こいつ真顔で言うから冗談に聞こえないんだよなぁ……)




尭深「それで、何か困りごとでもあったんですか?」

ソフィア「まぁ大したことじゃないんだけどさ、行きたいライブがバイト入れちゃった日なんだよね」

誓子「まぁ! それは大変!」

ソフィア「なんで突然芝居がかったテンションなんだ?」

尭深「お困りのようですね、ぜひとも私たちが代わってさしあげましょう」

ソフィア「バイトを?」

尭深「むろん、ライブを」

ソフィア「…………アホかな?」

誓子「いくらアルバイトとは言え、無関係の人間が突然シフトに入れるわけがないでしょう、常識で考えなさい」

ソフィア「ライブのチケットを譲れと突然言うようなやつらがなんか常識云々言ってるぞ」

誓子「嫌ね、冗談よ」

ソフィア「いや、だから真顔でお前な」




尭深「アルバイトはどなたかシフトの代打の宛はあるんですか?」

ソフィア「んー、そうだなぁ、よく一緒にシフトに入るやつがいるから頼んでみるかなぁ」

誓子「ソフィアがアルバイトでちゃんとお友達を作れてて良かった」

ソフィア「お母さんか何かかお前は」

尭深「しかし、ライブに行きたいっていうのは正直ちょっと頼みにくい理由ですね……」

誓子「そうね、ちょっと言い出しにくいわね……」

ソフィア「う、やっぱりそうだよなぁ、弘世にはなんかお土産買っていくかな」

尭深「……弘世?」

ソフィア「え、うん、シフト代わってもらうんならそのくらいはって」

尭深「いやそこではなく、弘世ってお嬢様の弘世ですか?」

誓子「それ個人の特定につながる形容詞なの?」

ソフィア「黒髪ロングお嬢様の弘世様だな」

誓子「おかしい、情報が絞られつつあるわ」




ソフィア「……あれ、もしかして知らなかったんだっけ? 私と弘世同じバイトだよ」

尭深「初耳です…… ということは、新井先輩もあの喫茶店に居たのですか」

ソフィア「あ、うちの店来たことあるんだな、そうそう、そこでウェイトレスやってるよ」

誓子「アルバイトってウェイトレスだったのね……」

ソフィア「…………なんだよ、似合わないのは知ってるよ」

尭深「似合っているかは実際に見てみないと何とも……」

誓子「そうね、これは一度みんなで職場訪問してみる必要がありそうね!」

ソフィア「げっ、やめてよ恥ずかしいな」

尭深「大丈夫ですよ、弘世先輩の時は元白糸台のメンツでひたすら弄りたおしましたけど大丈夫ですよ」

ソフィア「欠片も大丈夫そうな要素が聞こえてこないんだけど!?」

業界の闇 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
SS150本投稿を達成してました

map_01



恵「……ん? あれって真屋さん?」

花子「お、本当だユキりんじゃん、うーい」

由暉子「花子先輩、恵さん、お疲れ様です」

恵「今日は部活来れるんかい?」

由暉子「はい、今日は最後まで部室に居られます」

花子「最近あんまり来てないから、チカりんが忙しいのかって心配してたよん」

由暉子「……ご心配をおかけして申し訳ないです」

恵「いや真屋さんが凄く頑張ってるのは皆テレビで知ってるしねェ…… 悪いことしてるわけじゃないんだから」

花子「チカりんが騒いでるのは単に親バカなだけだと思うけどね~」

恵「親じゃないです」

由暉子「? 誓子先輩は私の親だったのですか?」

恵「親じゃないです」




由暉子「ふふ、高校の時からずっと、過保護にしてもらっちゃってるんです」

恵「過保護とか言ってる割にうれしそうに見える」

由暉子「過保護うれしいですよ?」

花子「……需要と供給成り立ってるじゃん」

恵「はぁ…… なんというか、真屋さんって後輩オーラが凄いよなァ」

由暉子「後輩オーラ……ですか?」

花子「あーそれは何となくわかる、なんというか、守ってあげたくなるっていうか」

由暉子「……そうなんでしょうか?」

恵「うん、なんというか庇護欲をかきたてられる」

花子「今『お前は俺のカキタレになるのだ』って言った?」

恵「どういう耳してんだっていうか色々最低ですねあんた!?」

由暉子(かき……柿の種? ですか?)

由暉子「わさびもいいですが、私は梅味が好きですね」

恵「こっちはこっちで何の話してんの!?」




恵「アイドルって色々地方にロケとかしたり?」

由暉子「たまーにグラビアを撮影に行ったりはします」

花子「ふぇー、そこだけ聞くと羨ましい限りっすわ」

恵「どこでやってんの? やっぱり沖縄とか、グアムとか?」

由暉子「………………………………九十九里です」

恵「…………えっ?」

由暉子「牌のおねえさんくらい有名ならともかく、私はプロ雀士でもないので……」

花子「……アイドル業界も大変なんだねぇ」

恵「えっ……えっ? もう十月も終わろうとしてるんだけど?」

由暉子「うふふ、わぁい九十九里、ゆきこ九十九里大好き」

恵「真屋さん!? 気をしっかり保って! 虚空を見つめんな!」




由暉子「とりあえずそういう場合は、雪景色の中で水着を着せられるよりはマシと思ってやっています」

恵「命の危険がありそうな絵面と比べてマシと言われても」

花子「あー、なんかそれってニッチな需要があるらしいよ、雪景色の水着グラビアって」

恵「ええ……マジですかい…… 業が深すぎて来世に期待出来なくなるやつでしょソレ」

由暉子「肌が白い景色に映えるので見る分にはいいのかもしれませんね」

花子「じゃ自分が撮られるのは?」

由暉子「嫌です(ニコッ」

花子「道産子で名前がユキなのに雪は苦手かぁ」

恵「苦手とかそういう次元の話じゃないし、道産子を強化人間かなにかと勘違いしてませんかね……」

由暉子「もう疲れたよパトラッシュ……」

花子「うん、それあんまり洒落になってない」

由暉子「うふふふ」

恵「えっと、げ、元気だしなよ、これから部室で練習だし、私のこといっぱいトばしていいから!」

花子「そっちはそっちでトばされることを当然のように受け入れるなよ!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード