今日の一言:寒すぎてそういうSSしか書けなくなってる  (1/25)

咲-Saki-

グラス越しのあなた 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

A-thumb-718xauto-10025


友香「ふああ、センパイのメガネの度がすごいんで~~……」 クラクラ

浩子「な、ちょ、勝手に持ってくな!」

友香「あ、ごめんなさーい」

浩子「ったく、ちょい目ぇ話したら油断も隙もない……」 フキフキ

友香「センパイがメガネ外してるとこなんて見たことなかったからつい」

浩子「……いや、流石に外すときは外すで、今も顔洗っとったし」

友香「えー、でもこの間の合宿で一緒に温泉入った時もメガネしてたんでー」

浩子「足元が見えんと危ないからな、洗うときは外しとったわ」

友香「そうだったんだ……メガネが汚れから守ってくれるから洗う必要がないのかと思ったんでー」

浩子「お前はメガネに過剰な期待をかけすぎ」




友香「でもフナQセンパイはやっぱりメガネが似合うんでー」

浩子「まぁ小さいころからメガネ愛用者やからな、顔がメガネに馴染んどるんやろ」

友香「えっ……メガネが馴染む……?」

浩子「実際そういう説はあるらしいで、長い事メガネ着けてると目蓋が下がるとかそうでないとか」

友香「へー、なんでだろ?」

浩子「なんでもメガネは視界が狭いから、目を上に向ける機会が少なくて筋肉が緩むらしいで」

友香「え、えええ? 筋肉が緩む!!?? こ、怖いんでー!?」

浩子「え、ちょ」

友香「センパイはゆるゆるだったー!」

浩子「全力で誤解を招きそうなことを大声で叫ぶなや!!!!」




浩子「『そう言われてる』レベルの話やから本気にしたらあかんで」

友香「は、はぁ……そうなんでー……」

浩子「まぁうちももうメガネなしの生活なんて考えられんしな」

友香「なんでセンパイは目が悪くなったんでー?」

浩子「ん? 特に理由はないんやけどな、気付いたら視力悪くなっとっただけで」

友香「え、何か暗い所で本を読みすぎたとか」

浩子「覚えはあまりないなぁ、家族にもメガネ多いし遺伝ちゃう?」

友香「愛宕センパイもメガネだし」

浩子「絹ちゃんはイトコやけどな、まぁ家系やろ」

友香「あんまり似てないようで似てるんでー」

浩子「あー、まぁ確かに絹ちゃんとはいろんな意味で従妹やなって思うわ」

友香「……一部分(胸部)は似てないけど」 ボソッ

浩子「…………あ゛あ゛ん?? 今どこ見て言うたんや? 言うてみ?」

友香「で、でもメダ○ットでは装甲が低いほうが性能が高いんでー!」

浩子「誰の胸部装甲が低いんじゃああああ!!!」




ニワチョコスピリッツ 2 〜バレンタイン斬魔伝〜 【シノハユSS】

※シノハユの二次創作SSです
※いつも書いてるSSとは趣が異なります
※いつものについてはアバウトをどうぞ

wallpaper-chocolate-photo-05

知代子「……んん…………くぁ……」

菜緒子「あら、起きたの?」 コーヒーズズー

知代子「んぁ、おはようございます……」

菜緒子「おはよう」

知代子「…………んん??」

菜緒子「……? どうかした?」

知代子「ほぁ、え、ええ??」

菜緒子「いくら寝起きとは言え、少し間抜けな声すぎるんじゃないかしら」

知代子「……なぜ丹羽菜緒子さんが私の寝室で朝コーヒーを嗜んでおられるのでしょうか」

菜緒子「あら、昨夜の出来事をもう忘れてしまったの?」

知代子「昨夜はふと思いついてティッシュで折り紙してたら予想以上に熱中して夜更かししてたわよ!」

菜緒子「もう少し生産的なことに時間を使いなさい」




菜緒子「明日会いに行くからよろしくねと伝えておいたでしょう」

知代子「え、でも約束してたのってお昼では」

菜緒子「お昼だけれども」

知代子「……えっと…………」

菜緒子「もうすぐお昼ご飯が出来るから食べていく? ってさっきおばさんが言ってたわ」

知代子「ほんとすいませんっした……」

菜緒子「別に気にしてないわよ」

知代子「いやしかしだね」

菜緒子「今さら幻滅もなにもないわよ、何年の付き合いだと思っているの」

知代子「う、ううーん、なんか釈然としないというか、フォローされてるようでされてないというか……」

菜緒子「じゃあチョコ、土下座」

知代子「唐突!? あ、いや、ごめんてば……」




知代子「って! そうだ! 渡したいものあるからちょっと待ってて!」

菜緒子「おかまいなく」 コーヒーズズー

知代子「自分の家かと思うくらい寛いでる……」

菜緒子「いいからとっとと持ってきなさい、私も早く渡したいから」

知代子「え、あ、はい」 トビラガチャー

菜緒子「…………まったく……」

知代子「あ、居ない時に家探しとかしないでよ!」 ビシィ

菜緒子「爆睡している隙に部屋に侵入されてる時点で今更でしょう」

知代子「あ、そう! そういえばなんで部屋に!」

菜緒子「おばさんが入れてくれたわ」

知代子「身内が不法侵入の幇助を……」




知代子「というわけでほら、ハッピーバレンタイン」

菜緒子「はい、私も」

知代子「手作りだからちょっと形が悪いかもしれないけど許してね」

菜緒子「毎年の事じゃない、ありがとう」

知代子「……え、ナオのこれって有名なブランドのチョコレート?」

菜緒子「だって渡す相手があなただもの、頑張って並んで買ったわ」

知代子「ナオ……」 ジーン

菜緒子「なんと言っても相手はチョコの擬人化だもの、中途半端なものは渡せないわ」

知代子「何か言うだろう言うだろうと思ってたけど言うに事欠いて擬人化と来ましたけど!?」

菜緒子「擬人化なのに手作りチョコは歪んでるのね」

知代子「酷くない!? そもそもチョコって呼ぶの基本ナオだけなんですけど!?」

菜緒子「あら、そうだったの、ごめんねチョコ」

知代子「むうう……」

菜緒子「ほらほらむくれてないで、コーヒー淹れるから一緒に食べましょう」

知代子「自分の家かと思うくらい寛いでる……」

菜緒子「大丈夫、豆とミルは持ち込みだから」

知代子「凝るところおかしくない!?」




渇いた叫び 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kashitu


ソフィア「今日は乾燥がすごいな」 ケホ

尭深「そうですね、さっき部屋に入るときにバチッ!って静電気が凄かったです」

恵「加湿器のパワー上げましょうか」

ソフィア「むしろ加湿器ついてたのかって感じだな……」

恵「あー、これもう全力モードで動いてますね……」

尭深「うーん、濡れタオルでも干しましょうか」

ソフィア「加湿になるような大きいタオルなんかあるのか? ハンカチタオルならあるけど……」

恵「それじゃ私のはやりん等身大タオルを」

ソフィア「なんでそんなもん持ってんの!?」

尭深「そんな貴重なもの加湿なんかのために使っちゃっても大丈夫?」

ソフィア「そこか? 気にするところそこか?」

恵「大丈夫です、これ普段使い用なので」

ソフィア「他に何用があるんだ……」




ソフィア「うーん、乾燥してると髪の毛のまとまりがなぁ」

尭深「先輩編み込みパーマですもんね」

ソフィア「うん、まぁ天パを誤魔化してるだけなんだけどな」

恵「えっと、前から聞きたかったんですけど、その、ドレッド? ってお手入れどうやってるんですか?」

ソフィア「え? 普通だよ普通、朝出る時に編み込みを入れるだけだし」

尭深「頭洗ったりするのも大変なイメージがあるんですけど、そうでもないんですか?」

ソフィア「普通のシャンプーで洗ってドライヤーで乾かしてるだけだけど」

恵「乾かすのに時間かけたりとか」

ソフィア「ドライヤーも10分かからないくらいだぞ? 毛の量はそこまであるわけじゃないから」

尭深「……意外と普通なんですね」

ソフィア「だろ?」

恵「ど、ドライヤーを使うなんて……すごい!」

ソフィア「私は幼稚園児かなにかか」




ソフィア「私としては渋谷の髪質が羨ましいけどな、つるつるで」

尭深「あ、ありがとうございます」

恵「どんなお手入れしてるんですか?」

尭深「と、特別なことは何もしてない……と思う、髪を洗うのも石鹸だし」

ソフィア「せ、せっけん!?」

恵「それ髪の毛キシキシしないですか!?」

尭深「お酢を薄めたのでトリートメントしてるから大丈夫、さっぱりするよ」

ソフィア「はー……すごいな渋谷、なんだかおばあちゃんみたいだ」

尭深「お、おばあちゃん!!?」

恵「確かに……お茶のイメージも合わさると……」

尭深「…………二人とも、次からお茶は自分で淹れてくださいね」

ソフィア「本当すいませんでした許してください」

恵「ええ変わり身早い!? 置いてかないでくださいよごめんなさい!」




プリティでキュアキュア 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

bakateam


誠子「…………」 ウトウト

ハオ「大丈夫ですか? 相当眠たそうに見えますが」

菫「夜更かしでもしたのか?」

誠子「いやぁ、昨夜ハオがなかなか寝かせてくれなくて……」

菫「なー!?」

ハオ「ですが、プリ○ュアについて知りたいと言い出したのは誠子ではないですか」

誠子「だからって過去シリーズ一気に観なくたってよかっただろ……」

菫「……想定以上にアホなことをやっていた」

ハオ「一日視聴会をしただけではまだまだ…… シリーズ全体の1/3も終わっていないのですよ?」

誠子「ほんとすいませんでした」

菫「どうした亦野、口調が変だぞ」

ハオ「映画も20本以上ありますよ」

誠子「」

菫「トドメをさすんじゃあない!」




誠子「っていうか、プ○キュアってそんなにシリーズあるのか」

ハオ「現在初代シリーズが始まってから10年以上経っていますからね」

菫「そんなに長い事やってるのか……」

ハオ「菫はプ○キュアを観ていたりはしなかったのですか?」

菫「ううむ、幼少期はあまりテレビを観たりしなかったんだ」

誠子(お嬢様だからなぁ……)

菫「というより、逆にハオはなんでこんなに詳しいんだ?」

ハオ「幼少時に母国で初代を観て大ハマリしてしまいまして」

菫「へぇ、中国でも放送してるのか、凄いな」

ハオ「ですが二つ目のシリーズ以降が一向に放送されなくて…… 以降は日本に来てからですね」

誠子「……へ? ハオが日本に来たのって」

ハオ「臨海に留学した時が最初ですね、日本行きが決まった時はもう大歓喜しましたとも」

菫「……一応聞くが、留学はあくまで麻雀が目的だったんだよな?」

ハオ「もちろんです」 ニコッ

誠子「ダメだこいつ、笑顔で全てをごまかそうとしてる」




ハオ「しかし、女の子であったなら普通は魔法少女に憧れるものなのでは?」

誠子「それは、まぁ、確かに」

ハオ「そう! それは菫がフリル満載の可愛い衣装が好きなのと同じ! 私は至って普通です!」

菫「いや今その話関係ないだろ!?」

ハオ「あ……すみません、本当はアルバイトで使用してるエプロンドレスはお嫌いでしたか?」

菫「そ、その、た、確かにあの制服は、き、嫌いではないというか、好んで着用してはいるが」

誠子「いやすいません、それ見てればわかります」

ハオ「働きながらたまに窓に映る服をみてニマニマしてましたもんね、知ってました」

菫「みみみみみみ見てたのか!!!??」

誠子「あの時店に居たお客さんとかマスターとか全員微笑ましい感じで見てましたよ」

菫「………………おうちかえる」

誠子「せんぱあああいいい!?」





肉体疲労時の栄養補給に 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

tamoichi


藍子「――そんでさ、臼沢先輩が隣の部にお醤油借りに行くって出てこうとした時はさー……」

もこ「……ら、藍子ちゃん、体調悪い?」

藍子「……えっ?」

もこ「いや、な、なんだか、寒そうにしてるから……」

藍子「えー、そうかな、そんな風に見えた?」

もこ「う、うん、藍子ちゃんの後ろで血だらけで立ってる人も『さっきくしゃみしてたのを見た』って」

藍子「待ってなんか今聞き捨てならない情報があったような気がするけど」

もこ「い、いつもの人、だから、大丈夫だよ」

藍子「んんー! 大丈夫な要素がないんだよなー!」




藍子「この部室そもそもが暖房あんまり効かないからよく分かんないんだよね……」

もこ「私はそんなに寒く感じてないから……藍子ちゃんが、寒がってるなら、風邪なのかなって」

藍子「ナニカが憑いてるから寒いとかそういうのじゃなくって……?」

もこ「居るのは陽気な人みたいだから、違うんじゃ、ないかな」

藍子「ふわっとした言い方」

もこ「冗談はと、ともかく、本当に体調悪くない?」

藍子「うんまぁ、喉の痛みはちょっとあるし、ダルいなぁって思ってたのも事実ではあるけどさ」

もこ「た、大変」

藍子「でもダルいって言ったらさ、ほら、最近著作権料とかうるさいじゃん?」

もこ「し、シロさんが著作権持ってるの!?」




藍子「あ、だめだ、調子悪いって自覚したらなんか一気にクラっときたかも」

もこ「だ、大丈夫? 栄養ドリンク飲む?」

藍子「あ、うん、今回はちょっともらっておこうかな……ありがとう」

もこ「辛そうだからローヤルゼリー入りの奴開けるね!」 ウキウキ

藍子「なんかいつになくテンション高いな……」

もこ「ご、ごめんね、普段た、高い栄養ドリンクってあんまり買わない、から」

藍子「あー、それは確かにそうかも、高いのとか何千円とかするね」

もこ「あ、で、でも、藍子ちゃんユ○ケルのCMに出てるから、一杯飲んだりしてるんじゃな、ない?」

藍子「タ○リじゃないよ!?」

もこ「髪切った?」

藍子「それモノマネで定番ネタだけど別に普段言ってる訳じゃないんだよね」

もこ「や、やっぱり、本物……」

藍子「違うけど!?」



【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード