今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

咲-Saki-

世界の歪み 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

megane

まこ「……うう…………」

胡桃「どうかした?」

まこ「いえ、ちいと気分が悪うて……」

星夏「え、大丈夫ですか」

まこ「なんじゃろ……眼鏡が歪んどるんかのう……」 クラクラ

胡桃「ああ、視界が変で眼が疲れちゃったのかな」

星夏「え、メガネって歪むもんなんですか? 染谷先輩のメガネって結構がっしりしてるように見えますけど」

まこ「眼鏡は精密機器じゃけぇ、少しの歪みで全然違うんじゃ……」

星夏「眼鏡の人は大変ですね……」

まこ「まぁコンタクトよりは楽とは思うがな」

星夏「うーん、目が悪くなったらどうしよう…… なんか今から心配になってきた」

胡桃「え? 文堂は目閉じてても見えてるみたいだから眼鏡必要ないよね?」

星夏「目が細いだけでちゃんと見てますけど!?」

まこ「フッ、されど心の目はひらいておる」

星夏「心の目も何もそもそも見えてますよ!?」




星夏「目が必要ないって言ったら百鬼先輩じゃないですか? あのひと目閉じてても麻雀出来そうだし」

胡桃「あー、まぁそうかもね、音で見えてるみたいだし」

星夏「いやぁ、人間止めてるなぁ」

まこ「いや流石に音だけで全部把握するんはいくらあいつでも無理じゃぞ」

胡桃「そうなの? 手牌全部透けてるもんだと想定して今までやってたよ!」

まこ「ここぞっちゅう時に使うてこそじゃ言うとりましたけん」

星夏「というかその前提なのに勝ててる鹿倉先輩もそれはそれで色々おかしいですけどね……」

胡桃「ふふーん! まぁ三年生が二年生にそうそう負けるわけにはいかないからね!」

星夏「少しは負けてくださいよ……」

まこ「ふっふっふ、二年も一年にゃそうそう負けてやれんからの」

星夏「じゃあ一年は誰に勝てばいいんですか! ぬいぐるみと卓を囲めばいいんですか!」

まこ「もう少し自分に自信を持て」




まこ「……っと、そろそろ限界、じゃな、わしゃそろそろ帰りますけぇ」 フラッ

胡桃「あ、ごめんね、調子が悪いのに話しちゃってて!」

まこ「いえ、眼鏡屋で直してもらえばすぐですけん、大丈夫です」

星夏「お大事に~」

まこ「おう、じゃあの……」 トビラガラー

胡桃「……眼鏡族も大変なんだねぇ」

星夏「普段からちょっとくらい労わってあげた方がいいのかもしれませんね」

胡桃「そうだね、普段から眼鏡かけてるから負担も凄いだろうし」

星夏「でも駄弁ってる時はともかく、対局中とか一番目を使う時はどう労わってあげたらいいんですかね?」

胡桃「うーん、麻雀の対局中でも違和感なく目を労わる方法……」

星夏「やっぱりあれですかね、アツシボ」

胡桃「ああ、それは色んな意味で麻雀らしいね……」

星夏「後ろに待機していたアツシボ係がおもむろに対局者の目にアツシボを押し当てる」

胡桃「テロじゃん」

星夏「眼精疲労がリフレッシュ!」

胡桃「そりゃ眼精疲労はリフレッシュするかもしれないけど」

星夏「他家の手牌もリフレッシュ!」

胡桃「すり替えてる!? 見えてない間にイカサマされてるけど!?」

星夏「点棒入れの中身もキレイさっぱりリフレッシュ!」

胡桃「そりゃリフレッシュするよね!? イカサマされてるしね!?」



C級屋台グルメ 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

wataame


那岐「…………なんたることだッ……!」

宥「ど、どうしたの那岐ちゃん」

浩子(どうでもええ理由のような気がしてならん)

絹恵(浩ちゃんが冷めた目ぇしとる……)

那岐「この突然の衝動……果たして抑えることが出来るだろうか……」

浩子「……8年越しの中二病でも?」

那岐「突然……わたあめが食べたい……ッ!」

絹恵「突然の駄菓子ッ!?」

浩子「8年越しどころか18年越しくらいの言動しとる」

宥「中学二年が……約8年前……? そ、そんな……」

絹恵「予想外の所にダメージ行ってはる」




絹恵「そういえば駅前のコンビニに売ってたような気ぃしますわ、わたあめ」

那岐「え、本当か」

絹恵「確か駄菓子コーナーで」

那岐「そうか、帰りに買って帰ろうかな」

浩子「……というかなんでいきなりわたあめなんですかね」

那岐「今朝は冬には珍しく羊雲が浮いていてな」

絹恵「あ、もう分かったんでいいですわ」

那岐「語らせてくれよ!?」

浩子「ホンマ天然やなこの人……」

宥「あはは、そうだね~」

絹恵「………………」

浩子「…………いや、うん、そうですね」

宥「?」




宥「冬にわたあめっていうのも珍しいよね」

絹恵「まぁわたあめ言うたら夏ですね、夏祭り」

那岐「ああ……やきそば、串焼き、りんご飴ぇ……」

浩子「完全にトリップしてはる……」

宥「うーん、私もやきそば食べたくなっちゃったかも、スーパー行ってこようかな」

絹恵「お、ええですね! 料理研にフライパンとか借りてきますわ!」

浩子「そんじゃ私らで買い物行ってくるわ」

那岐「そして私がよだれを垂らしながら焼けるのを待つ係だな」

宥「働かざるもの?」

那岐「…………食うべからず」

宥「お買いもの行ってきてね?」

那岐「……はい」

浩子(強い)

絹恵(部長の肩書とはいったい)




もっと燃えるがいいや 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kuki

花子「は~、最近クッキー作ってないわ~」

明華「はっはっは、まるで普段から作ってるかのような言い方を」

花子「潜在的に失礼な」

尭深「先輩のおうちってオーブンなどがあるのですか?」

花子「あるよん、実家だし」

尭深「越谷にかまど文化があったとは知りませんでした」

花子「越谷を未開の地みたいな言い方してない!?」




花子「なんか扱い酷くね? 私がクッキー焼いてたっていいじゃん別に」

明華「いえ、そういうつもりでは……」

尭深「普段そういうお話をあまりされなかったので、そういうイメージが出て来なくて、すみません」

花子「そこまで言うなら今度焼いて持ってきてあげよっか?」

明華「それはいいですね! 楽しみにしてます!」

尭深「美味しいお茶を用意して待ってますね」

花子「ふん! 美味しくて手のひらリバースしても知らねーかんな!」

尭深「普通にリバースしたりしないといいんですけどね」

花子「信用なさすぎでは!?」




~ 数日後 ~

花子「ほら、焼いてきた」

絃「え、な、何を? 家?」

花子「酷いな!? クッキーだよ!? 明華たちが欲しいっていうから作ったんだって」

明華「おお、お待ちしてました! さっそくお茶にしましょう!」

尭深「渋めの茶葉用意しておきましたから」 コポポ

花子(お茶淹れるのはええ)

絃「わー、楽しみっ!」

花子「ほら、大目に焼いてきたから人数分あるよ」

明華「ではいただきます♪」

尭深「…………ふむ、これは」

花子「ど、どう? わりとうまく出来た方かなって持ってきたんだけど」

明華「えっと、うん、普通に美味しいです」

尭深「そうですね、普通に」

絃「特に文句を言う隙もなく美味しいね」

花子「なんで文句を言う前提のテイスティングしてんの……?」

尭深「いえ、浅見先輩ならここで一つボケを挟んできてくれるかなと」

花子「なにその妙な信頼……」




代走不在 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

toire


やえ「…………ッ」 タン

智葉(小走の奴……対局中だというのに……集中していない?) タン

誠子(いや、ある意味集中してるというか……鬼気迫る感じではあるけど) タン

ハオ (……というより、これは…………) タン

やえ「……ッ!」 フルフル

智葉(なにか、悲しいような、激情を堪えている……?)

やえ「……これを通らば、リーチ」 タン

智葉「残念だが通らないな、3900もらうぞ」 パララ

やえ「……ッ…………はい、これで終了ね」 カチャカチャ

ハオ「リーチ棒含めてサトハがトップですね、お疲れ様でした」

誠子「……あの、小走先輩どうかしたんですか? なんだかさっきから落ち着きがないような」

やえ「……なんでもないわ、私が最下位だから抜けるから」 ガタッ

ハオ「えっ、はい……」

やえ「……!」 ダッ

誠子「…………小走先輩、なんだかすごく深刻そうでしたね」

ハオ「一目散に部室から出て行ってしまいましたし……」

誠子「辻垣内先輩、どうしたらいいんでしょうか」

智葉「……心配なのは分かるが、あいつが話さないうちはあいつの問題だ、何を悩んでるかは知らんがな」

ハオ「サトハ……」

智葉「歯がゆいだろうが、私たちにできるのはあいつが話してくれることを待つことだろう」

誠子「……そう、ですね」

恭子「ん、なに、小走の話しとるん?」 トビラガラー

ハオ「いえ、なにか思いつめているようで…… 心配していたのです」

恭子「そうなん? さっきトイレからめっちゃスッキリした顔で出てきてたけど」

誠子「ただトイレ我慢してただけじゃないですか!!?」

ハオ「あいつが話さないうちはあいつの問題だ(キリッ」

智葉「ほう、命が惜しくないようだな、卓につけ」

誠子「私はそこまで煽ってないですよ!?」

智葉「末原も座れ、ちょうど空いた」

恭子「うち関係あらへんねんけど!?」



いつも通りの戦場 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

2013040701


~ 栄牌技ホール 選手控室 ~

もこ「こ、こんにちは……」 トビラガチャー

藍子「すいません、姉帯選手は……」

豊音「あっ、対木さん! 百鬼さん! いらっしゃい!」

プロA「あれ、姉帯さんお客さん?」

豊音「はい! チケット渡して招待しました!」

藍子「お招きに与りましてー」

プロB「そっか、お友達だったんだ、よかったー」

もこ「? よ、良かった、って、どういう?」

プロC「いやぁ、豊音ちゃんが男の人を招待したのかと思ってみんなハラハラしてたんだよね」

プロD「ただでさえ天使の豊音ちゃんが男を呼んで堕天しようとしてるのかと」

プロB「こいつぁメチャゆるせんよなぁ~~~!?」

藍子「すげえ、病人しかいない」

プロA「…………向こうの談話室で話してきなさいな、こいつらは試合時間までには現実に戻しておくから」

豊音「は、はい」





藍子「改めて、今日はお招き頂きまして」

もこ「ありがとうござい、ます」

豊音「ふふふ、二人とも来てくれて嬉しいよー」

藍子「さっきの先輩の反応を見るに、誰かを招待するのって珍しかったり?」

豊音「うーん、さえたちは結構来てくれてるけど、先輩たちもそれは知ってるから」

もこ「そ、そうだったんですか」

豊音「それ以外の人を誘うのって久しぶりで、先輩たちが盛り上がっちゃって…… ごめんね」

藍子「いえいえ、私も久しぶりに公式戦が観られて嬉しいですよ」

もこ「ひ、久しぶりの、ポップコーン楽しみ……」

藍子「うん、後で売店に買いに行くから我慢して」

豊音「あ、そっち」




もこ「きょ、今日は豊音さん、先発なん、ですね」

豊音「うん、今日は中堅で出るんだよ~」

藍子「最近中堅で出てるんですよね? もはや栄の中盤エースですよ」

豊音「ふふ、ありがとう、今日も頑張る!」

もこ「す、すごい、豊音さん全然緊張してない……」

豊音「あはは、わたしもプロ三年目だからね~、公式戦の緊張感はちょっと慣れたかな!」

藍子「もことか他の大学に出かけての練習試合くらいでいっぱいいっぱいだもんね」

もこ「う、うん、この間は緊張しすぎて、牌の柄を書き換えちゃった」

豊音「緊張すれば牌の柄書き換え出来ちゃうの!?」

藍子「重なった熱き思いが、世界を希望の未来に再構築する!」

もこ「轟盲牌!」

豊音「意図的にイカサマしてる!?」





もこ「そういえば、今日エイスリンさんは、居ないん、ですか?」

豊音「うん、今日はエイスリンさんはオフだよ、昨日まで連続で出場してたから」

藍子「あ、そういえば連続出場制限ありましたねそういえば」

豊音「だから今日はウチでゆっくりしてるんじゃないかなー?」

藍子「エイスリンプロのためにも負けられませんね」

豊音「うん、エイスリンさんが居ないうちに負けるわけにはいかないからね!」

もこ「じゃ、じゃあ、エイスリンさんが、ず、ずっと休んでいれば理論上は負けない……?」

豊音「どういう理論なの!?」

藍子「沈む前に足を上げれば水の上を歩ける並のガバガバ理論なんだけど!?」




【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード