今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

K大麻雀部の人達

部長とOGと 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
※本SSが当ブログ200本目のSSとなります。

bushitutou


七実「最後は私だ」

那岐「……部室に来るなりいきなりどうしたんですか、いつもの奇行ですか」

七実「……えっ、それで私がいつものだよって言ったら、那岐様それで納得しちゃうの」

那岐「まぁ、説得力はありますね」

七実「……日頃の行いを改めるべきか」

那岐「な、なんだと!? 反省するなんて先輩らしくない! 熱でもあるんですか!?」

七実「……とりあえず那岐様のほっぺたをぐにぐに伸ばさせてもらうから」 グニグニ

那岐「な、なふぇー!?」 ムニー




那岐「それで、今日はいったい」 ヒリヒリ

七実「いや、調子はどうかな? と思ってさ、もうすぐインカレだし」

那岐「ああ、そういうことですか」

七実「みんなはどんな感じかな? 聞く限りだと宥ちゃんとか調子いいみたいだけど」

那岐「そうですね、というか宥が調子を崩したところなど、未だ見たことがないですが」

七実「まぁ、宥ちゃんだからね…… なんというか、自分をしっかり知ってる感じがするから安心感が凄い」

那岐「部長の私が言うのもなんですが、人間的な包容力というか、そういうものがありますね」

七実「ぜひともその胸に抱擁されて深呼吸してみたいよね」

那岐「これ麻雀の調子の話でしたよね?」

七実「私が宥ちゃんの身体に惚れ込んでいるっていう話じゃなかった?」

那岐「少なくともそんな話題ではなかったです」




七実「逆に心配なのは怜ちゃんかな」

那岐「――――園城寺、ですか、やっぱり」

七実「うーん、実力じゃなくてさ、こう、心が張りつめすぎてるって何となく外から見てて思うよ」

那岐「園城寺はこのインカレ、何が何でも活躍してプロになるつもりでいますからね」

七実「プロ志向なのは悪い事じゃないけど……気負いすぎは良くないかな」

那岐「ただでさえエースで頑張ってもらいますからね、そこは気を付けます」

七実「麻雀にはやっぱり楽しんで打たなきゃ! 一緒に楽しもうよ!」

那岐「そのセリフ聞くとトラウマでカタカタする人とかいるんで止めてあげてください」




那岐「一年と二年はどうですか?」

七実「んー…… 彼女らは私が引退後に入ってきたわけだし、変なアドバイスはしない方がいいかなって」

那岐「それは――そうかもしれませんね、すいません」

七実「んにゃ、でもまぁ浩子が居ればその辺はなんとかなるでしょ、へーきへーき」

那岐「確かに船久保の参謀としての働きは凄いですが、彼女自身にも好きに打たせてあげたいですし」

七実「ふふ、そこは部長の采配次第かな?」

那岐「…………頑張ります」

七実「去年の部長は笑って引退してくれたから…… 今年もそうだと私も思い残すことなくプロに行けるかな」

那岐「――はい!」

七実「まぁ欲望的な意味で言うなら心残りはありまくりなんだけど! 具体的には絹ちゃんの豊かな双丘を」

那岐「あ、真面目な内容もう終わったなら部室の鍵閉めるんで、荷物まとめてください」

七実「ぶった切り方容赦ないな!?」

那岐「そもそも先輩が来たくらいの時点で既に閉めようと思ってたんですよ」

七実「ちぇー、分かったよ」

那岐「…………他の忘れ物はなし、と、先輩は大丈夫ですか?」

七実「はいはい、閉めちゃって~」




那岐「それじゃ、また」 ガララ
 


⇒ 今後の当ブログの活動についてはこちらをご覧ください



春を覚えていますか【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

sakura


怜「今日暖かかったなぁ」

宥「ちょっとあったか~い」

泉「横の公園の桜が咲いてましたよ!」

友香「SAKURA! お花見したい!」

怜「お花見かぁ、そういえば外で花見とかしたことないわ、ウチ病弱やし」

泉「微妙にツッコみづらい理由ですね」

友香「外で? 中ではしたことあるんでー?」

怜「部屋に竜華たちがお酒持ってきてくれてなぁ、窓から見ながら飲んだりしたわ」

泉「斬新っすね……」

宥「でもそもそも私たち今21歳だし、成人してからまだ一シーズンしか経ってないんだけど……」

怜「………………」

宥「…………怜ちゃん? それっていつの話なのかな?」

怜「…………という夢を観たんや」

泉「言い訳が雑」




宥「まったく、自分の身体の事なんだから気を付けてね」

怜「はーい」

友香「お花見……」

泉「ああすまんすまん、それじゃ今から行こうか? 皆さん時間あります?」

友香「え、今から!? いいの?」

怜「他の面子の予定聞いて調整して…… ってやってたら桜散ってしまうしな」

友香「やった! 飲み物とかそろえなくちゃ!」

宥「うん、いいと思うよ~ ここの近くだとやっぱり公園かな?」

泉「花見客の混み具合、半端なかったっすから他の場所あるならそっちがええですわ……」

怜「でも他にある? 近所で」

友香「ううん……あまり思いつかない……」

泉「花ならぬ華ならこの麻雀部にそろってるんやけどなぁ……!!」

友香「はいはい」

泉「もっと丁寧に対応して! メゲる!」




友香「そういえば写真で見たことあるけど、松実センパイの家って桜綺麗なんでー?」

宥「あ、うん、吉野は桜もキレイだよ~! ぜひお越しになってね!」

泉「へぇ、春にお邪魔したことないけど凄いんや」

怜「泉、お前は吉野を心のどこかでナメとるな?」

泉「ナメるとかナメへんとかそういうあれではないですけど、とりあえず先輩がアホなのは分かりました」

友香「いいなー! ねぇ先輩、今日お花見したらお泊りにお邪魔してもいい?」

宥「もちろんいいよ、憧ちゃんも呼んで布団でお話しよ~」 キャッキャ

友香「やった! 今日はお花見といいお泊りといい楽しみなんでー!」 キャッキャ

泉「………………」

怜「………………」

泉「……先輩、ウチらもアレやります?」

怜「……きゃっきゃ」

泉「口で擬音言わんでくださいよ! 虚しいから!」





C級屋台グルメ 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

wataame


那岐「…………なんたることだッ……!」

宥「ど、どうしたの那岐ちゃん」

浩子(どうでもええ理由のような気がしてならん)

絹恵(浩ちゃんが冷めた目ぇしとる……)

那岐「この突然の衝動……果たして抑えることが出来るだろうか……」

浩子「……8年越しの中二病でも?」

那岐「突然……わたあめが食べたい……ッ!」

絹恵「突然の駄菓子ッ!?」

浩子「8年越しどころか18年越しくらいの言動しとる」

宥「中学二年が……約8年前……? そ、そんな……」

絹恵「予想外の所にダメージ行ってはる」




絹恵「そういえば駅前のコンビニに売ってたような気ぃしますわ、わたあめ」

那岐「え、本当か」

絹恵「確か駄菓子コーナーで」

那岐「そうか、帰りに買って帰ろうかな」

浩子「……というかなんでいきなりわたあめなんですかね」

那岐「今朝は冬には珍しく羊雲が浮いていてな」

絹恵「あ、もう分かったんでいいですわ」

那岐「語らせてくれよ!?」

浩子「ホンマ天然やなこの人……」

宥「あはは、そうだね~」

絹恵「………………」

浩子「…………いや、うん、そうですね」

宥「?」




宥「冬にわたあめっていうのも珍しいよね」

絹恵「まぁわたあめ言うたら夏ですね、夏祭り」

那岐「ああ……やきそば、串焼き、りんご飴ぇ……」

浩子「完全にトリップしてはる……」

宥「うーん、私もやきそば食べたくなっちゃったかも、スーパー行ってこようかな」

絹恵「お、ええですね! 料理研にフライパンとか借りてきますわ!」

浩子「そんじゃ私らで買い物行ってくるわ」

那岐「そして私がよだれを垂らしながら焼けるのを待つ係だな」

宥「働かざるもの?」

那岐「…………食うべからず」

宥「お買いもの行ってきてね?」

那岐「……はい」

浩子(強い)

絹恵(部長の肩書とはいったい)




不安の種【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

isu

泉「……先輩」

怜「なんや」

泉「ヒマです」

怜「うだうだやっとるんなら忙しそうな先輩の作業手伝ってくれてもええんちゃう?」

泉「え、園城寺先輩忙しそうには見えないですけどなにやってるんですか」

怜「椅子の木目が迷路に見えるからそれやっとる」

泉「めちゃめちゃヒマやないですか!?」

怜「おかしい…… どうやってもゴールが四方を壁に囲まれた位置に……?」

泉「そらイスやし」




怜「うーん、部室に寄ったらまさか泉しかおらんとは……」

泉「他の先輩方は今日来られないんですかね」

怜「那岐ちゃんも宥姉やんも今日はこーへん言うとったで」

泉「そうですか、何か用事でもあったんかな」

怜「さぁ? それは知らんけど、まぁ部室でぐだぐだと駄弁るよりは優先したいことがあったんやろ」

泉「たいていの事柄は大体それより優先度高なると思いますけどね……」

怜「あれ、そういえばなんで泉部室開けられたん? 鍵持ってへんやろ一年は」

泉「ああ、さっき帰り際の船久保先輩から預かったんですわ」

怜「フナQ帰ったん?」

泉「ええ、なんや絹恵さんと買い物行く言うてましたよ」

怜「あの二人仲ええよなぁ」

泉「まぁ同い年のイトコですからね」

怜「ええねんええねん、そうやって新しい女と新しい恋を見つけていく、素敵なことやないですか」

泉「まるでかつて自分が古い女だったと言わんばかりの言い草」




怜「他の一年はどうしたん?」

泉「森垣と新子ですか? いや、分かんないすね、今日は同じ授業なかったんで……」

怜「…………泉ハブられとるんか、可愛そうになぁ……」

泉「いや違いますけど!?」

怜「強がり言わんでもええよ、先輩として弱音くらいやったら聴いたる」

泉「そんな慈しみを込めた瞳で見つめられてもそんな事実ないですよ!?」

怜「本当に?」

泉「え…… いや、二人とは仲ええですし……」

怜「二人と居る時も無意識に疎外感を感じたり…… 自分の知らん話題で盛り上がっている二人を見たり……」

泉「…………えっと……」




prrr prrr

憧「はいもしもし、泉どうかした?」

泉『あ、もしもし新子!? うちら友達やんな!?』

憧「……………………は?」

泉『まさか私の事ハブったりなんかしてへんやろ、な! な!?』

憧「何があったかは分からんが分かったから落ち着け」




グラス越しのあなた 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

A-thumb-718xauto-10025


友香「ふああ、センパイのメガネの度がすごいんで~~……」 クラクラ

浩子「な、ちょ、勝手に持ってくな!」

友香「あ、ごめんなさーい」

浩子「ったく、ちょい目ぇ話したら油断も隙もない……」 フキフキ

友香「センパイがメガネ外してるとこなんて見たことなかったからつい」

浩子「……いや、流石に外すときは外すで、今も顔洗っとったし」

友香「えー、でもこの間の合宿で一緒に温泉入った時もメガネしてたんでー」

浩子「足元が見えんと危ないからな、洗うときは外しとったわ」

友香「そうだったんだ……メガネが汚れから守ってくれるから洗う必要がないのかと思ったんでー」

浩子「お前はメガネに過剰な期待をかけすぎ」




友香「でもフナQセンパイはやっぱりメガネが似合うんでー」

浩子「まぁ小さいころからメガネ愛用者やからな、顔がメガネに馴染んどるんやろ」

友香「えっ……メガネが馴染む……?」

浩子「実際そういう説はあるらしいで、長い事メガネ着けてると目蓋が下がるとかそうでないとか」

友香「へー、なんでだろ?」

浩子「なんでもメガネは視界が狭いから、目を上に向ける機会が少なくて筋肉が緩むらしいで」

友香「え、えええ? 筋肉が緩む!!?? こ、怖いんでー!?」

浩子「え、ちょ」

友香「センパイはゆるゆるだったー!」

浩子「全力で誤解を招きそうなことを大声で叫ぶなや!!!!」




浩子「『そう言われてる』レベルの話やから本気にしたらあかんで」

友香「は、はぁ……そうなんでー……」

浩子「まぁうちももうメガネなしの生活なんて考えられんしな」

友香「なんでセンパイは目が悪くなったんでー?」

浩子「ん? 特に理由はないんやけどな、気付いたら視力悪くなっとっただけで」

友香「え、何か暗い所で本を読みすぎたとか」

浩子「覚えはあまりないなぁ、家族にもメガネ多いし遺伝ちゃう?」

友香「愛宕センパイもメガネだし」

浩子「絹ちゃんはイトコやけどな、まぁ家系やろ」

友香「あんまり似てないようで似てるんでー」

浩子「あー、まぁ確かに絹ちゃんとはいろんな意味で従妹やなって思うわ」

友香「……一部分(胸部)は似てないけど」 ボソッ

浩子「…………あ゛あ゛ん?? 今どこ見て言うたんや? 言うてみ?」

友香「で、でもメダ○ットでは装甲が低いほうが性能が高いんでー!」

浩子「誰の胸部装甲が低いんじゃああああ!!!」




【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード