今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

G大麻雀部の人達

いつも通りの年始 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

osyo


久「新! 年! あけおめ!」

塞「年明け早々テンション高いね……」

星夏「大体いつもこんな感じだったような気がしますけども」

久「なぁに? 二人とも気合いが足りてないわよ! そんなので激動の2017年を乗り越えていけるとでも!?」

塞「なんかいきなり勝手に激動の年認定されてる」




星夏「ところで今日って何かあるんですか?」

久「いや? とりあえず部室開けただけだから」

塞「ノープランすぎるよ……」

星夏「まぁ私らも予定がなくて部室に寄ってる時点で人の事は言えませんけどね」

久「白望たちは家にいるの?」

塞「うん、みんな新年会で飲んだくれて騒いでたから、今は疲れでダウンしてるんじゃないかな」

久「へぇ、胡桃までダウンするのは珍しいわね」

塞「酔ったエイちゃんが凄くてね……ふふ……」

久「へ、へぇ……(触れないでおこう)」




星夏「ところで臼沢先輩がピンピンしてるのはなぜなんですかね」

塞「私? 私は料理とか作ってたから飲んでる暇があんまりなくてさぁ」

久「あっ、そ、その、ごめん」

星夏「じゃ、じゃあ今から突発新年会でもやりましょうか!?」

塞「露骨に気を遣ってくるのやめてよ!?」




久「でも新年会って言っても、お酒も何もないわよ」

星夏「お菓子ならあるんですけどね」

塞「お菓子っていうか、ぜんぶ星夏の寄付したプロ麻雀せんべいじゃん……もう飽きたよ……」

星夏「私のほうが飽きてますよ!」

久「威張ることじゃない」

塞「まぁなんでもいいじゃない、コンビニなら空いてるから、何か買いに行きましょ」

星夏「アイス買ってくれたら機嫌直しますよ!」

久「子供か!」

塞「梅酒と一緒に食べると美味しいらしいよ」

久「大人だ!?」

星夏「その前に未成年なんですけど私」

富める者そうでない者 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

rp


白望「……だる………………」 ダルー

まこ「…………」

白望「…………」 ダルー

まこ「…………はぁ……」

白望「……どうしたの」

まこ「……いや、大したことないけぇ、大丈夫です」

白望「大したことじゃないものはあるんじゃん……まぁ言いたくないならいいけど……」

まこ「……それじゃお言葉に甘えまして」

白望「早く」

まこ「………………小瀬川さんみたくナイスバディになるんはいったいどうしたら……」

白望「おやすみ」 ZZZ

まこ「小瀬川さん!?」




白望「えっ、そんなアホらしいこと考えるようなキャラだったの」

まこ「じゃから言いたくなかったんじゃ……」

胡桃「本当それ!」

まこ「!?」

白望「どっから出てきたの」

胡桃「シロってば本当に色々とおっきいのにそれを凄い勢いで無駄遣いしてるんだよ、羨ましすぎる……」

望「塞だってお尻おっきいけど?」

胡桃「塞なんて嫌い」

まこ「裏切り者じゃったか……」

塞「お尻おっきいって普通に考えて結構悪評なんだけど!?」

まこ「おったんですか臼沢さん」

塞「居ったよ!?」




胡桃「私はね、塞とかシロに囲まれて十年以上過ごしてきたんだよ……」

まこ「心中お察し致します……」

塞「ねぇ、なんか意気投合してるんだけどあの二人」

シロ「もうほっといていいんじゃないかな、ダルいし」

胡桃「これはもう麻雀部を二つに割って、ひ、ひんそーな者たちによる楽園を建設する以外ないね」

まこ「百鬼と対木には声かけますわ、久は……足切りじゃな」

胡桃「久はサイズ的にダメだね、断罪しなきゃ(使命感)」

塞「なんか話が変な方向行ってるんだけどぉ!?」

シロ「ZZZ」

ストレス解消法 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

2011111265619_600


コンコンコン トビラガチャー

胡桃「トヨネ! 朝だよ!」

豊音「ん、む、ぅ……」

胡桃「ほら、早く起きる!」

豊音「……あ、くるみおはよ~」

胡桃「はい、おはよう」

豊音「あとごふん~」 ガバァ

胡桃「!? ちょ、トヨネ離して! 離しなさいってー!」

豊音「ZZZ」 スヤー

胡桃「トヨネーーー!!!」




豊音「みんなおはよ~」 トビラガチャー

塞「おはよ……あれ? 胡桃は? 起こしに行ったはずだけど」

豊音「うん、しっかり充電させてもらったよ~」 キラキラ

塞「はい?」

胡桃「漏電した……」 ズズーン

塞「あっ (たまにトヨネは凄く寝惚けるしやんごとなき事態が起こったのだろうなぁということを察し)」

胡桃「分かってたなら助けてよ!」

塞「いや味噌汁のダシをとるのに忙しかったから私」

胡桃「使ってるのダシの素でしょ!?」

白望「…………おはよう」 トビラガチャー

塞「おはよ、今日はやけにすぱっと起きられたのねシロ」

白望「うん、充電したから」 キラキラ

塞「はい?」

エイスリン「ロウデンシタ……」 ズズーン

塞「なぜ申し合わせもなしに天丼をしてくるのか、コレガワカラナイ」




豊音「あ、そーだ、今日って大学の部室におじゃましていい?」

塞「ん? いいんじゃない? そもそも別に誰が立ち入っても何の問題もないでしょ」

胡桃「まぁ、警備がザルなのはどうかと思うけどね、たぶん誰にも何も言われない気がする」

白望「部活の練習日じゃないから……みんな居るかどうかは分からないけど……」

豊音「今日は休養日だからね~、遊びに行きたいなって!」

エイスリン「!! トヨネ! ズルイ!」

豊音「エイスリンさんも行こうよ!」

エイスリン「キョウ、オシゴト……」 ショボーン

豊音「あちゃ、ごめんねエイスリンさ~ん」

エイスリン「ク、クチオシイ……」

胡桃「どこでそんな口調覚えたのエイちゃん!?」




豊音「というわけで来たんですけど、対木さんだけしか居なかったんだ」

もこ「は、はい……私は今日は午前中じ、授業なかったから……」

豊音「うふふ、でも対木さんが居てくれてよかったよ~」 ナデナデ

もこ「わ、わたしも豊音さんをひ、独り占め、です」

豊音(かわいい)

もこ「と、豊音さん?」

豊音「対木さんは授業どう? 私大学の事はよく知らないから聞かせてほしいな」

もこ「楽しい、ですよ、ちょっと授業中に眠くなったり、しちゃいます、けど」

豊音「あはは、駄目だよー、授業はちゃんと受けなきゃ」

もこ「ふふ、そういう時はミントタブレット、のお菓子をほお張るので大丈夫で、ですよ」 ガシャガシャ

豊音「そ、そのお菓子ってほお張るっていう食べ方するものじゃないような」

もこ「おいふぃ、うぇすよ」 モゴモゴボリボリ

豊音「ハムスターみたいになってるよー?!」




豊音「今日は楽しかったよ~」

白望「……そう、よかった」

豊音「? よかった?」

塞「いや、トヨネって最近大きな試合に出てて気を張りつめてたみたいだからさ」

胡桃「今日遊びに行きたいって言ったから、ちょっと心配してたんだ」

塞「ごめんね、昼間に一緒に居られなくて」

豊音「あ、あはは、みんなには勝てないね」

エイスリン「ダイジョウブ?」

豊音「うん、ありがとう、大丈夫だよ~、対木さんのミントお菓子が凄かったし」 ニコニコ

塞(…………お菓子が凄いって何……??)

胡桃(…………でも聞きにくい……心配してた流れだけに……)

rainy day【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ame


星夏「なんだか最近雨ばっかりで肌寒いですね」

藍子「そだねぇ」

白望「さ、寒い……死ぬかもしれない……」 カタカタ

星夏「小瀬川先輩って岩手出身なのに寒さに弱いんですね」

白望「……私は暑かろうが寒かろうが平等にダルい」

藍子「胸張って言うことじゃない」




星夏「はい、熱いお茶です」

白望「ありがと」 ズズー

藍子「この部室暖房の効き悪いよねぇ、もういっそのことさっさと閉めて帰っちゃいましょうか?」

星夏「新しく来る人ももう居なさそうですからねぇ」

白望「……うん、そうだね」 ノソッ

星夏「掃除はもう済ませてますからすぐに帰れますね」

白望「…………!」

白望「……あつ、あつっ」

星夏「別に帰るの急ぎませんから慌てて飲まなくても……」




藍子「…………施錠完了、と」 ガチャ

白望「お疲れ」

星夏「あれ、そういえば部室の鍵って三年の小瀬川先輩が管理してるんじゃないんですか」

藍子「いや、それがおととい部長から鍵をあずかっちゃって」

白望「百鬼はしっかりしてるから大丈夫、鍵の管理も安心して任せられる」 キリッ

藍子「本音のところを言うと」

白望「ダルい」

星夏「予想通りすぎて逆に予想外の答えすぎる」

藍子「決め球にど真ん中ストレート要求するド○ベンみたいだったね」




白望「まぁ冗談はともかく、合い鍵は二年が管理するって事にしようって、久たちが決めてたから」

藍子「なんでなんだろ……?」

白望「さぁ……?」

星夏「受け取った時に部長に理由聞かなかったんですか?」

藍子「……『それじゃこの鍵を受け取って、くれるかな?』って言われたら『いいともー!』って言うしかなくて」

星夏「経緯がショッキングすぎますよ」

藍子「それ以外にどうやって返せばいいのか分かんなかったよ……」

力の代償 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

sushi


久「そういえばまこ」

まこ「なんじゃ久」

久「11/1は寿司の日らしいわよ」

まこ「おお、ごちそうさん」

久「…………いや奢らないわよ」

まこ「おかしいのぉ、どう考えても奢る流れじゃったが」

久「やだ、まこったら流れ論者だったのね」

まこ「否定はせんが、少なくともかの悪名高い悪待ち悪魔に言われたぁないわ」

久「悪って三回も言った! 三回も! あのやずやでさえ二回なのに!」

まこ「なぜ引き合いにやずやを」




久「というか、悪待ち悪魔の語感は正直嫌いじゃないけど、変な異名広めるのやめてくれないかしら……」

まこ「ちゅうてもな、言い出したんは別にわしじゃないんじゃが……」

久「じゃ誰?」

まこ「さぁのう、リーグの公式戦で手酷くやられた大学とかかの」

久「あら、それならむしろ光栄……と言っていいのかしら……?」

まこ「別にそういうイメージが先行してくれるのは悪いことじゃなかろ?」

久「うん、まぁ、ね…… それで自分の打ち方を崩してくれるなら儲けものだし」

まこ「あんたは清澄の元部長としてそれなりに有名なんもあるけぇ、それを逆手にとって弄ぶくらい余裕じゃろ」

久「弄ぶとか…… その言い方だと私完全に悪女じゃない、傷つくわー」 シクシク

まこ「かかか」

久「笑ってないで少しは否定しなさい!」




まこ「ちゅうか、こういうイメージが浸透したんは多分に自業自得と思うんじゃがな」

久「言わないでよ…… インハイで戦うにはああやって印象付けするのが手っ取り早かったんだから」

まこ「ま、少なくともウチの部のメンバーはあんたの事ぁようけ分かっとる、悪評が広まろうが関係ないわ」

久「それについて疑ってはいないけど」

まこ「なんじゃ、仲間からの信頼だけじゃ物足りんか?」

久「そもそも一番私のことをよく分かってるはずのまこがこのネタで一番弄ってくる事案については」

まこ「寿司奢ってくれたらもう言わんぞ」

久「悪質すぎでしょ……」

まこ「かかか」




まこ「まぁ寿司云々は冗談じゃが…… 部長ならもっと堂々としんさい、それこそ清濁併せ呑むくらいにな」

久「はっ、そんなの当然でしょ、こういうイメージがあったらあったで最大限利用しなきゃ損だもの」

まこ「ん、それでこそじゃ」

久「…………」

まこ「……? なんじゃ?」

久「……いや、そういえば高校の時もそんなノリでやってた結果が現状なんだなって思っちゃって…………」

まこ「…………」

久「…………」

まこ「…………」

久「…………」

まこ「……うちで手巻き寿司でもやるか?」

久「本気で慰めにかからないでよ!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード