今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

エイスリン・ウィッシュアート

ストレス解消法 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

2011111265619_600


コンコンコン トビラガチャー

胡桃「トヨネ! 朝だよ!」

豊音「ん、む、ぅ……」

胡桃「ほら、早く起きる!」

豊音「……あ、くるみおはよ~」

胡桃「はい、おはよう」

豊音「あとごふん~」 ガバァ

胡桃「!? ちょ、トヨネ離して! 離しなさいってー!」

豊音「ZZZ」 スヤー

胡桃「トヨネーーー!!!」




豊音「みんなおはよ~」 トビラガチャー

塞「おはよ……あれ? 胡桃は? 起こしに行ったはずだけど」

豊音「うん、しっかり充電させてもらったよ~」 キラキラ

塞「はい?」

胡桃「漏電した……」 ズズーン

塞「あっ (たまにトヨネは凄く寝惚けるしやんごとなき事態が起こったのだろうなぁということを察し)」

胡桃「分かってたなら助けてよ!」

塞「いや味噌汁のダシをとるのに忙しかったから私」

胡桃「使ってるのダシの素でしょ!?」

白望「…………おはよう」 トビラガチャー

塞「おはよ、今日はやけにすぱっと起きられたのねシロ」

白望「うん、充電したから」 キラキラ

塞「はい?」

エイスリン「ロウデンシタ……」 ズズーン

塞「なぜ申し合わせもなしに天丼をしてくるのか、コレガワカラナイ」




豊音「あ、そーだ、今日って大学の部室におじゃましていい?」

塞「ん? いいんじゃない? そもそも別に誰が立ち入っても何の問題もないでしょ」

胡桃「まぁ、警備がザルなのはどうかと思うけどね、たぶん誰にも何も言われない気がする」

白望「部活の練習日じゃないから……みんな居るかどうかは分からないけど……」

豊音「今日は休養日だからね~、遊びに行きたいなって!」

エイスリン「!! トヨネ! ズルイ!」

豊音「エイスリンさんも行こうよ!」

エイスリン「キョウ、オシゴト……」 ショボーン

豊音「あちゃ、ごめんねエイスリンさ~ん」

エイスリン「ク、クチオシイ……」

胡桃「どこでそんな口調覚えたのエイちゃん!?」




豊音「というわけで来たんですけど、対木さんだけしか居なかったんだ」

もこ「は、はい……私は今日は午前中じ、授業なかったから……」

豊音「うふふ、でも対木さんが居てくれてよかったよ~」 ナデナデ

もこ「わ、わたしも豊音さんをひ、独り占め、です」

豊音(かわいい)

もこ「と、豊音さん?」

豊音「対木さんは授業どう? 私大学の事はよく知らないから聞かせてほしいな」

もこ「楽しい、ですよ、ちょっと授業中に眠くなったり、しちゃいます、けど」

豊音「あはは、駄目だよー、授業はちゃんと受けなきゃ」

もこ「ふふ、そういう時はミントタブレット、のお菓子をほお張るので大丈夫で、ですよ」 ガシャガシャ

豊音「そ、そのお菓子ってほお張るっていう食べ方するものじゃないような」

もこ「おいふぃ、うぇすよ」 モゴモゴボリボリ

豊音「ハムスターみたいになってるよー?!」




豊音「今日は楽しかったよ~」

白望「……そう、よかった」

豊音「? よかった?」

塞「いや、トヨネって最近大きな試合に出てて気を張りつめてたみたいだからさ」

胡桃「今日遊びに行きたいって言ったから、ちょっと心配してたんだ」

塞「ごめんね、昼間に一緒に居られなくて」

豊音「あ、あはは、みんなには勝てないね」

エイスリン「ダイジョウブ?」

豊音「うん、ありがとう、大丈夫だよ~、対木さんのミントお菓子が凄かったし」 ニコニコ

塞(…………お菓子が凄いって何……??)

胡桃(…………でも聞きにくい……心配してた流れだけに……)

魔法以上のユカイが 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

公園



店員「アリヤトヤッシター」

藍子「どーもー」

藍子(……さて、ランチは買えたけど)

藍子(どこで食べようかなぁ、大学に行くにも家に帰るにもちょっと遠いし)

藍子(ベンチかなにか探すか……この辺りになんかあったっけ……)

藍子(……そういえばこの先に公園があったような? うろ覚えだけど)

藍子(まぁベンチがなかったら草の上にでも座ればいいかな、天気もいいし)

藍子(…………動物のフンとかがなければだけど……)

藍子(……自分で考えて自分で気持ち悪くなってるの、流石に頭悪すぎるのでは)

藍子(……さっさと行こう)

藍子(焦るんじゃない、私は腹が減っているだけなんだ)




~ 公園 ~

藍子「っと、ここだ、ここ」

藍子「ベンチ、ベンチ~っと……」

藍子(……ん?)

藍子「…………この音は」

エイスリン「~♪」 カキカキ

藍子「」

エイスリン「~♪~~♪」 カキカキ

藍子「」

エイスリン「~~~♪♪♪!!」 カキカキ

藍子「」

藍子(エイスリンプロ……熱唱しながら写生とか完全に自分の世界ですやん……ノリノリやん……)

藍子(いくら人気の少ない平日昼過ぎの公園だからって流石にそれは流石に)

藍子(……違うところにいこう、向こうも知り合いに見られたら恥ずかしいだろうし)

エイスリン「ハイ! ラーンコ♪」 ギュー

藍子「突然のハグううううううううううおうぇえぇあぁああええええ!??」 ビクッ

エイスリン「!!??」 ビビクッ




藍子「どうもお久しぶりです」

エイスリン「オヒサシブリ!」

藍子「今日は天気いいですよねー、ランチ日和です」 ガサガサ

エイスリン「ワタシ、アル! オニギリ!」

藍子「手作りときたか!」

エイスリン「クルミガクレタヨ!」

藍子「そっかぁ、鹿倉先輩の家事場の馬鹿力は流石ですなぁ」

エイスリン「ランコハ?」

藍子「これですか? 向こうのほうにあるお店で買った蕎麦ガレットですね」

エイスリン「……??? オソバ? ガレット?」

藍子「ああえっと、蕎麦っていうのは麺のことじゃなくて、蕎麦の粉を使ったというか、そういうやつです多分」

エイスリン「!」

藍子「こういうやつです、生地に黒いつぶつぶあるでしょ?」

エイスリン「oh…… ニホンジンノarrangeスゴイ……」

藍子「あっはっは、でも、鹿倉先輩手作りのお弁当も美味しそうですよね」

エイスリン「! ヒトクチ、タベル?」

藍子「いいんですか? それじゃ交換しましょう!」

エイスリン「パセリアゲル!」 ニッコリ

藍子「うーんこの天使の笑顔から容赦のない鮫トレード」




藍子「ところで今日はお散歩ですか? 麻雀はお休み?」

エイスリン「オヤスミ、ダヨ」

藍子「天気いいですもんねー、秋空って感じの高い青空で」

エイスリン「ホカノミンナ、イソガシイカラ、ヒトリ」

藍子「まぁ普通に平日ですからね今日、私は偶然授業入れてないだけだし」

エイスリン「ダカラ、ダレカクルヨウニシテ、マッテタ!」

藍子「今度から私も遠慮なく誘ってくださいよ、大学二年生は結構暇な時間多いんですから」

エイスリン「! ア、アリガト……」 カアァァッ

藍子「ははは、天使かよ」

藍子(………………ん?)

藍子(『誰か来るようにして待ってた』って言った? 今?)

藍子(…………)

藍子(……いやぁ、プロってスゴイナー)

夜の女 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

c7c6328fc46bc4b0b54b3b11eb070db7


エイスリン「タ、タダイマ~」 トビラガチャー

塞「お、エイちゃんお帰り、遅かったね?」

エイスリン「ノミカイ、イッテタ……」 フラフラ

塞「飲み会にしてはなんかめちゃめちゃ疲れてるっていうか…… 大丈夫? 気持ち悪いの?」

エイスリン「サエ、キモチワルイ……」

塞「それ私が気持ち悪いってわけじゃないよね!? 気分が悪いってことだよね!?」

エイスリン「ウウウ……」

塞「なんか本気でつらそうだね、はいお水」 コトッ

エイスリン「Thanks……」




塞「シャワー浴びたらすっきりした?」

エイスリン「スコシ」 ホカホカ

塞「はい、追加のお水」

エイスリン「オカワリ?」

塞「とにかく水を飲みまくると明日以降が楽だから、たくさん飲んどきなよ?」

エイスリン「I see, I see」 ゴクゴク

塞「にしても、遅くなるとは聞いてたけど、いったい誰と飲んでたの?」

エイスリン「クリスト、イッテタ」 カキカキ バッ

塞「このイラスト…… ああ、あの熱血の先輩かぁ」

エイスリン「」コクコク

塞「ええー、あの人そんなに面倒な人なの?」

エイスリン「クリス、イイヒト、ダヨ?」

塞「いやまぁ良い人は良い人なのかもしれないけどさぁ」

エイスリン「ワタシガ練習デ調子ヨカッタラ、イツマデモアイテ、シテクレル」

塞「それって多分めっちゃ面倒なうえに負けず嫌いなだけじゃない?」

エイスリン「……!!」 ガガーン

塞「……気づいてなかったの!?」




胡桃「あ、エイちゃん帰ってきてたんだ」 トビラガチャー

エイスリン「タダイマ!」

塞「胡桃はどーしたの?」

胡桃「ん、ちょっと水が飲みたいなって」

塞「そっちも水かぁ」 ハイコレ

胡桃「でもエイちゃんがこんなに遅くなるなんて結構珍しいよね!」 アリガト

エイスリン「ワタシモ、オトナノオンナ!」 フンス

塞「そうだね(慈愛の目)」

胡桃「エイちゃんも大人になったね(慈愛の目)」

エイスリン「……! ……!」 ペチペチ

塞「いたた、叩かないで、ごめんってば」




塞「っと、もう二時か、エイちゃんは明日休み?」

エイスリン「レンシュウ!」 カキカキ バッ

胡桃「それじゃ、はやく寝ないとね、私も寝よう……」

塞「夜更かしは美容の大敵だからね!」

胡桃「……そういえば、塞はなんで起きてたの?」

エイスリン「ワタシ、マッテタ? ゴメンネ?」

塞「あ、えっと、いやいや、そんなに気にしなくても大丈夫だよ、うん、あはは」

エイスリン「……?」

胡桃「なんだか歯切れが悪いね…… なにか隠してるなら早めに吐いた方が楽だよ」

塞「………………三時間ほど動画サイト見てました……」

胡桃「……エイちゃんのこと言えた義理じゃないね」

塞「言わないで! こんな時間の使い方で自分でもすごく後悔してるから! 本当に!!」

恒例行事 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

cake

久「それでさぁ、やっぱり誕生日なんだからケーキが必要じゃない?」

塞「あ、それは私が作るつもりだったから大丈夫」

星夏「普通の料理はどうします?」

藍子「一応ケータリングのあてがあるんで、それを予約してあるよ」

まこ「んむ、清算は後ででもええか?」

藍子「っけーい!」

もこ「か、会場はここ、ですか?」

胡桃「部室じゃ後片付けとか面倒だし、私らの家でいいんじゃない?」

塞「そうだね、私もケーキの準備とか家においてあるし」

久「それじゃみんな、準備に取り掛かりましょう」

もこ「た、楽しみ……! シロさんの誕生日パーティ……!」

白望「……ねぇ」

胡桃「なに?」

白望「……それって私の誕生日の話?」

久「そうだけど?」

白望「……私が寝てる横で相談してて良いやつなの、それ」

塞「ネタバレとか気にする?」

白望「しないけど」

藍子「しないんかーい」

胡桃「まぁ毎年やってるからねぇ、誕生日パーティ」




久「プレゼントも気合入れて用意してあるから、楽しみにしててね☆」

まこ「どうしてあんたはそう胡散臭い言動ばかしなんじゃ……」

白望「……ダル」

星夏「まぁまぁ、皆で色々用意してるのは本当ですから」

白望「文堂が用意してくれたプレゼントってカードのことじゃないよね」

星夏「ちちちちちがいますよ」 カタカタ

藍子「いっそ嘘臭いくらい動揺してる」




胡桃「そういうわけだから、今日はシロが主役だからね!」

白望「主役なんか前線に出るまでもないんじゃないかな」

久「それは流石に許されないからダメー」

白望「まぁ、冗談だけど…… それじゃあ私は時間までどうしてたらいいの?」

塞「会場は家だから、適当に時間つぶして17時くらいに帰ってきて」

白望「……外に出たくないからここにいる」

胡桃「知ってた」

星夏「それじゃ、私と一緒にショッピング行きませんか?」

久「プレゼント用意しなおすとか?」

星夏「ちちちちちちがいますよ」 カタカタ

まこ「もうやめたりんさいや……」

星夏「いや、あの、ネタっぽくノッてただけで、本当に違いますからね!?」

まこ「ええんよ、無理せんで」

白望「……えっと、それじゃ一緒に駅前にでも行こうか?」

胡桃「シロが自分から買い物に連れ出した!!?!??」

星夏「優しさが痛い……」




久「―――で、プレゼントは買えたの?」

星夏「いやだから最初から別の用意してますって…… どうぞ、レンジで暖められるアイマスクです」

白望「ありがとう」

胡桃「これでプレゼントは全員渡したよね?」

豊音「渡したよー!」

塞「それじゃ、電気消してー? いまケーキ持ってくるから」

もこ「き、きた……!」 ドキドキ

塞「はい! それじゃシロ、ろうそく吹き消してー」

白望「…………」

ケーキ「…………」 メラメラメラ

白望「……ふうぅうううう~~~~~……」

全員『誕生日、おめでとう!!!!』

白望「…………」

エイスリン「? シロ、ドウシタノ?」

白望「…………ちょっと酸欠になったから横になって良い?」 グデー

星夏「隙あらば休もうとしてくるこの人」

白望「AMSから、光が逆流する…!」

久「いやなんか本当に死にそうになってるけど!?」

エイスリン「シロ、オキテ!」

白望「わかった」 スッ

胡桃「なんでエイちゃんの言うことは素直に聞くの!?」

大天使の息吹 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

eee


まこ「おはよーさん」 トビラガラッ

エイスリン「ゴキゲンウルワシュウ!」 ニコニコ

まこ「…………」

まこ「……なぁ久、なんでこのプロ、うちの部室におるんじゃ」

久「悪いんだけど、私も現在進行形で頭がコンセンタラフーしてるところだから」

まこ「なぜ一回溜めた」

胡桃「あー、いや、その、ごめんね? エイちゃんが部室に遊びに来たいっていうからさ」

まこ「プロアマ規定とかそういうのはええんですかの」

胡桃「いや、私も止めはしたんだけど」

エイスリン「ワタシトクルミ、Family! ダカラダイジョブ!」 ムフー

胡桃「こう言ってきかないもんだから、押しに負けちゃって……」

久「なるほど、言わば親が子供の授業参観に来るようなものってことで……!」

エイスリン「Yes!」

胡桃「Yesじゃないよ! 小っさくて悪かったな!?」



久「とりあえず現実的な話、遊びに来ただけなら特に問題にはならないでしょ」

エイスリン「タイキョク、ダメ!」 プンスコ

まこ「そう言えば高校時代じゃったか、旧知の某プロを合宿に呼んだことがあったような」

久「やぁねぇ、あの時靖子は偶然合宿先の旅館で遭遇しただけよ?」

胡桃「私が言うのもなんだけど言い訳が苦しすぎると思う」

久「旅先で偶然会ったら、そりゃ同じ部屋で酌み交わしあうのもまたやむなしでしょ」

胡桃「…………高校時代の話じゃなかったの?」

まこ「こいつなら色々やりかねん、と言いたい所じゃが、一応そがぁな事ぁ無かったけぇ、大丈夫です」

久「まぁ流石に皆がいる前で飲む訳にもいかなかったしねぇ」

まこ「えっ」

胡桃「えっ」

エイスリン「?」



まこ「……この件については、後でキリキリ吐いてもらうとしてじゃな」

久「ちょ、冗談だって冗談」

まこ「ま、折角来てくれたんじゃ、茶でも飲んでゆっくりしていきんさい」

エイスリン「Thanks!」 ペカー

まこ「…………」

エイスリン「?」 ニコニコ

まこ「…………それじゃ、お湯を沸かしてくるけぇの」

エイスリン「……??」

久「照れなくてもいいのに~」 ニヤニヤ

まこ「久は醤油が好物じゃったな、いまお茶と一緒に持ってくるから待っとれ」 ペッ

久「好物に醤油を挙げる人ってなかなか居ないと思う」

胡桃(まこが照れてるトコとか初めて見たかも)



久「ところで今日姉帯さんは来なかったの?」

エイスリン「トヨネ、オルスバン!」

胡桃「なんか今日は久しぶりに料理したいからって、家にこもってなんかやってるみたい」

久「ふーん、いいなぁ、楽しそうねルームシェアって」

エイスリン「タノシイ!」

胡桃「久も一人暮らしなんでしょ? そっちはどんな感じなの?」

久「んー、色々自由ではあるけど、逆にそういうぬくもりが欲しくなるって言うかね」

胡桃「ごめんねー、家に帰ったらあったかいご飯がある生活を見せ付けちゃって」 ニヤニヤ

久「勝ったと思うなよ……」

エイスリン「モウショウブツイテルカラ!」

久「輝くエンジェルスマイルで言われた…… いやらしい……」

まこ「茶ぁ淹れたぞー…… どうした久、エイスリンさんの笑顔で浄化でもされたんか?」

久「ねぇまこ? 最近私をナチュラルに闇の眷属扱いしてくるけど」

まこ「高校のときからずっとこんなんじゃぞ」

久「なんでそこ威張ってるのよ! これは一度格の違いってやつを刻み付けてやる必要がありそうね!」

まこ「それこそ何年も一緒におって何を今更という奴じゃな」

エイスリン「フタリトモ、ナカイイネ!」

胡桃「違うよエイちゃん、こういうときは『ご馳走様でした』って言うんだよ」

まこ「鹿倉さんまで何言うとるんです!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード