今日の一言:200本の時にはなにしようかな  (10/27)

上柿恵

業界の闇 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
SS150本投稿を達成してました

map_01



恵「……ん? あれって真屋さん?」

花子「お、本当だユキりんじゃん、うーい」

由暉子「花子先輩、恵さん、お疲れ様です」

恵「今日は部活来れるんかい?」

由暉子「はい、今日は最後まで部室に居られます」

花子「最近あんまり来てないから、チカりんが忙しいのかって心配してたよん」

由暉子「……ご心配をおかけして申し訳ないです」

恵「いや真屋さんが凄く頑張ってるのは皆テレビで知ってるしねェ…… 悪いことしてるわけじゃないんだから」

花子「チカりんが騒いでるのは単に親バカなだけだと思うけどね~」

恵「親じゃないです」

由暉子「? 誓子先輩は私の親だったのですか?」

恵「親じゃないです」




由暉子「ふふ、高校の時からずっと、過保護にしてもらっちゃってるんです」

恵「過保護とか言ってる割にうれしそうに見える」

由暉子「過保護うれしいですよ?」

花子「……需要と供給成り立ってるじゃん」

恵「はぁ…… なんというか、真屋さんって後輩オーラが凄いよなァ」

由暉子「後輩オーラ……ですか?」

花子「あーそれは何となくわかる、なんというか、守ってあげたくなるっていうか」

由暉子「……そうなんでしょうか?」

恵「うん、なんというか庇護欲をかきたてられる」

花子「今『お前は俺のカキタレになるのだ』って言った?」

恵「どういう耳してんだっていうか色々最低ですねあんた!?」

由暉子(かき……柿の種? ですか?)

由暉子「わさびもいいですが、私は梅味が好きですね」

恵「こっちはこっちで何の話してんの!?」




恵「アイドルって色々地方にロケとかしたり?」

由暉子「たまーにグラビアを撮影に行ったりはします」

花子「ふぇー、そこだけ聞くと羨ましい限りっすわ」

恵「どこでやってんの? やっぱり沖縄とか、グアムとか?」

由暉子「………………………………九十九里です」

恵「…………えっ?」

由暉子「牌のおねえさんくらい有名ならともかく、私はプロ雀士でもないので……」

花子「……アイドル業界も大変なんだねぇ」

恵「えっ……えっ? もう十月も終わろうとしてるんだけど?」

由暉子「うふふ、わぁい九十九里、ゆきこ九十九里大好き」

恵「真屋さん!? 気をしっかり保って! 虚空を見つめんな!」




由暉子「とりあえずそういう場合は、雪景色の中で水着を着せられるよりはマシと思ってやっています」

恵「命の危険がありそうな絵面と比べてマシと言われても」

花子「あー、なんかそれってニッチな需要があるらしいよ、雪景色の水着グラビアって」

恵「ええ……マジですかい…… 業が深すぎて来世に期待出来なくなるやつでしょソレ」

由暉子「肌が白い景色に映えるので見る分にはいいのかもしれませんね」

花子「じゃ自分が撮られるのは?」

由暉子「嫌です(ニコッ」

花子「道産子で名前がユキなのに雪は苦手かぁ」

恵「苦手とかそういう次元の話じゃないし、道産子を強化人間かなにかと勘違いしてませんかね……」

由暉子「もう疲れたよパトラッシュ……」

花子「うん、それあんまり洒落になってない」

由暉子「うふふふ」

恵「えっと、げ、元気だしなよ、これから部室で練習だし、私のこといっぱいトばしていいから!」

花子「そっちはそっちでトばされることを当然のように受け入れるなよ!?」

おハーブ不可避ですわ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

neruneru


由華「あれ、今日は尭深いない?」

明華「ええ、先ほど実家に顔を出すということで帰りました」

由華「そうか、うーん、ニルギリの淹れ方教えてもらおうと思ってたんだけどな」

恵「……え?ニルギリって紅茶の茶葉ですよね、茶葉で淹れ方って違うんですか?」

由華「らしいんだよね、私もまったく知らなかったけど」

恵「へぇ……」

明華「ふふ、最近由華ちゃんは尭深に色々教わっているんですよね」

由華「麻雀に次いで熱心に取り組んでいると言っても過言じゃないな」

恵「学生とは一体……うごごご」




由華「まぁお茶係を尭深にばっかりさせるわけにもいかないっていう理由もあったりなかったりするんだけどさ」

恵「……すみません、本当なら私たち一年がやればいいだけの話なんですが」

明華「あの素晴らしいお茶を飲んでしまったら、もう自分のお茶なんて自信がなくて出せませんよね……」

由華「私なんて初めて尭深のお茶を飲んだ時に思わず『ごめんなさい』って言っちゃったよ」

恵「………………なぜ謝罪を」

由華「いや、誇張抜きに天国というか、天使が見えた気がして」

恵「何かやましいことでもあったんですかね……」

明華「そういえば日本では告解が許されなかった場合、上から冷水が降ってくるというのは本当ですか?」

恵「それはバラエティだけですし!? そもそもネタが古いし!?」




恵「……あれ、でも尭深さんっていつも緑茶のイメージなんですけど、紅茶もお詳しいんですか」

由華「尭深は『お茶』と呼べるものならだいたい勢力圏におさめてるよ」

恵「尭深さんは戦国大名かなにかなんですかね」

明華「尭深は緑茶や紅茶だけじゃなくて、ハーブティーにも詳しいんですよ」

恵「へぇ、凄いんですね」

由華「ああ、薬草研究部からハーブ貰って自分でハーブ干したりしてるんだっけ?」

恵「自家生産!?」

明華「なかなかそこまでやる人は居ないですよね」

恵「むしろなぜ麻雀部に居るのか不思議なレベルなんですが……」

明華「でもハーブとかを魔女鍋で煮込んでるイメージは容易に想像しやすいし似合ってると思いませんか?」

恵「……………………そ、そそそんなことないですよ! 失礼ですよ!」

由華「いま容易に想像してたよね」




明華「まぁ尭深は寡黙ですが、なんというか、何事にも妥協しない姿勢はとても『らしい』と思います」

由華「麻雀でもそういう感じだね、劣勢でも最後まで油断ならないというか」

恵「そうですね、本当に凄い人だと思います」

明華「でも魔女スタイル似合いますよね?」

恵「…………ノーコメントで」

明華「ヒッヒッヒ、練れば練るほど色が変わって……」

恵「!!?」

由華「こうやってつけて……」

恵「……ふっ、くふっ…………」 フルフル

華華「「うまい!」 」テーレッテレー

恵「」ブフゥ

明華「はい、それじゃメグちゃんが尭深のことで笑ってたってメッセージしておきますね」

恵「誰のせいですか誰の!!?」

つまりきみはそんなやつなんだな 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

nagano



京太郎「夏だしどっか遊びに行きてーなぁ」

恵「どっかって、例えば?」

京太郎「んー? 山とか海とか」

恵「前者は単に長野帰れば良いだけじゃんか」

京太郎「言うなよお前そういうことは」

恵「そういえば須賀、お盆帰省すんの?」

京太郎「帰るつもりではいるけど、まだ具体的な日程は決めてないな」

恵「ふーん、まぁ私は来週には帰るから、いろいろよろしく」

京太郎「マジか、部活も休みとはいえ結構早めに帰るんだな」

恵「久しぶりに友達にも会いたいから」

京太郎「んー、俺は咲と合わせて帰るからなぁ、そろそろ相談しとくか」

恵「………………」

京太郎「……どうした?」

恵「いや、そういえばお前と宮永ってそういう奴らだったわ本当このハゲほんま、って思っただけ」

京太郎「俺ハゲるの!?」

恵「ははは、まるで今はハゲてないみたいな言い方を」

京太郎「ハゲてるの俺!??」




京太郎「しかし、友達かぁ、ほかの知り合いの奴らは長野に帰ってくるのかなぁ」

恵「知り合いって、麻雀関係の?」

京太郎「まぁそれも含めてな、和と優希はこっちでも何回か会ってるけど」

恵「私は向こうで東横さんと会う約束してるよ」

京太郎「え、ちょ、俺も連れてってくれよ」

恵「ええ~、なんで」

京太郎「東横さんって向こうの大学の麻雀部でバリバリやってるんだろ? ぜひお手合わせ願いたい」

恵「須賀って東横さんと知り合いだったっけ?」

京太郎「何回か話したことはあるな、清澄の合宿に来てたし」

恵「でもハゲだからなぁ……」

京太郎「だから俺の頭皮に対してなんか今日当たり強くない!? 本当にハゲてんの? ねぇ!?」




恵「まぁ別に来てもいいけど…… 変なことしないでよ」

京太郎「はっはっは、この紳士を捕まえておいて変なことをするななどと」

恵「東横さんのおっぱいに視線向けたら通報するから」

京太郎「そもそもおっぱいどころか姿そのものが見えない気がするけどな」

恵「ああ、まぁ、そうか」

京太郎「前回は頑張ればなんとか意識できるかなくらいしか見えなかったからな、今度こそ見つけてみせるぜ」

恵「一応後で聞いてみるけど、嫌がられたら容赦なく断るからな」

京太郎「おう」

恵「というかむしろ面倒だから今この場で断ってもいい?」

京太郎「せめてもうちょっとやる気を見せろ」




恵「っていうか、お手合わせ願うっつっても、面子どうすんの? 私が入るとしてもあと一人足りないんだけど」

京太郎「ん? 咲連れてけばいいだろ」

恵「なんでそこで今年のプロリーグ新人王最有力候補つれてきちゃうの!? 控えめに言って馬鹿なの!?」

京太郎「そういえば来週は優希も長野に帰るって言ってたから、そっちに頼んでもいいんだが」

恵「そっちもプロだから! 清澄の連中ほんと意味わかんない馬鹿なの!?」

京太郎「ちなみに清澄でいうと、和はむしろ親父さんが東京に来るらしいから長野には行かないってさ」

恵「唯一の常識人がいない清澄に未来はにい、ツッコミがいなくなる・・」

京太郎「俺が言うのもなんだけど、和もあれはあれで結構アレだぞ」

恵「本当あんたが言うことじゃないからな須賀ァ!?」


セクハラ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ

200px-ShimozakiItoo


花子「そういやイトちんさぁ、なんでたまにチャイナドレス着てくるん?」

絃「えっ、花子ちゃんに話したことなかったかしら」

花子「んー、あんまり覚えてないかも」

恵(え、あれ趣味であんなカッコしてるんじゃなかったの……)

絃「そんなに大した理由じゃないんだけど」

恵「…………」 ドキドキ

絃「まぁ、平たく言うと好きだから着てるだけなんだけどね」

恵「良かった……! 趣味だった……!」 ホッ

花子「なんかいきなり出てきて急に安心し始めた」




恵「ロングヘアとチャイナドレス、部長によく似合ってると思います、かわいいです」

絃「ふふ、ありがとう」

花子「んでもさ、チャイナってスカート型なら分かるんだけど、ズボンって珍しいよね」

恵「そもそもチャイナ自体をあまり見ないですケドね」

絃「まぁ、確かにあまり一般的ではないわね」

花子「なんかキッカケでもあったん?」

絃「えっと、三年前のインハイの時の話なんだけど」

恵「三年前って、お二人が高3の時ですよね」

絃「うん、それで千葉県予選で優勝したのはよかったんだけど、おじさんたちが張り切っちゃって」

花子「あー、後援会みたいのかぁ、強豪校だとそういうのあるよね」

絃「いや、校長先生とか教頭先生とかなんだけどね」

恵「なんだろう、子供みたいにはしゃぐおじさんの光景が見えるような」




花子「んで、そのおっさんとチャイナになんの関係があんのさ」

絃「いや、おじさん達的には麻雀といえばチャイナだって言って、プレゼントしてもらったの」

恵「ええ…… 一歩間違えなくてもセクハラですよそれ」

絃「まぁ、最初はちょっと驚いたんだけど、ちょっとカッコイイかな、って」
 
花子「えっ」

恵「えっ」

絃「えっ?」

花子「いやいや、完全におっさん趣味でしょそれー」

絃「え、かっこよく…… ない、かな?」

花子「カッコイイです」

恵「カッコイイです」

絃「ふふっ、ありがとう」

花子(言わされた感)

恵(……まぁ、本人が気に入ってるなら、いいの……かな)

風通しのいい部活です 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

taisa


絃「はい、はい、うん、ありがとう…… それじゃまたね宥ちゃん

絃「……ふう」

ソフィア「電話おわったの?」

絃「あ、うん、こんどの練習試合の話を」

明華「確か、来週の土日でしたか」

絃「そうそう、わざわざ関西からK大の皆さんが来てくれるって」

由華「フフ、関西のやつらなど、我ら関東勢の力を見せ付けてやりましょうぞ!」

誓子「なんで武将みたいな口調なの」

京太郎「いやその前に奈良出身でしょあの人」



尭深「練習試合のオーダーはもう決まっているんですか?」

絃「まだだよ」

花子「練習試合なんだからイトちんが適当にちゃちゃっと決めちゃえばいいじゃ~ん」

ソフィア「適当て」

絃「う、うん…… でも、せっかくだから皆の意見を聞いてから決めても良いかなって」

花子「おっし、んじゃせっかくだしガースーが決めろ」

京太郎「え、マジすか、それなら……」

恵「胸の大きさ順とかで選んだらドン引きするから」

京太郎「なに言ってんだお前、重要なのは胸じゃねーよ!」

恵「え、そうなの、な、なんかごめん」

京太郎「確かに胸の大きさは重要なファクターだが、むしろそれを含めて総合的なボディラインこそが」

ソフィア「よし、とりあえずこいつ穀そう」



由華「あれ、胸と言えば、今日は由暉子来てないんですか」

ソフィア「その流れで思い出すのやめろ」

絃「真屋さんなら次の金曜日まで来れないって連絡もらってるよ」

誓子「最近はロケが結構入って忙しいって言ってたしね……」

明華「ふむ、アイドルというのも大変なんですね」

京太郎「というか、大学生とアイドルの両立とかどう考えても辛すぎ案件ですよね」

花子「うえー、あたしには無理だよ絶対」

ソフィア「忙しい云々以前にアイドルになれないだろお前には」

花子「む、そんなことないっしょ、あたしだって本気出せば日本にあさみんタイフーンの一つや二つ……」

尭深「確かに浅見先輩はオシャレですし、何より美少女ですからね」

絃「花子ちゃん歌ったりするのもうまいもんね!」

花子「ちょ、褒めるのや~め~ろ~よ~ぅ↑」

明華「君ならできるよ(笑)」

京太郎「ほら、しっかり(笑)」

花子「いよいよもって死ぬがよい(物理)」 アタマスパーン

明華「」

京太郎「」



揺杏「うーす」 トビラガチャー

誓子「あら、揺杏いらっしゃい」

揺杏「……なんで部屋の隅で頭おさえてうずくまってんの、この金髪二人は」

京太郎「」

明華「」

ソフィア「あー、うん、いつもの感じのやつだから、あんま気にしないで」

揺杏「マジっすかー」

絃(それで納得しちゃうんだ)

恵「最近結構いらしてますよね? 専門学校のほうはいいんですか?」

揺杏「いやいや、製作の宿題宿題で大変だし」

誓子「あなた宿題が嫌だからってこっちに逃げてくるのやめなさいよ」

揺杏「げ、説教はやめてよ、ここが数少ない心のオアシスなんだからさー」

由華「あれ、揺杏ってここの大学の生徒じゃなかったの?」

揺杏「ん? こないだ説明したじゃん、服飾の専門学校生だから私」

由華「……うちの大学って部外者を入部させてもいいんだっけ?」

揺杏「さぁ? 別にいんじゃね? 確かめたこと無いけど」

尭深「なんで本人が知らないの……」

絃「岩館さんのおかげで、うちはインカレサークルだ! って部長会でも自慢できるから……」

恵「入部認めてる理由それだったんですか!?」

尭深(部長会でも話してるなら別に問題ない……のかな)

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。基本的に火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。


紺フェスバナー-20150823_224336



記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード