今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

二条泉

ライフワーク変態 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

p10304015b55d


七実「ヘーイ! テイトクゥ!  お疲れぇ!」 ガラッ

泉(新子の声マネめっちゃ上手っ!?)

怜「ヘイらっしゃい、何にしやしょう」 ニギニギ

七実「おっ、大将の今日のおすすめは?」

怜「嫌ですわお爺さん、私は先鋒ですよ」

七実「うわこの美少女ババアめんどくさい」

泉「……なんであの人ら、部屋に入ってきていきなりコント始めてんねやろか」

浩子「さぁなぁ、聡明な方々の考えはることは凡人にはわからん」

泉「聡明とか言いつつ完全にバカにしてはりますやん……」




浩子「にしても最近だと珍しいですね、藤白先輩が顔を出してくれるんは」

七実「ん? まぁそうだね、というか元々私は部活引退してるわけだし」

泉「それを考えたら現状でも相当な頻度で顔だしてもろてますけどね……」

七実「いいじゃん別に、まだ在学中だしぃ」

怜「普通の四年生は就活やらなんやらでこの時期大学にめったに寄り付かんもんなんやけどな」

七実「っかー! 辛いわー! 就活しないでプロ入りが決まってるからなー! プレッシャー半端ないわー!」

浩子「少しは愉悦を取り繕おうという姿勢を見せてもらえませんかね」

怜「これ他の四年の先輩に聞かせたらボッコボコにされるんと違うか」




七実「あ、そだ、はいこれ、みんなにお土産~」

泉「おお、ありがとうございます、えっと、玉泉堂の温泉せんべい?」

浩子「これは……道後温泉に行きはったんですか?」

七実「そーそー、ちょっと旅行にね、いやぁ温泉気持ちよかったわー」

泉「ええなぁ、私もどっか旅行に行こかなぁー……」

怜「……道後温泉ってどこにあるんです?」

七実「ええと、愛媛県だね」

怜「戒能プロが所属する松山フロティーラが所在するのは?」

七実「……愛媛県だね」

怜「もうひとつ、質問してええかな…… 戒能プロになにしはったん?」

七実「……君のような勘のいい変態は嫌いだよ」

怜「開き直った上に人を変態扱いしよったでこのストーカー!」

泉「変態とか藤白先輩だけには言われたないやつっすわ」

七実「うっさい! いいでしょ別に不在のところに押しかけて下着をもいで行ったって!」

怜「なんか下着泥棒を果物狩りのように言うててんけどこの人!?」

浩子「まーた戒能プロのとこに迷惑かけたんかこれは……」

泉(いまさりげなく人じゃなくて物扱いしやへんかったか……?)

くつろぎの和室 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

20080613080316


友香「最近知ったんだけど、畳ベッドなんてものがあるらしいんでー」

泉「畳ベッド? なんやねんそれ」

友香「なんか、普通のベッドの板のところが畳になってて、その上に布団を敷くんだって」

泉「へぇー、なんか二度手間っていうか、それベッドの意味あるんかな」

友香「こう、日本人の心! みたいな」

泉「いや流石にそれだけの理由で畳使わんやろ、何か深遠な理由があるに違いない」

友香「説明しよう! スーパー日本人は畳の上で寝ることで、大往生を遂げることができるのだ!」

泉「スーパー日本人って何!!? っていうか『畳の上で死ぬ』ってそれ一種の慣用句やからな!?」




那岐「畳は通気性が良いからな、寝るときの湿気を逃がすことができるんじゃないか」

泉「あ、部長」

友香「おつでーす!」

那岐「うん、お疲れ様」

泉「でも畳ってそんなに通気性ええんですか?」

那岐「なんといっても畳表は植物だからな」

泉「ああ、なるほど」

友香「タタミオモテ?」

泉「畳は木の板に、なんて言ったらええんかな、ござみたいなのを巻いて作んねん、その巻くのが畳表な」

那岐「畳表はいぐさという植物で作られていてな、加工にはそれはそれは時間と労力がかかるそうだ」

友香「へぇー! 畳ってそんなに手のかかるものだったんでー」

泉「快適な住環境のため、昔は裏で職人が頑張って作ってたいうことやな」

那岐「うむ、表あるところ、また裏もある…… ということだな、畳表だけに」

泉「なんで魔王が最期にやられる時みたいなわけわからんこと言ってるんです?」




友香「そういえば家には畳がないんでー」

泉「うちもやな、全部フローリングや」

那岐「うーん、畳は いいぞ」

友香「新免センパイの家には畳あるんです?」

那岐「ああ、この季節なんかは、あえて冷房をつけないで寝転がったりしてるな」

泉「部長ってきっちりしてるから、家だと結構ダラダラしてたりしてるんちょっと意外かも」

那岐「家でまできっちりしてたら疲れてしまうだろ」 ハハハ

泉「違いないっすわ」 ククク

友香「泉は家だけじゃなくていつもダラダラしてるでしょー」

泉「いやそれお前だけには言われたないで!?」

那岐「はっはっは」

泉「いや否定してくださいよ部長!」

那岐「はっはっは」

泉「なにわろとんねんこの人ォ!?」

学生以上プロ未満 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

nonnon


七実「おはよーん」 トビラガラッ

絹恵「おはようございます、先輩!」

七実「おお絹ちゃんオッスオッス! 今日もまた見事なおっ」

浩子「……お?」 ギロッ

七実「えっと、お、お…… お、おでこだね!」

泉「言うに事欠いておでこて」

絹恵「おでこを褒められたのとか自分史上かつてない出来事なんやけど……」




浩子「まったく、先輩もええ加減そういうの止めたらどないですか、もうすぐプロになるんでしょう」

七実「おおっと正論で来たな、悪いけど正論は右から左だぞ♪」

泉「これ全然悪いと思ってないやつやん……」

絹恵「真面目にしてれば頼りになる先輩なんやけどなぁ」

浩子「今まで応援してくれてた仲間や先生の期待を裏切ってもええんですか」

七実「……ぁっ、そういうリアルに心にクるのはちょっと…………」

泉「一気に萎びた!?」

絹恵「藤白せんぱああああああい!?」

浩子「ったく、この先輩はホンマ……」 ハァ



絹恵「でもプロに入るんやったらなんか、こう、合同自主トレとか勉強会みたいなの、あるんちゃいます?」

七実「んー、一応戦法の勉強とかはしてるけど、まだ正式にはチームに入ったわけじゃないからねー……」

泉「まだ身分的には学生ですしね」

七実「チームの練習に混ぜて貰ったりは出来るらしいけど、やっぱこう、囲い込みの問題とかあるからさ」

浩子「ま、この時期のドラフト候補は下手に動かんほうが賢いっちゅうことやな」

絹恵「ふーん、そういうもんなんか」

浩子「実際明文化されてるルールがあるわけやないけどな、暗黙の了解みたいなもんやろ」

七実「まぁ私の場合は千里山から高卒でプロ入りした後輩たちとの顔合わせが気まずいってのもあるけど」

泉「へー、結構そのへんは気を利かせたりするもんなんですか」

七実「まーね、一応向こうはプロとしては先輩だし」

浩子「高校時代のあれやこれやをバラされんのが気まずいの間違いちゃいます?」

七実「コメントは差し控えさせて頂きたく」

絹恵「きっちりと煙に巻いてきた!?」




泉「……そういえば藤白先輩ってどのチームに入るんでしたっけ」

七実「ん? 一応大阪ブラックパンサーズに内定貰ってるよ」

絹恵「うちのお姉ちゃんの居るチームやで!」

七実「まぁ結局ドラフトでどうなるかはわっかんねーって話なんだけどね」

浩子「藤白先輩だったら大丈夫ですよ、ドラ1かどうかは保証出来ませんが、指名なしはまずありえない」

絹恵「へぇ、普段は辛口やけど、浩ちゃんって藤白先輩のこと結構評価してるんやねぇ」

浩子「……うちは事実を述べただけや」

絹恵「はいはい」 ニヤニヤ

浩子「ぬぐ、なんか腹立つわ絹ちゃんのそのニヤニヤ……」

七実「浩子はツンデレだからねー、もうちょっとデレてくれれば可愛いんだけどねぇ……」

浩子「……どうやらツンせざるを得ない理由を分かってないみたいですね?」

七実「ひ、ひええ、もう説教はこりごりだよ~!」 ピョーン

絹恵「先輩!? なんかアニメのラストシーンとかで良く見るやつ、それどうやってるんですか先輩!?」

泉(……船久保先輩自身もツンデレを否定せんかったな)

浩子「……なんや、何考えとるんや泉ぃ?」 ギギギ

泉「いやなんでもな怖ァ!? こっちはこっちで首が90°曲がっててホラーもええとこなんですけど!?」

天秤 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

cafemeshi


絹恵「おっ、このカーディガンとか友香ちゃん似合うんちゃう?」

泉「おー、かわええやん」

友香「うー、でもちょっとお高めなんでー……」

泉「どれどれ、うわっ、めっちゃ高い」

絹恵「か、カーディガンにこの値段は流石に出せへんなぁ……」

友香「おこづかいなくなっちゃう……」

泉「んー、せやったらもうお店出ますか?」

絹恵「うん、うちらも特にめぼしいもの無かったしなぁ」

泉「でも、何にも買わないで出てくのもなんかちょっと……」

絹恵「あ、じゃこのメガネでも買ってくわ、フレーム可愛いし」

泉「なんで服屋にメガネ置いてあるん?」

店員「それはディスプレイですお客様!?」

泉「ですよね! 知っとったけど!」

友香「? 愛宕センパイ、もうメガネ持ってるのになんで新しいの買うんでー?」

絹恵「私はメガネのおかげで真っ当な人間になれた、今度は私がメガネを救ってあげよう」

泉「アカンいつものメガネ中毒症状出とるぅ!?」

店員(中毒とは一体)




店員「ありがとうございました-」

友香(結局メガネ買った……)

泉「さて、そろそろお昼ですけどどうします? 何か食べましょうか?」

友香「そういえばちょっとお腹が空いてきたんでー」

泉「そんなことよりおなかがすいたよ」

絹恵「どっか行きたいお店とかあるー?」

泉「あ、そういえば駅の北口のとこに新しいプレートランチのお店出来たらしいですよ」

絹恵「へぇ、行ってみよか」

友香「プレートランチ? って?」

泉「えーと、なんて言ったらええんかな、一つの大きいお皿に色んな料理盛り付けてくれるやつ」

友香「へー、そんなの初めて知ったカモ」

絹恵「あれってアメリカとかの文化やなかった?」

泉「ああ、あれハワイのものらしいですよ、だから森垣も知らんかったんでしょう」

友香「プレートっていうからてっきり大陸移動説的ななにかかと思ったんでー」

絹恵「プレートテクトニクスッ!?」

泉「分かりづらいボケをゴリ押しで無理やり挟むのやめーや」




絹恵「そんじゃとりあえず駅前まで行ってみよか?」

友香「……でも、ちょっと歩き回って疲れたし、どちらかと言えば喫茶店みたいなとこがいいデス……」

泉「まぁ確かに、なんやかんやで結構服買ったしなぁ」

絹恵「さっきのメガネ買ったお店はともかく、そこまででようさん買うたからな」

友香「結構荷物あるし、もう解散でもいい気がするんでー……」

泉「それじゃ近くのランチやってるカフェでも探して……」

絹恵「……あそこにガス○あるで」

泉「…………」

絹恵「…………」

友香「…………」

泉「……明太マヨポテトが食べたい、食べたないですか?」

絹恵「……結構お金使ったしな」

友香「……ドリンクバー最強なんでー」

泉「…………」

絹恵「…………オシャレなカフェ飯なんて無かった、いいね?」

友香「アッハイ」

泉(……我ながらこういう時の団結力ちょっと悲しいわ)

絹恵(気にしたら負けやで)

泉(しれっと脳内で話しかけてくるのやめてくれません!?)

聞く派とサプライズ派 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

754d395e-s


怜「なぁなぁ憧ちゃん、ちょっとええ?」

那岐「折り入って話があるんだが」

憧「え? 大丈夫ですけど、どうかしたんですか?」

那岐「新子はもうすぐ誕生日だったよな?」

憧「はぁ、そうですけど」

怜「なんかプレゼントでもと思ったんやけどな、なにか欲しいもんある?」

憧「へ? ど、どういうこと?」

那岐「す、すまん! 私たちも二人で色々相談して考えたんだが」

怜「悩みだしたら迷走に迷走を重ねて、なに贈ったらええか分からんようなってもうて」

那岐「だから、いっそのこと本人に聞いてしまえばと思って」

憧「は、はぁ、なるほど……」

怜「悩むよりは本人に聞いたほうが一番欲しいものが分かるし無難やろ」

憧「まぁ、確かに悩みがスパイラルした挙句に変な物をプレゼントされるよりはマシかもですけど」

那岐「ちなみにさっきまで私たちで相談してたときは『ハム詰め合わせ』とかに決まりかけた」

憧「完全にお歳暮の類なんですけど!?」

怜「ええ案やと思てたけど、今考えたら贈られてもちょっと困るわなぁ」

憧「迷走具合が手に取るように分かるわね……」




怜「で、何が欲しいん?」

憧「んー、でもこう言われるとすぐにパッとは出てこないですね……」

那岐「まぁ、すぐにって訳でもないから、何か思いついたら教えてくれ」

憧「はい、分かりまし…… あ、そうだ」

怜「お、なんか思いついたん?」

憧「あ、すいません、欲しいもの考えてたら、お姉ちゃんに牛乳買って来てって頼まれてたの思い出しちゃって」

怜「よっしゃわかった!」

憧「何を!?」

怜「待っててや、今から近くの牧場に行って絞ってきたるわ!」 ダッ

憧「手作業!? と言うかいくらなんでも牛乳のプレゼントはさすがに嫌なんですけど!?」

那岐「そうだぞ園城寺、少し落ち着け」

憧「よ、よかった、那岐さんが真面目な常識人で……」

那岐「新子家が乳脂肪分3.6%派なのか、4.5%派なのか、まずそこを確かめたほうがいいのでは」

憧「やはりポンコツだった! 知ってた!」




―  数日後  ―

浩子「……で、結局部長らに何をお願いしたんや」

憧「えーっと、電気スタンドが欲しかったのでそれを」

泉「家電かい」

浩子「まぁ本人が欲しがってるならええんちゃうか…… ほら、プレゼント、誕生日おめでとう」

憧「わ、いいハンカチだ、ありがとうございます」

泉「……えっ」

憧「えっ?」

泉「あ、いや、なんでも……ない…… そうそう、私のプレゼントは後で渡すから」

浩子「なんや、うちとプレゼント被ったか?」

泉「なんで察しが良いのに気遣いはないんですか!!!??」

憧「別にハンカチならいくつあっても良いんだし、気にしないわよ……」

泉「そ、そうか、それならええんやけど…… ほら、おめでとう」

憧「ふふ、ありがと」

浩子「ところで、プレゼントのハンカチには『手切れ』の意味を考える人もおるらしいで」

泉「なんでこのタイミングでそういうこと言うんです!?」

浩子「いや、そんなつもりないなら最初に言った方がええやろ」

憧「確かにそれはそうですね」

泉「……まぁ、新子が気にしないならそれでもええんやけど…………」

浩子「お? 泉は新子に勘違いされたぁないらしいで?」 ニヤニヤ

憧「ふ~~~~~~~~~~~~ん?」 ニヤニヤ

泉「っだーーー!! もう!! なんで私をイジる流れになってんですか!」

憧「私誕生日だもーん♪」

浩子「うち先輩やし」

泉「」

浩子「そういうわけで、改めておめでとうな」

憧「いえいえ、ありがとうございます!」

泉「……やべーす」
 

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード