今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

南浦数絵

いい意味で行き当たりばったり【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ed694838


菫「………」(PCカタカタ

恭子「………」(PCカタカタ

菫「……ここの牌譜、印刷した奴どこにある?」

恭子「あ、それ亦野が持ち帰って勉強する言うとったわ」

菫「ほう、熱心だな」

恭子「釣りしとる間ヒマらしいからな」

菫「…………潮風でしけったりしそうだな」

恭子「まぁ別にええんちゃう、ダメになってもどうせ印刷できるんやし」

菫「牌譜がダメになったら作り直すのはデータを管理してる人なんだが」

恭子「亦野あいつボコそう」

菫「落ち着けデータ管理人」




菫「ところでお前は今なにやってるんだ?」

恭子「ん? 来週からのランキング戦のトナメ表作っとる」

菫「ああ、あれか」

恭子「インカレ前最後のランキング戦やからな、今期こそ皆殺しにしたるわ」

菫「さっきからお前の言動がやたら物騒なのはなんなんだ?」




恭子「…………もうインカレ始まるんやな」

菫「そうだな、なんだかんだもう最後の大会だ、その後はアマチュア引退だ」

恭子「辻垣内とか小走なんかはプロになるんやろけど、弘世はどうなん?」

菫「私か? どうだかな、指名されたら考える」

恭子「そうか、ちなみに私はここまでにするつもりやで」

菫「…………お前」

恭子「ま、そういう訳で個人的な希望としては、最後の大会くらいは悔いなく勝って終わりたいとこやな」

菫「ふ、何を言い出すかと思えば、今までと変わらんだろ、入学した時から全国制覇しか考えてないくせに」

恭子「いや、入学した頃はもっとこう、大学デビューしたいなーとか考えてた気ぃするわ」

菫「台無しだよ」




菫「ま、私にとっても最後の公式戦になるかもしれないんだ、元より全力で挑むことに変わりはないさ」

恭子「それでええよ、いつも通りやって、いつも通り勝ってくれ」

菫「当然だ、至極当たり前のように勝ってみせるさ」

恭子「ん」

菫「…………本当にプロにならないのか?」

恭子「そもそも指名されんし」

菫「いや絶対そんなことないだろ、私が指名されるんならお前だってされるぞ多分」

恭子「はぁ? プレイヤーとして特に何の特徴もない打ち手やで、もしうちがスカウトやったら絶対なしやわ」

菫「いや、お前はたぶん指名される、このカシオミニを賭けてもいい」

恭子「なんで突然電卓を取り出したん……?」

菫「さぁ、どうなんだ」

恭子「わかったわかった、もし仮に指名なんてされたらなんでも言う事聞いたるわ」

菫「よし、言質は取った、首を洗って震えて待て」

恭子「なんか今日はグイグイくるんやけどなんなん?」

菫「これは末原をプロにするためにますます負けるわけにはいかなくなったな」

恭子「なんでこいつかつて無いほどにやる気出しとるんや……」




~ 翌日 ~

菫「…………という訳だ、お前たち! インカレで絶対に負けるなよ! いいな!」

真佑子「そういう事なら仕方ありませんね! ぜっっっっっっったいに全国制覇です!」

数絵「魔法☆雀士 すえはらキョーコの伝説はここから始まる!」

誠子「ヒャッハー!」

ハオ「さすがに気分が高揚します」

恭子「あ、わかった、こいつらアホなんや」

やえ「最後の最後で今さら気付いたの?」

智葉「まぁ結果的には変わらないだろ、優勝するだけだ」

恭子「いや、確かに、確かにそうなんやけど…… 優勝はするんやけど……」

誠子「とりあえずドラフトの記者会見に備えて、今からオーダーメイドでドレスを注文しましょう!」

数絵「菫さんのアルバイト先と相談して衣装の調達先を紹介してもらいましょうよ!」

ハオ「では私はステッキを調達してきますね!」

真佑子「魔法少女ですもんね! 魔法のステッキはやっぱり必須ですよねー!」

恭子「………………なんでやろ、なんか軽率に人生のレール踏み間違えた気がふつふつとしてきた」

やえ「あきらめなさい」

恭子「………………どないしよ……」




冷やし数絵 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

yukizou


数絵「正門のところに初代学長の銅像があるじゃないですか」

恭子「今まで一度も10秒以上視界に収めたことあれへんけどな」

智葉「もう少し周囲に興味を持て」

数絵「で、その銅像でメイクの練習とかしてたら用務員さんに怒られてしまいまして」

智葉「お前はもう少し常識を持て」

数絵「ちゃんと下塗りのプライマー吹き付けてから塗りましたよ!」

智葉「誰が塗装の常識の話をしろと言った」

恭子「メイクとかいう次元超えとるわ」




恭子「あの銅像、メインストリートから外れたところに立っとるから目立たへんねん」

智葉「まぁ……その点は同意するがな」

数絵「目立たせてあげようという善意からくるイタズラだったんですよ」

智葉「ありがた迷惑っていう言葉知ってるか?」

恭子「イタズラ言うてもうてるやんけ」




数絵「……あれ、雪?」

恭子「おお、ホンマや、初雪やな」

智葉「予報で降るとは言っていたんだがな、まぁ、あまり本格的な降り方でなくて良かった」

恭子「なんや、ホコリが舞ってるみたいな小っさい雪やなぁ」

智葉「雪のロマンチック成分台無しだぞお前それ」

数絵「こうしちゃ居られねえ! 銅像に傘かぶせに行かないと!」

智葉「勘違いしているかもしれんが初代学長はお地蔵様ではない」

恭子「初代学長ってお礼に何持ってきてくれはるんやろな」

数絵「それはまぁ……たとえば……教授のイス的な……」

智葉「お前それ貰って嬉しいのか?」

命の水 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

toukyousui


数絵「……お疲れ様ですぅー」 トビラガラー

真佑子「お疲れ様、数絵ちゃんどうかした? なんだか目に見えて疲れてるような」

数絵「そうなんですよ真佑子さぁん、もう大変でした……」

恭子「なんやいたずらでもしてたんちゃうん」

数絵「談話室の冷水器が一日何人に使用されてるのかをカウントするためにひたすら観察してました」

真佑子「予想以上に暇人ッ!?」

恭子「何人/ hやったん?」

真佑子「なんで末原先輩は興味深々なんですか!?」




恭子「あんなぁ、自分そういうことばっかりしてるから麻雀部全体が変人の巣窟扱いされんねんで」

真佑子(よかった、興味津々な訳じゃなかった)

数絵「皆さん横にある自販機で飲み物を買っていくので、あまりの不人気っぷりが気になってしまいまして」

恭子「うーん、まぁ普段使われてんのあんまり見ないっちゅうんは確かやけど」

真佑子「そういえば、私もああいう水飲み場は使ったことないですね」

恭子「……え、マジで? あそこの限定って訳やなくて?」

真佑子「はい、自分史上で使ったことないです」

恭子「そういえば多治比ってお嬢様やったわ、いい意味で忘れとった」

数絵「まさか、運動後のぬるーい水道水のうまさをご存じないなんて……」 ドヤアァァ

恭子「まぁ言いたいことは分からんでもないねんけど、なんで自分胸張ってドヤ顔してるん?」

数絵「明日、もう一度ここに来てください、本当の水道水を飲ませますよ」

恭子「それって明日じゃなくて今日じゃだめだったん?」

真佑子「ねぇ、何が数絵ちゃんをそこまで水道水擁護に駆り立ててるの……?」

数絵「まぁ色々理由はありますが、一番気に入ってるのは――――」

真佑子「なんです?」

数絵「値段だ」 ドヤアアァァァ

恭子「ドヤ顔で語った割に貧乏くさい理由」





恭子「というわけで、ほれ、飲んでみー」  ジャー

真佑子「う、は、はい……」

数絵「大丈夫、初めては多少勇気がいるかもしれませんが大丈夫、慣れれば病み付きになりますよ」

恭子「大丈夫って二回言うと胡散臭さ半端ないな」

真佑子「それでは……」 ゴクゴク

真佑子「…………あ、結構おいしいですね、もっと塩素が凄いのかと思ってました」

恭子「まぁ取水する場所にもよるやろうけどな」

数絵「東京の水道水は結構美味しいんですよ、『東京水』って言ってペットで売られてるくらいですし」

恭子「関東人の商魂、結構たくましいな……」

真佑子「ですがこれだったらミネラルウォーター買わなくてもいいですね、十分美味しいです」

数絵「そうでしょう? 思わずシェフを呼びたくなってしまうのでは?」

恭子「…………いや、上水道の事務所にでも行けばええんかそれ」

乙女のたしなみ 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞsaba


数絵「――つまりですね、誠子さんがロングヘアになることで恵まれない子供たちが救われる訳なんですよ」

恭子「……なぁ、この話ってうちが付き合わんとアカンやつなんか?」

数絵「交通事故だと思って諦めてください」

恭子「自分から事故言うてもうてるやんけ……」

智葉「おはよう…… お、末原か、南浦も」 トビラガラー

恭子「ん、辻垣内?」

数絵「おつかれさまです」

智葉「……二人にちょっと頼み事があるんだが、いいか?」

恭子「えっ」

数絵「えっ」

智葉「……なんなんだその反応は」

恭子「あ、いや、辻垣内が頼みごととか珍しいなぁ思てな」

智葉「お前達の中の私は一体どういうイメージなんだ……」 ハァ

数絵「野良犬相手に表道具は用いぬとか言いかねないと」

智葉「よし、ハイクを詠め、カイシャクしてやる」 チャキ

数絵「いや死んじゃいますけど!?」

恭子「そのバストは豊満であった」

数絵「誰の!?」




恭子「で、どないしたん?」

数絵「覚悟完了しました、当方に迎撃の用意ありです」

智葉「いや、そんなに深刻な要件じゃないぞ、お菓子を作ろうと思って、それを試食して欲しいっていうだけだ」

恭子「……それだけ?」

智葉「それだけだ」

数絵「……なーんだ、心配して損したどころか、智葉さんの料理とか役得にもほどがあるじゃないですか」

恭子「辻垣内の料理めっちゃ美味いのはよう知っとるけど…… お菓子?」

智葉「そう、お菓子」

恭子「……そういうことかい」

智葉「そういうことだ」

数絵「? どういうことです?」

智葉「私は今まで洋菓子を作ったことがないし、そもそもあまり食べたこともないんでな、他人の意見が欲しい」

恭子「流石料亭の娘やな」

数絵「はぁ」

恭子「うちには多治比がおるからな、料理上手で通っとる身としては下手なモン出せんわなぁ?」 ニヤニヤ

数絵「なるほどぉ、真佑子さんはお菓子作るの上手ですからねぇ」 ニヤニヤ

智葉「……う、うるさいな、それで試食してくれるのかそうでないのか、どっちなんだ」 カアアァ

恭子「はっはっは、いくらでも頼ってもらってええで、辻垣内ならそこまで致命的なモンは出てこーへんやろし」

智葉「致命的ときたか…… まぁ、ありがとう」

数絵「ちなみに何を作るんですか?」

智葉「そうだな、まずは……クッキーからかな?」

恭子「ん、まぁそれがセオリーやろ、最初はな」

数絵「クッキーですか、というと、鯖ですね!」

恭子「………………『サバですね!』!?」

数絵「あれ、サバクッキーご存知ない?」

智葉「……鯖はクッキーにもなるのか、なんというか、万能食材だな」

恭子「いやそんな禍々しい響きのお菓子、二十一年も生きてきて初めて知ったんやけど!?」

最高のサティスファクションを貴方に 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kyouko


真佑子「末原先輩、せんぱーい、起きてくださーい」 ユッサユサ

恭子「ん、んん……? 多治比……?」 ムニャムニャ

真佑子「あ、起きた、おはようございます、台拭きにこのタオル使ってもいいですか?」

恭子「……え、あ? う、うん、適当でええけど…………」

菫「ケーキはまたあとでな、冷蔵庫に入れておくぞ」 テキパキ

ハオ「買ってきた料理を切るので包丁お借りしますね」 テキパキ

やえ「ねえ、野菜洗いたいんだけどざるみたいなの、ない?」 テキパキ

数絵「あ、キッチン用具ならそこの台の下にいろいろ入ってますよ」 テキパキ

智葉「コンロ足りないな、ちょっとカセットコンロ出してくるからそのフライパン置いておいてくれ」 テキパキ

恭子「……いや、ちょっと待て、ちょーっと待ってや、状況に追い付いていけん」

誠子「どうかしたんですか?」

恭子「亦野はなにしてるん?」

誠子「キッチンに入りきらなかったので洗濯物にアイロンかけてます」

恭子「うちのお母さんかなんかか?」




恭子「そんで、本題なんやけどな」

真佑子「はぁ」

恭子「……なんでみんなしてうちの家で料理してるん?」

数絵「ははは、そんなのパーティやるために決まってるでしょう」

恭子「うんまぁ、それは何となく分かるんやけど」

ハオ「けど?」

恭子「……朝起きたらいきなり大人数でパーティの準備をしてるって現実にどうリアクションをとったもんかと」

誠子「寝起きだから糖分足りてないんですかね? 後でケーキ大きめにしておきましょうか」

恭子「ん、ありがとなーってなんでや! 意味わからんやろ何やねんお前ら!!?」

やえ「あ、やっとツッコミが起動した」

菫「ふふ、結構驚いてくれてるようで何よりだな」

恭子「めっちゃ驚いとるわ! なに!? 寝起きドッキリ的なやつなん!?」

智葉「違う違う、お前今日が何日だか忘れたのか?」

恭子「へ? 今日って8月ここの…… あっ」

やえ「8月9日、あんたの誕生日でしょ? 」

ハオ「誕生日パーティをしようと、みんなで集まったのです」

恭子「………………え? えと、あ、ありがとう?」

数絵(混乱に混乱を重ねた結果一周まわってきた感じ)




恭子「いや、いやいや! そもそもなんで朝っぱらからこんなことやってるん!? 鍵はどうしたん!?」

ハオ「いつも数字ロックの郵便受けに入っているじゃないですか」

恭子「料理の材料も! 自分で言うのもなんやけど、今ほっとんど食材切れてるし!」

真佑子「前もって準備しておいて、みんなで持ち寄ったんですよ」

やえ「小走さん特製、王者のローストビーフを楽しみにすることね」

恭子「なんやねんその俺のフレンチ的なアトモスフィアは」

数絵「む、オシャレですね、私の治部煮と食戟しましょうか」

恭子「誕生日に渋いモン持ってきたな!?」

数絵「それは……治部煮だけに渋いもん、ってことですか……」

智葉「これが本場大阪人のボケか(笑)」

恭子「完全に言いがかり!? やめてそんなボケとかのつもりちゃうねん!」




恭子「ったく、やるならやるって言っといてもらえれば掃除とかしといたんに……」

菫「こっちのほうが私ららしいじゃないか」

恭子「部長なんやったら部員の暴走を止めんかい」

智葉「そもそもこれの発案は弘世だぞ」

菫「おいおい褒めるな」

恭子「…………もうなんでもええわ」

誠子(弘世先輩ってこういう俗っぽいこと好きだからなぁ)




真佑子「はいどうぞ末原先輩、ワインです」

恭子「朝からワインたぁ優雅やな」

誠子「パーティ料理にビールとかぐいぐいいって酔っぱらうのも違うかなって思いまして」

ハオ「それに、一応今は朝ですからね…… あまり騒がずに今日はお酒を楽しむ程度にしましょう」

真佑子「みなさん飲み物はいきわたりましたね? それでは部長、どうぞ」

菫「ん? そうだな、えー、本日はみんな、末原の誕生日パーティに集まってもらtt」

数絵「かんぱーい!」

一同「かんぱーい! 末原(先輩)誕生日おめでとう!!」

恭子「ん、ありがとうなー、みんな」

菫「……っ! ……!!」 プルプル

数絵「い、いや、てっきりネタフリかと思って、あんなの出されたらそりゃ反応するのがむしろ礼儀っていうか」

誠子「ははは、いやー弘世先輩のこのネタは外さないなー」

真佑子「そ、そう、かもね……」 プルプル

恭子「ほら弘世、その辺にしといたり、多治比笑ってるやん」

菫「多治比ィ!」

真佑子「笑ってません! まだ笑ってませんって!」

ハオ(笑わないとは言わないんですね……) 

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード