今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

園城寺怜

健康第一 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ


41KTXCX5HCL


怜「…………」 ジー

浩子(……めっちゃ絹ちゃんのこと見とんな)

絹恵「……えっと、園城寺先輩? どうかしたんですか?」

怜「……なぁ絹ちゃん」

絹恵「は、はい」

怜「なんか元気ないけど…… どうかしたん?」

絹恵「えっ? わ、私、元気なかったです?」

怜「うん、ちょっと心配になってな」

浩子「そうなん?」

絹恵「いや、本人でもまだよく分かってない……んやけど……?」

怜「プロの目は誤魔化せへんで、太もものハリとか色つやを見たら一発や」

浩子「色々言いたいことあんねんけど、とりあえずプロってなんやねん」

絹恵「み、見ただけで分かるなんて、流石先輩や……!」 ゴクリ

浩子「絹ちゃん、ツッコミ所そこちゃうで」




絹恵「でも言われてみたら確かに、最近運動サボってたかもしれんから、それかなぁ……」

浩子「そういえば絹ちゃんスポーツ少女やったな」

絹恵「もう少女なんて歳じゃないんやけどな」 アハハ

怜「うむ、適度な運動と適度な食事が、健康な身体を作るんや、気ぃつけや」

絹恵「はーい!」

浩子(……健康な身体、か)

怜「……なんやフナQ、なんか複雑な顔しとるな?」

浩子「い、いえ、すいません」

怜「言うとくけどウチはもう体はほとんど健康やで、運動せーへんのは単に面倒やからや!」 ドヤァ

浩子「それドヤ顔で主張するような内容ですか?」




絹恵「うーん、それにしても、運動、運動かぁ…… たるんどったなぁ……」 ハァ

怜「浩子も運動せなあかんでー、健全なる精神は健全な身体に宿るっちゅう話や」

浩子「私はあんまりそういうの気にしないんで」

絹恵「あはは、そんなこと言うても、この間体重が3キロ増えたってヘコんどったやん」

浩子「」

怜「ぶはっwwちょ、フナQそれマジなんwww」

浩子「なんでそれ知ってるん!? 誰にも話してへんねやけど!?」

絹恵「この間おばちゃんが心底楽しそうに教えてくれたわ」

浩子「あンの母親ああぁぁあああぁああああ!!」

怜「wwwwwゲッホゲホwwwwwwゲホwww」

浩子「再発しそうになるくらい笑うなや!!」

色々な先輩 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

7457


憧「――――あと何かありますか?」

浩子「うん、後は特にないかなぁ、新子は色々な打ち方ができるから特に言うことないわ」

憧「ええー、もっと他に色々指導してくださいよぉ」

浩子「なんやねんその絡み方、甘えんぼか」

憧「甘えっ……てないですよ! 何言ってんですか!」

浩子「はいはい可愛い可愛い」

憧「ぐぬ…… 釈然といかない……」 グヌヌ

浩子「そもそもうちは別に指導者でも何でもないんやけどなぁ」

憧「でもこの麻雀部ってコーチとか監督とか居ないし」

浩子「藤白せんぱ」

憧「アレはエキセントリックボウイだから」

浩子(ガールですらないんか……)




浩子「麻雀のアドバイスだったら三年の先輩方に聞いてみたりしないんか?」

憧「聞いたりはしてるんですけど……」

浩子「けど?」

憧「ほら、なんていうか、三年って三人とも理論より感覚派なところあるから」

浩子「そやね」 ジー

憧「だからアドバイス聞いても時々理解できないことがあるっていうか……」

浩子「なるほどなー」 ジー

憧「……さっきからスマホ弄ってなにやってるんです?」

浩子「いや、憧新子のすべらない話を録音して先輩方に聴いてもらおうかと」

憧「いや本当に何やってるんですか!?」 ガガーン




浩子「まぁ録音は冗談やけど、うちからのアドバイス貰ってばっかりじゃ意見が偏るから気ぃつけや」

憧「う…… だって、浩子さんのアドバイスが分かりやすいから……」

浩子「……聞こえないな、もっと大きな声で言いなさい」

憧「浩子さんは最高です!!!」

怜「…………ええ…… どういうプレイなん二人とも……」

憧「と、怜さん居たの!!? っていうかプレイ言うな!!」

浩子「新子がどうしても弟子にしてほしい言うんですわ」

憧「いや弟子とまで言ってないですけど!?」

怜「なるほど、師匠と弟子というイメプレとは…… なかなか高度な事しよるな憧ちゃん……」

憧「師弟って高度なんだ!? っていうかプレイ言うなって言ってるでしょおおおぉぉお!!?」

同じ景色 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

tokiryuuka


怜「しかし夏になるとあれや、『暑い』以外の感情が消え去るわ」

那岐「気持ちは分からんでもないがな……」

絹恵「体の調子は大丈夫ですか?」

怜「うん、今年はそんなにダメージ来てへんな、まぁ私にもジョジョに体力がついてきてるってことやで」 ドヤァ

那岐「だったらいいが、暑いからって冷たいものばかり食べてるようだとすぐに倒れてしまうぞ」

怜「大丈夫やって、那岐ちゃんは心配しいやなぁ」

那岐「私がというか、心配しいなのは清水谷のやつだがな」

怜「? 竜華がなんか関係あるん?」

那岐「いや、清水谷から言われてるんだ、夏になったら冷たいものばかり食べたがるから気を付けてやれって」

絹恵「過保護や」

怜「なんかそれめっちゃ恥ずいんやけど!?」




怜「竜華はホンマにもう…… もう……」

絹恵「清水谷さん、なんかお母さんみたいですね」

怜「小学生の時から何かとこんな感じやからなぁ……」

那岐「小学校から友達なのか? ずいぶん長い付き合いなんだな」

怜「ん、まぁそやな、なんだかんだで十年くらいの付き合い……やし……」

絹恵「? どうかしましたか?」

怜「いや…… なんか小学五年生が十年前って、老けたなーって実感が改めてひしひしと……」

那岐「……確かに、ついこの間中学に入学したような気さえするのにな」

絹恵「某アラサープロがこの間インタビューでつい最近まで女子高生やった気するて言うてたのと同じですね」

那岐「おい、やめろ馬鹿、この話題は早くも終了ですね」

怜「なんぼなんでもアレらと一緒にされたないわ!」

那岐「お前らたいがい命知らずだな!?」




怜「はー、まったく、いつになったら竜華ばなれ出来るんかなぁ、うちは……」 ハァ

那岐「ん? 竜華ばなれ?」

絹恵「……?? どういう意味ですか?」

怜「あ…… えっと、いや、ごめんな、なんでもない、忘れて忘れて」

那岐「じゃあ清水谷の方に聞いてみるか、園城寺がこんなこと言ってたーって報告して」

怜「やめーや! 脅しやんか!」

絹恵「十年もいると距離を置きたくなるとか、そういうことではないんですよね?」

怜「…………いや、まぁ竜華のことは大好きやけど、だからこそ対等になりたいっていうか」

那岐(さらっと恥ずかしいこと言ったな)

絹恵(さらっと恥ずかしいセリフ言うた)




怜「いま竜華はプロになって、うちは大学生やっとるけど…… いずれは同じ目線で話せるようになりたい」

絹恵「それで園城寺先輩、プロになりたい言うようになったんですか……」

怜「ま、これは単なるうちの我がままなんやけど」

那岐「ふふ、まさかそんな理由があったなんて知らなかったな」

怜「あーもう、せやから言いたなかったんや、絶対からかわれるもん」

那岐「いやいや、からかったりしないぞ、ただお前がプロ入りした時に寄せるコメントのネタが決まっただけだ」

怜「大々的に暴露する気満々やんソレ!!?」

絹恵「プロ入りの日がすっごい楽しみなんで、頑張ってくださいね! 先輩!」

怜「素直に首肯しにくいやつやそれ! ほんとにやめて! 恥っずい! もーーー!!」

聞く派とサプライズ派 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

754d395e-s


怜「なぁなぁ憧ちゃん、ちょっとええ?」

那岐「折り入って話があるんだが」

憧「え? 大丈夫ですけど、どうかしたんですか?」

那岐「新子はもうすぐ誕生日だったよな?」

憧「はぁ、そうですけど」

怜「なんかプレゼントでもと思ったんやけどな、なにか欲しいもんある?」

憧「へ? ど、どういうこと?」

那岐「す、すまん! 私たちも二人で色々相談して考えたんだが」

怜「悩みだしたら迷走に迷走を重ねて、なに贈ったらええか分からんようなってもうて」

那岐「だから、いっそのこと本人に聞いてしまえばと思って」

憧「は、はぁ、なるほど……」

怜「悩むよりは本人に聞いたほうが一番欲しいものが分かるし無難やろ」

憧「まぁ、確かに悩みがスパイラルした挙句に変な物をプレゼントされるよりはマシかもですけど」

那岐「ちなみにさっきまで私たちで相談してたときは『ハム詰め合わせ』とかに決まりかけた」

憧「完全にお歳暮の類なんですけど!?」

怜「ええ案やと思てたけど、今考えたら贈られてもちょっと困るわなぁ」

憧「迷走具合が手に取るように分かるわね……」




怜「で、何が欲しいん?」

憧「んー、でもこう言われるとすぐにパッとは出てこないですね……」

那岐「まぁ、すぐにって訳でもないから、何か思いついたら教えてくれ」

憧「はい、分かりまし…… あ、そうだ」

怜「お、なんか思いついたん?」

憧「あ、すいません、欲しいもの考えてたら、お姉ちゃんに牛乳買って来てって頼まれてたの思い出しちゃって」

怜「よっしゃわかった!」

憧「何を!?」

怜「待っててや、今から近くの牧場に行って絞ってきたるわ!」 ダッ

憧「手作業!? と言うかいくらなんでも牛乳のプレゼントはさすがに嫌なんですけど!?」

那岐「そうだぞ園城寺、少し落ち着け」

憧「よ、よかった、那岐さんが真面目な常識人で……」

那岐「新子家が乳脂肪分3.6%派なのか、4.5%派なのか、まずそこを確かめたほうがいいのでは」

憧「やはりポンコツだった! 知ってた!」




―  数日後  ―

浩子「……で、結局部長らに何をお願いしたんや」

憧「えーっと、電気スタンドが欲しかったのでそれを」

泉「家電かい」

浩子「まぁ本人が欲しがってるならええんちゃうか…… ほら、プレゼント、誕生日おめでとう」

憧「わ、いいハンカチだ、ありがとうございます」

泉「……えっ」

憧「えっ?」

泉「あ、いや、なんでも……ない…… そうそう、私のプレゼントは後で渡すから」

浩子「なんや、うちとプレゼント被ったか?」

泉「なんで察しが良いのに気遣いはないんですか!!!??」

憧「別にハンカチならいくつあっても良いんだし、気にしないわよ……」

泉「そ、そうか、それならええんやけど…… ほら、おめでとう」

憧「ふふ、ありがと」

浩子「ところで、プレゼントのハンカチには『手切れ』の意味を考える人もおるらしいで」

泉「なんでこのタイミングでそういうこと言うんです!?」

浩子「いや、そんなつもりないなら最初に言った方がええやろ」

憧「確かにそれはそうですね」

泉「……まぁ、新子が気にしないならそれでもええんやけど…………」

浩子「お? 泉は新子に勘違いされたぁないらしいで?」 ニヤニヤ

憧「ふ~~~~~~~~~~~~ん?」 ニヤニヤ

泉「っだーーー!! もう!! なんで私をイジる流れになってんですか!」

憧「私誕生日だもーん♪」

浩子「うち先輩やし」

泉「」

浩子「そういうわけで、改めておめでとうな」

憧「いえいえ、ありがとうございます!」

泉「……やべーす」
 

人徳 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ
※フナたんイェイ~

hunaq


浩子「…………」

七実「だからさ、ここで対面が七筒ぶん投げてるってことは、上家のリーチを嫌がって面子崩したわけだから」

泉「ええ、なんでそんなんまで分かるんすか……」

絹恵「相手が攻めてきてる時はともかく、オリる相手をケアするところまでは行きませんよ普通は……」

七実「あえてそこを狙って追い討ちが決まると『麻雀って楽しいよね!』ってなる」

泉「悪魔かなにか?」

絹恵「どっかで聞いたことあるフレーズやなそれ……」

浩子「…………」




泉「……」 チラッ

絹恵「……」 コクン

泉「……そろそろ夕方ですね、お開きにしてご飯でも行きません?」

七実「ん、そうだねー、私にしては思いもかけず熱心に指導しちゃったよ」

絹恵「普段からこれくらいちゃんと教えてもらえると嬉しいんやけどなぁ」

七実「まぁ指導してるといいつつ、ちゃんと絹ちゃんのおっぱいもガン見してたんだけど」

泉「『ちゃんと』とは一体……」

絹恵「やけに私の手牌見てくる思たらそれですか……」

浩子「…………」




七実「ははは、あ、ねー浩子、ご飯食べに行こうよ、今日はなんかお肉的なものが食べたい」

浩子「えっ、あ、ああ、はい、それじゃ近くのお店を……」

泉「あ、それじゃ私がこの間見つけたすっごい美味しいお店があるんですけど、そこにしません?」

絹恵「へー、なんてお店なん?」

泉「藤白亭っていうお店なんですけどね」

七実「それウチじゃない?」

泉「近所に惣菜で有名なお肉屋さんがあるみたいなんですよね」

七実「いやだからそれウチじゃない? ウチに買って帰るコースじゃない?」

浩子「そういやしばらくお邪魔してませんでしたし、ええですね、行きましょうか」

七実「え、いや、お、おう」




― 藤白亭(アパート) ―

浩子「こんなに買わへんでもよかったんちゃいます?」 ガサガサ

七実「まぁまぁ、余ったら私が食べるから」

泉「へー! 外観で見た感じ、ええ部屋に住んではりますね藤白先輩!」

七実「まぁ? それほどでも? ないんですけどね!!??」 ドッヤアアァァァ

浩子「うわドヤ顔うっざ」

七実「ねぇ浩子って私のこと嫌い?」

絹恵(むしろ好きなほうやと思うんやけど)

泉(ああいうイジリって身内にしかやりませんもんね)




七実「むう、ナマイキ浩子め…… ほら、さっさとリビングに荷物持ってってー」 ガチャ

浩子「ああ、はい、お邪魔します…… こっちのドアですよね?」

七実「そうそう」

浩子「よいしょ…… なんで絹ちゃんと泉は玄関で待機しとぅ?」

泉「いやいやいや」

絹恵「まぁまぁまぁ」

浩子「答えになってへんやん……」 トビラガチャー




那岐・宥・怜・憧・友香
「「「「「せーの、 船久保浩子さん! お誕生日! おめでとーーーーう!!!!!!」」」」」 クラッカーパパーン!!




浩子「………………」

浩子「………………」 ポカーン

那岐・宥・怜・憧・友香
「「「「「………………」」」」」

七実・絹恵・泉
「「「………………」」」

浩子「………………………………は?」 ポカーン




怜「ふふふ、流石のフナQ先輩も面食らっとるみたいやな?」

宥「サプライズ成功だね~」 アッタカーイ

七実「いやー苦労したよ? 演技で浩子をウチまでおびき寄せる大役さぁ」

泉「いや藤白先輩は完全に素だったでしょ」

浩子「…………なるほど、そういうことですか」

絹恵「ごめんな浩ちゃん、パーティのことは秘密でってきつく言われててん」

友香「フナQセンパイ、おめでーす!」 ガバッ

浩子「ちょ、森垣いきなり抱きつくな! あんまりデカぁないとはいえ!」

友香「んみー!」 ベタベタ

浩子「ベタベタすな!」


 

那岐「いつもありがとう船久保、少し乱暴だったかもしれないが、このパーティは私たちの感謝と友情の証だ」

憧「那岐さん…… クサい台詞似合いますね……」

那岐「いやクサいのが似合うって…… 褒めてるのかそれ……?」

浩子「…………あ、ありがとう、ございま、す」

怜「顔真っ赤やでー、フナQ」 ニヤニヤ

七実「浩子ってば部室にいる時から誕生日のこと気にしてたからねー」 ニヤニヤ

浩子「な、ちょ、気付いて……!」

絹恵「あー、まぁ私らずっと浩ちゃんの様子を伺っとったからなぁ」

浩子「ぐっ…… 一生の不覚や……」

那岐「ははは、まぁまぁ、せっかくのパーティなんだ、はやく皆で乾杯しよう」

浩子「…………ふふ、そうですね」

友香「んむーー!」 ベタベタ

浩子「…………」

友香「んー!」 ベタベタ

浩子「…………いやお前はいつまでひっつきよんねん!」

友香「んー! んー!」 ベタベタ



SS100本の記念アンケートを実施中です。よろしければご回答のほど、お願い致します。 
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード