今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

大星淡

後輩で敵でライバル 【咲-Saki- SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※プロに進んだ面々ががやがややるやつです
※いつもの大学編とは趣が異なります

※登場人物の全員がプロ雀士になっています

sapporo


淡「…………」

淡「ふんふふ~ん♪」

淡「…………」

淡「いやぁ……」

淡「負けたなぁ、今日の試合……」

淡「……ほんっと何アレ! 北九州の荒川!」

淡「なんで絶対安全圏食らってるのに5順目でアガれるの!? 信じられないんですけど!」

淡「いや、確かに理論上は5順でアガれるんだけどさ、だとしてもおかしい! それでハネ直とか!」

淡「ぬぎいいーー! 次は勝つ! 絶対勝つ! 1000回勝つから!」

竜華「…………なに一人で騒いどるん?」

淡「え、あっ、ご、ごめんなさ…… あれ、千里山の人?」

竜華「はっはっは、お互いプロになっても未だにその呼び方なんか」

淡「う、だって、高校で戦ったときの印象が強すぎるから」

竜華「ほれほれ、竜華先輩って呼んでもええで?」 グリグリ

淡「あ、あわわ、頭ワシワシしないでえぇぇぇ」




淡「そ、そもそもチーム違うから先輩じゃないじゃん!」

竜華「こまけえこたぁええねん!」 クワッ

淡「うわーん意味わかんない!」

竜華「まぁ冗談はともかくな、なんや、試合負けて荒れとったんか?」

淡「……試合観てたの?」

竜華「いや? うちのチームの試合は午後からやけど、さっきまでミーティングしとったしな」

淡「……あ、そ」

竜華「憩ちゃんも強いしなぁ、してやられてもうたんか?」

淡「っ…… っさいなぁ! ほっといてよ、もう!」

竜華「……なんや、元気そうやん、良かったよかった」

淡「……よかった?」

竜華「せやでー、悔しがってるんならやる気十分ってことやん、せやったらいつか勝てるようになるわ」

淡「……うん」

竜華「ま、今日のところは美味しいご飯でも食べて気持ちを切り替えてな」

淡「りゅーか先輩、ごちそうさま!」

竜華「いくらなんでも変わり身はや過ぎやない!? さっきあんなに先輩呼び嫌がってたのに!」




竜華「……まぁ、一食くらいならええか、行こか」

淡「りゅーか先輩、私甘いものが食べたいなー」

竜華「我が物顔やな!? あ、そうだ、どうせだったら穏乃ちゃんとか姫子ちゃんとかも呼ぶ?」

淡「……えー、あの二人も?」

竜華「久しぶりにあの面子でおしゃべりしたいわ! そうとなったら連絡せなな!」

淡「まぁ、いいけど…… むう……」

竜華「あ、でもどうやろか、今日は長崎もつくばも試合ないらしいし大丈夫とは思うんやけど……」

淡「……ねぇ、りゅーか先輩」

竜華「んー? なに?」

淡「…………二人を呼ぶのもいいけど、それまで喫茶店でお話、しよ?」

結局なんなんですかねこれ 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ


tajiawa


ハオ「誠子、ちょっとお聞きしたい事があるのですが」

誠子「どうかした?」

ハオ「昨夜、インターネットをしていたら、こんな画像が出てきまして」

誠子「……真佑子と淡の画像? 二人とも高校の制服じゃないか、何年前だこれ」

ハオ「大星プロの高校時代の画像! と貼ってあったので、部長だった誠子は何かご存じかと思ったのですが」

誠子「見た感じ、なんかの雑誌のキャプチャっぽいけど、いつのなんだろうこれ…… 覚えてないな……」

ハオ「高校時代の真佑子が一緒に写っているので、少なくとも去年以前ということしか分からないですね」

誠子「高校の制服を引っ張り出してコスプレしている可能性は」

ハオ「…………」

誠子「…………」

ハオ「…………」

誠子「この方向はやめよう」

ハオ「やめましょう」



誠子「この画像よく見たら凄いな、何で真佑子は淡の服のボタン外して指を突っ込んでるんだ」

ハオ「シチュエーションの意味はわかりませんけどとにかくすごい写真ですね」

誠子「背景からして外で撮ったみたいだけど…… 本当に謎だな……」

ハオ「二人とも実力と外見の両方で有名でしたから、取材か何かの写真では?」

誠子「淡は高一のインハイまで全くの無名だったから、雑誌の取材だとしたら多分それ以降なんだけど」

ハオ「その時期は誠子が白糸台の部長なんですよね?」

誠子「そうそう、だから取材とかのやつだったら覚えてるはずなんだけど…… うーん……」

ハオ「部長に秘密で勝手に取材を受けたという線は無いのでしょうか」

誠子「そんな勝手なことお母さんは許しませんよ!!?」

ハオ「誠子は彼女らの何なんですか?」




誠子「うーん、ダメだ、本当に思い出せない」

ハオ「まぁ後で真佑子も来るでしょうし、直接聞いてみましょうか」

誠子「……えっ」

ハオ「何か問題が?」

誠子「あ、いや、自分の高校時代のグラビアを持ち出されたとしら、私だったら恥ずかしさで死ぬと思う」

ハオ「あら、だから面白そうなんじゃないですか」 ニコッ

誠子「いい、笑顔です」




菫「…………で、結局この画像はなんだったんだ?」

誠子「それが、画像を見せた途端に真佑子がフリーズしたので分からないままで」

真佑子「」

やえ「し、死んでる……」

ハオ「人はなぜ傷つけあわずにはいられないのでしょう……」

誠子「戦い…… 虚しい……」

やえ「傷つけた張本人どもが言っていい台詞じゃないかんな、それ」

誠子「それじゃ、とりあえずこのA3で印刷した画像は部室の掲示板にでも貼っておきましょうか」

菫「ダウン追い討ちはやめてやれ」

誠子「いやこれ起き攻めなんで」

ハオ「どちらかと言えばガー不重ねですかね」

やえ「なお悪いわ!」

チーム虎姫の送別会 【咲ワンエントリーSS】

※咲-Saki- 本編後の二次創作SSです
第一回咲SS人気投票グランプリ「咲ワン」にエントリーするために書きました
※普段の更新とは色々趣が違うので、いつものやつについてはアバウトをどうぞ


img1030129586



― 白糸台高校 談話室 ―


誠子「えーそれでは三年の追い出し会、それと宮永先輩のプロ入団を祝し、僭越ながらわたくし亦野が」

淡「かんぱーい!!!」

尭深「乾杯」

誠子「えええええええええ、か、かんぱーい」

照「誠子、挨拶が長い」 モグモグ

菫「お前そんな体たらくで次期部長が務まるのか」

誠子「いくら次期部長でも、卒業生が露骨に煽ってくる現状までは面倒見きれないです」

真佑子「…………」


誠子「でもこのメンツだけでよかったんですか? 三年の追い出しっていうなら部全体でやった方が」

菫「これ企画したの尭深だったよな?」

尭深「別口で麻雀部全体の企画はしてますけどね、まずこのメンバーで集まりたいと思ったので」

淡「全体で集まると緊張でガッチガチになっちゃうからなーテルは」

照「む、私だってもうプロ、つまり社会人なんだし、主役の挨拶くらい余裕」モグモグ

菫「結局いつもの営業スマイルで歯が浮きそうな事言うだけだろ、お前は」

照「そ、そんなことは、ない、と、思う…

誠子「ただでさえ小さめの声がみるみる小さく」

真佑子「…………」


菫「……ん? どうした多治比、なんだか元気ないな?」

照「もしかしてグレープフルーツジュース苦手?」モグモグ

誠子「こっちにアップルあるからコップ交換しようか」

真佑子「……いえ、グレープフルーツむしろ好きなので、それは大丈夫なんですが……」

淡「ええー、私ちょっとニガイから苦手」

尭深「淡ちゃん、高校100年生なのに苦手なものあったんだ」

淡「100年生にだって……苦手なことぐらい、ある……」

菫「単なる子供舌だろ」


真佑子「……あの、なぜ私はここにいるんでしょうか」

照「え? 私たちの門出を祝ってくれないの?」

真佑子「祝いたい気持ちはありますけども」

誠子「じゃあいいじゃん」

真佑子「いや良くはないでしょ! なんで白糸台の送別会に参加してるんですか私!?」

菫「パーティ帽子を被ってそんなこと言っても流石に説得力ないぞ」

真佑子「これ→△は被らされたんですよ! 大星さんに! 無理矢理!」

尭深「淡ちゃんナイス」ハイターッチ

淡「イエーイ!!!」ハイターッチ

真佑子「案外ノリいいね渋谷さん……」


真佑子「っていうか! 私は渋谷さんに練習試合があるからって呼び出されただけなのに!」

尭深「一人で呼ばれた時点で疑うべきだと思う」

真佑子「呼び出した張本人が言うことじゃないけど「」確かになとみとめざるを得ない……」

照「多治比さんは西東京の実力者だからね、これからもウチとは仲良くしてってほしい」モグモグ

真佑子「いやおかしいですよね……なんで来年も戦う相手を身内のパーティに呼ぶんですか……」

淡「マユコは私のライバルだからね! マリオカート的な意味で!」

真佑子「麻雀じゃないの!?」

菫「ふふ、いやーツッコミが他にいると楽だ……」

真佑子「弘世さんもなんで傍観してるんですか……早い段階でSSされれば助かったかもしれないのに」

菫「もう私は色々卒業した」

真佑子「……くっ、おめでとうございます……」


誠子「まぁまぁ、大会で当たった時はともかくさ、ふだんは近場の学校同士で仲良くしようよ」

真佑子「言うほど近所でも無いような」

尭深「別にチーム虎姫の戦力を補強しようとかそんなこと考えてないから大丈夫大丈夫」

真佑子「凄い勢いで本音が漏れ出てる!? 転校とかしないよ私!?」

淡「えー、私一人いれば部内戦なんて余裕なのにー」

誠子「部内戦じゃないって、目指すは全国制覇だって言ったろ?」

真佑子「地区予選は目じゃないですか……そうですか……」 


菫「ま、今日くらいは無礼講ということで勘弁してくれ」

照「そうそう」モグモグ

真佑子「触れずにいましたけど宮永さんさっきからいくつケーキ食べてるんですか」

照「この程度の相手じゃ、調整にもならない」 キリッ

真佑子「それ私たちがインハイ予選で言われたセリフです」

菫「なんで知ってるんだ」

真佑子「後で大星さんから聞いたので」

誠子「しれっと畜生行為が暴露された」


真佑子「まぁ……そんなこと聞かされて、私達もプライドにかけて黙っているわけにはいきませんので」

真佑子「来年こそは、私達松庵が白糸台に土をつけてさしあげますよ」ニコッ

淡「へぇ……やれるもんならやってみなよ」ゴゴゴゴ

真佑子「弘世さんと宮永さんも楽しみにしてて下さいね」ニコニコ

照「期待してる」

菫「おお、なんか無理矢理いい話風にまとめたな」

真佑子「台無しですよ!?」
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード