今日の一言:200本の時にはなにしようかな  (10/27)

姉帯豊音

ストレス解消法 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

2011111265619_600


コンコンコン トビラガチャー

胡桃「トヨネ! 朝だよ!」

豊音「ん、む、ぅ……」

胡桃「ほら、早く起きる!」

豊音「……あ、くるみおはよ~」

胡桃「はい、おはよう」

豊音「あとごふん~」 ガバァ

胡桃「!? ちょ、トヨネ離して! 離しなさいってー!」

豊音「ZZZ」 スヤー

胡桃「トヨネーーー!!!」




豊音「みんなおはよ~」 トビラガチャー

塞「おはよ……あれ? 胡桃は? 起こしに行ったはずだけど」

豊音「うん、しっかり充電させてもらったよ~」 キラキラ

塞「はい?」

胡桃「漏電した……」 ズズーン

塞「あっ (たまにトヨネは凄く寝惚けることがあるしやんごとなき事態が起こったのだろうなぁということを察し)」

胡桃「分かってたなら助けてよ!」

塞「いや味噌汁のダシをとるのに忙しかったから私」

胡桃「使ってるのダシの素でしょ!?」

白望「…………おはよう」 トビラガチャー

塞「おはよ、今日はやけにすぱっと起きられたのねシロ」

白望「うん、充電したから」 キラキラ

塞「はい?」

エイスリン「ロウデンシタ……」 ズズーン

塞「なぜ申し合わせもなしに天丼をしてくるのか、コレガワカラナイ」




豊音「あ、そーだ、今日って大学の部室におじゃましていい?」

塞「ん? いいんじゃない? そもそも別に誰が立ち入っても何の問題もないでしょ」

胡桃「まぁ、警備がザルなのはどうかと思うけどね、たぶん誰にも何も言われない気がする」

白望「部活の練習日じゃないから……みんな居るかどうかは分からないけど……」

豊音「今日は休養日だからね~、遊びに行きたいなって!」

エイスリン「!! トヨネ! ズルイ!」

豊音「エイスリンさんも行こうよ!」

エイスリン「キョウ、オシゴト……」 ショボーン

豊音「あちゃ、ごめんねエイスリンさ~ん」

エイスリン「ク、クチオシイ……」

胡桃「どこでそんな口調覚えたのエイちゃん!?」




豊音「というわけで来たんですけど、対木さんだけしか居なかったんだ」

もこ「は、はい……私は今日は午前中じ、授業なかったから……」

豊音「うふふ、でも対木さんが居てくれてよかったよ~」 ナデナデ

もこ「わ、わたしも豊音さんをひ、独り占め、です」

豊音(かわいい)

もこ「と、豊音さん?」

豊音「対木さんは授業どう? 私大学の事はよく知らないから聞かせてほしいな」

もこ「楽しい、ですよ、ちょっと授業中に眠くなったり、しちゃいます、けど」

豊音「あはは、駄目だよー、授業はちゃんと受けなきゃ」

もこ「ふふ、そういう時はミントタブレット、のお菓子をほお張るので大丈夫で、ですよ」 ガシャガシャ

豊音「そ、そのお菓子ってほお張るっていう食べ方するものじゃないような」

もこ「おいふぃ、うぇすよ」 モゴモゴボリボリ

豊音「ハムスターみたいになってるよー?!」




豊音「今日は楽しかったよ~」

白望「……そう、よかった」

豊音「? よかった?」

塞「いや、トヨネって最近大きな試合に出てて気を張りつめてたみたいだからさ」

胡桃「今日遊びに行きたいって言ったから、ちょっと心配してたんだ」

塞「ごめんね、昼間に一緒に居られなくて」

豊音「あ、あはは、みんなには勝てないね」

エイスリン「ダイジョウブ?」

豊音「うん、ありがとう、大丈夫だよ~、対木さんのミントお菓子が凄かったし」 ニコニコ

塞(…………お菓子が凄いって何……??)

胡桃(…………でも聞きにくい……心配してた流れだけに……)

招かれざる訪問客 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

sakehoiru


もこ「い、いただきます……」

塞「おあがりよ!」

もこ「ハムッ ハフハフ、ハフッ!!」 モグモグ

塞「今日の献立は鮭の味噌ホイル焼き、サラダ、そしてカブの味噌汁! いかが?」

もこ「さ、最高かよ……です……」 ハフゥ

塞「そ、良かった」 ニコッ

白望「……どうしたの、あれ」

豊音「さえが対木さんにご飯を作ってあげてるんだよー」

白望「それは見て分かるんだけど」

胡桃「もこちゃん家、今日お母さん居ないらしくてさ、塞がウチで食べてきなよ! って誘ったんだってさ」

白望「…………つまり、誘拐したんだ」

胡桃「結果的にはそうだね!」

塞「結果的にもそうじゃないけど!?」

もこ「んめ んめ」 モグモグ




胡桃「さて、それじゃあ私たちも食べようか?」

白望「あれ、エイスリンは」

豊音「今日はチームの先輩と一緒に遠征に行ってるよー」

もこ「ど、どこに行かれて、るんですか?」

豊音「えっと、マツサカ? だから、えーっと……」

胡桃「松阪だったら、三重県かな!」

塞「豊音は遠征じゃなかったの?」

豊音「私は今日はオフだよー、昨日までずっと連続出場してたからねー」

もこ「あ、そ、そうなんですか」

塞「いいなぁ、やっぱりランチとかでお肉食べるのかな、お仕事とは言え羨ましいかも」

白望「……ご飯食べながらお肉のことを考えるんだ」

胡桃「発想がぽっちゃり系のそれ!」

塞「ちょ、ち、違っ、だって仕方ないじゃん! 松阪といえば牛肉でしょ!」

もこ「さ、塞さんは、まだ太ってないです、よ」

塞「まだ!? 既に萌芽が外見に表れ始めてるの!?」

豊音「さえのご飯のほうが絶対においしいから大丈夫だよー」

塞「はぇ、え、えっと、ありがとう?」




もこ「ご、ごちそう様、でした」

塞「大丈夫? 泊まってってもいいんだよ?」

もこ「い、いえ、明日も授業とかありますし」

白望「……むしろ返すのが遅くなるほうが悪いでしょ」

胡桃「またいつでも来なね!」

もこ「は、はい、ありがとうございます、そ、それじゃ、また」

豊音「またねー!」

塞「………………さて、それじゃとりあえず食器とか後片付けしちゃいますか」

白望「うん、がんば」

胡桃「シロもやるの! ほら、布巾!」

白望「……ダル」

塞「……ん? あれ?」

豊音「どうしたの?」

塞「あ、いや、さっき一緒にご飯食べたのって、もこちゃんと私達四人で、五人だったよね」

胡桃「そうだけど?」

塞「いや、なんでかな、使用済みのお茶碗が六つ出てるんだけど」

胡桃「…………え?」

白望「……それって」

豊音「ああ、それは対木さんと一緒にいた人が食べてたよ!」

塞「え、一緒にいた人?」

豊音「うん、凄く美味しそうに食べてたよ、良かったねさえ!」

塞「あ、えっと、うん、そ、そうね」




塞「………………えっ?」

睡眠を大切にしろ! 大切にしない奴は死ぬべきなんだ!! 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

sign



白望「…………」 ガチャ

豊音「あ、シロ起きた、おはよ~」

白望「……おはよう」

豊音「やっと起きたんだ、もう11時だよ~?」

白望「午前中に起きられるなんて、私はなんと勤勉な大学生なんだろう」

豊音「これでも勤勉扱い…… だ、大学生凄いよー……」 ゴクリ

白望(冗談じゃなく真面目に受け取られている…… まぁ別にいっか……) ダルイ




豊音「シロ、起きたってことは大学に行くの?」

白望「いや、元々今日はお休みだよ…… 水が飲みたくなって出てきただけ」 レイゾウコガチャー

豊音「あ、そうだったんだ、ごめんねー」

白望「部屋にミニ冷蔵庫くらい置かせてくれてもいいのに……」 ムギチャゴポポポ

豊音「ふふふ、それだとますますシロが部屋から出てこなくなっちゃうもんね?」

白望「…………ダル」 ゴクゴク




白望「……豊音はどうして家にいたの?」

豊音「私も今日はお休みなんだよー、せっかくだからコレクションの整理をしようと思って」

白望「コレクション…… ああ、色んな人から貰ったサインのことか……」

豊音「うん! そろそろ管理がおいつかなくなりそうだから、整理しなくちゃって思って!」 ガサガサ

白望「相変わらず凄い量だね…… もう500枚くらいあるんじゃない、これ」

豊音「試合があるたびにサインもらってるからね! いっぱいもらえて幸せだよ~」 ニヘヘ

白望「同じ人からも試合のたびに貰ってたら、貯まっていく一方だと思うんだけど」

豊音「さすがに同じ人からは一年に一回だけしかもらわないようにしてるよ!」

白望「年をまたいだら同じ人から貰うんだ」




白望「……あ、それ」

豊音「あ、気づいた? 宮守の時にインハイでもらったサインだよ~」

白望「……そのカクカクのサインって、もしかしなくても」

豊音「うん! 二回戦で戦った姫松の末原さん!」

白望「ああ、やっぱり、生きるのに必死な感じが文字からあふれ出てるように見えるよ」

豊音「末原さんあの頃から強かったなぁ…… なつかしいよー……」

白望「……そうだね、惜しい人を亡くしたよ」

豊音「生きてるよ!?」




白望「……さて、それじゃ私は寝なおすから」

豊音「ええっ、まだ寝るの?」

白望「こんなこともあろうかと予定だけは入れないでおいたんだ、最高の休日にしてみせるよ」

豊音「寝るのが最高の休日の過ごし方なんだ……」

白望「豊音も一緒にお昼寝する?」

豊音「私は一度出しちゃったこれ片づけなきゃ、さえに怒られちゃうよー」

白望「大丈夫、私も寝過ぎって怒られるはず、ダルいけど」

豊音「大丈夫じゃないよー、分かってるならやめればいいのに」

白望「次に起きた時の小瀬川白望はもっとうまくやってくれるでしょう」

豊音「未来の自分に丸投げしてるよー!?」

白望「【眠くなりました】」

豊音「シローーーっ!!!」

恒例行事 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

cake

久「それでさぁ、やっぱり誕生日なんだからケーキが必要じゃない?」

塞「あ、それは私が作るつもりだったから大丈夫」

星夏「普通の料理はどうします?」

藍子「一応ケータリングのあてがあるんで、それを予約してあるよ」

まこ「んむ、清算は後ででもええか?」

藍子「っけーい!」

もこ「か、会場はここ、ですか?」

胡桃「部室じゃ後片付けとか面倒だし、私らの家でいいんじゃない?」

塞「そうだね、私もケーキの準備とか家においてあるし」

久「それじゃみんな、準備に取り掛かりましょう」

もこ「た、楽しみ……! シロさんの誕生日パーティ……!」

白望「……ねぇ」

胡桃「なに?」

白望「……それって私の誕生日の話?」

久「そうだけど?」

白望「……私が寝てる横で相談してて良いやつなの、それ」

塞「ネタバレとか気にする?」

白望「しないけど」

藍子「しないんかーい」

胡桃「まぁ毎年やってるからねぇ、誕生日パーティ」




久「プレゼントも気合入れて用意してあるから、楽しみにしててね☆」

まこ「どうしてあんたはそう胡散臭い言動ばかしなんじゃ……」

白望「……ダル」

星夏「まぁまぁ、皆で色々用意してるのは本当ですから」

白望「文堂が用意してくれたプレゼントってカードのことじゃないよね」

星夏「ちちちちちがいますよ」 カタカタ

藍子「いっそ嘘臭いくらい動揺してる」




胡桃「そういうわけだから、今日はシロが主役だからね!」

白望「主役なんか前線に出るまでもないんじゃないかな」

久「それは流石に許されないからダメー」

白望「まぁ、冗談だけど…… それじゃあ私は時間までどうしてたらいいの?」

塞「会場は家だから、適当に時間つぶして17時くらいに帰ってきて」

白望「……外に出たくないからここにいる」

胡桃「知ってた」

星夏「それじゃ、私と一緒にショッピング行きませんか?」

久「プレゼント用意しなおすとか?」

星夏「ちちちちちちがいますよ」 カタカタ

まこ「もうやめたりんさいや……」

星夏「いや、あの、ネタっぽくノッてただけで、本当に違いますからね!?」

まこ「ええんよ、無理せんで」

白望「……えっと、それじゃ一緒に駅前にでも行こうか?」

胡桃「シロが自分から買い物に連れ出した!!?!??」

星夏「優しさが痛い……」




久「―――で、プレゼントは買えたの?」

星夏「いやだから最初から別の用意してますって…… どうぞ、レンジで暖められるアイマスクです」

白望「ありがとう」

胡桃「これでプレゼントは全員渡したよね?」

豊音「渡したよー!」

塞「それじゃ、電気消してー? いまケーキ持ってくるから」

もこ「き、きた……!」 ドキドキ

塞「はい! それじゃシロ、ろうそく吹き消してー」

白望「…………」

ケーキ「…………」 メラメラメラ

白望「……ふうぅうううう~~~~~……」

全員『誕生日、おめでとう!!!!』

白望「…………」

エイスリン「? シロ、ドウシタノ?」

白望「…………ちょっと酸欠になったから横になって良い?」 グデー

星夏「隙あらば休もうとしてくるこの人」

白望「AMSから、光が逆流する…!」

久「いやなんか本当に死にそうになってるけど!?」

エイスリン「シロ、オキテ!」

白望「わかった」 スッ

胡桃「なんでエイちゃんの言うことは素直に聞くの!?」

最初から気付いてる 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ


mMe_Rfde



星夏「部室で二人だけだと暇ですね」

久「うーん、みんな来ないわね」

星夏「こんなに人数が少ないのも珍しいなぁ」

久「休みの連絡は聞いてないんだけど、みんなしてどうかしたのかしら」

星夏「まぁ待ってれば来ますよ、たぶん」

久「でも久しぶりじゃない? 活動日にこれだけしか居ないの」

星夏「久だけに?」

久「そういうのもういいから」




扉「」 コンコンコン

久「お、誰か来たかしら?」

豊音「こんにちはー!」 トビラバターン

久「あら姉帯さん、こんにちは」

星夏「え、豊音さん!? お久しぶりです!」

豊音「竹井さんと文堂さん! お久しぶり!」

久「今日はお休みなの?」

豊音「そうだよー、遊びに来たんですけど、今日はお二人だけ?」

久「あとでまこたちも来るはずだけど、塞たちは?」

豊音「えと、授業終わってから部室に行くって朝言ってたんですけどー」

星夏「……何限で授業終わるとか聞いてます?」

豊音「……ああっ」 ガガーン

久(なにこの大きい小動物かわいい)




星夏「どうぞ、粗茶ですが」

豊音「ありがとー」

久「胡桃や塞たちと5人でルームシェアしてるのよね? 楽しい?」

豊音「うん! なんだか毎日パーティみたいでちょー楽しいよー!」 ペカー

星夏「うおっまぶし」

久「……前から聞きたかったんだけど、どうして5人でルームシェアなんていうことになったの?」

豊音「えーっと、まず私とエイスリンさんがドラフトに指名されたのはよかったんだけど」

星夏「ふんふむ」

豊音「私は山奥の外で暮らしたことがなかったし、エイスリンさんは日本に慣れてなくて、困っちゃって」

久「……ああ、皆一緒に住めば怖くない! って?」

豊音「そう! 皆こっちの大学を受けて住めばいいって! 嬉しかったよー……」

星夏「イイハナシダナー」




豊音「普段はあまり動かないシロが、5人で住める物件を見つけてきてくれたりしたしー」

星夏「ダルがる小瀬川先輩って言ったらもう「あのっ!?」っていうくらいなのに!?」

久「白望はそういうところ美味しく持っていくわよね」

豊音「それで、塞と胡桃が色々生活を整えてくれて……」

豊音「だから、みんなにはすっごく、すっごく感謝してるんだー」 パアアァァ

?「…………」

??「…………」

??「…………」

久「……感謝してるらしいから、外にいないで、早く部屋に入ってきたら?」

胡桃「ちょ、気付いてたなら早く言ってよ! 何の羞恥プレイなのこれ!」 トビラバターン

塞「入るわけにも帰るわけにもいかない状況辛かった…… ホント辛かった……」 ゲッソリ

白望「……ダル」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。基本的に火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。


紺フェスバナー-20150823_224336



記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード