今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

姉帯豊音

最初から気付いてる 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ


mMe_Rfde



星夏「部室で二人だけだと暇ですね」

久「うーん、みんな来ないわね」

星夏「こんなに人数が少ないのも珍しいなぁ」

久「休みの連絡は聞いてないんだけど、みんなしてどうかしたのかしら」

星夏「まぁ待ってれば来ますよ、たぶん」

久「でも久しぶりじゃない? 活動日にこれだけしか居ないの」

星夏「久だけに?」

久「そういうのもういいから」




扉「」 コンコンコン

久「お、誰か来たかしら?」

豊音「こんにちはー!」 トビラバターン

久「あら姉帯さん、こんにちは」

星夏「え、豊音さん!? お久しぶりです!」

豊音「竹井さんと文堂さん! お久しぶり!」

久「今日はお休みなの?」

豊音「そうだよー、遊びに来たんですけど、今日はお二人だけ?」

久「あとでまこたちも来るはずだけど、塞たちは?」

豊音「えと、授業終わってから部室に行くって朝言ってたんですけどー」

星夏「……何限で授業終わるとか聞いてます?」

豊音「……ああっ」 ガガーン

久(なにこの大きい小動物かわいい)




星夏「どうぞ、粗茶ですが」

豊音「ありがとー」

久「胡桃や塞たちと5人でルームシェアしてるのよね? 楽しい?」

豊音「うん! なんだか毎日パーティみたいでちょー楽しいよー!」 ペカー

星夏「うおっまぶし」

久「……前から聞きたかったんだけど、どうして5人でルームシェアなんていうことになったの?」

豊音「えーっと、まず私とエイスリンさんがドラフトに指名されたのはよかったんだけど」

星夏「ふんふむ」

豊音「私は山奥の外で暮らしたことがなかったし、エイスリンさんは日本に慣れてなくて、困っちゃって」

久「……ああ、皆一緒に住めば怖くない! って?」

豊音「そう! 皆こっちの大学を受けて住めばいいって! 嬉しかったよー……」

星夏「イイハナシダナー」




豊音「普段はあまり動かないシロが、5人で住める物件を見つけてきてくれたりしたしー」

星夏「ダルがる小瀬川先輩って言ったらもう「あのっ!?」っていうくらいなのに!?」

久「白望はそういうところ美味しく持っていくわよね」

豊音「それで、塞と胡桃が色々生活を整えてくれて……」

豊音「だから、みんなにはすっごく、すっごく感謝してるんだー」 パアアァァ

?「…………」

??「…………」

??「…………」

久「……感謝してるらしいから、外にいないで、早く部屋に入ってきたら?」

胡桃「ちょ、気付いてたなら早く言ってよ! 何の羞恥プレイなのこれ!」 トビラバターン

塞「入るわけにも帰るわけにもいかない状況辛かった…… ホント辛かった……」 ゲッソリ

白望「……ダル」

真夏のサンタクロース 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ




久「うん、みんなの飲み物そろったみたいね」

胡桃「じゃあシロ、乾杯の挨拶して」

白望「……………………えっ?」

久「いやえっじゃなくて、乾杯の挨拶」

白望「……………………塞」

塞「はいカンパーイ」

エイスリン「カンパイ!」

星夏「流れるような見事なたらい回しを見た」カンパーイ

胡桃「シロはいつもあんな感じだよ?」カンパーイ

もこ「そ、それはそれで、問題なような」カンパーイ



まこ「お家にお邪魔させてもろうてすみませんの」

エイスリン「Don't worry. It's our pleasure!」

胡桃「せっかく広いダイニングがあるのに、毎回居酒屋に行くのもお金もったいないからね」

星夏「結構皆さんお呼ばれしたりしてるんですか?」

久「ここに来たことは何回かあるけど、こういうパーティやるのは初めてよ」

まこ「パーティっちゅうか、忘年会じゃがな」

久「なによ、まこがクリスマスに長野に帰るっていうからクリスマス兼忘年会みたいにしたんでしょー」

まこ「それはすまんかったと言うとるじゃろ、クリスマスは稼ぎ時じゃから実家を手伝わんといけんけぇ」

久「クリスマスにこの私をほったらかしにするなんて! 実家に帰らせてもらいます!」

まこ「あんたはわしの彼女かなにかか」

星夏「というか実家に帰ってたの染谷先輩の方だし」



豊音「えへへ、賑やかでちょー楽しいよー」

もこ「と、豊音さん、エイスリンさん、お久しぶり、です」

エイスリン「オヒサシブリ!」

豊音「対木さんお久しぶり! 相変わらずちっちゃくて可愛いよー!」ナデナデ

もこ「う、うう、か、可愛くないですぅ……/////」ナデラレナデラレ

塞(天使かな?)

久(天使かな?)

胡桃(私の方が身長低いけど、それ言ったらなんか色々負けた気がするから黙っておこう)



藍子「あれ、もこってお二人と面識あったの?」

もこ「う、うん、前にご飯ごちそうになったことがあって」

星夏「私ともこちゃんと、二人でごちそうになりました」

藍子「え、私もごちそうになったことある」

エイスリン「タノシカッタ!」

豊音「また行こうねー」

久「なにそれずるい! 私ごちそうになってないわ!」

塞「いや久は同級生でしょ!」

久「本当にごちそうしたいという気持ちで胸がいっぱいなら、誰にであれ奢ることができる……!」

星夏「肉焦がし……焼く……焼肉屋でもっ…………!」

胡桃「ごちそうしたくてしょうがないって訳じゃないんだけど!?」

久「うんまぁ、正直これ言いたかっただけなのよね」

星夏「そんな感じですよね」

もこ「さ、さすがの……ノリのよさ……!」

藍子「感心するポイントそこでいいの?」



星夏「エイスリンさんってニュージーランド出身ですよね? クリスマスってどういう感じなんですか?」

エイスリン「カゾクデ、バービースル!」

胡桃「……バービー?」

まこ「バービーってお人形遊びのアレしか出てこんな……」

エイスリン「ah…… バービー、コレ!」カキカキ バッ

久「これは…… そうか、バーベキューね!」

エイスリン「Yes!」

藍子「クリスマスに外でバーベキューとかめっちゃ寒そう」

まこ「いや、ニュージーランドはこの時期夏じゃから」

藍子「え、ああ、そっか、すっかり忘れてた」

星夏「肉焦がし……焼く……バーベキューでもっ…………!」

まこ「天丼やめんか」



塞「はい、ケーキ切ったから持ってってー」

白望「塞のケーキは相変わらず凄い出来だね……」

塞「ちょっと見栄え悪くて申し訳ないんだけど…… みんな良ければ食べて」

もこ「え、こ、これ塞さんが作った、の……?」

星夏「いやいや、買ってきたやつかと思いましたよ!」

藍子「岩手生まれの塞さんって凄い、改めてそう思った」

胡桃「岩手は関係ないから(震え声)」



まこ「んむ、美味しい、流石臼沢さんじゃの」モグモグ

塞「そ、そんなに大したものじゃないんだけど……/////」

豊音「さえは普段は和食ばかり作るのに、こういう時は気合い入れてケーキ作るよねー」

胡桃「ちょっと見栄っ張りな所あるからね」

白望「今照れてるけど、絶対心の中でガッツポーズしてる」

エイスリン「ソコガカワイイ!」

塞「う、うううううるさいなもう! そういうこと言ってるとケーキあげないよ!?/////」

星夏(カワイイ)

もこ(カワイイ)

藍子(カワイイ)

まこ(カワイイ)

慣れない所の電車とかバスとか怖い 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

1180617997_photo


エイスリン「シロ! デートシヨ!」

白望「」

白望「…………えっ、えっ?」

エイスリン「デート!」ムフー

白望「 どこに?」

エイスリン「アサッテノシアイ!」

白望「……ああ、試合のつきそいってこと?」

エイスリン「Yes!」

白望「試合のつきそいをデートと呼ぶって教えてくれたのは誰?」

エイスリン「トヨネ!」

白望(後でくすぐりの刑だな……これは……)



白望「豊音と一緒に行けばいいじゃん」

エイスリン「トヨネ、ツギノシアイ、デラレナイ (´・ω・`)」

白望「ああ、そういえば連続登板規定で出場禁止だっけ」

エイスリン「ヒトリデ、イクノ、コワイ……」

白望「いや、もう日本に住んで長いんだから、電車くらい一人で乗ろうよ」

エイスリン「ダメ?」ジワッ

白望「…………」

エイスリン「…………」ウルウル



白望「……塞に」

塞「私は明後日用事あるから」

胡桃「私もちょっと難しくて」

豊音「ごめんねーエイスリンさーん」

白望「……いつから見てたの」

胡桃「最初からだけど?」

豊音「慌ててるシロ、可愛かったよ~」

白望「…………」コチョコチョ

豊音「ふ、ふひゃはははああっははは!! やめてー! ごめんなさい!!」

塞「おお、シロが率先して罰ゲームを行動に移してる」

胡桃「気持ちは分かるけど、そこなんだ驚くポイント」



~ 翌々日 ~

白望「というわけで、私達を試合会場に連れて行ってほしいんだ」

エイスリン「ヨロシクオネガイシマス!」

藍子「……え?」

白望「だから栄の」

藍子「いや、そこは把握したんですけどね、問題はなんで私が必要なのかと言う点で」

白望「道案内で先導するとかダルい」

藍子「後輩に頼むのはいいのか(困惑)」

エイスリン「ゴメンナサイ……」シュン

藍子「ああいえ、別に行くこと自体は構わないんですけどね」

エイスリン「Thanks a lot!」パアァァ

藍子「天使かよ……」

白望「……あとで何か奢ってあげるから」

藍子「その言葉が聞きたかった!」バッ

エイスリン「Hurry シロ!」

白望「……うん」



~ 栄牌技ホール 関係者入口 ~

エイスリン「ツイタ!」

藍子「お、よかった、時間も間に合いましたね」

白望「…………」

藍子「疲れで凄い無口になってる」

白望「…………」

藍子(途中で一度もダルいと言わなかったのは、まぁ流石に空気を読んだんかな)

エイスリン「ランコ、シロ、アリガトウゴザイマス!」

藍子「いえいえ、私も楽しかったですよ~」

白望「……いいから早くチームに合流してきなよ」

エイスリン「ウン! ソレジャアマタネ!」タタタ

藍子「はーい」サヨナラー

白望「……ふぅ、お疲れ」

藍子「いえいえ、私もエイスリンプロとお話出来てとても楽しかったんですが」

白望「……ですが?」

藍子「結局なんで小瀬川先輩がエイスリンプロを連れてくことになってたんです? 知り合い?」

白望「…………あれ、話してなかったっけ」

藍子「まったく」

白望「……食べながら話そうか」

藍子「美味しいイタリアンのお店があるんですよー♪」

白望「……あ、あの、お手柔らかに」

藍子「あー、今日は買い物に行く予定だったんだけどなー」

白望「……あとでエイスリンと合流してからね」

藍子「よきにはからえってやつですな」

後輩のお仕事 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

20131003144946_w300hf


前回までのあらすじ
宮守五人組と文堂さん、対木さんが中華料理屋に食事に行きました (一行で終了)



塞「みんな飲み物とかそろった?」

胡桃「大丈夫みたいだね!」

エイスリン「!」カキカキ バッ

もこ「あっ、た、確かにバンバンジーが、きて、ない」

星夏「凄いですね、棒棒鶏ってイラストの難易度高いと思うんですけど」

エイスリン「ガンバッタ!」ドヤァ

豊音「エイスリンさん、イラスト毎日書いてるもんね~」

星夏「へ~、やっぱり継続は力なんだなぁ」

塞「棒棒鶏イラストの難易度とかレベルが高すぎる話題は置いといて、そろそろ乾杯していい?」

白望「……もういいでしょ、おなか減ったし適当で」

塞「まぁ……いいか、もう……いただきまーす」

他の六人「いただきまーす」



塞「ん、おいしい、ここのお店当たりかな?」

星夏「ンマーイ!」

豊音「絵柄が我孫子先生のタッチになってるよ!?」

もこ「し、舌の上で程よい食感のたけのこが、シャッキリポンと……」

塞「無理して流れに乗らなくてもいいのよ」

白望「可哀想だからエイスリンへのネタフリはその辺で止めてあげなよ」

エイスリン「」 (´・ω・`)ショボーン

胡桃「食事中に絵を描くのはお行儀悪いからねー」



星夏「でもWishartプロのイラストって可愛いですよね、私結構好きなんですよ~」

エイスリン「…………」

星夏「?」

エイスリン「No! Please call me Aislinn!」

白望「名前で呼んでもいいってさ」

星夏「いやそのくらいは分かりますけど! え、いいんですか?」

エイスリン「Sure!」

もこ「わ、わたしも、いいですか?」

エイスリン「モチロン!」

豊音「私の事も好きに呼んでね~」

星夏「ありがとうございますエイスリンさん! 豊音さん! サエボンさん!」

もこ「え、エイスリンさん、豊音さん、さ、サエボンさん」

塞「誰がサエボンだ!!!」

胡桃「おあとがよろしいようで」



胡桃「今日エイちゃん大活躍だったね!」

エイスリン「ガンバッタ!」

星夏「中継ぎで出た後、結局副将戦の最後まで打ち切りましたからね!」

塞「確か今日ホールド付いたよね? 3ホールド目?」

豊音「ベンチで見てて大はしゃぎしちゃったよ~」

もこ「と、豊音さんも、次鋒戦で、リードを守り切った……」

豊音「ふふふ、ありがと~」ニヘラ

胡桃「でもなんか、今日、調子悪そうだったかな?」

豊音「調子は悪くなかったんだけど、さえみたいなチカラで押し込まれちゃったんだよ~」

塞「へ~、トヨネを塞ぐなんてプロは違うわねぇ」

星夏(普通にチカラとか塞ぐとかいう単語が飛び交う空間って冷静に考えたらおかしいですよね)

白望(……それ私に聞くの?)

星夏(ぶっちゃけ、聞かれてどんな困り方するのかが見たかっただけです)

白望(………………ダル)



塞「はーおいしかった、食後のジャスミンティーが美味しい♪」

もこ「お、おなか、いっぱい……」

星夏「詳細な食事描写を行うのがはばかられるほどに素晴らしい料理でしたね」

胡桃「それはひょっとしてギャグで言っているのか」

塞「じゃあ会計しよっか? え~と……一人3000円ね、お釣り後で分けるから」

星夏「好きに飲み食いした割には安めでしたね、はいどうぞ」 つ野口×3

塞「は? 何言ってんのよ、二人はゼロだよ、支払なし」

星夏「え、ちょ、さ、流石に全額おごりはちょっと! 流石に!」

もこ「い、いっぱい食べちゃった……」

胡桃「むしろおごられないと思ってたほうが凄い」

白望「この二人こういうトコあるよね」

星夏「えと、褒められてるんですかね、それ……?」



胡桃「先輩は後輩におごるものなんだから、気にしないで」

豊音「それに、シロたちの後輩なら、私たちの後輩でもあるからね~」

エイスリン「It's no biggie!」

胡桃「言っておくけど、大人しくおごられるまで帰さないからね?」

星夏「うう……ひどい、パワハラだ……」

白望「色々違くないそれ?」

もこ「ご、ごちそうさまでした、ありがとうございます」

星夏「ありがとうございます、凄く美味しかったです」

塞「そうそう、一年は素直におごられるのが仕事だからね」

星夏「このお礼、いつか必ず……覚えておれよ……!」

塞「なぜいまにも呪いかけかねない感じになるのか」



豊音「ふふ、じゃあお礼は二人がプロになったらしてもらおうかな、もちろん卓上でね!」

エイスリン「タノシミ!」

もこ「えええええええええ!? わ、私が、プロなんて」

星夏「……そこはマネーで勘弁してもらえませんか?」 つ野口×3

胡桃「色々台無しだよ!? そこは無理にでも引き受けときなよ!!」

星夏「はは、冗談ですよ、ありがとうございます皆さん」

もこ「が、頑張ろう」

星夏「そうだね、とりあえず明日の紅白戦で活躍するところから目指そうっと」

白望「……それは私に対する挑戦状?」←紅組次鋒

星夏「…………とりあえず目標を、個人成績マイナス15000点くらいで」←白組次鋒

胡桃「下方修正早いよ!!?」

光天使スケッチブック 【咲-Saki- G大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

img3196f128w652y7


―  麻雀プロリーグ公式戦13回戦  栄VS長岡VS大宮VS旭川 (栄牌技ホール)  ―

エイスリン『ツモ♪』

アナ『栄のAislinn Wishartプロ! 連荘している旭川の流れを断つ5順目高速ツモおおおお!』

解説『寄り道せずに真っ直ぐ行ったのが良かったですね、運の流れに左右されていません』

アナ『他家が鳴きを駆使して崩しにかかる形でしたが?』

解説『Wishartプロのスピードが、その程度でブレるようなヤワなものではなかったということでしょう』

アナ『一時は旭川が走り出すかと思われましたが、趨勢はまだ一進一退ですっ……!』

エイスリン『~♪』

解説『ってか本当に可愛いですよねWishartプロ、天使かよ』

アナ『それな』



星夏「Wishartプロ、凄い活躍じゃないですか」

塞「いやそれよりもっとツッコミどころあったでしょ!? なに今の実況解説!?」

もこ「で、でも、実際カワイイ……」

塞「あんまりそういうアイドル路線っていうのも、実力が評価されてないみたいで、なんかねぇ……」

星夏「なんか親みたいなこと言いますね臼沢先輩」

塞「だって実際そうでしょ!? それにエイちゃんに悪い虫がついたりしたらどうするのよ!!!」

星夏「親は親でも頑固親父の方だコレ」



星夏「先輩たちってWishartプロとか姉帯プロとルームシェアしてるんでしたっけ」

もこ「Wishartプロって、普段、どんな感じ、なん、ですか?」

塞「普段? たまに覚えたての変な日本語を使って爆笑させてくる以外は普通のいい子だよ」

星夏「え、ええー、なんかイメージと違うんですが」

塞「イメージって?」

星夏「えー、例えば……転んで泣いてる子供のケガを撫でるだけで治療したりとか」

塞「お前の勝手なイメージを押し付けるな! ていうかそれなんかもう世界観から違うやつじゃん!」



塞「なあに? 二人ともエイちゃんの事気になるの?」

星夏「気になるというか……やっぱりプロがどんな人かって興味が湧くじゃないですか」

塞「二人にだって知り合いにプロが居るでしょ」

もこ「憩さんと利仙さんは、お友達だけど……そ、それはまた、別腹、だから」

塞「……だったら今日これから会ってみる? エイちゃんと、トヨネも来るよ」

もこ「さ、塞さん! いいの!?」目キラキラ

塞「うん、今日は五人みんなで外食の予定だったし、あと二人くらい増えても問題ないっしょ」

星夏「やった! 姉帯プロとWishartプロのカードにサイン貰わなきゃ!」

塞「むしろこっちがする羽目になると思うから、今のうちにサイン考えときなさいよ」

もこ「え? ど、どういう意味です、か?」

塞「……まぁ、会えばわかるよ」



―  3時間後 名古屋駅 金の時計前  ―

エイスリン「ハジメマシテ!」

豊音「うわぁー、対木さんと文堂さんだよー! ねぇねぇサイン貰えないかなぁ?」

星夏「いや、ちょ、サイン欲しいのはこっちですって! なんで私らのサイン欲しがるんですか!?」

もこ「た、た、高いいいいい……!」(豊音に抱き上げられながら)

胡桃「トヨネは初めて会う人にはとりあえずサイン貰う所から入るからねー……」

塞「改めてよく考えると強引な詐欺に見えなくもないよね」

白望「……よく考えなくてもそうなんじゃ」



エイスリン「フタリフエタノ、ビックリ!」

星夏「すみません、私達がわがままを言って混ぜてもらって」

豊音「大丈夫だよー、私も麻雀部の人たちとお友達になりたかったんだ!」

もこ「お、お友達、です、か?」

豊音「うん、さえがいつも麻雀部が好きで仕方ないっていう話をしてくれるから気になっててー」

塞「ち、ちょ、トヨネ!!!」

星夏「……ほほう、それはそれは」ニヤニヤ

塞「……久とかに言ったらどうなるか分かってるわね?」

エイスリン「ダイジョウブ! シロト、クルミモイッテタ!」

胡桃「全く大丈夫じゃないよエイちゃん!?!!?」

白望「……ダル」



イラッシャッセー ナンメイサマッスカー

塞「予約してた鹿倉です、人数が七人に増えたんですけど大丈夫ですか?」

ダイジョブッス コチラドーゾー

胡桃「なんで私の名前なの……」

塞「胡桃がお酒の注文断られるの、もう恒例の流れだからさ、名前だけでも主張しておこうと」

胡桃「いらないお世話だよ! っていうかどこに何を主張してるのこれ!」

塞「この免許証が目に入らぬか! そ、そのお名前は先ほどの! みたいな」

胡桃「水戸黄門なんだか遠山の金さんなんだか」

エイスリン「!」キュッキュッ バッ

星夏「イラスト描くの早っ!?」

もこ「お、お供の助さん格さん、ならぬ、塞さん白さん……!?」

白望「……先に席行ってるよ」


※長くなったので分割します。次回更新に続く。
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード