今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

対木もこ

徹夜のお供 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

hora-


塞「ね、眠い……」 ウトウト

星夏「臼沢先輩、大丈夫ですか?」

もこ「き、昨日ウチで、ホラー映画の鑑賞会してたから」

星夏「なにそのサバト」

もこ「よ、夜通し皆で観て、楽しかった……!」

塞「怖くて観たくないけど観ちゃうんだよねー……」

もこ「それが自慢(ニコッ」

星夏「んんんー! どっかで見た事ある反応なんだよなーそれ!」




塞「あーだめだ、ちょっと午後まで意識がもちそうに、ない、かも……」

星夏「しっかりしてくださいよ、午後からゼミがあるって言ってたじゃないですか」

塞「そーなんだよぉ……」 ウトウト

もこ「だ、大丈夫? チ○ビタ飲む?」

塞「この栄養ドリンク超助かる!」 カシュッ ゴクゴク

星夏「栄養ドリンクを一気飲みする女子大生……(ホロリ」

もこ「だ、ダメ、かな?」

星夏「まぁ私もどちらかと言えばチョ○ラBBよりオ○ナミンCのが好きな方だから、それについてはなんとも」

塞「私が言うのもなんだけど、そっちはそっちで小学生男子かあんたは」




塞「うーん、なんとなく気合い入った……かな……?」

もこ「よ、夜遅くまで、付き合わせちゃってごめんなさい」

塞「ん? いや別に気にしなくていいよ、そもそもウチに呼んだの私の方だし」

星夏「そういえばその鑑賞会、小瀬川先輩とかも一緒に観てたんですか?」

塞「いや、シロはさっさと寝てたよ…… 最後まで観てたのは私と、もこちゃんと、エイちゃんかな」

星夏「えっ、エイスリンさんってそういうホラーとか得意なんですか」

塞「いや、めっちゃ涙目だったけど」

星夏「うーんこの鬼畜」

もこ「い、嫌よ嫌よも好きのうち……?」

星夏「違うと思う」




塞「それじゃ、私そろそろ授業行くからー……」 フアア

星夏「はーい、無理しないでくださいね」

塞「イテキマース」

星夏「……さて、他の皆さんも来ないだろうし、部室閉めて帰ろうか?」

もこ「そ、それだったらこれからウチに遊びにこない……?」

星夏「…………一応聞いておくけど、何か、その、あるの?」

もこ「昨日観きれなかったDVDがまだあって、それを」

星夏「いったいなんのDVDだよてめ―――っ!!」

もこ「おすすめホラーの」

星夏「ですよねー! 知ってましたけどね!」

恒例行事 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

cake

久「それでさぁ、やっぱり誕生日なんだからケーキが必要じゃない?」

塞「あ、それは私が作るつもりだったから大丈夫」

星夏「普通の料理はどうします?」

藍子「一応ケータリングのあてがあるんで、それを予約してあるよ」

まこ「んむ、清算は後ででもええか?」

藍子「っけーい!」

もこ「か、会場はここ、ですか?」

胡桃「部室じゃ後片付けとか面倒だし、私らの家でいいんじゃない?」

塞「そうだね、私もケーキの準備とか家においてあるし」

久「それじゃみんな、準備に取り掛かりましょう」

もこ「た、楽しみ……! シロさんの誕生日パーティ……!」

白望「……ねぇ」

胡桃「なに?」

白望「……それって私の誕生日の話?」

久「そうだけど?」

白望「……私が寝てる横で相談してて良いやつなの、それ」

塞「ネタバレとか気にする?」

白望「しないけど」

藍子「しないんかーい」

胡桃「まぁ毎年やってるからねぇ、誕生日パーティ」




久「プレゼントも気合入れて用意してあるから、楽しみにしててね☆」

まこ「どうしてあんたはそう胡散臭い言動ばかしなんじゃ……」

白望「……ダル」

星夏「まぁまぁ、皆で色々用意してるのは本当ですから」

白望「文堂が用意してくれたプレゼントってカードのことじゃないよね」

星夏「ちちちちちがいますよ」 カタカタ

藍子「いっそ嘘臭いくらい動揺してる」




胡桃「そういうわけだから、今日はシロが主役だからね!」

白望「主役なんか前線に出るまでもないんじゃないかな」

久「それは流石に許されないからダメー」

白望「まぁ、冗談だけど…… それじゃあ私は時間までどうしてたらいいの?」

塞「会場は家だから、適当に時間つぶして17時くらいに帰ってきて」

白望「……外に出たくないからここにいる」

胡桃「知ってた」

星夏「それじゃ、私と一緒にショッピング行きませんか?」

久「プレゼント用意しなおすとか?」

星夏「ちちちちちちがいますよ」 カタカタ

まこ「もうやめたりんさいや……」

星夏「いや、あの、ネタっぽくノッてただけで、本当に違いますからね!?」

まこ「ええんよ、無理せんで」

白望「……えっと、それじゃ一緒に駅前にでも行こうか?」

胡桃「シロが自分から買い物に連れ出した!!?!??」

星夏「優しさが痛い……」




久「―――で、プレゼントは買えたの?」

星夏「いやだから最初から別の用意してますって…… どうぞ、レンジで暖められるアイマスクです」

白望「ありがとう」

胡桃「これでプレゼントは全員渡したよね?」

豊音「渡したよー!」

塞「それじゃ、電気消してー? いまケーキ持ってくるから」

もこ「き、きた……!」 ドキドキ

塞「はい! それじゃシロ、ろうそく吹き消してー」

白望「…………」

ケーキ「…………」 メラメラメラ

白望「……ふうぅうううう~~~~~……」

全員『誕生日、おめでとう!!!!』

白望「…………」

エイスリン「? シロ、ドウシタノ?」

白望「…………ちょっと酸欠になったから横になって良い?」 グデー

星夏「隙あらば休もうとしてくるこの人」

白望「AMSから、光が逆流する…!」

久「いやなんか本当に死にそうになってるけど!?」

エイスリン「シロ、オキテ!」

白望「わかった」 スッ

胡桃「なんでエイちゃんの言うことは素直に聞くの!?」

ほとんど無害 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

normal


もこ「…………」

もこ「……うう」 アタマズキズキ

まこ「……なんじゃ、頭でも痛いんか?」

もこ「えっ、あっ、そ、そんなことない、です」

まこ「見るからに顔色が悪かろうによう言うわ、ええから今日は早う帰りんさい」

もこ「…………、うう、ごめんなさい……」

まこ「心配せんでもええ、体調が悪いくらい誰にだってあることじゃけ、肝心なんはさっさと治すことってな」

もこ「は、はい、それじゃ、ち、ちょっと帰りますね」

まこ「送ってっちゃろうか?」

もこ「わ、悪いから、大丈夫、です」

まこ「遠慮せんでもええんに」

もこ「だって、まこさん、さ、さっきスーパーの特売の時間だって話をしてたから」

まこ「いやそれ流石にそっち優先させるほうが人としてどうかって話にならんか?」




藍子「…………そんで、帰らせたって?」

まこ「ああ、流石にあそこまで調子悪そうにしとったら可哀想じゃし」

藍子「んー、疲れでも溜まってたんかね」

まこ「まぁ、見た感じそこまで深刻でもない様子じゃったし、今の段階ではそこまで心配せんでもええじゃろ」

藍子「あとでお見舞いに行ったげよ…… まこも来る?」

まこ「見舞いはええんじゃが、あんまり遅うなってから行っても…… あんなぁ確か実家暮らしじゃろ」

藍子「ああ大丈夫大丈夫、私、もこん家は遊びに行き過ぎて、もこパパもこママにはフリーパスだから」

まこ「それ色んな意味で大丈夫なんか……」




まこ「仲がええとは思っとったが、それほどとは知らんかった」

藍子「ん? まぁ高校の時からだからね」

まこ「でも住んどる所結構離れとるじゃろ、どうやって仲良くなったんじゃ」

藍子「ま、色々あってね、地区大会で困ってるところを助けたりとか」

まこ「なるほど、心の弱ったスキにつけこんで仲良くなったんか」

藍子「いい話してたのに、この謎のレッテル張りほんとさぁ」

まこ「かかか、冗談じゃ冗談」

藍子「まこってさぁ、私に対してはあんまり遠慮しないよね、いや別にいいんだけどさ」

まこ「カテゴライズ的には久とかと同系統の扱いじゃな」

藍子「ええー、それ喜んでいいのかゲンナリしたらいいのか分かんないんだけど」

久「なんでよ、喜びなさいよ」 ヒョコ

藍子「いや予兆もなくいきなり登場してくるような人と同じって言われても喜べないでしょ」

星夏「なんであの人らいきなり現れたのに普通に会話繋げてんですかね、やっぱり同系列ですよあれ」 ヒョコ

まこ「あんたもじゃあんたも」

ローテの谷間 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ

177306117_e129c33e3c_o


藍子「っかー、あっつ…… 今日なんか暑くない?」

星夏「そうですね、昨日まで結構寒かったんですけど」

白望「あったかくなったせいでぼんやりしちゃって、動くのがダルい……」 ダルー

星夏「今までの寒かったとき以上にダルがりが加速していくのか……」

白望「否めない」 グデー

藍子「先輩、寒かったら寒かったで外に出ないでしょ」

星夏「オールシーズンじゃないか(困惑)」

もこ「な、夏は夏で、辛いですもんね」

白望「八月ーは暑さで動くのがダルいぞー……」

藍子「酒飲み音頭かな?」




もこ「で、でも、今日くらいあったかいと、体温が上がって動きやすいのは、確か」

星夏「ははは、もこちゃんまでなに爬虫類みたいなこと言ってるの」

白望「ちょ、私は言ってても良いみたいな言い方」

藍子「まぁもこは割りと低血圧みたいだからなー」

もこ「あ、朝に気温氷点下とか、軽く死ぬ」

星夏「翻って、なんと私は普段から血圧が高め! タフすぎてソンはない!」

もこ「か、かっこいいタル~」

藍子「いやよく考えたらそれだいぶダメっていうか、長期的に見てタフじゃなくなるやつじゃないそれ?」

白望「そもそも血圧と体温ってそこまで関係ないしね」




星夏「でも、暖かくなりだして、いよいよ奴らが活動を始めましたね……」

藍子「奴らって?」

星夏「花粉ですよ花粉! 奴らの波状攻撃を前に鼻粘膜という名の堤防は決壊寸前ですよ!」

もこ「み、見た目は割りと平気そうに見えるけど、か、花粉症だったんだ」

星夏「普段は強めのアレルギー薬を飲んでるからね……」

藍子「眠くなったりしないの?」

星夏「ぽかぽか陽気とのコンビネーションで、控えめに言って意識がスカイラブハリケーンしそうです」

白望「ほんとそれ」

藍子「いや先輩は普段からただ眠いだけでしょ!?」




もこ「そ、外に洗濯物とか干してると、凄いくっついてくるらしいね……」

星夏「この時期は乾いた後にはたいてから洗濯物を取り込まないと大変なことになるからね」

白望「大変だなぁ」

藍子「小瀬川先輩は洗濯とかしないんですか?」

白望「洗濯はあまり…… 胡桃とかが担当だから……」

もこ「じ、じゃあ、シロさんの担当は……?」

白望「料理と掃除かな、家事は基本ローテーションだけど、私洗濯するの下手だから」

藍子「料理が出来て洗濯苦手っていうのもなかなかになかなかですね」

もこ「下手、って、どういうことですか……?」

白望「脱水までした後で干すの忘れちゃうんだよね」

星夏「苦手っていうか、それ、うん」




星夏「家事がローテーションなんですか、シェアハウスっていうのもなかなか楽しそうですね」

白望「サボったら皆に怒られるっていう点を除けばね」

藍子「一点の曇りもなく先輩が悪いですよそれ」

白望「昔は一般的なクリーンキーパーだったけど、膝に矢を受けてしまってね……」

藍子「まるで意味が分からんぞ!」

白望「掃除なんて時折サボるくらいでもいいと思うんだけどな……」 フゥ

星夏「先輩、それ普段からやってる人じゃないと言っちゃダメなヤツです」

全ての過去を背負っていく覚悟 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

shoot

もこ「あっ」 パラリ

塞「ん? どうかした?」

もこ「ほ、包帯が、切れて、取れちゃった」

星夏「なにかに引っ掛けたとか?」

もこ「わ、分からないけど、繰り返し洗濯して愛用してたやつだから、寿命だと思う……」

星夏「包帯って愛用するものだったっけ(困惑)」

塞「何? 包帯なら使い捨ての消耗品ではないのか!?」

もこ「ほ、包帯は医療器具ではない(無言のドヤ顔)」

星夏「いや医療器具ですけど」



塞「そういえば前から聞きたかったんだけど、なんでいつも包帯で片目隠してるの?」

もこ「か、かっこいい、から?」

星夏「あ、やっぱり特に意味はなかったんだそれ」

塞「かっこいいっていうより、もこの場合可愛いって感じだけどねー♪」 アタマワシワシ

もこ「う、うう、かっこいい方が良いのに……」 ナデラレナデラレ

星夏(普段フリフリのワンピース着てたりするのに、かっこいい方向を目指してたのか)

もこ「あ、あと、強いて言えばあえて片目を隠すことで、み、自らを窮地に追い込むとか」

星夏「キメラアント討伐隊の人かなにか?」



星夏「私としては、片目を隠すとか邪気眼的なイメージがどうしても拭えないんだけど」

もこ「じゃ、邪気眼を持たぬものには分からんだろう、ククク」

塞「あ、邪気眼もちゃんとあった」

もこ「やっぱり基本中の基本、だから……」

星夏「基本、基本ってなんだ」

塞「(黒歴史を)ふりむかないことさ」



星夏「塞さんってなんかそういう厨二病的なサムシングあります?」

塞「わ、私は特になかったような気がするなー」

星夏「うっそだー、インハイの永水相手の時に厨二台詞全開でノリノリだったって聞きましたよ」

もこ「さ、さぁかかってくるがいいよ、悪石の巫女……!」

塞「それバラしたの誰!!?」

星夏「小瀬川先輩がいつになくノリノリで話してくれました」

塞「うわー、うわー、めっちゃ嬉々として語ってそう……」

もこ「あ、頭を抱えてうずくまるほど黒歴史だったんだ」

星夏「ここまで焦る臼沢先輩初めて見たかも」



もこ「さ、塞さんも、そういうの、好きなの……?」 キラキラ

塞「や、やめて! 中途半端に恥が残ってる私をそんなキラキラした目で見ないでえぇぇ……」

星夏「邪気眼でキラキラした目ってつまりどういう事だってばよ」

もこ「ひ、光と闇が両方そなわり最強に見える、的な」

星夏「まるで意味が分からんぞ」

塞「じゃ、じゃあそういう星夏はそういうの何にもないっていうの!?」

星夏「私ですか? んー、あんまり具体的なエピソードは思い浮かばないですね」

塞「私だけ過去をほじくりかえされてズルいわよそれ!」

星夏「先輩、清々しいほど本音丸出しです先輩」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード