今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

岩館揺杏

気の利く人 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Wednesday


京太郎「……あれ?」

揺杏「お、京ちゃん」

由暉子「こんにちは」

京太郎「この二人がそろって部室にいるって珍しいんじゃないですか?」

由暉子「確かにあまりなかったかもしれませんね」

揺杏「別に仲悪いどころか普通に仲良いよ、というか普段チカセン含めて結構連絡とってるし」

京太郎「へぇ、仲良いんですね」

由暉子「私があまり部に顔を出せないのが悪いのですが……」

京太郎「まぁしょうがないよな、というか、普段からテレビでユキを観てるから居ないイメージがない」

由暉子「観てくださっているんですか、嬉しいです」

揺杏「……あれ、二人って結構仲良かったんだっけ? ユキ呼びしてるし」

京太郎「まぁ、同級生ですからね」

由暉子「おっ、お友達ですから」 カアァ

京太郎「なんで顔を赤らめてんの」

由暉子「だ、だって、男の子のお友達なんて初めてで」

揺杏「…………京ちゃん、一応チカセンに知られないようにしなよ、過保護だし」

京太郎「OK揺者、-Toki-に落ち着け、何か誤解をしている」

由暉子「? 誤解、ですか? ちゃんとお友達ですよ?」

揺杏「いや、うん、分かってるって、お友達っていうテイな、分かった分かった」

京太郎「ちげえ! 話聞いてくださいよ!」

揺杏「それじゃ私帰るから、あとは若い者同士で……」

由暉子「揺杏先輩も十分お若いですよ」

揺杏「若作りしてる扱いされてるんですけど!? 事実若いよ!?」

京太郎「自分でフったネタでしょうが!」




揺杏「まぁ京ちゃんはヘタレだからそんなことはないだろうとは思ってたケドね~」

京太郎「あまり嬉しくない信頼のされ方だ……」

由暉子「ところで揺杏先輩、誓子先輩と連絡はどうしましょうか?」

揺杏「あー、うん、どうしようか、なんか面倒になってきたかも、二人で行っちゃう?」

由暉子「それは流石に可哀そうな気がしますが」

京太郎「桧森先輩ならさっき学部の事務室で見ましたよ」

揺杏「えっマジで、まだやってたのかよ」

京太郎「あれってなにやってるんです?」

由暉子「水曜日の麻雀部活動許可を出してるんです」

揺杏「今後由暉子の予定的に水曜日が空けられる事になりそうだから、部活の日を変えられないかってね」

京太郎「マジか、ユキ良かったな」

由暉子「はい、私も仕事がなければなるべく来たかったので……」

京太郎「でも、他の部員に知らせなくていいんですか?」

揺杏「もちろん部長さんと相談済みだよ、っていうかあのチカセンがそんな根回ししてないはずないでしょー」

京太郎「違いないですね、あの細かいことにいちいちよく気が付く桧森先輩なら!」

揺杏「そう! 色々見つけてはいちいち小言を言うのが趣味のチカセンなら!」

誓子「ふぅん」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

由暉子「あ、お疲れ様です」

誓子「あ、ユキ、さっき受理されたから、たぶん来週あたりから水曜日も部活出来るんじゃないかしら」

由暉子「ありがとうございます!」

京太郎「良かったなユキ!」

揺杏「めでたいなユキ! これは今から祝杯を挙げに行かなきゃな!」

京太郎「揺杏先輩ナイスアイディア! さっそく行きましょう!」

揺杏「そうすっか!」

誓子「二人とも、ステイ」

二人「「はい」」

誓子「正座」

二人「「はい」」




ニックネーム【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ra-men



揺杏「お、須賀京太郎」

京太郎「なんでフルネーム呼びなんすか岩館先輩……」

揺杏「あっはっは、いやいや、なんかちょっと名前呼びが気恥ずかしくてさ」

京太郎「あんまり恥ずかしがってるようには見えないですけどね」

揺杏「ばっ、奥ゆかしい乙女のキモチを分かってねーなぁこいつは」

京太郎「奥ゆかしい乙女? どこに?」

揺杏「お? 戦争か?」




京太郎「第一、名前を呼ぶなんてそんな気にするようなもんでもないでしょ」

揺杏「……女だらけの環境で生きてきたプレイボーイは言うことが違いますなぁ」

京太郎「その言い方なんかすげえトゲありません!?」

揺杏「まぁ実際、高校から専門までずっと女だらけの環境だったからさ、私」

京太郎「え、マジですか、箱入りじゃないですか」

揺杏「イエス! 私 is 箱入り!」

京太郎「ところでそんな箱入りお嬢様の岩館先輩は昨日のディナーに何をお召し上がりに?」

揺杏「背油とニンニクたっぷりのラーメンを」

京太郎「台無しだよ」

揺杏「うちら花子ちゃん先輩たちと一緒に行ったじゃん、ボケたん?」

京太郎「知ってたから言ったんですよ!」




揺杏「じゃあどうやって名前呼ばれたいんだよ~、なんかリクエストある?」

京太郎「リクエストって…… 好きに呼べばいいじゃないですか」

揺杏「んー、じゃあ無難に苗字で?」

京太郎「別に俺はそれでもかまいませんけど」

揺杏「いや、それだと年下は可能な限りあだ名をつけるっていう私の矜持に反するからな……」

京太郎(面倒くさいなこの人……)

揺杏「よし、そんじゃ京太郎の『京』をとって京ちゃんと呼ぼう、これなら他の人とも被ってないし」

京太郎「あー、まぁ確かに大学では被ってませんね」

揺杏「……ん? ってことは大学以外では京ちゃん呼びさせてる奴がいるのか、やっぱプレイボーイじゃーん」

京太郎「なんでさっきからプレイボーイ推しなんですか…… 呼んでるのは幼馴染ですよ、幼馴染」

揺杏「……幼馴染っていうと、あの宮永妹?」

京太郎「え、知ってたんですか?」

揺杏「そりゃまぁ、私も清澄には主にインハイで大変お世話になりましたしぃ?」

京太郎「いやぁ、竹井部長は強敵でしたね」

揺杏「っせぇよ! このプレイボーイが!」

京太郎「だからなんでプレイボーイ呼び推すんですか!?」

かき氷る季節 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

tomatokoori


揺杏「おー、尭深」

尭深「ごめんね揺杏ちゃん、遅くなっちゃった」

揺杏「いんや、大丈夫だよ、まだ14時前だし」

尭深「私がかき氷を食べに行きたいって言い出したのに」

揺杏「いや関係ないっしょ、私も食べたくなったから来たわけだし」

尭深「ふふ、ありがとう、それじゃ行こうか?」

揺杏「ここからそんなに遠くないんでしょ? お店」

尭深「調べた限りではね」

揺杏「んー、あっついから早いとこ冷房効いたとこに入りたいんだけどな」

尭深「……ごめんね、どのくらい待ってたの?」

揺杏「えっ、あ、えっと、だーいじょうぶだって、全然待ってないから、だいたい5分くらい?」

尭深「それならいいんだけど……」

揺杏「だいたい約束の時間には間に合ってんだからさ、気にしなくていいって」

尭深「お詫びにこれから行くお店のかき氷、揺杏ちゃんに奢ってもらわなきゃ……」

揺杏「いや、だから気にしなくて…… んんん、あれ、奢り奢られの関係おかしくね? 私が奢るの?」

尭深「さ、早くいこう揺杏ちゃん」

揺杏「渋谷さん!?」




~ 店内 ~

揺杏「いやぁ、やっぱりこの時間帯は空いてたか、良かった良かった」

尭深「食べ○グとかで結構点数高かったから、ちょっと心配だったけど」

揺杏「まぁ流石に平日のアイドルタイムにまで混んでるとなったらちょっと来づらいしね」

尭深「揺杏ちゃんはかき氷何にする? レモン? イチゴ? トマト?」

揺杏「え、トマトのかき氷なんてあんの、結構生臭そうなんだけど」

尭深「別のところで食べたことあるけど、美味しいよ」

揺杏「へー、まぁ私は無難に宇治金時にしとくわ」

尭深「私は宇治白玉」

揺杏「……いや今の話の流れでトマトいかないんかい」

尭深「トマトのかき氷なんて意識高い系の食べ物、決して口にするべからずだよ」

揺杏「手のひらクルックルだなっていうか、別のところで食べたってさっき自分で言ってたじゃん……」




揺杏「……あっという間に食べ終わったな」

尭深「まぁかき氷は早く食べないと溶けちゃうからね」

揺杏「うあ、冷たいもの食べると急にあったかいものが欲しくなるな」

尭深「かき氷注文するとお茶は無料でもらえるみたいだから、頼む?」

揺杏「え、マジでなん? そりゃ助かる」

尭深「そういうと思ってさっき注文しておいたよ」 ニコッ

揺杏「っかー、デキる女! 瀟洒!」

店員「お待たせしました、お冷です」 コトッ

尭深「あ、どうもありがとうございます」

揺杏「お冷かよ!!! お茶じゃねーのかよ!!!」

尭深「あとでお茶も来るよ」

揺杏「いやそういうことを言ってるんじゃなくて! なんでお冷もくるの!?」

尭深「タイミングをずらしてお冷が先に来るようにしたから」

揺杏「…………このいたずらっ子めぇ☆」

尭深「てへ☆」

揺杏「……はぁああああああああ」

尭深「すごい深々とした溜息だったね」

揺杏「誰のせいだよ、誰の……」

鈍感×サプライズ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

happybirthday1


揺杏「こんちわーっす」 ガラッ

誓子「あら、おはよう」

由暉子「おはようございます」

揺杏「お、ユキいるじゃーん、めずらしい」

誓子「揺杏だってそんなに出現頻度かわらないでしょ」

揺杏「いや、もともとこの大学の部外者だし私」

由暉子「今日は誓子先輩の誕生日ですから、大学に行かない選択肢がありません」

揺杏「まぁ私もそんな感じだけどね、どうよ、この可愛い後輩っぷりに感動したっしょ?」

誓子「恩着せがましく言われなければ感動してたかもしれないけどね…… ま、ありがと」




揺杏「ところで、ほかの部員の人たち、まだ来てないの? 部室に来るようにって連絡もらってたんだけど」

由暉子「実は私も、恵さんと京太郎くんから連絡をもらいまして」

誓子「私もなんだけど…… それが誰もいないのよ、部室に集まるようにってメール来てたのに」

由暉子「…………なるほど」

揺杏「……ああ、部室には、かぁ、なるほど」

誓子「……ん?」

由暉子「誓子先輩、今日って」

揺杏「ユキ待って、多分これ本当に気付いてないから、これ以上はやめといたほうがいい」

由暉子「は、はぁ……」

誓子「なに、気付いてないってなんのこと?」

揺杏「いや、良いんだよ、チカセンはチカセンのままで(慈愛の目)」

由暉子「私たちはそんな誓子先輩が好きなんです(慈愛の目)」

誓子「なんで二人とも急に目が優しくなったの!?」




誓子「な、なんなの……」

揺杏「いやいや大丈夫だってほら、そろそろ部長さんあたりから連絡がくるんじゃない?」

誓子「え? 絃から?」

由暉子「恐らく部室ではなくて、他の方の部屋で準備をしているんでしょうね」

揺杏「多分ね」

誓子「部屋? 準備?」




揺杏「お、と言ってる間に花子ちゃん先輩から電話きたわ、はーい? 岩館ですけどー?」

花子『お、その声の余裕出してる感じだともう感づいてる?』

揺杏「いやー、流石にバレバレっしょ、でもまだ本人気付いてないみたいだけど」

花子『マジかよ…… これじゃweの勝ちじゃないか!』

揺杏「んで、どこ行けばいいんすか?」

花子『タッツミーの部屋に来て、場所は確かユキりんが知ってるはずだから』

揺杏「ユキ、巽の家ってどこだか知ってる?」

由暉子「はい、何度かお邪魔したことがあります」

揺杏「はいはい、それじゃ今から向かうんでよろしくー」 ピッ

誓子「…………???」

揺杏「ほらほら、さっさと行くぞーチカセン」

誓子「え、う、うん……」

由暉子「ふふっ、おめでとうございます、誓子先輩」

風通しのいい部活です 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

taisa


絃「はい、はい、うん、ありがとう…… それじゃまたね宥ちゃん

絃「……ふう」

ソフィア「電話おわったの?」

絃「あ、うん、こんどの練習試合の話を」

明華「確か、来週の土日でしたか」

絃「そうそう、わざわざ関西からK大の皆さんが来てくれるって」

由華「フフ、関西のやつらなど、我ら関東勢の力を見せ付けてやりましょうぞ!」

誓子「なんで武将みたいな口調なの」

京太郎「いやその前に奈良出身でしょあの人」



尭深「練習試合のオーダーはもう決まっているんですか?」

絃「まだだよ」

花子「練習試合なんだからイトちんが適当にちゃちゃっと決めちゃえばいいじゃ~ん」

ソフィア「適当て」

絃「う、うん…… でも、せっかくだから皆の意見を聞いてから決めても良いかなって」

花子「おっし、んじゃせっかくだしガースーが決めろ」

京太郎「え、マジすか、それなら……」

恵「胸の大きさ順とかで選んだらドン引きするから」

京太郎「なに言ってんだお前、重要なのは胸じゃねーよ!」

恵「え、そうなの、な、なんかごめん」

京太郎「確かに胸の大きさは重要なファクターだが、むしろそれを含めて総合的なボディラインこそが」

ソフィア「よし、とりあえずこいつ穀そう」



由華「あれ、胸と言えば、今日は由暉子来てないんですか」

ソフィア「その流れで思い出すのやめろ」

絃「真屋さんなら次の金曜日まで来れないって連絡もらってるよ」

誓子「最近はロケが結構入って忙しいって言ってたしね……」

明華「ふむ、アイドルというのも大変なんですね」

京太郎「というか、大学生とアイドルの両立とかどう考えても辛すぎ案件ですよね」

花子「うえー、あたしには無理だよ絶対」

ソフィア「忙しい云々以前にアイドルになれないだろお前には」

花子「む、そんなことないっしょ、あたしだって本気出せば日本にあさみんタイフーンの一つや二つ……」

尭深「確かに浅見先輩はオシャレですし、何より美少女ですからね」

絃「花子ちゃん歌ったりするのもうまいもんね!」

花子「ちょ、褒めるのや~め~ろ~よ~ぅ↑」

明華「君ならできるよ(笑)」

京太郎「ほら、しっかり(笑)」

花子「いよいよもって死ぬがよい(物理)」 アタマスパーン

明華「」

京太郎「」



揺杏「うーす」 トビラガチャー

誓子「あら、揺杏いらっしゃい」

揺杏「……なんで部屋の隅で頭おさえてうずくまってんの、この金髪二人は」

京太郎「」

明華「」

ソフィア「あー、うん、いつもの感じのやつだから、あんま気にしないで」

揺杏「マジっすかー」

絃(それで納得しちゃうんだ)

恵「最近結構いらしてますよね? 専門学校のほうはいいんですか?」

揺杏「いやいや、製作の宿題宿題で大変だし」

誓子「あなた宿題が嫌だからってこっちに逃げてくるのやめなさいよ」

揺杏「げ、説教はやめてよ、ここが数少ない心のオアシスなんだからさー」

由華「あれ、揺杏ってここの大学の生徒じゃなかったの?」

揺杏「ん? こないだ説明したじゃん、服飾の専門学校生だから私」

由華「……うちの大学って部外者を入部させてもいいんだっけ?」

揺杏「さぁ? 別にいんじゃね? 確かめたこと無いけど」

尭深「なんで本人が知らないの……」

絃「岩館さんのおかげで、うちはインカレサークルだ! って部長会でも自慢できるから……」

恵「入部認めてる理由それだったんですか!?」

尭深(部長会でも話してるなら別に問題ない……のかな)

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード