今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

岩館揺杏

ニックネーム【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ra-men



揺杏「お、須賀京太郎」

京太郎「なんでフルネーム呼びなんすか岩館先輩……」

揺杏「あっはっは、いやいや、なんかちょっと名前呼びが気恥ずかしくてさ」

京太郎「あんまり恥ずかしがってるようには見えないですけどね」

揺杏「ばっ、奥ゆかしい乙女のキモチを分かってねーなぁこいつは」

京太郎「奥ゆかしい乙女? どこに?」

揺杏「お? 戦争か?」




京太郎「第一、名前を呼ぶなんてそんな気にするようなもんでもないでしょ」

揺杏「……女だらけの環境で生きてきたプレイボーイは言うことが違いますなぁ」

京太郎「その言い方なんかすげえトゲありません!?」

揺杏「まぁ実際、高校から専門までずっと女だらけの環境だったからさ、私」

京太郎「え、マジですか、箱入りじゃないですか」

揺杏「イエス! 私 is 箱入り!」

京太郎「ところでそんな箱入りお嬢様の岩館先輩は昨日のディナーに何をお召し上がりに?」

揺杏「背油とニンニクたっぷりのラーメンを」

京太郎「台無しだよ」

揺杏「うちら花子ちゃん先輩たちと一緒に行ったじゃん、ボケたん?」

京太郎「知ってたから言ったんですよ!」




揺杏「じゃあどうやって名前呼ばれたいんだよ~、なんかリクエストある?」

京太郎「リクエストって…… 好きに呼べばいいじゃないですか」

揺杏「んー、じゃあ無難に苗字で?」

京太郎「別に俺はそれでもかまいませんけど」

揺杏「いや、それだと年下は可能な限りあだ名をつけるっていう私の矜持に反するからな……」

京太郎(面倒くさいなこの人……)

揺杏「よし、そんじゃ京太郎の『京』をとって京ちゃんと呼ぼう、これなら他の人とも被ってないし」

京太郎「あー、まぁ確かに大学では被ってませんね」

揺杏「……ん? ってことは大学以外では京ちゃん呼びさせてる奴がいるのか、やっぱプレイボーイじゃーん」

京太郎「なんでさっきからプレイボーイ推しなんですか…… 呼んでるのは幼馴染ですよ、幼馴染」

揺杏「……幼馴染っていうと、あの宮永妹?」

京太郎「え、知ってたんですか?」

揺杏「そりゃまぁ、私も清澄には主にインハイで大変お世話になりましたしぃ?」

京太郎「いやぁ、竹井部長は強敵でしたね」

揺杏「っせぇよ! このプレイボーイが!」

京太郎「だからなんでプレイボーイ呼び推すんですか!?」

かき氷る季節 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

tomatokoori


揺杏「おー、尭深」

尭深「ごめんね揺杏ちゃん、遅くなっちゃった」

揺杏「いんや、大丈夫だよ、まだ14時前だし」

尭深「私がかき氷を食べに行きたいって言い出したのに」

揺杏「いや関係ないっしょ、私も食べたくなったから来たわけだし」

尭深「ふふ、ありがとう、それじゃ行こうか?」

揺杏「ここからそんなに遠くないんでしょ? お店」

尭深「調べた限りではね」

揺杏「んー、あっついから早いとこ冷房効いたとこに入りたいんだけどな」

尭深「……ごめんね、どのくらい待ってたの?」

揺杏「えっ、あ、えっと、だーいじょうぶだって、全然待ってないから、だいたい5分くらい?」

尭深「それならいいんだけど……」

揺杏「だいたい約束の時間には間に合ってんだからさ、気にしなくていいって」

尭深「お詫びにこれから行くお店のかき氷、揺杏ちゃんに奢ってもらわなきゃ……」

揺杏「いや、だから気にしなくて…… んんん、あれ、奢り奢られの関係おかしくね? 私が奢るの?」

尭深「さ、早くいこう揺杏ちゃん」

揺杏「渋谷さん!?」




~ 店内 ~

揺杏「いやぁ、やっぱりこの時間帯は空いてたか、良かった良かった」

尭深「食べ○グとかで結構点数高かったから、ちょっと心配だったけど」

揺杏「まぁ流石に平日のアイドルタイムにまで混んでるとなったらちょっと来づらいしね」

尭深「揺杏ちゃんはかき氷何にする? レモン? イチゴ? トマト?」

揺杏「え、トマトのかき氷なんてあんの、結構生臭そうなんだけど」

尭深「別のところで食べたことあるけど、美味しいよ」

揺杏「へー、まぁ私は無難に宇治金時にしとくわ」

尭深「私は宇治白玉」

揺杏「……いや今の話の流れでトマトいかないんかい」

尭深「トマトのかき氷なんて意識高い系の食べ物、決して口にするべからずだよ」

揺杏「手のひらクルックルだなっていうか、別のところで食べたってさっき自分で言ってたじゃん……」




揺杏「……あっという間に食べ終わったな」

尭深「まぁかき氷は早く食べないと溶けちゃうからね」

揺杏「うあ、冷たいもの食べると急にあったかいものが欲しくなるな」

尭深「かき氷注文するとお茶は無料でもらえるみたいだから、頼む?」

揺杏「え、マジでなん? そりゃ助かる」

尭深「そういうと思ってさっき注文しておいたよ」 ニコッ

揺杏「っかー、デキる女! 瀟洒!」

店員「お待たせしました、お冷です」 コトッ

尭深「あ、どうもありがとうございます」

揺杏「お冷かよ!!! お茶じゃねーのかよ!!!」

尭深「あとでお茶も来るよ」

揺杏「いやそういうことを言ってるんじゃなくて! なんでお冷もくるの!?」

尭深「タイミングをずらしてお冷が先に来るようにしたから」

揺杏「…………このいたずらっ子めぇ☆」

尭深「てへ☆」

揺杏「……はぁああああああああ」

尭深「すごい深々とした溜息だったね」

揺杏「誰のせいだよ、誰の……」

鈍感×サプライズ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

happybirthday1


揺杏「こんちわーっす」 ガラッ

誓子「あら、おはよう」

由暉子「おはようございます」

揺杏「お、ユキいるじゃーん、めずらしい」

誓子「揺杏だってそんなに出現頻度かわらないでしょ」

揺杏「いや、もともとこの大学の部外者だし私」

由暉子「今日は誓子先輩の誕生日ですから、大学に行かない選択肢がありません」

揺杏「まぁ私もそんな感じだけどね、どうよ、この可愛い後輩っぷりに感動したっしょ?」

誓子「恩着せがましく言われなければ感動してたかもしれないけどね…… ま、ありがと」




揺杏「ところで、ほかの部員の人たち、まだ来てないの? 部室に来るようにって連絡もらってたんだけど」

由暉子「実は私も、恵さんと京太郎くんから連絡をもらいまして」

誓子「私もなんだけど…… それが誰もいないのよ、部室に集まるようにってメール来てたのに」

由暉子「…………なるほど」

揺杏「……ああ、部室には、かぁ、なるほど」

誓子「……ん?」

由暉子「誓子先輩、今日って」

揺杏「ユキ待って、多分これ本当に気付いてないから、これ以上はやめといたほうがいい」

由暉子「は、はぁ……」

誓子「なに、気付いてないってなんのこと?」

揺杏「いや、良いんだよ、チカセンはチカセンのままで(慈愛の目)」

由暉子「私たちはそんな誓子先輩が好きなんです(慈愛の目)」

誓子「なんで二人とも急に目が優しくなったの!?」




誓子「な、なんなの……」

揺杏「いやいや大丈夫だってほら、そろそろ部長さんあたりから連絡がくるんじゃない?」

誓子「え? 絃から?」

由暉子「恐らく部室ではなくて、他の方の部屋で準備をしているんでしょうね」

揺杏「多分ね」

誓子「部屋? 準備?」




揺杏「お、と言ってる間に花子ちゃん先輩から電話きたわ、はーい? 岩館ですけどー?」

花子『お、その声の余裕出してる感じだともう感づいてる?』

揺杏「いやー、流石にバレバレっしょ、でもまだ本人気付いてないみたいだけど」

花子『マジかよ…… これじゃweの勝ちじゃないか!』

揺杏「んで、どこ行けばいいんすか?」

花子『タッツミーの部屋に来て、場所は確かユキりんが知ってるはずだから』

揺杏「ユキ、巽の家ってどこだか知ってる?」

由暉子「はい、何度かお邪魔したことがあります」

揺杏「はいはい、それじゃ今から向かうんでよろしくー」 ピッ

誓子「…………???」

揺杏「ほらほら、さっさと行くぞーチカセン」

誓子「え、う、うん……」

由暉子「ふふっ、おめでとうございます、誓子先輩」

風通しのいい部活です 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

taisa


絃「はい、はい、うん、ありがとう…… それじゃまたね宥ちゃん

絃「……ふう」

ソフィア「電話おわったの?」

絃「あ、うん、こんどの練習試合の話を」

明華「確か、来週の土日でしたか」

絃「そうそう、わざわざ関西からK大の皆さんが来てくれるって」

由華「フフ、関西のやつらなど、我ら関東勢の力を見せ付けてやりましょうぞ!」

誓子「なんで武将みたいな口調なの」

京太郎「いやその前に奈良出身でしょあの人」



尭深「練習試合のオーダーはもう決まっているんですか?」

絃「まだだよ」

花子「練習試合なんだからイトちんが適当にちゃちゃっと決めちゃえばいいじゃ~ん」

ソフィア「適当て」

絃「う、うん…… でも、せっかくだから皆の意見を聞いてから決めても良いかなって」

花子「おっし、んじゃせっかくだしガースーが決めろ」

京太郎「え、マジすか、それなら……」

恵「胸の大きさ順とかで選んだらドン引きするから」

京太郎「なに言ってんだお前、重要なのは胸じゃねーよ!」

恵「え、そうなの、な、なんかごめん」

京太郎「確かに胸の大きさは重要なファクターだが、むしろそれを含めて総合的なボディラインこそが」

ソフィア「よし、とりあえずこいつ穀そう」



由華「あれ、胸と言えば、今日は由暉子来てないんですか」

ソフィア「その流れで思い出すのやめろ」

絃「真屋さんなら次の金曜日まで来れないって連絡もらってるよ」

誓子「最近はロケが結構入って忙しいって言ってたしね……」

明華「ふむ、アイドルというのも大変なんですね」

京太郎「というか、大学生とアイドルの両立とかどう考えても辛すぎ案件ですよね」

花子「うえー、あたしには無理だよ絶対」

ソフィア「忙しい云々以前にアイドルになれないだろお前には」

花子「む、そんなことないっしょ、あたしだって本気出せば日本にあさみんタイフーンの一つや二つ……」

尭深「確かに浅見先輩はオシャレですし、何より美少女ですからね」

絃「花子ちゃん歌ったりするのもうまいもんね!」

花子「ちょ、褒めるのや~め~ろ~よ~ぅ↑」

明華「君ならできるよ(笑)」

京太郎「ほら、しっかり(笑)」

花子「いよいよもって死ぬがよい(物理)」 アタマスパーン

明華「」

京太郎「」



揺杏「うーす」 トビラガチャー

誓子「あら、揺杏いらっしゃい」

揺杏「……なんで部屋の隅で頭おさえてうずくまってんの、この金髪二人は」

京太郎「」

明華「」

ソフィア「あー、うん、いつもの感じのやつだから、あんま気にしないで」

揺杏「マジっすかー」

絃(それで納得しちゃうんだ)

恵「最近結構いらしてますよね? 専門学校のほうはいいんですか?」

揺杏「いやいや、製作の宿題宿題で大変だし」

誓子「あなた宿題が嫌だからってこっちに逃げてくるのやめなさいよ」

揺杏「げ、説教はやめてよ、ここが数少ない心のオアシスなんだからさー」

由華「あれ、揺杏ってここの大学の生徒じゃなかったの?」

揺杏「ん? こないだ説明したじゃん、服飾の専門学校生だから私」

由華「……うちの大学って部外者を入部させてもいいんだっけ?」

揺杏「さぁ? 別にいんじゃね? 確かめたこと無いけど」

尭深「なんで本人が知らないの……」

絃「岩館さんのおかげで、うちはインカレサークルだ! って部長会でも自慢できるから……」

恵「入部認めてる理由それだったんですか!?」

尭深(部長会でも話してるなら別に問題ない……のかな)

5人目の先輩 【第二回咲ワンエントリーSS】

※咲-Saki- 本編後の二次創作SSです
第二回咲SS人気投票グランプリ「咲ワン」にエントリーするために書きました
あっちが変様に全面的に寄りかかって設定を立ててます
※普段の更新とは色々趣が違うので、いつものやつについてはアバウトをどうぞ



201307280830187ef


― 有珠山高校 部室棟 ―

揺杏「まァ部室棟って言っても単に旧校舎を使ってるってだけなんだけど」

由暉子「そうだったんですか」

誓子「二年前は新校舎が改築してたから、こっちの礼拝堂とかを使ったけど、別の意味で雰囲気あったわね……」

由暉子「古い礼拝堂で聖書の一節を暗唱したりしてたんですね……!」フンス

揺杏(いま鼻息荒くするようなポイントあった?)

誓子(ノーコメントで)



由暉子「それで、他のお二人はどちらに?」

誓子「爽はさっきの入学式の時に放送室に忍び込もうとしたとかで指導室に監禁されてる」

揺杏「……何やってんだか」

誓子「校長の話のタイミングでドラ○エのオープニング流そうとしてたとかなんとか」

由暉子「……天空編以降のバージョンの序曲でしょうか」

揺杏「いやロト編だったらどうこうとかいう話じゃなくね?」

誓子「天空編は前メロが壮大な分ちょっと長いからこういう時はロト編のほうがいいんじゃない?」

揺杏「なんでチカセンまでいきなりボケはじめたの!?」

誓子「なるかは部室で留守番して待ってくれてるわ」

由暉子「待たせてしまっているなら早く行かないといけませんね」

揺杏(スルーされた)

由暉子「揺杏先輩も早く行きましょう」

揺杏「私が話長引かせたみたいな扱いマジっべーわ」



― 麻雀部 部室前 ―

誓子「さて、それじゃいよいよ、ユキの有珠山高校麻雀部デビューの瞬間ね」

由暉子「はぁ、まぁ中学の時から遊びに来ていましたので、あまり感慨深いという感じではないのですが……」

揺杏「まぁまぁ、こういうのは形が重要なんだって、無事入学して麻雀部の正式メンバーになったんだからさ」

由暉子「あ、えと、ありがとうございます…///」

誓子「なるかー? 入るわよー」コンコンコン トビラガチャー

小納谷「誓子ちゃん揺杏ちゃんお疲れ様、そしてユキちゃんいらっしゃい! 有珠山高校麻雀部へようこそ!」

誓子「…………」

揺杏「…………」

小納谷「…………」

由暉子(………どなたでしょうか?)



誓子「……部屋間違えました」トビラパタン

小納谷「合ってるわよ!? ここ麻雀部部室よ!?」

成香「チカちゃあん……助けてくださいぃい……」

誓子「なるかに一体何してるんですか!!1!!」トビラバターン

小納谷「成香ちゃんが可愛すぎて待ってる間ずっとなでなでしてた」ナデナデ

成香「ううう……」ナデラレナデラレ

誓子「な、う、羨ましい……! 私だって嫌われたくないから20分以上なでなでしたことないのに!」

揺杏「成香ー、もうちょっとその二人から距離とった方がいいぞー」

由暉子「ロックされてて距離をとるとかそういう問題ではないように見えますが」



揺杏「………小納谷(こなや)さん、なんで居んの」

小納谷「今日って入学式でしょ? 噂のユキちゃんが来ると思ってワクワクしてたんだから!」

由暉子「ええと、先輩さん、ですか?」

揺杏「二年前に卒業した先輩で、週に一回来ることに定評のある小納谷さんだよ」

小納谷「それ最終的に定評あった部分がダメになるパターンじゃない?」

揺杏「実際そんなには来なかったっしょ、最近は」

小納谷「まぁ大学もそれなりに忙しくなってきたしね……」

成香「高校にそんなに足繁く通ってて色々と大丈夫なんですか……?」

小納谷「べべべべ別にそんな大学に友達がいないとかそんなんじゃないし」

揺杏「なんか勝手に自爆してんなこの人」



由暉子「宜しくお願いします、新一年生の真屋由暉子と申します」

小納谷「いやー、噂には聞いていたけど本当に可愛い子ね、宜しくね」

由暉子「先輩方が色々としてくださってるおかげです」

小納谷「えー爽ちゃんとか何か役にたってるの?」

由暉子「爽先輩にもとてもお世話になって……そういえば小納谷先輩はなんというか、爽先輩に波長が似てますね」

小納谷「なんだか肯定的なニュアンスがあまり感じられない話のつなげ方ね……」

誓子「……………」



揺杏(それ言っちゃダメだって、そのあたりチカセンめちゃめちゃ気にしてんだから)

由暉子(? どういうことですか?)

揺杏(小納谷さんが三年の時、爽とチカセンが一年で、実質この三人しか部員が居ないようなもんだったんだと)

由暉子(ふんふむ)

揺杏(んで爽が言うには、当時から週一ペースで小納谷さんが来るたびチカセンが不機嫌だったって)

由暉子(なるほど、かわいい嫉妬ですね)

誓子「なにか勝手に変なこと言われてるような気がする……」ナデナデ

成香「うう、チカちゃんまでぇ……」ナデラレナデラレ



成香「小納谷先輩は今日一緒にあそべるんですか?」

小納谷「あ、やめて、父親がたまの休日にゴルフに行くときに言われるようなそのセリフ」

揺杏「父親じゃないっしょ……」

小納谷「いやまぁそうなんだけど、なんか成香ちゃんに言われるとこう、心の中の父親が顔をしかめるの」

誓子「まぁ爽もいつ来るか分からないし……代わりにメンツになってもらいましょう」

由暉子「今日は何をやるつもりだったんですか?」

成香「ワンナイト人狼ですね、4人だと若干やりにくかったので良かったです」

小納谷「いいわね、この間怪盗で占い師騙りして散々かき回しまくったら楽しかったなぁ」

揺杏「おいこの先輩勝利条件とかガン無視してくるタイプのリアル狂人なんだけど」

誓子「知ってたでしょ」

揺杏「それは、まぁ、うん」

成香「ちなみに怪盗とか占い師とか狂人っていうのは人狼ゲームの『職業』のことです、詳しくはググってみてくださいね」

由暉子「解説乙です」



爽「お疲れー! 皆揃ってるな! いやー先生の説教長かったー!」トビラバターン

揺杏「お、爽」

誓子「解放されるの早かったわね」

爽「いや、単に隙を見て逃げてきただけだけど」

成香「刹那的な生き方すぎて怖いです……」

小納谷「爽ちゃん久しぶり〜」

爽「お、小納谷ちゃんじゃん、3か月ぶりくらい?」

由暉子(随分と軽い感じで会話するんですね)

揺杏(で、それを見てチカセンが)

誓子「……………」

揺杏(ああなる、と)

由暉子(かわいいですね)



爽「お、なんだ、チカはまーたご機嫌ナナメか?」

誓子「……別に機嫌悪くなんかないわよ」

爽「よく分からんけど怒るなって(肩を組む)」

誓子「………まったく、いきなり抱きついたりするの、やめてね」ニヤニヤ

小納谷(ちょろい)

揺杏(ちょろっ)

由暉子(ちょろいです)

成香(チカちゃん、ちょろいです……)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


何卒清き一票をよろしくお願いいたします。 
→投票ページリンク 
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード