今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

愛宕絹恵

C級屋台グルメ 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

wataame


那岐「…………なんたることだッ……!」

宥「ど、どうしたの那岐ちゃん」

浩子(どうでもええ理由のような気がしてならん)

絹恵(浩ちゃんが冷めた目ぇしとる……)

那岐「この突然の衝動……果たして抑えることが出来るだろうか……」

浩子「……8年越しの中二病でも?」

那岐「突然……わたあめが食べたい……ッ!」

絹恵「突然の駄菓子ッ!?」

浩子「8年越しどころか18年越しくらいの言動しとる」

宥「中学二年が……約8年前……? そ、そんな……」

絹恵「予想外の所にダメージ行ってはる」




絹恵「そういえば駅前のコンビニに売ってたような気ぃしますわ、わたあめ」

那岐「え、本当か」

絹恵「確か駄菓子コーナーで」

那岐「そうか、帰りに買って帰ろうかな」

浩子「……というかなんでいきなりわたあめなんですかね」

那岐「今朝は冬には珍しく羊雲が浮いていてな」

絹恵「あ、もう分かったんでいいですわ」

那岐「語らせてくれよ!?」

浩子「ホンマ天然やなこの人……」

宥「あはは、そうだね~」

絹恵「………………」

浩子「…………いや、うん、そうですね」

宥「?」




宥「冬にわたあめっていうのも珍しいよね」

絹恵「まぁわたあめ言うたら夏ですね、夏祭り」

那岐「ああ……やきそば、串焼き、りんご飴ぇ……」

浩子「完全にトリップしてはる……」

宥「うーん、私もやきそば食べたくなっちゃったかも、スーパー行ってこようかな」

絹恵「お、ええですね! 料理研にフライパンとか借りてきますわ!」

浩子「そんじゃ私らで買い物行ってくるわ」

那岐「そして私がよだれを垂らしながら焼けるのを待つ係だな」

宥「働かざるもの?」

那岐「…………食うべからず」

宥「お買いもの行ってきてね?」

那岐「……はい」

浩子(強い)

絹恵(部長の肩書とはいったい)




すぐ止まる都市 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

yukiosaka


絹恵「へー、なんか週末に向けて寒波がくるみたいやで」

浩子「あー、久しぶりに雪降るかもしれんってニュースやっとったな」

絹恵「平野部だとあんまり雪降らんもんねぇ」

浩子「しかし土日か、約束キャンセルしたほうがええかもしれんな」

絹恵「ん? 誰かとデートにでも行くん?」

浩子「ちゃうわ、泉の奴が冬のセール行きたい言うとったから」

絹恵(デートやん)

浩子「使うの地下鉄やけど混みそうやしなぁ」

絹恵「雪で買ったもんベチャベチャになるかもしれんし、見送ったほうが賢明かもしれへんね」

浩子「ノースリーブの良さそうなんが売っとったから連れて行きたかったんやけどなぁ」

絹恵「雪の日に買いに行くのがノースリーブっていうのもちょっと色々おかしない?」




浩子「まぁ土日は大人しく引き籠っとくのが吉やろうな」

絹恵「え?」

浩子「え?」

絹恵「浩ちゃん何言うてんの! 大雪降ったら雪合戦せーへんでどうすんねん!」

浩子「こたつで雪見アイスする以上に大切なことなんかあるんか?」

絹恵「あ、ちょ、それはずるいわ、反則やんそれ」

浩子「なんの反則やねん」




浩子「ま、今日の夕方あたり降りだしかねんから、今日は早めに部室閉めて帰ったほうがええかもな」

絹恵「今日二人しかこーへんみたいやしな」

浩子「ん、それじゃとっとと帰ろか」

絹恵「あ、待って、このお茶飲んでから~」

浩子「別にゆっくり飲んでてもええで、鍵を閉めはするけど」

絹恵「鍵を閉めはするけど!?」

浩子「雪に閉ざされた密室で単独行動とか死亡フラグ以外の何物でもないな……」

絹恵「その場合犯人てまず間違いなく鍵を閉めた本人ちゃうん!?」

トク・バイー 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

3680417681_2701bab9d8



那岐「……んー」 グルングルン

絹恵「新免先輩、肩ぐるぐる回してどないしたんですか?」

那岐「ああ、ちょっと肩が凝って……」

浩子「勉強でもしてはったんですかね」

那岐「それが家の近くのスーパーで特売やってたんだが、つい買いすぎてしまってな」

絹恵「ああ、スーパーの袋って両手に持つと結構肩にきますよね」

浩子「え、家の近くって、いま大学に居るんやけど……どういうことです?」

那岐「特売を逃したくなくて、授業中に特売に行って、それからまた学校に戻って部活に来た」

浩子「自由すぎるやろ部長」

那岐「だって……仕方なかったんだ! 今日がポイント五倍デーかつ特売日という”特異点”だったから!」

絹恵「自由すぎるわ部長」




浩子「はぁ、もうちょいまともな理由か思いましたわ」

那岐「なんとでも言え、たとえ大馬鹿の謗りを受けようと、今日この日だけは逃すわけにはいかなかったんだ」

絹恵「授業サボったらアカンでしょー、先輩」

那岐「課題はちゃんと提出済みだから勘弁してくれ……」

浩子「課題?」

那岐「終われば帰っていいと言われてたからな」

絹恵「なんや、サボったわけやないんですか」

那岐「サボったとは一言も言ってないだろ」

浩子「だからってそれで行くのがスーパーの特売っていうのが悲しすぎると思いませんかね」





絹恵「そういえば肩こりと言えば、私も最近結構凝ってて……何が原因なんやろか」 オモチモチモチ

那岐「…………」

浩子「…………何がって、そらおっぱ」

那岐「言うな! なにより私がみじめだから! 言うなっテ!」

絹恵「ふふ」

那岐「愛宕ォ!? お前ワザとだろワザとなのか!?」

絹恵「私は新免先輩のこと好きですよ」

那岐「なんで突然それ言い出したんだ!?」

日本人の心 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

misoshiru

友香「松実センパーイ、大丈夫デスかー?」

宥「だ、だだだ大丈夫だよゆゆ友香ちゃん」 ガクガクブルブル

絹恵「このコンビニの中、冷房効きすぎてますね」

宥「さ、寒い……」 ガタガタブルブル

絹恵「あかん、震えすぎて影分身みたいになっとる」

友香「残像だ」

絹恵「また残像なのか!?」

宥「あ、あったかくない~」 フルフル




宥「う、うう、ごめんね、ちょっと外で待ってるね……」 フラフラ

友香「温かいコーヒーとか買った方がいいデスか?」

宥「う、うん、できればお願いしたいかも」

絹恵「そんじゃちょっと待っとってくださいね」

宥「ありがと~」 ウイーン アリガトヤッシター

絹恵「………………」

友香「……? どうかしましたか?」

絹恵「いやー、この季節にホットコーヒーとか、いくらコンビニとはいえ置いてるんかなって」

友香「無かったらインスタントコーヒーにお湯入れて持っていけばいいんでー!」

絹恵「ああ、なるほど、友香ちゃん頭ええなぁ!」

友香「へへーん!」 フンス

絹恵「今日も絶好調やね友香ちゃんのドヤ顔」

友香「ええっ、私いつもそんなにドヤ顔してないんでー!!?」 プンスコ

絹恵「しとるしとる」

友香「してませんー!」 プンスコ




絹恵「でも、普段コンビニでインスタントコーヒーとか買わんしな…… どこに置いてんねやろ……」 キョロキョロ

友香「……あ、愛宕センパイ! コレ! あった!」

絹恵「ん、おお、見つけんの早い! さっすが有能やで友香ちゃん! デキる女は違うな~!」

友香「そ、そんなに褒められると照れるんで~」 テレテレ

絹恵「で、どれどれ? インスタントの」

友香「コレ! インスタントの! しじみの味噌汁!」

絹恵「しじみだったら僕たちの世代ってみんな良いって知ってますからねーってアホかあああ! なんでや!」

友香「お、おお、ノリツッコミなんでー」

絹恵「友香ちゃんなんでいきなり味噌汁持ってくるん!?」

友香「このお店インスタント味噌汁だけで20種類くらい置いてあったから、つい……」

絹恵「無駄にメニューが充実!? なんでインスタント味噌汁にそんなこだわり見せてくるんこの店?!」

友香「私は普通に豆腐とわかめにしようかなぁ、それともあさり…… うーん、どっちを買うか迷うぜ☆」

絹恵「普通に選んどる!? ちょ、友香ちゃんいい加減コーヒーを……」

友香「愛宕センパイは何にします? なめこ? ほうれん草? ごま豆乳なんてのもあるんでー」

絹恵「…………あおさの味噌汁で」

友香「はーい、それじゃまとめてレジに持ってくんでー」




宥「ありがとう絹恵ちゃん、友香ちゃん、お味噌汁あったかくて美味しいよぉ」 ズズズ アッタカーイ

友香「喜んでもらえて何よりなんでー」 ゴクゴク

絹恵(味噌汁正解やったんか…… もうなにがなんだかよう分からん…… 美味しいけど……) ズズズッ

同じ景色 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

tokiryuuka


怜「しかし夏になるとあれや、『暑い』以外の感情が消え去るわ」

那岐「気持ちは分からんでもないがな……」

絹恵「体の調子は大丈夫ですか?」

怜「うん、今年はそんなにダメージ来てへんな、まぁ私にもジョジョに体力がついてきてるってことやで」 ドヤァ

那岐「だったらいいが、暑いからって冷たいものばかり食べてるようだとすぐに倒れてしまうぞ」

怜「大丈夫やって、那岐ちゃんは心配しいやなぁ」

那岐「私がというか、心配しいなのは清水谷のやつだがな」

怜「? 竜華がなんか関係あるん?」

那岐「いや、清水谷から言われてるんだ、夏になったら冷たいものばかり食べたがるから気を付けてやれって」

絹恵「過保護や」

怜「なんかそれめっちゃ恥ずいんやけど!?」




怜「竜華はホンマにもう…… もう……」

絹恵「清水谷さん、なんかお母さんみたいですね」

怜「小学生の時から何かとこんな感じやからなぁ……」

那岐「小学校から友達なのか? ずいぶん長い付き合いなんだな」

怜「ん、まぁそやな、なんだかんだで十年くらいの付き合い……やし……」

絹恵「? どうかしましたか?」

怜「いや…… なんか小学五年生が十年前って、老けたなーって実感が改めてひしひしと……」

那岐「……確かに、ついこの間中学に入学したような気さえするのにな」

絹恵「某アラサープロがこの間インタビューでつい最近まで女子高生やった気するて言うてたのと同じですね」

那岐「おい、やめろ馬鹿、この話題は早くも終了ですね」

怜「なんぼなんでもアレらと一緒にされたないわ!」

那岐「お前らたいがい命知らずだな!?」




怜「はー、まったく、いつになったら竜華ばなれ出来るんかなぁ、うちは……」 ハァ

那岐「ん? 竜華ばなれ?」

絹恵「……?? どういう意味ですか?」

怜「あ…… えっと、いや、ごめんな、なんでもない、忘れて忘れて」

那岐「じゃあ清水谷の方に聞いてみるか、園城寺がこんなこと言ってたーって報告して」

怜「やめーや! 脅しやんか!」

絹恵「十年もいると距離を置きたくなるとか、そういうことではないんですよね?」

怜「…………いや、まぁ竜華のことは大好きやけど、だからこそ対等になりたいっていうか」

那岐(さらっと恥ずかしいこと言ったな)

絹恵(さらっと恥ずかしいセリフ言うた)




怜「いま竜華はプロになって、うちは大学生やっとるけど…… いずれは同じ目線で話せるようになりたい」

絹恵「それで園城寺先輩、プロになりたい言うようになったんですか……」

怜「ま、これは単なるうちの我がままなんやけど」

那岐「ふふ、まさかそんな理由があったなんて知らなかったな」

怜「あーもう、せやから言いたなかったんや、絶対からかわれるもん」

那岐「いやいや、からかったりしないぞ、ただお前がプロ入りした時に寄せるコメントのネタが決まっただけだ」

怜「大々的に暴露する気満々やんソレ!!?」

絹恵「プロ入りの日がすっごい楽しみなんで、頑張ってくださいね! 先輩!」

怜「素直に首肯しにくいやつやそれ! ほんとにやめて! 恥っずい! もーーー!!」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード