今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

新子憧

不安の種【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

isu

泉「……先輩」

怜「なんや」

泉「ヒマです」

怜「うだうだやっとるんなら忙しそうな先輩の作業手伝ってくれてもええんちゃう?」

泉「え、園城寺先輩忙しそうには見えないですけどなにやってるんですか」

怜「椅子の木目が迷路に見えるからそれやっとる」

泉「めちゃめちゃヒマやないですか!?」

怜「おかしい…… どうやってもゴールが四方を壁に囲まれた位置に……?」

泉「そらイスやし」




怜「うーん、部室に寄ったらまさか泉しかおらんとは……」

泉「他の先輩方は今日来られないんですかね」

怜「那岐ちゃんも宥姉やんも今日はこーへん言うとったで」

泉「そうですか、何か用事でもあったんかな」

怜「さぁ? それは知らんけど、まぁ部室でぐだぐだと駄弁るよりは優先したいことがあったんやろ」

泉「たいていの事柄は大体それより優先度高なると思いますけどね……」

怜「あれ、そういえばなんで泉部室開けられたん? 鍵持ってへんやろ一年は」

泉「ああ、さっき帰り際の船久保先輩から預かったんですわ」

怜「フナQ帰ったん?」

泉「ええ、なんや絹恵さんと買い物行く言うてましたよ」

怜「あの二人仲ええよなぁ」

泉「まぁ同い年のイトコですからね」

怜「ええねんええねん、そうやって新しい女と新しい恋を見つけていく、素敵なことやないですか」

泉「まるでかつて自分が古い女だったと言わんばかりの言い草」




怜「他の一年はどうしたん?」

泉「森垣と新子ですか? いや、分かんないすね、今日は同じ授業なかったんで……」

怜「…………泉ハブられとるんか、可愛そうになぁ……」

泉「いや違いますけど!?」

怜「強がり言わんでもええよ、先輩として弱音くらいやったら聴いたる」

泉「そんな慈しみを込めた瞳で見つめられてもそんな事実ないですよ!?」

怜「本当に?」

泉「え…… いや、二人とは仲ええですし……」

怜「二人と居る時も無意識に疎外感を感じたり…… 自分の知らん話題で盛り上がっている二人を見たり……」

泉「…………えっと……」




prrr prrr

憧「はいもしもし、泉どうかした?」

泉『あ、もしもし新子!? うちら友達やんな!?』

憧「……………………は?」

泉『まさか私の事ハブったりなんかしてへんやろ、な! な!?』

憧「何があったかは分からんが分かったから落ち着け」




今どきの 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Kdaidanwa


憧「……ねぇ、ちょっとまずいことに気付いちゃったんだけど」

泉「分かっとるて、森垣がお嬢様やのに昨日ドカ盛りラーメンに挑戦してクリアしてもうた話やろ?」

友香「神域ィ!」

憧「いや違うけど!? ていうかアンタ本当に何やってんの!!?」

友香「…………ふと気になって並んだら大変なことになったんでー……」

憧「よかった、まだ後悔できてるだけ魂まで堕ち切ったわけじゃなさそうだわ……」 ホッ

泉「ドカ盛りラーメンは禁断の果実かなんかか」




憧「だ・か・ら! 私が気付いたのはそうじゃなくて! 私たち女子大生よね!?」

泉「そういうことになっとるハズやけども」

友香「なっとることになっとるんでー」

憧「じゃあ! なんで! オシャレとかそういう女子大生っぽい会話を一回もしたこと無いの私たち!?」

友香「…………???」

泉「…………???」

憧「なんでそんな『コイツ何言ってんだ』みたいな顔してんの!?」




憧「だってこの三人でいるときにそういう話した覚えゼロなんだもん」

泉「いや、まぁな、私らも女の子やし、そらそういうのに興味がないわけやないねん」

友香「うん、学科の子たちとはたまにそういう話したりする」

憧「……じゃあなんで」

泉「いや、まぁ別に特に理由はないねんけどな」

憧「……は?」

友香「うん、特に理由はないかも」

泉「いや、むしろ私らもいま言われてみて疑問に思うレベルやでこれ」

友香「んー、本当なんでなんだろ、訳わかんないんでー」

憧「……………………はあああああああぁぁぁぁぁぁ」

友香「ため息すごい」




泉「まぁアレやな、オシャレの話は他の友達でも出来るけど、アホな話できるんは自分らだけやしな」

友香「ああ、それは確かにあるかもしれないんでー」

憧「ええ~? なんかアンタら誰に対してもボケまくってるイメージしかないんだけど……」

泉「おうおうゆーてくれるやんけ、私の乙女力(おとめぢから)溢れるゆるふわトークスキル知らんな?」

憧「したことないっつってんでしょ」

友香「まぁ(頭が)ゆるふわなのは容易に想像できるんでー」

泉「いま凄い大事な部分が略されたような気がするんやけど」

憧「風邪ひかなさそうだしね」

泉「それボカしてるようでいてストレートに馬鹿にしてるやつやからな?」

憧「じゃあいい加減ノースリーブ止めなさいよ……見るからに寒そうだから……」

泉「冬はちゃんと普通の服着てるけど!?」

友香「そんな、泉がノースリーブをやめるなんて怜センパイが太ももフェチ辞めるレベルの事件なんでー!?」

泉「アレレベルなんか私のノースリーブ!?」

怜「先輩をアレ呼ばわりとは偉ろなったもんやな泉ぃ?」

泉「なんでいきなり居てはるんですか先輩!?」

那岐さんは最高です! 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

nagi



憧「宥姉~、この帽子って宥姉の?」

宥「あっ、私の帽子…… 憧ちゃんありがとう」

那岐「…………」




怜「つまりな、アコチャーはうちに膝枕をして、身体の成長を確認される義務があるんや」

憧「言ってることの頭から尻尾まで意味不明なんだけど!!?」

那岐「…………」




那岐「な、なぁ新子、ちょっといいか?」

憧「はい? なんですか?」

那岐「それ! それだよブレイド!」

憧「ブレイドって誰ですか!?」

那岐「なんで君は園城寺たちにはタメ口で話すことがあるのに、私には敬語しか使わないんだ!」

憧「えっ、ええ……?」

那岐「なにか失礼な事でもしたのか? それとも部長として尊敬できないような人間だったというのか!?」

憧「ちょ、落ち着いてください那岐さん」

那岐「すまなかった、だがこれから私もちゃんとするから!」

憧「落ち着け」

那岐「はい」




憧「はぁ、敬語ですか」

那岐「別に大したことじゃないと言われればそうなんだが、どうにも気になってしまって……」

憧「ちゃんと敬語が使えてることを怒られるだなんて思ってもいませんでしたけどね」

那岐「いや、済まなかった…… 正直に言うと、距離を感じたから、仲良くしたいと思って」

憧「はぁ、別に私は相手が仲がいいからタメ口をきくとかそういう訳ではないんですけど」

那岐「え? 違うのか?」

憧「だって私と那岐さん……その、な、仲が良いじゃないですか」

那岐「新子ッ!」 ガシィ

憧「ちょ、いきなり抱きつかないで下さいよ! うわ力強っ!?」




憧「私が敬語の理由ですか……なんとなくですよ、なんとなく」

那岐「……私が言うべきことではないかもしれないが、敬語ってなんとなくで使うようなものだったか?」

憧「すみません、私も特に意識して使ってたわけではなくて」

那岐「でも君の高校の恩師……赤土プロだったか? 彼女にも呼び捨てにしてたみたいだし」

憧「ハルエは幼稚園のころから面識があるんで、その名残っていうか……」

那岐「……まぁ、どっちにせよ私のくだらない拘りだ、錯乱して済まなかったな」

憧「べ、別に那岐さんに距離を取っているとかそういう訳では……むしろ尊敬してるっていうか……」

那岐「ん? なんだって?」

憧「だって、那岐さん最高だから……」

那岐「聞こえないな、もっと大きな声で」

憧「那岐さんは最高です!」

那岐「(無言の笑顔)」

憧「ノせた癖に何笑顔になってんですか!? ていうかこれ浩子さんにもさせられたし流行ってんの!?」

那岐「はっはっは、タメ口タメ口」

憧「一瞬で天より高く増長したこの人!?」

美味しい季節 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

matsumikan


憧「あ、おはよ、宥姉」

宥「おはよ~」

憧「ごめんね、待った?」

宥「大丈夫だよぉ、まだ電車の時間まで余裕はあるし」

憧「いや~、ギリギリかもわかんないよ、宥姉と一緒にいるとなぜか時間の進みが早いから」

宥「どういう事なの……」

憧「アレ本当なんでなんだろう、宥姉のほわほわオーラで時空が歪んでいる……?」

宥「言ってる意味がよく分からないよ」

憧「ほら、時空歪ませてないで早く学校行こう?」

宥「時空歪ませる説採用しちゃうの!? というか今色々言ってたのは憧ちゃんだよぉ…… 」




玄「お、お姉ちゃーん! よかった、まだ居た!」 バタバタ

宥「え、玄ちゃん!? どうしたの!?」

憧「玄おはよ~」

玄「憧ちゃんおはよう! お姉ちゃんがお弁当忘れてるって板さんに渡されて…… はいこれ」

宥「えっ、あっ! 」 ガサガサ

憧「宥姉……」

宥「ご、ごめんね玄ちゃん、忙しい時間なのにありがとう」

玄「大丈夫だよ~ それじゃあね! 憧ちゃんもいつでも遊びにきてね! 今日の帰りとか!」 パタパタ

憧「って今日かい! あ、行っちゃった…… 急ごう、宥姉」

宥「う、うん……」




宥「はぁ~…… やっちゃったなぁ、私……」 トボトボ

憧「……いつになく押しが強いというか、女将モード玄だったわね」

宥「朝は本当に忙しいからね~、玄ちゃんに迷惑かけちゃった……」

憧「それじゃ、今日の帰りに何か美味しいもの買ってって、お礼言いましょ、ね?」

宥「……うん、そうだね、憧ちゃんも来てくれるでしょ?」

憧「まぁ、遅くならなければね、今日も練習はあるし」

宥「憧ちゃんだったらいくら遅くても大歓迎だよぉ」

憧「いや、私がかまうんだってば!」

宥「どうして? またうちでご飯食べていけばいいのに、賄い出すよ~」

憧「それよ! 松実館のすっっっっごく美味しい賄いご飯のおかげで! 私がどれだけ苦労しているか……!」

宥「す、凄いタメて美味しいって言ってくれたのは嬉しいんだけど、な、何か困らせちゃってた?」

憧「………………体重が」 シクシク

宥「あっ」

憧「なんであんなにご飯が美味しいのよぉ…… 残さず食べちゃうでしょお……」 シクシク

宥「今日は良いシシが入ってたから、すじのお肉で肉じゃがか、カレーとかかな~」

憧「宥姉ええええええ!」




憧「でも最近、夜が寝苦しくなくなったわよね~」

宥「そうだね、私もタオルケット一枚追加したよ」

憧「相変わらずね宥姉は…… 朝とか大丈夫なの? ちゃんと起きられてる?」

宥「だ、大丈夫だよ、私だってもう21歳なんだから一人で起きるくらい……」

憧「くらい?」

宥「しゅ、週に二回くらい玄ちゃんに起こしてもらうくらいで済んでるよ! セーフだよ!」

憧「宥姉それ済んでないから、麻雀で言ったら5,200振り込んじゃってるくらいアウトだから」




憧「そっか~、宥姉はまだお寝坊が治らないのか~」 ニヤニヤ

宥「うう…… 気を付けます……」

憧「いやぁ、普段一緒に登校する時は待っててもらってるから、気づかなかったな~」

宥「……うーん、それはちょっとまた別の理由があるんだけどね」

憧「え?」

宥「えっと、時間割の関係で、憧ちゃんと一緒に登校できるのって週に二回だけでしょ?」

憧「そうね、火曜と金曜だけ一緒だけど、それがどうかしたの?」

宥「だから待ち遠しくて、朝になったらすぐ目が覚めちゃうんだ~」 ニコッ

憧「…………しっ、小学生か!!」

宥「ええっ、ひどいよ~」

色々な先輩 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

7457


憧「――――あと何かありますか?」

浩子「うん、後は特にないかなぁ、新子は色々な打ち方ができるから特に言うことないわ」

憧「ええー、もっと他に色々指導してくださいよぉ」

浩子「なんやねんその絡み方、甘えんぼか」

憧「甘えっ……てないですよ! 何言ってんですか!」

浩子「はいはい可愛い可愛い」

憧「ぐぬ…… 釈然といかない……」 グヌヌ

浩子「そもそもうちは別に指導者でも何でもないんやけどなぁ」

憧「でもこの麻雀部ってコーチとか監督とか居ないし」

浩子「藤白せんぱ」

憧「アレはエキセントリックボウイだから」

浩子(ガールですらないんか……)




浩子「麻雀のアドバイスだったら三年の先輩方に聞いてみたりしないんか?」

憧「聞いたりはしてるんですけど……」

浩子「けど?」

憧「ほら、なんていうか、三年って三人とも理論より感覚派なところあるから」

浩子「そやね」 ジー

憧「だからアドバイス聞いても時々理解できないことがあるっていうか……」

浩子「なるほどなー」 ジー

憧「……さっきからスマホ弄ってなにやってるんです?」

浩子「いや、憧新子のすべらない話を録音して先輩方に聴いてもらおうかと」

憧「いや本当に何やってるんですか!?」 ガガーン




浩子「まぁ録音は冗談やけど、うちからのアドバイス貰ってばっかりじゃ意見が偏るから気ぃつけや」

憧「う…… だって、浩子さんのアドバイスが分かりやすいから……」

浩子「……聞こえないな、もっと大きな声で言いなさい」

憧「浩子さんは最高です!!!」

怜「…………ええ…… どういうプレイなん二人とも……」

憧「と、怜さん居たの!!? っていうかプレイ言うな!!」

浩子「新子がどうしても弟子にしてほしい言うんですわ」

憧「いや弟子とまで言ってないですけど!?」

怜「なるほど、師匠と弟子というイメプレとは…… なかなか高度な事しよるな憧ちゃん……」

憧「師弟って高度なんだ!? っていうかプレイ言うなって言ってるでしょおおおぉぉお!!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード