今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

末原恭子

代走不在 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

toire


やえ「…………ッ」 タン

智葉(小走の奴……対局中だというのに……集中していない?) タン

誠子(いや、ある意味集中してるというか……鬼気迫る感じではあるけど) タン

ハオ (……というより、これは…………) タン

やえ「……ッ!」 フルフル

智葉(なにか、悲しいような、激情を堪えている……?)

やえ「……これを通らば、リーチ」 タン

智葉「残念だが通らないな、3900もらうぞ」 パララ

やえ「……ッ…………はい、これで終了ね」 カチャカチャ

ハオ「リーチ棒含めてサトハがトップですね、お疲れ様でした」

誠子「……あの、小走先輩どうかしたんですか? なんだかさっきから落ち着きがないような」

やえ「……なんでもないわ、私が最下位だから抜けるから」 ガタッ

ハオ「えっ、はい……」

やえ「……!」 ダッ

誠子「…………小走先輩、なんだかすごく深刻そうでしたね」

ハオ「一目散に部室から出て行ってしまいましたし……」

誠子「辻垣内先輩、どうしたらいいんでしょうか」

智葉「……心配なのは分かるが、あいつが話さないうちはあいつの問題だ、何を悩んでるかは知らんがな」

ハオ「サトハ……」

智葉「歯がゆいだろうが、私たちにできるのはあいつが話してくれることを待つことだろう」

誠子「……そう、ですね」

恭子「ん、なに、小走の話しとるん?」 トビラガラー

ハオ「いえ、なにか思いつめているようで…… 心配していたのです」

恭子「そうなん? さっきトイレからめっちゃスッキリした顔で出てきてたけど」

誠子「ただトイレ我慢してただけじゃないですか!!?」

ハオ「あいつが話さないうちはあいつの問題だ(キリッ」

智葉「ほう、命が惜しくないようだな、卓につけ」

誠子「私はそこまで煽ってないですよ!?」

智葉「末原も座れ、ちょうど空いた」

恭子「うち関係あらへんねんけど!?」



あったかお鍋【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Nabe_Kansai_style


恭子「そろそろ鍋の季節も終わりやなぁ」

真佑子「そういえば私、今シーズン食べてなかったかもしれません、お鍋」

やえ「今年って白菜高かったもんなぁ」

恭子「今週末うちで鍋やる? 大きめの土鍋あんで」

真佑子「土鍋って……末原先輩一人暮らしでしたよね? なんでそんなものを?」

恭子「宴会用やな、普段の料理ではほとんど使わんし」

やえ「そういえばあれっていつ買ったの? 大学一年の頃は持ってなかったわよね」

恭子「あれなぁ、一年の冬に友達が持ってきたまま置いてったんやけど」

真佑子「鍋を?」

恭子「鍋を」

やえ「どういう状況なのよ……」

恭子「いやそいつ突然『鍋食いたい』って言い出してな、土鍋なんかない言うたらいきなり無印で買うてきて」

やえ「どんだけ鍋食べたかったのよそいつ」

真佑子「鍋を買う(そのものを)」




やえ「その友達ってあれでしょ、愛宕でしょ?」

恭子「ん? よう分かったな、この話したことあったっけか?」

真佑子「愛宕って……愛宕洋榎プロのことですか」

やえ「いや聞いてはないけど、そんなアホなことするような友達っていったら大概アイツでしょ」

恭子「はは、強く言い返せへんな」

真佑子「末原先輩と愛宕プロが同じ高校だったのは存じてますが、小走先輩ともお知り合いだったんですか?」

やえ「ええまぁ、あいつ結構有名だし」

恭子「高校時代に結構練習試合したことあんねん」

真佑子「あ、そういえば同じ関西でしたね」

恭子「こいつと洋榎、表面上は穏やかに対戦してても内面ムキになって喧嘩みたいに対局しててなぁ」

やえ「あっちがムキになってるだけでしょ!」

恭子「な?」

真佑子「小走先輩、同い年の強い人と打つ時だいたいそんな感じですもんね!」

やえ「あ゛あ゛ん゛!?」

真佑子「ぴいっ!?」 ガガーン

恭子「女子大学生が出しちゃいけない声出とるぞ」




真佑子「愛宕プロって結構末原先輩のお部屋に遊びに来られるんですか?」

恭子「ん? ああ、まぁたまにな、アポなしで突然やけど」

やえ「あんた一回ガツンと言わないとアイツちゃんと分からないわよ」

恭子「まぁ別に迷惑って訳でもないし……」

やえ「あんたねぇ……」

恭子「家に居らへんくて二時間玄関に放置してた事とかあったし」

真佑子「普通に酷い」

やえ「アポなしって言っても流石にその時くらいは連絡来てたんじゃないの?」

恭子「授業中で出るの面倒やったからな、携帯無視して帰ったら玄関先でさめざめ泣いてた」

やえ「普通に酷い」

恭子「流石に悪かったと思ったんやけどなぁ、そのあと鍋作ってやったら機嫌が一瞬で直って困惑したわ」

やえ「どんだけ鍋食べたかったのよそいつ」




冷やし数絵 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

yukizou


数絵「正門のところに初代学長の銅像があるじゃないですか」

恭子「今まで一度も10秒以上視界に収めたことあれへんけどな」

智葉「もう少し周囲に興味を持て」

数絵「で、その銅像でメイクの練習とかしてたら用務員さんに怒られてしまいまして」

智葉「お前はもう少し常識を持て」

数絵「ちゃんと下塗りのプライマー吹き付けてから塗りましたよ!」

智葉「誰が塗装の常識の話をしろと言った」

恭子「メイクとかいう次元超えとるわ」




恭子「あの銅像、メインストリートから外れたところに立っとるから目立たへんねん」

智葉「まぁ……その点は同意するがな」

数絵「目立たせてあげようという善意からくるイタズラだったんですよ」

智葉「ありがた迷惑っていう言葉知ってるか?」

恭子「イタズラ言うてもうてるやんけ」




数絵「……あれ、雪?」

恭子「おお、ホンマや、初雪やな」

智葉「予報で降るとは言っていたんだがな、まぁ、あまり本格的な降り方でなくて良かった」

恭子「なんや、ホコリが舞ってるみたいな小っさい雪やなぁ」

智葉「雪のロマンチック成分台無しだぞお前それ」

数絵「こうしちゃ居られねえ! 銅像に傘かぶせに行かないと!」

智葉「勘違いしているかもしれんが初代学長はお地蔵様ではない」

恭子「初代学長ってお礼に何持ってきてくれはるんやろな」

数絵「それはまぁ……たとえば……教授のイス的な……」

智葉「お前それ貰って嬉しいのか?」

いめちぇん 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

satoha


恭子「なぁ、辻垣内にずっと聞きたかったことあってんけど」

智葉「なんだ、藪から棒に」

恭子「ああいや、大したことないんやけど、その黒いジャケットな、肩から掛けてるやんか」

智葉「ああ、これか? 今日は寒かったからな、羽織るものがほしいと思って着てきた」

恭子「えっと、そのな?」

智葉「なんだ、言いよどむんじゃない、らしくないぞ」

恭子「……なんでわざわざ上着を肩に掛けてるん? 普通に袖通して着たらええやんか」

智葉「……………………」

恭子「……辻垣内?」

智葉「…………いや、なんでだろうな?」

恭子「軽いな!? 亡き友人に誓ってとかそういう拘りの理由とか無いんか!?」

智葉「お前それドラマとかの観すぎだぞ」

恭子「なんでこっちが諭されるみたいな流れになってるん?」




智葉「そもそもなんでそういう話になったんだ?」

恭子「いや、高校時代から制服の上着肩掛けしとったやんか、自分」

智葉「ん、なんで高校時代のことなんて知ってるんだ?」

恭子「インハイの会場で臨海の制服を肩掛けにしたところを目撃して、その印象が強くてなぁ」

智葉「ああ、会場で見てたのか、試合の時は上着脱いでたはずだしな」

恭子「あの野暮ったいメガネおさげスタイルしてへんかったしな、いや誰やねんって感じやったわ」

智葉「なぁこれ馬鹿にされてるやつなのか?」

恭子「あの時目撃した君の名は。的な」

智葉「時にはHAYARIに流されればボケても許される訳ではないんだぞ?」




恭子「ところでそのジャケット男物やんな、そういうのが趣味なん?」

智葉「まぁ趣味というほどのものではないんだがな、取り回しがいい上着なので愛用している」

恭子「かっこええやん、似合うとるわ」

智葉「そうか、ありがとう」

恭子「これは学校の男も女も放っておかんな、とてもモテる匂いがする」

智葉「別にモテるために着ているわけではないし、というかなぜ女もなんだ、おかしくないか」

恭子「あれ、知らんかったん? 辻垣内ファンクラブの会員は大半が女の子やで」

智葉「……ちょっと待て初耳だぞ、なんだそのファンクラブとかいう悪の秘密結社は」

恭子「発起人かつ会長は学校長のおばさんやったかな、確か」

智葉「…………お前は入ってないよな?」

恭子「入るわけないやん」

智葉「それは良かったと言わざるを得ないが、胸を張って言われるのもなんだか複雑だな」

恭子「多治比の奴は会員番号一桁らしいけど」

智葉「多治比ィ!?」

命の水 【咲-Saki- T大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

toukyousui


数絵「……お疲れ様ですぅー」 トビラガラー

真佑子「お疲れ様、数絵ちゃんどうかした? なんだか目に見えて疲れてるような」

数絵「そうなんですよ真佑子さぁん、もう大変でした……」

恭子「なんやいたずらでもしてたんちゃうん」

数絵「談話室の冷水器が一日何人に使用されてるのかをカウントするためにひたすら観察してました」

真佑子「予想以上に暇人ッ!?」

恭子「何人/ hやったん?」

真佑子「なんで末原先輩は興味深々なんですか!?」




恭子「あんなぁ、自分そういうことばっかりしてるから麻雀部全体が変人の巣窟扱いされんねんで」

真佑子(よかった、興味津々な訳じゃなかった)

数絵「皆さん横にある自販機で飲み物を買っていくので、あまりの不人気っぷりが気になってしまいまして」

恭子「うーん、まぁ普段使われてんのあんまり見ないっちゅうんは確かやけど」

真佑子「そういえば、私もああいう水飲み場は使ったことないですね」

恭子「……え、マジで? あそこの限定って訳やなくて?」

真佑子「はい、自分史上で使ったことないです」

恭子「そういえば多治比ってお嬢様やったわ、いい意味で忘れとった」

数絵「まさか、運動後のぬるーい水道水のうまさをご存じないなんて……」 ドヤアァァ

恭子「まぁ言いたいことは分からんでもないねんけど、なんで自分胸張ってドヤ顔してるん?」

数絵「明日、もう一度ここに来てください、本当の水道水を飲ませますよ」

恭子「それって明日じゃなくて今日じゃだめだったん?」

真佑子「ねぇ、何が数絵ちゃんをそこまで水道水擁護に駆り立ててるの……?」

数絵「まぁ色々理由はありますが、一番気に入ってるのは――――」

真佑子「なんです?」

数絵「値段だ」 ドヤアアァァァ

恭子「ドヤ顔で語った割に貧乏くさい理由」





恭子「というわけで、ほれ、飲んでみー」  ジャー

真佑子「う、は、はい……」

数絵「大丈夫、初めては多少勇気がいるかもしれませんが大丈夫、慣れれば病み付きになりますよ」

恭子「大丈夫って二回言うと胡散臭さ半端ないな」

真佑子「それでは……」 ゴクゴク

真佑子「…………あ、結構おいしいですね、もっと塩素が凄いのかと思ってました」

恭子「まぁ取水する場所にもよるやろうけどな」

数絵「東京の水道水は結構美味しいんですよ、『東京水』って言ってペットで売られてるくらいですし」

恭子「関東人の商魂、結構たくましいな……」

真佑子「ですがこれだったらミネラルウォーター買わなくてもいいですね、十分美味しいです」

数絵「そうでしょう? 思わずシェフを呼びたくなってしまうのでは?」

恭子「…………いや、上水道の事務所にでも行けばええんかそれ」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード