今日の一言:200本の時にはなにしようかな  (10/27)

松実宥

元気があれば何でもできる 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

toki


怜「……んー…………はぁ……」

浩子「…………園城寺先輩」

怜「ん? どないしたんフナQ? ええおっぱいでも落ちとったんか?」

泉「そんなもん普通そこらに落ちてないです」

宥「…………」




宥「怜ちゃん、行きたいって言ってたあのお店、これから行かない?」

怜「……えっ、でもまだ部活中やけど」

那岐「別にもう帰ってもいいぞ? あとは今打ってる連中が終われば終了だし、片付けも済んでるからな」

宥「ねっ、だから早くいこ~」 ギュ

怜「わ、ちょ、押さんといて」 バタバタ

宥「だから、大丈夫だから、みんなそれじゃーね~」 トビラガラー

泉「……あの、大丈夫、って」

浩子「まぁ、そういうことやなぁ」

那岐「ここは宥にまかせよう、あとでフォローしておかんとな」




怜「な、なぁ、宥姉やん、確かにあのお店行きたいゆーてたんはそうなんやけど、いきなりどしたん?」

宥「……怜ちゃん、他に何か言うことなーい?」 ゴゴゴゴニコニコ

怜「え、ええっと……」

宥「…………」 ゴゴゴゴニコニコ

怜「……はい……ちょっと体調悪いの我慢してました……」

宥「やっぱり…… 駄目だよぉ、ちゃんと言わなきゃ」

怜「もうちょっとで部活終わりそうやったし……最後まで居たかってんけど……」

宥「それで無理して倒れちゃったら練習の意味ないでしょ!」

怜「せやかて工藤」

宥「園城寺怜さん?」

怜「ホンマすんませんでした」




怜「最近は調子よかったし、ちょい油断してたんはあるなぁ……」

宥「部員のみんなだって調子悪そうなの気付いてたんだからね?」

怜「うわ、そうなんか…… これはハズいわ……」

宥「これはやっぱり一度、清水谷さんにもお話して、反省してもらわなきゃいけないかな」

怜「ちょ! りゅーかは! りゅーかだけは堪忍して! みっちり怒られる!」

宥「だったら今度からはもっと周りを頼らなきゃ駄目だよ、みんな心配してたんだから」

怜「以後気を付けます……」

宥「はい、それじゃ帰ろ? お家まで送るから」

怜「へ? 宥姉やんウチと電車逆方向ちゃう?」

宥「このまま別れる方がよっぽど心配だもん」

怜「い、いやぁ、流石にそこまでさせるのは悪いというか……」

宥「い い よ ね ?」 ゴゴゴゴニコニコニコ

怜「アッハイ」




宥「あ、もうすぐ着くよね?」

怜「うん、あの屋根がウチやけど…… うう、結局家まで送られてしもた……」

宥「私が言い出したことなんだから大丈夫なのに」

怜「いや、なんというか罪悪感というかそういうのがなぁ……」

宥「みんなに心配かけたバツだよ~」 ニコッ

怜「ご迷惑おかけしました……」

宥「本当に調子悪いんだったらちゃんと病院に行ってね」

怜「ありがとうなぁ、たぶんちゃんと寝て休めば大丈夫やから」

宥「それじゃ、また明日ね」

怜「え、せっかくやし、ちょっとお茶でも飲んでいったら」

宥「ダメだよ、休まなきゃいけないんだから」

怜「ちょっとくらいやったら大丈夫大丈夫」

宥「あ、もしもし清水谷さん?」

怜「やめえええ! ホンマすいません寝ますありがとう!」

那岐さんは最高です! 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

nagi



憧「宥姉~、この帽子って宥姉の?」

宥「あっ、私の帽子…… 憧ちゃんありがとう」

那岐「…………」




怜「つまりな、アコチャーはうちに膝枕をして、身体の成長を確認される義務があるんや」

憧「言ってることの頭から尻尾まで意味不明なんだけど!!?」

那岐「…………」




那岐「な、なぁ新子、ちょっといいか?」

憧「はい? なんですか?」

那岐「それ! それだよブレイド!」

憧「ブレイドって誰ですか!?」

那岐「なんで君は園城寺たちにはタメ口で話すことがあるのに、私には敬語しか使わないんだ!」

憧「えっ、ええ……?」

那岐「なにか失礼な事でもしたのか? それとも部長として尊敬できないような人間だったというのか!?」

憧「ちょ、落ち着いてください那岐さん」

那岐「すまなかった、だがこれから私もちゃんとするから!」

憧「落ち着け」

那岐「はい」




憧「はぁ、敬語ですか」

那岐「別に大したことじゃないと言われればそうなんだが、どうにも気になってしまって……」

憧「ちゃんと敬語が使えてることを怒られるだなんて思ってもいませんでしたけどね」

那岐「いや、済まなかった…… 正直に言うと、距離を感じたから、仲良くしたいと思って」

憧「はぁ、別に私は相手が仲がいいからタメ口をきくとかそういう訳ではないんですけど」

那岐「え? 違うのか?」

憧「だって私と那岐さん……その、な、仲が良いじゃないですか」

那岐「新子ッ!」 ガシィ

憧「ちょ、いきなり抱きつかないで下さいよ! うわ力強っ!?」




憧「私が敬語の理由ですか……なんとなくですよ、なんとなく」

那岐「……私が言うべきことではないかもしれないが、敬語ってなんとなくで使うようなものだったか?」

憧「すみません、私も特に意識して使ってたわけではなくて」

那岐「でも君の高校の恩師……赤土プロだったか? 彼女にも呼び捨てにしてたみたいだし」

憧「ハルエは幼稚園のころから面識があるんで、その名残っていうか……」

那岐「……まぁ、どっちにせよ私のくだらない拘りだ、錯乱して済まなかったな」

憧「べ、別に那岐さんに距離を取っているとかそういう訳では……むしろ尊敬してるっていうか……」

那岐「ん? なんだって?」

憧「だって、那岐さん最高だから……」

那岐「聞こえないな、もっと大きな声で」

憧「那岐さんは最高です!」

那岐「(無言の笑顔)」

憧「ノせた癖に何笑顔になってんですか!? ていうかこれ浩子さんにもさせられたし流行ってんの!?」

那岐「はっはっは、タメ口タメ口」

憧「一瞬で天より高く増長したこの人!?」

人の体温 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ido


友香「……ん……でー……」 ウトウト

浩子「なんや、おねむの時間か」

宥「友香ちゃん友香ちゃん、こんなところで寝たら風邪ひいちゃうよぉ」 ユサユサ

友香「……ねむ…………」 ウトウト

浩子「こらあきませんわ、こいつここで寝る気や」

宥「むー……」

浩子「どうしましょ? まぁ別に一、二時間くらい寝かしといても……」

宥「ずるい! 私も一緒に寝る!」 毛布ガバー

浩子「ずるいてなに!?」

友香「ん……」 ムニャ

宥「ふふ、あったか~い、おやすみ~……」 ナデナデ

浩子「え、ちょ、松実先輩、練習メニューの打ち合わせは」

宥「……く~…………」 ムニャムニャ

浩子「……………………………………おやすみ~……」

浩子「…………なんやこれ」




泉「おはようござ~……」 トビラガチャー

浩子「ん、泉これなんとかせーや」

泉「は? これ?」

宥「……ぬく…………むにゃ……」 ZZZ

友香「……ん~…………」 ZZZ

泉「………………えっと」

浩子「これ」

泉「そういえば絹恵さんと井戸掘りにいく約束してたん思い出しましたわ」 クルッ

浩子「青年海外協力隊かなんかかアンタは」 ガシー




泉「いやまぁ冗談はともかく、二人ともぐっすりですねぇ」

浩子「マイペースやわホンマ」

泉「私やったら部室で寝てたら色々悪戯されそうでよう眠れなさそうやな……」

浩子「そらもう額に花牌のどれか書いて写真撮るわ」

泉「なんでこんなことで花牌とか絵心無駄に発揮してくるんですか」

浩子「そらもう後輩に対する愛情の発露よ」

泉「愛の形が歪みすぎている」

浩子「冗談やろ冗談、早よメニュー作り手伝ってや」

泉「はいはい…… でも普通一年に練習メニュー作らせんでしょ……」

浩子「一年は一年でも大学一年やったら甘えは許さん」

泉「まぁええですけど……」

宥「いいよぉ~…………」 ムニャムニャ

泉「寝言タイムリーやな!?」 ビクッ




友香「……ん、あ」

泉「お、起きたか」

友香「……えと、あー、ご、ごめんなさい?」

泉「なにが?」

友香「れ、練習メニュー考えてた途中で寝ちゃったんで……」

浩子「終わったしええよ、森垣に相談したかった部分は終わってたし、作業も泉が手伝ってくれたしな」

泉(素直に褒めてくれる船久保先輩って、なんかキモチ悪いわ……)

浩子「あ゛あ゛ん゛?」

泉「先輩、20歳の女性がしちゃいけない表情してます先輩」

友香「ごめんね泉、あとで何かごちそうするんでー」

泉「ええって別に気にせんでも」

浩子「それより森垣、寒うなかったんか? 起きとったうちも結構肌寒い感じやったんやけど」

友香「いや、むしろ暑いくらいで、それで目が覚めたんでー」

泉「いやいや、船久保先輩ともあろう人が、そんな心配いらんでしょ」

浩子「え? なんで?」

泉「……」 チョイチョイ

浩子「……?」

宥「んぅ~…………あったかくない……湯たんぽぉ~……」 ZZZ

浩子「…………」

泉「…………」

友香「…………」

浩子「…………森垣、もうちょい寝とくか?」

友香「…………いや、毛布もってきます」

泉(普通の敬語!?)

美味しい季節 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

matsumikan


憧「あ、おはよ、宥姉」

宥「おはよ~」

憧「ごめんね、待った?」

宥「大丈夫だよぉ、まだ電車の時間まで余裕はあるし」

憧「いや~、ギリギリかもわかんないよ、宥姉と一緒にいるとなぜか時間の進みが早いから」

宥「どういう事なの……」

憧「アレ本当なんでなんだろう、宥姉のほわほわオーラで時空が歪んでいる……?」

宥「言ってる意味がよく分からないよ」

憧「ほら、時空歪ませてないで早く学校行こう?」

宥「時空歪ませる説採用しちゃうの!? というか今色々言ってたのは憧ちゃんだよぉ…… 」




玄「お、お姉ちゃーん! よかった、まだ居た!」 バタバタ

宥「え、玄ちゃん!? どうしたの!?」

憧「玄おはよ~」

玄「憧ちゃんおはよう! お姉ちゃんがお弁当忘れてるって板さんに渡されて…… はいこれ」

宥「えっ、あっ! 」 ガサガサ

憧「宥姉……」

宥「ご、ごめんね玄ちゃん、忙しい時間なのにありがとう」

玄「大丈夫だよ~ それじゃあね! 憧ちゃんもいつでも遊びにきてね! 今日の帰りとか!」 パタパタ

憧「って今日かい! あ、行っちゃった…… 急ごう、宥姉」

宥「う、うん……」




宥「はぁ~…… やっちゃったなぁ、私……」 トボトボ

憧「……いつになく押しが強いというか、女将モード玄だったわね」

宥「朝は本当に忙しいからね~、玄ちゃんに迷惑かけちゃった……」

憧「それじゃ、今日の帰りに何か美味しいもの買ってって、お礼言いましょ、ね?」

宥「……うん、そうだね、憧ちゃんも来てくれるでしょ?」

憧「まぁ、遅くならなければね、今日も練習はあるし」

宥「憧ちゃんだったらいくら遅くても大歓迎だよぉ」

憧「いや、私がかまうんだってば!」

宥「どうして? またうちでご飯食べていけばいいのに、賄い出すよ~」

憧「それよ! 松実館のすっっっっごく美味しい賄いご飯のおかげで! 私がどれだけ苦労しているか……!」

宥「す、凄いタメて美味しいって言ってくれたのは嬉しいんだけど、な、何か困らせちゃってた?」

憧「………………体重が」 シクシク

宥「あっ」

憧「なんであんなにご飯が美味しいのよぉ…… 残さず食べちゃうでしょお……」 シクシク

宥「今日は良いシシが入ってたから、すじのお肉で肉じゃがか、カレーとかかな~」

憧「宥姉ええええええ!」




憧「でも最近、夜が寝苦しくなくなったわよね~」

宥「そうだね、私もタオルケット一枚追加したよ」

憧「相変わらずね宥姉は…… 朝とか大丈夫なの? ちゃんと起きられてる?」

宥「だ、大丈夫だよ、私だってもう21歳なんだから一人で起きるくらい……」

憧「くらい?」

宥「しゅ、週に二回くらい玄ちゃんに起こしてもらうくらいで済んでるよ! セーフだよ!」

憧「宥姉それ済んでないから、麻雀で言ったら5,200振り込んじゃってるくらいアウトだから」




憧「そっか~、宥姉はまだお寝坊が治らないのか~」 ニヤニヤ

宥「うう…… 気を付けます……」

憧「いやぁ、普段一緒に登校する時は待っててもらってるから、気づかなかったな~」

宥「……うーん、それはちょっとまた別の理由があるんだけどね」

憧「え?」

宥「えっと、時間割の関係で、憧ちゃんと一緒に登校できるのって週に二回だけでしょ?」

憧「そうね、火曜と金曜だけ一緒だけど、それがどうかしたの?」

宥「だから待ち遠しくて、朝になったらすぐ目が覚めちゃうんだ~」 ニコッ

憧「…………しっ、小学生か!!」

宥「ええっ、ひどいよ~」

日本人の心 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

misoshiru

友香「松実センパーイ、大丈夫デスかー?」

宥「だ、だだだ大丈夫だよゆゆ友香ちゃん」 ガクガクブルブル

絹恵「このコンビニの中、冷房効きすぎてますね」

宥「さ、寒い……」 ガタガタブルブル

絹恵「あかん、震えすぎて影分身みたいになっとる」

友香「残像だ」

絹恵「また残像なのか!?」

宥「あ、あったかくない~」 フルフル




宥「う、うう、ごめんね、ちょっと外で待ってるね……」 フラフラ

友香「温かいコーヒーとか買った方がいいデスか?」

宥「う、うん、できればお願いしたいかも」

絹恵「そんじゃちょっと待っとってくださいね」

宥「ありがと~」 ウイーン アリガトヤッシター

絹恵「………………」

友香「……? どうかしましたか?」

絹恵「いやー、この季節にホットコーヒーとか、いくらコンビニとはいえ置いてるんかなって」

友香「無かったらインスタントコーヒーにお湯入れて持っていけばいいんでー!」

絹恵「ああ、なるほど、友香ちゃん頭ええなぁ!」

友香「へへーん!」 フンス

絹恵「今日も絶好調やね友香ちゃんのドヤ顔」

友香「ええっ、私いつもそんなにドヤ顔してないんでー!!?」 プンスコ

絹恵「しとるしとる」

友香「してませんー!」 プンスコ




絹恵「でも、普段コンビニでインスタントコーヒーとか買わんしな…… どこに置いてんねやろ……」 キョロキョロ

友香「……あ、愛宕センパイ! コレ! あった!」

絹恵「ん、おお、見つけんの早い! さっすが有能やで友香ちゃん! デキる女は違うな~!」

友香「そ、そんなに褒められると照れるんで~」 テレテレ

絹恵「で、どれどれ? インスタントの」

友香「コレ! インスタントの! しじみの味噌汁!」

絹恵「しじみだったら僕たちの世代ってみんな良いって知ってますからねーってアホかあああ! なんでや!」

友香「お、おお、ノリツッコミなんでー」

絹恵「友香ちゃんなんでいきなり味噌汁持ってくるん!?」

友香「このお店インスタント味噌汁だけで20種類くらい置いてあったから、つい……」

絹恵「無駄にメニューが充実!? なんでインスタント味噌汁にそんなこだわり見せてくるんこの店?!」

友香「私は普通に豆腐とわかめにしようかなぁ、それともあさり…… うーん、どっちを買うか迷うぜ☆」

絹恵「普通に選んどる!? ちょ、友香ちゃんいい加減コーヒーを……」

友香「愛宕センパイは何にします? なめこ? ほうれん草? ごま豆乳なんてのもあるんでー」

絹恵「…………あおさの味噌汁で」

友香「はーい、それじゃまとめてレジに持ってくんでー」




宥「ありがとう絹恵ちゃん、友香ちゃん、お味噌汁あったかくて美味しいよぉ」 ズズズ アッタカーイ

友香「喜んでもらえて何よりなんでー」 ゴクゴク

絹恵(味噌汁正解やったんか…… もうなにがなんだかよう分からん…… 美味しいけど……) ズズズッ

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。基本的に火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。


紺フェスバナー-20150823_224336



記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード