今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

松実玄

美味しい季節 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

matsumikan


憧「あ、おはよ、宥姉」

宥「おはよ~」

憧「ごめんね、待った?」

宥「大丈夫だよぉ、まだ電車の時間まで余裕はあるし」

憧「いや~、ギリギリかもわかんないよ、宥姉と一緒にいるとなぜか時間の進みが早いから」

宥「どういう事なの……」

憧「アレ本当なんでなんだろう、宥姉のほわほわオーラで時空が歪んでいる……?」

宥「言ってる意味がよく分からないよ」

憧「ほら、時空歪ませてないで早く学校行こう?」

宥「時空歪ませる説採用しちゃうの!? というか今色々言ってたのは憧ちゃんだよぉ…… 」




玄「お、お姉ちゃーん! よかった、まだ居た!」 バタバタ

宥「え、玄ちゃん!? どうしたの!?」

憧「玄おはよ~」

玄「憧ちゃんおはよう! お姉ちゃんがお弁当忘れてるって板さんに渡されて…… はいこれ」

宥「えっ、あっ! 」 ガサガサ

憧「宥姉……」

宥「ご、ごめんね玄ちゃん、忙しい時間なのにありがとう」

玄「大丈夫だよ~ それじゃあね! 憧ちゃんもいつでも遊びにきてね! 今日の帰りとか!」 パタパタ

憧「って今日かい! あ、行っちゃった…… 急ごう、宥姉」

宥「う、うん……」




宥「はぁ~…… やっちゃったなぁ、私……」 トボトボ

憧「……いつになく押しが強いというか、女将モード玄だったわね」

宥「朝は本当に忙しいからね~、玄ちゃんに迷惑かけちゃった……」

憧「それじゃ、今日の帰りに何か美味しいもの買ってって、お礼言いましょ、ね?」

宥「……うん、そうだね、憧ちゃんも来てくれるでしょ?」

憧「まぁ、遅くならなければね、今日も練習はあるし」

宥「憧ちゃんだったらいくら遅くても大歓迎だよぉ」

憧「いや、私がかまうんだってば!」

宥「どうして? またうちでご飯食べていけばいいのに、賄い出すよ~」

憧「それよ! 松実館のすっっっっごく美味しい賄いご飯のおかげで! 私がどれだけ苦労しているか……!」

宥「す、凄いタメて美味しいって言ってくれたのは嬉しいんだけど、な、何か困らせちゃってた?」

憧「………………体重が」 シクシク

宥「あっ」

憧「なんであんなにご飯が美味しいのよぉ…… 残さず食べちゃうでしょお……」 シクシク

宥「今日は良いシシが入ってたから、すじのお肉で肉じゃがか、カレーとかかな~」

憧「宥姉ええええええ!」




憧「でも最近、夜が寝苦しくなくなったわよね~」

宥「そうだね、私もタオルケット一枚追加したよ」

憧「相変わらずね宥姉は…… 朝とか大丈夫なの? ちゃんと起きられてる?」

宥「だ、大丈夫だよ、私だってもう21歳なんだから一人で起きるくらい……」

憧「くらい?」

宥「しゅ、週に二回くらい玄ちゃんに起こしてもらうくらいで済んでるよ! セーフだよ!」

憧「宥姉それ済んでないから、麻雀で言ったら5,200振り込んじゃってるくらいアウトだから」




憧「そっか~、宥姉はまだお寝坊が治らないのか~」 ニヤニヤ

宥「うう…… 気を付けます……」

憧「いやぁ、普段一緒に登校する時は待っててもらってるから、気づかなかったな~」

宥「……うーん、それはちょっとまた別の理由があるんだけどね」

憧「え?」

宥「えっと、時間割の関係で、憧ちゃんと一緒に登校できるのって週に二回だけでしょ?」

憧「そうね、火曜と金曜だけ一緒だけど、それがどうかしたの?」

宥「だから待ち遠しくて、朝になったらすぐ目が覚めちゃうんだ~」 ニコッ

憧「…………しっ、小学生か!!」

宥「ええっ、ひどいよ~」

故郷に錦 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

f0131491_16304435


宥「はぁー♥ コタツあったかぁい♥」ヌクヌク

灼「冷えた体に赤外線がしみる……」ヌクヌク

憧「…………あの」ヌクヌク

ガラッ

玄「お茶とみかんとお煎餅持ってきたよー」

宥「玄ちゃんありがとう~」

玄「ポットでお湯持ってきたから、おかわり欲しくなったら言ってね」

灼「玄の世話焼きはあいかわらず凄いね」

憧「……あの…………ねぇ、灼さん」

灼「なに?」

憧「……試合はどうしたの? 今夜って大宮の試合あるんじゃなかったっけ?」

灼「めんどくさ……」

憧「おい麻雀プロ」



灼「冗談…… 今日は登板予定ないし、明日から公式戦はしばらくお休みだから、里帰りしただけ」

憧「里帰りっていうなら、ここでのんびりしててもいいの?」

玄「ふふふ、コタツの魔力にとらわれたらもう遅い! 脱出不可能なのです!」

宥「勝てばよかろうなんだよ~」

灼「ぐわぁー卑怯なぁー」

憧「いつにもまして棒読みがひどい」

玄「灼ちゃんは阿知賀のスターだから、こうでもしないとゆっくりお話しできないもんねぇ」

灼「ん、まぁ私も騒がしいのは好きじゃないし…… あと、別にスターでもないから」

憧「何言ってんの阿知賀のネクストレジェンド!」

灼「レジェンドはハルちゃんだけでいいし…… というか私だけじゃなくて、穏乃だってプロでしょ」

憧「レジェンド云々ってプロでの活躍とかあんまり関係ない気がするのよね……」

宥「部長として阿知賀を全国に連れて行った灼ちゃんは確かにレジェンドだよぉ」

灼「わずらわし……」



玄「ね、ねぇそういえば灼ちゃん、大宮と言えば、牌のお姉さんがいるよね?」

憧(聞きたくて聞きたくて仕方なかったくせに白々しい聞き方してる)

宥(玄ちゃん、牌のお姉さん大好きだもんね…… 特にお姉さんのお胸が)

灼「ん、はやりさん? 凄くいい人だよね、序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ」

憧「いい人って褒めてるハズなのに、なんでボケを挟んでくるのそこで」

灼「おっぱいの中に顔を埋めさせてもらったこともあるし」

宥「えっ」

玄「www??WWWwwWW!?!???wwWW!?」

憧「落ち着け」

宥「どういう経緯でそんなことに?」

灼「練習で逆転勝利したら、こう、がばっと抱きしめられて褒めながら頭を撫でられた」

宥「色々と凄いね……」

玄「私も!! ハートビーツに!!! 入るのです!!!!!」フンス

憧「落ち着けって言ってんでしょ!」



憧「あー、でも今日灼さんが来るなら、しずにも連絡すれば良かったかなぁ」

宥「そうだねー、穏乃ちゃんが居れば久しぶりの面子が揃ったんだけど」

玄「穏乃ちゃんも忙しいみたいだからどうだろうねー……」

灼「私とはチームのリーグが違ってて公式戦で当たらないから、どうしてるか良く分からないんだよね」

宥「当たらな、あらた、あたら……うーん……」

憧「……宥姉、今めっちゃ頑張ってボケようとしてるでしょ」

宥「ななな、なんでわかったの!!?」

憧「わかるわ!」

灼「……憧も宥さんも相変わらずで何より」



宥「うん、せっかくだから今からでも穏乃ちゃんに電話してみようよ」

玄「そうだね! 今日はつくばの試合無いし!」

憧「練習中か、移動中かもしれないけどね……」 prrr prrr ガチャッ

穏乃『……もしもし憧? どうかした?』

憧「いま電話大丈夫?」

穏乃『うん、いま練習の休憩時間でちょっと外を走って帰ってきたところだから!』

憧「それ別の意味で大丈夫じゃないわよ」

灼「穏乃、おひさ」

穏乃『こ、この声は灼さん!?』

玄「私達も居るのです!」

宥「穏乃ちゃんお久しぶり~」

穏乃『おおお玄さん! 宥さん! お久しぶりです!』

灼「いま松実館に4人でいるから、せっかくだから穏乃にも連絡しようと思って」

穏乃『えー!? ずるい! 私も行きたかった!』

憧「あんたいま練習あるって言ったばかりでしょ」

穏乃『そうだった!』



玄「穏乃ちゃんも頑張ってるんだね!」

宥「いつもテレビで応援してるからね~」

穏乃『へへ、なんだか照れますけど、頑張ります!』

灼「日本シリーズで当たったらよろしくね」

穏乃『こちらこそよろしくおねがいします! 負けませんよ!』

憧「あんたもたまにはこっちに帰ってきなさいよね」

穏乃『う、うう、とりあえずシーズンの前半戦終わったら帰ろうと思ってるけど……』

憧「まったく…… ちゃんとご飯食べてるの? 外食ばかりしてないでしょうね?」

穏乃『だ、大丈夫だよ、憧は心配性だなぁ』

宥(お母さんと一人暮らしの娘みたい)

灼(完全にお母さんの口調だ)

玄「なんだか憧ちゃん、穏乃ちゃんのお母さんみたいだね!」

穏乃『ええー!?』

憧「誰が子持ちのおばさんみたいだってのよ!」

玄「そこまでは言ってないよ!?」

灼「玄、思っても口に出さないのが乙女の嗜みだよ」

憧「灼さんまで!?」



??『高鴨さーん』

穏乃『あっ…… すみません、そろそろ練習再開するみたいです』

宥「うん、忙しい所ごめんね」

憧「この後もがんばんなさいよ」

穏乃『ウェヒヒ、皆さんありがとうございます!!』

玄「またね!」

穏乃『はい! それじゃまた!』 プッ ツーツーツー

宥「穏乃ちゃんも元気そうだったね!」 アッタカーイ

灼「久しぶりに声を聞けて安心した」

憧「でも、心配は心配なのよね、新人なのに先発中継ぎにフル回転してるから……」

灼「心配しすぎだと思……」

玄「憧ちゃんは穏乃ちゃんのことが大好きだもんねー」

憧「」

宥「…………あ、憧ちゃんフリーズしちゃった」

灼「かいしんのいちげきが入ったね」

玄「え? え? 憧ちゃんどうかしたの!?」

憧「そ、そ、そんな訳ないでしょ大好きとかそんな確かにしずのことは嫌いじゃないけどあくまで友達として心配してるだけであって別にそんなすすすすすきとかそういう感情は全くないしそもそも昔からしずは周りに心配ばっかりかけてるから幼馴染の私も自然とそういう」

灼「……」

宥「……」

玄「……」

憧「………………」

灼「あ、玄、お茶のおかわりちょうだい」

玄「あ、はーい」

憧「なかったことにしないで! それはそれで辛い!」

宥「憧ちゃんあったかいね~」

部長の器【咲K大麻雀部SS】

※このSSは咲-Saki-本編の3年後です
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※大学別に面子は固定です


怜「なぁなぁ宥姉やん膝枕してー」 (サワサワ

宥「きゃっ! と、怜ちゃん///」

浩子「先輩、セクハラもええ加減にせんと清水谷先輩に通報しますよ」

怜「フ、フナQそれはあかんわ、一番やってはならんことやで」(カタカタ

憧「怯えるくらいならしなきゃいいのに……」

友香「どういうこと? 怯えるって?」

泉「ああ! ……いろいろ事情があるんや、うん、きっと」

絹恵「この子説明が面倒やからって色々放棄しよったで」



那岐「なぁお前ら…練習、しないのか……」

浩子「アカン、我らが部長様が拗ねてもうてるわ」

怜「那岐ちゃん堪忍やで、これも全て宥姉やんの膝枕が魅力的すぎるのが原因なんや」

宥「ええっ、あったかくないよぉ……」

絹恵「園城寺先輩……ほんまこれが無ければええ先輩やのに……」

憧「本当に膝枕キチよね、いろんな意味で玄を思い出すわ……」

泉「あのドラローさんもこんななんか……しっかりしてそうやのに」



怜「おう、先輩にこんなんとは随分生意気な口きくやないか泉ぃ?」

泉「ひぃ!?」

浩子「これはちいとばかし教育が必要なようやなぁ?」

泉「船久保先輩までなんでいきなりそっち側にまわってるんですか!?」

浩子「残念やったなぁ、トリックやで」

泉「意味わからへん!?」



那岐「………練習……」

友香「先輩、私打ちたいんでー」

那岐「も、森垣……」(パァァ

憧「あたしもー」

友香「もー?」

憧「な、なによ」

友香「いや、なんでもないんでー」

絹恵「じゃあ私らで打ちましょうか」



那岐「後輩はいい子だなぁ……」

絹恵(ボボイーン

友香(ポイーン

憧(ムチッ

那岐「」 (ペターン

那岐「……ちょっとこの面子とは打ちたくない」

絹友憧「「「えっ」」」

浩子「あの部長ちょっとメンタル弱すぎちゃいます?」

怜「おもろいからええやん」

宥「みんな仲良しさんだね~」
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード