今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

桧森誓子

気の利く人 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Wednesday


京太郎「……あれ?」

揺杏「お、京ちゃん」

由暉子「こんにちは」

京太郎「この二人がそろって部室にいるって珍しいんじゃないですか?」

由暉子「確かにあまりなかったかもしれませんね」

揺杏「別に仲悪いどころか普通に仲良いよ、というか普段チカセン含めて結構連絡とってるし」

京太郎「へぇ、仲良いんですね」

由暉子「私があまり部に顔を出せないのが悪いのですが……」

京太郎「まぁしょうがないよな、というか、普段からテレビでユキを観てるから居ないイメージがない」

由暉子「観てくださっているんですか、嬉しいです」

揺杏「……あれ、二人って結構仲良かったんだっけ? ユキ呼びしてるし」

京太郎「まぁ、同級生ですからね」

由暉子「おっ、お友達ですから」 カアァ

京太郎「なんで顔を赤らめてんの」

由暉子「だ、だって、男の子のお友達なんて初めてで」

揺杏「…………京ちゃん、一応チカセンに知られないようにしなよ、過保護だし」

京太郎「OK揺者、-Toki-に落ち着け、何か誤解をしている」

由暉子「? 誤解、ですか? ちゃんとお友達ですよ?」

揺杏「いや、うん、分かってるって、お友達っていうテイな、分かった分かった」

京太郎「ちげえ! 話聞いてくださいよ!」

揺杏「それじゃ私帰るから、あとは若い者同士で……」

由暉子「揺杏先輩も十分お若いですよ」

揺杏「若作りしてる扱いされてるんですけど!? 事実若いよ!?」

京太郎「自分でフったネタでしょうが!」




揺杏「まぁ京ちゃんはヘタレだからそんなことはないだろうとは思ってたケドね~」

京太郎「あまり嬉しくない信頼のされ方だ……」

由暉子「ところで揺杏先輩、誓子先輩と連絡はどうしましょうか?」

揺杏「あー、うん、どうしようか、なんか面倒になってきたかも、二人で行っちゃう?」

由暉子「それは流石に可哀そうな気がしますが」

京太郎「桧森先輩ならさっき学部の事務室で見ましたよ」

揺杏「えっマジで、まだやってたのかよ」

京太郎「あれってなにやってるんです?」

由暉子「水曜日の麻雀部活動許可を出してるんです」

揺杏「今後由暉子の予定的に水曜日が空けられる事になりそうだから、部活の日を変えられないかってね」

京太郎「マジか、ユキ良かったな」

由暉子「はい、私も仕事がなければなるべく来たかったので……」

京太郎「でも、他の部員に知らせなくていいんですか?」

揺杏「もちろん部長さんと相談済みだよ、っていうかあのチカセンがそんな根回ししてないはずないでしょー」

京太郎「違いないですね、あの細かいことにいちいちよく気が付く桧森先輩なら!」

揺杏「そう! 色々見つけてはいちいち小言を言うのが趣味のチカセンなら!」

誓子「ふぅん」

京太郎「…………」

揺杏「…………」

由暉子「あ、お疲れ様です」

誓子「あ、ユキ、さっき受理されたから、たぶん来週あたりから水曜日も部活出来るんじゃないかしら」

由暉子「ありがとうございます!」

京太郎「良かったなユキ!」

揺杏「めでたいなユキ! これは今から祝杯を挙げに行かなきゃな!」

京太郎「揺杏先輩ナイスアイディア! さっそく行きましょう!」

揺杏「そうすっか!」

誓子「二人とも、ステイ」

二人「「はい」」

誓子「正座」

二人「「はい」」




おてつだい【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kozara

誓子「なんだか最近雨が多いわね」

絃「そうだね、洗濯物が溜まっちゃう……」

花子「あれ、イトちんって実家住みじゃなかったの? 洗濯?」

絃「実家だけど家事のお手伝いはしてるから」

花子「うわっ、偉っ……まぶしすぎるっしょ……」

誓子「そっちは実家だからってだらけすぎよ」

花子「私を働かせたら大したもんですよ」

絃「いっそ清々しいまでに胸を張ってニート発言したね……」

誓子「花子らしいと言えばらしいけどね」

絃「やる気出せば料理とかも色々できるのに…… もったいないよ花子ちゃん」

花子「家事なんて出来る人がする、それでいいんだよ」

誓子「それ普段から家事してる人が言うなら分かるんだけどね……」

花子「『牌より重いものを持ったことがない女』という希少価値はぜひとも継続していきたい」

誓子「言うほど希少価値かしらそれ……」

絃「でもこの間花子ちゃん、月刊少年ガ○ガンを手のひらの上にいくつ積めるかって遊んでなかった?」

花子「ああ、そいえばそんなんやったね、5冊のせたら手首がイカれるかと」

誓子「なに変なことやってるのよ二人して……」

絃「つまり『月刊少年ガン○ン5冊より重いものを持ったことがない女』こと浅見花子! ということだね!」

花子「なんだか我ながら一気に微妙な感じになったな」

誓子「とりあえずすごく重そうということは伝わってくる」




花子「そういえばこの中だと一人暮らしはチカりんだけか」

誓子「そういえばそうか、実家住み羨ましいわね……」

花子「おいおい褒めるなよ~」

誓子「少なくとも褒めてはいない、断じて」

絃「誓子ちゃんは家事サボったりしてない?」 クスクス

誓子「自分がしないと誰もしてくれないもの、嫌でもするわよ」

花子「そうか、そうやって自分を逆境に追い込むことでチカりんにも家事スキルが開花したわけか」

絃「やらないといけないっていうのはやる気を出すにはいい方法かもしれないね」

誓子「……ちょっと待って、それなんか元々私が家事やらない子みたいじゃない?」

花子「チカりんは意外とそういうのやらないタイプでしょ、ハナピー知ってるよ」

絃(鼻ピー……)

誓子「そんなことないわよ! まったく失礼ね!」 プンスコ

花子「えー? それじゃ例えば何やってた?」

誓子「……………………ご飯の時にお醤油のお小皿を並べたりとか……」

花子「小学生か」

絃「小学生だね」

誓子「い、いまはちゃんと家事してるから! 掃除洗濯してるし料理だってしてるもん!」

花子「はいはい(優しい目」

絃「うんうん(優しい目」

誓子「もおおおお!」




レギュラーだーれだ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kinggame


絃「それじゃ、来週の練習試合には参加ということでいいの?」

由暉子「はい、よろしくお願いします」

誓子「ごめんね絃、急にメンバー変更なんて」

絃「大丈夫だよ、もともと相手に比べてこっちの人数がひとり足りなくてどうしようかって思ってたから」

由暉子「でしたらよいのですが……」

誓子「一人だけ余るっていうのもなんだか可愛そうね、人数が合って良かったわ」

絃「相手の部長さんが『余った子は隅で折り紙しててもらうから気にしないで』って言ってたんだけど……」

由暉子「絵面が悲惨すぎませんか」




絃「真屋さん練習試合でどのポジションに出たい? シングル? コンビ? それともチーム?」

由暉子「空いているところで構いませんよ?」

絃「いや、まだ特に決まっているポジションがあるわけじゃないから、希望があれば聞いてあげられるよ」

由暉子「……そうなんですか、それではちょっと考えてみます、明日まででよろしいでしょうか?」

絃「はーい」

誓子「リーグ公式戦までまだ時間があるって言っても、そろそろポジション固定した方がいいんじゃない?」

絃「う…… だ、だって、みんなぐんぐん成長して強くなってるから…… 良い意味で悩ましくて……」

由暉子「……………………」

誓子「ふふ、ユキが来ない間にみんなすっごく強くなってるんだから」

由暉子「わ、私も強くなっていますよ!」

絃「うーん、ポ、ポジションどうしよう……いっそのことくじ引きとかでもいいかなぁ……」

誓子「こらこら、しっかりしなさい部長」

絃「じゃ、じゃあ…… 大学生らしく王様ゲーム、とか……?」

誓子「誰がくじ引きの競技性を上げろと言ったの」

由暉子「結局王様が決めることになるだけの気がしますが」




誓子「それにしても、ユキが練習試合に出るって結構久しぶりじゃない?」

由暉子「はい、練習試合の日のスケジュールが空いてくれてよかったです!」

絃「最初は行けないって言ってたね、予定がなくなったの?」

由暉子「それが、瑞原プロと一緒のロケがあったのですが、瑞原プロの都合が合わず延期になりまして」

誓子「へー、仕事の予定を動かすなんて何かあったのかしら……?」

絃「牌のおねえさんって仕事に真摯で丁寧だっていう噂だもんね」

由暉子「なんでも、チームの後輩の結婚式にどうしても出なければならないんだとか」

誓子「……あっ(察し)」

由暉子「瑞原プロがわざわざご自分でお詫びに来てくださったんです」

誓子「かわいそうな瑞原プロ……」

絃「きっと空の向こうから見ていて下さっているよ」

誓子「死んでないから」

由暉子「そういえば……心なしか目が虚ろだったのは何故なんでしょう……」

誓子「そっとしといたげなさい」

今年もやってくる 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

クリスマス

由華「ところで皆、クリスマスのよて――」

明華「ストァ――――ップ!!!!」

由華「え、な、なに、細胞でも見つけたの」 ビクッ

明華「職場でクリスマスの予定の話はセクハラですよ! 予定のない者に対する情けは無いのですか!?」

ソフィア「ここ職場じゃなくて部室だし」

明華「ま、ま、まぁ私は予定があるので関係のない話ですが!」

尭深「明華ちゃん、この間一人でクリスマスコンサートに行くって言ってなかった?」

明華「予定は……予定です」

ソフィア「一人で?」

誓子「明華……(ホロリ」

明華「泣くほど!?」




明華「うう……みんな嫌いです……」

尭深「まぁまぁ、チケット一つしか取れなかったんでしょ? しょうがないよ」

ソフィア「今年は誓子の家でクリスマスパーティやるから、コンサート終わったら来なよ」

明華「……へ? パーティですか?」

誓子「うん、ウチなら部員くらいまでなら入るでしょ」

由華「そうなんですか、一人暮らしすごいですね」

誓子「それほどでもないわ、まぁもちろん後片付けなんかはしてもらうけどね」

明華「で、ですが去年はそんなイベントなかったではないですか…… ランダムイベントなのですか?」

由華「ゲーム脳かあんたは」

ソフィア「それが、須賀の奴がな」

由華「京太郎がどうかしたんですか?」

ソフィア「いや、自分が料理ほかもろもろの雑用をするから、ぜひとも開催しましょう! って熱く語ってきて」

尭深「なるほど、京太郎くんならお料理も上手ですからね」

ソフィア「なんだか熱く語りすぎて血の涙を流しかねんレベルだったんだが、アレはなんだったんだろうな」

誓子「そこは……触れてあげないであげましょう」

明華「なるほど、京太郎の入部というフラグが必要だったのですね」

由華「ゲーム脳かあんたは」




由華「でもいいんですか? 誓子先輩って教会の娘さんだって聞いたことあるんですが」

誓子「いいって何が?」

由華「クリスマスにパーティとか、騒いだりしても」

誓子「ああ、まぁ別に問題ないでしょう、主への感謝さえ忘れなければ楽しそうな方が断然いいわ」

尭深(お堅いんだか柔軟なんだか)

明華「コンサート終わったら絶対に合流しますので! 料理やお酒は残しておいてくださいね?」

由華「料理は最悪京太郎にお願いすればいいかもしれないけど、お酒については保証しかねるなぁ」

誓子「ちょっと! ウチでの馬鹿騒ぎは絶対に控えてもらうからね! 泥酔するなんてもってのほかだから!」

尭深「はい、もちろんですよ(ニコッ」

由華「そのタイミングでその笑顔めちゃめちゃ胡散臭いな」




誓子「特にソフィア! あなたちゃんと花子のこと管理しておいてね! あれ酔うと悪ノリが悪化するから!」

ソフィア「まぁ大丈夫だろ、あいつも最低限のところは弁えるし」

誓子「最低限って! ゼロ・リバースの惨劇を忘れたの!?」

由華「なんですかソレ……」

ソフィア「ちょっと前、飲みに行ったら偶然居酒屋で隣り合っただけの社会人グループと意気投合してな」

明華「コミュ力お化けすぎるエピソードですね……」

誓子「で、相手全員を飲み潰した結果、全員リバースして死屍累々、その後は誰も残らなかったというね……」

由華「……よし、パーティで花子先輩は隔離しておこう」

尭深「あげるのはひまわりの種とかでいい?」

ソフィア「ハムスター扱いかよ」

誓子「だめよ、そんなのお酒がすすむーとか文句言うにきまってるわ、味の薄いジャーキーとかにしましょう」

ソフィア「犬用かよ、どっちにしろペット扱いなのかよ」

明華「なんだか面白そうなので、途中参加する時に美味しいお酒大量に持っていきますね」

誓子「マジでやめて」

由華「どうしたんですか誓子先輩!? 言葉使いが変ですよ!?」

辛いです、バイトが好きだから 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

araisan


ソフィア「……どうしよう」

誓子「もうすぐ部活なのになんかいつになく深刻そうな顔ね……いつになく……」

ソフィア「おいそこ強調されると普段どれだけ緊張感ないんだよってなるだろ」

尭深「新井先輩は、い、いつも真剣に部活をされて、ま、ますよ」 オドオド

ソフィア「その庇い方は暗にそうだと言ってるほうのやつだぞ渋谷!?」

誓子「嫌ね、冗談よ、冗談」

ソフィア(こいつ真顔で言うから冗談に聞こえないんだよなぁ……)




尭深「それで、何か困りごとでもあったんですか?」

ソフィア「まぁ大したことじゃないんだけどさ、行きたいライブがバイト入れちゃった日なんだよね」

誓子「まぁ! それは大変!」

ソフィア「なんで突然芝居がかったテンションなんだ?」

尭深「お困りのようですね、ぜひとも私たちが代わってさしあげましょう」

ソフィア「バイトを?」

尭深「むろん、ライブを」

ソフィア「…………アホかな?」

誓子「いくらアルバイトとは言え、無関係の人間が突然シフトに入れるわけがないでしょう、常識で考えなさい」

ソフィア「ライブのチケットを譲れと突然言うようなやつらがなんか常識云々言ってるぞ」

誓子「嫌ね、冗談よ」

ソフィア「いや、だから真顔でお前な」




尭深「アルバイトはどなたかシフトの代打の宛はあるんですか?」

ソフィア「んー、そうだなぁ、よく一緒にシフトに入るやつがいるから頼んでみるかなぁ」

誓子「ソフィアがアルバイトでちゃんとお友達を作れてて良かった」

ソフィア「お母さんか何かかお前は」

尭深「しかし、ライブに行きたいっていうのは正直ちょっと頼みにくい理由ですね……」

誓子「そうね、ちょっと言い出しにくいわね……」

ソフィア「う、やっぱりそうだよなぁ、弘世にはなんかお土産買っていくかな」

尭深「……弘世?」

ソフィア「え、うん、シフト代わってもらうんならそのくらいはって」

尭深「いやそこではなく、弘世ってお嬢様の弘世ですか?」

誓子「それ個人の特定につながる形容詞なの?」

ソフィア「黒髪ロングお嬢様の弘世様だな」

誓子「おかしい、情報が絞られつつあるわ」




ソフィア「……あれ、もしかして知らなかったんだっけ? 私と弘世同じバイトだよ」

尭深「初耳です…… ということは、新井先輩もあの喫茶店に居たのですか」

ソフィア「あ、うちの店来たことあるんだな、そうそう、そこでウェイトレスやってるよ」

誓子「アルバイトってウェイトレスだったのね……」

ソフィア「…………なんだよ、似合わないのは知ってるよ」

尭深「似合っているかは実際に見てみないと何とも……」

誓子「そうね、これは一度みんなで職場訪問してみる必要がありそうね!」

ソフィア「げっ、やめてよ恥ずかしいな」

尭深「大丈夫ですよ、弘世先輩の時は元白糸台のメンツでひたすら弄りたおしましたけど大丈夫ですよ」

ソフィア「欠片も大丈夫そうな要素が聞こえてこないんだけど!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード