今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

桧森誓子

文化部の合宿とは大概旅行と同じ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

img1


誓子「京太郎君、秋合宿の行き先アンケートってもう出した?」

京太郎「あ、すいません、まだでした」

誓子「まったく、今週の月曜日までだったんだから、早く出しなさいね」

京太郎「申し訳ないっす…… 今のところ候補地って何処が挙がってるんです?」

誓子「旭川と秋田と福島ね」

京太郎「……なんか候補地偏ってませんか? なんというか、お米が美味しいところというか」

誓子「べべべ別に酒処で有名な場所を挙げてるとかそういうわけじゃ」

京太郎「語るに落ちてんだよなぁ」




誓子「というか、これ私だけが挙げたわけじゃないし、みんなの意見を集約しただけだし」

京太郎「はぁ、桧森先輩ってそんなにお酒好きでしたっけ?」

誓子「う、き、嫌いじゃないわよ」

京太郎(素直に好きって言わないあたりとてもとても誓子先輩やなって)

誓子「京太郎君ってまだ未成年よね」

京太郎「ッス」

誓子「一応未成年組にも楽しめるように色々考えてるから期待していいわよ」

京太郎「何か女の子とのドッキリイベントでも企画してあるんでしょうかぐへへへ」

誓子「単純に美味しい料理とかそういう話なんだけどいっぺん死んだほうが良いんじゃない?」

京太郎「辛辣」




京太郎「まぁ冗談はともかく合宿ってどんな感じなんです?」

誓子「……ああ、そういえば一年目だからどんな感じなのか分からなかったのか」

京太郎「そういえばて」

誓子「なんだか馴染みすぎて一年生っていう感覚がなかったわ」

京太郎「喜んで良いんだかなんだか、よく分からない評ですね……」

誓子「うーん、普段の練習とそんなにやることは変わらないわよ、ソレを旅館をやるってだけで」

京太郎「旅館ですか!」

誓子「そう、ちゃんと温泉付きの所でね」

京太郎「なんだ、普通に楽しみすぎるやつじゃないですか」

誓子「どんなのだと思ってたのよ……」

京太郎「いや、このあいだ浅見先輩が、山で石を拾ってきて牌を作るとか言ってたんで」

誓子「………………なにそれ……」

京太郎「なんか普段使ってる自動卓に感謝するために牌を手作りして」

誓子「いやそれ確実にからかわれてるだけだからね」

京太郎「でも浅見先輩めっちゃ楽しみにしてるって言ってましたよそれ」

誓子「それを楽しみにしてるって時点で違和感感じなかったの!?」

芸術性は紙一重 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kurashikku


花子「んー…… んむむ? どゆこと……?」

誓子「どうしたの? ずいぶんと面白い顔をしてたけど」

花子「開口一番ひどくない?」

誓子「部室で唸り声あげてたらそう言いたくもなるわよ…… 勉強でもしてたの?」

花子「まーそんなとこ、ね、チカりんここ教えて?」

誓子「別にいいけど…… 学科違うのに教えられるかしら」

花子「大丈夫大丈夫、これ一般教養の芸術の授業のレポートだから」

誓子「三年にもなって般教……? なんでそんな授業受けてんの?」

花子「いやー、単純に冷やかしで出席してたらいつの間にか履修登録されててさ」

誓子「おバカこの上ない履修理由なんだけど!?」




誓子「……なんだか教える気力が失せてきたわ」

花子「まぁまぁ、人のピンチを助けると思ってさ」

誓子「そのピンチが割と自業自得な場合はどうしようもないんじゃないかしら」

花子「だが待ってほしい、分からないことが分かっているだけやる気があってマシなのではなかろうか」

誓子「威張る意味が分からない」

尭深「でも浅見先輩がこうして真剣に勉強をしているところを見るのは、もしかしたら初めてかもしれません」

誓子「それはまぁ確かに…… というか居たの尭深」

尭深「茶葉を蒸らしている間は静かに急須をじっと見つめるこだわりがあるので」

誓子(美味しくなる念でも送ってるのかしら……)

尭深「浅見先輩の好きなぬるめです、どうぞ」

花子「ん、あんがと」 ズズー




尭深「それで、どういう課題のレポートなんですか?」

花子「えっとね、『クラシック音楽を一曲鑑賞してレビューせよ』だって」

誓子「思った以上に楽しそうかつ難しそうな課題ね」

花子「そーなんだよなぁ、内容聞いたときは楽しく書けそうって感じたんだけど」

尭深「どの曲を聴くかは決まっているんですよね?」

花子「花のワルツ」

誓子「浅見花子だけに?」

花子「花子だけに」

誓子「……その決め方でいいの?」

花子「こういうのはフィーリングだからね」

尭深「そうすると、私の場合は何にしたらいいんでしょうか」

誓子「……四季の秋とか? 収穫的な意味で」

花子「えー能力のイメージから持ってくんのはずるくない?」

尭深「桧森先輩の場合はモチーフに困りませんね」

誓子「え、なんで」

花子「だってクラシックとか聖者に捧げる曲とかどっさりあるじゃん、選び放題でしょ」

誓子「……別に教会の娘だからって、讃美歌しか歌わないわけじゃないんだけど」

花子「おお? ということはチカりんオンステージの出番というわけですか?」

誓子「どういうわけ?」

尭深「L・O・V・E! ちかりーん! というわけですね」

誓子「なんで讃美歌じゃなかったらいきなりアイドルになるのよ!?」

絃「……ねぇ、三人ともなにをそんなに騒いでるの?」 トビラガチャー

三人「「「…………あっ」」」




絃「……それで、結局レポートが終わらないと」

花子「いや本当マジ面目ねえ」

尭深「私たちも一緒に騒いでたので花子先輩だけが悪いわけではないのですが」

誓子「……そうね」

絃「まったくもう、私も手伝ってあげるから、早く終わらせちゃおう?」

花子「マジかイトちん! すっごい助かる!」

絃「それじゃ、私の家に来てね、レポートが書き終わるまで帰さないから」

花子「……は?」

誓子(堂々のカンヅメ宣言)

尭深(レポート落としたら練習できないですから部長も鬼ですね)

絃「来るよね、花子ちゃん?」 ニコッ

花子「アッハイ」

絃「誓子ちゃんと渋谷さんも、一緒に来てね」

誓子「……えっ」

絃「来るよね?」 ニコッ

二人「「…………はい」」

鈍感×サプライズ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

happybirthday1


揺杏「こんちわーっす」 ガラッ

誓子「あら、おはよう」

由暉子「おはようございます」

揺杏「お、ユキいるじゃーん、めずらしい」

誓子「揺杏だってそんなに出現頻度かわらないでしょ」

揺杏「いや、もともとこの大学の部外者だし私」

由暉子「今日は誓子先輩の誕生日ですから、大学に行かない選択肢がありません」

揺杏「まぁ私もそんな感じだけどね、どうよ、この可愛い後輩っぷりに感動したっしょ?」

誓子「恩着せがましく言われなければ感動してたかもしれないけどね…… ま、ありがと」




揺杏「ところで、ほかの部員の人たち、まだ来てないの? 部室に来るようにって連絡もらってたんだけど」

由暉子「実は私も、恵さんと京太郎くんから連絡をもらいまして」

誓子「私もなんだけど…… それが誰もいないのよ、部室に集まるようにってメール来てたのに」

由暉子「…………なるほど」

揺杏「……ああ、部室には、かぁ、なるほど」

誓子「……ん?」

由暉子「誓子先輩、今日って」

揺杏「ユキ待って、多分これ本当に気付いてないから、これ以上はやめといたほうがいい」

由暉子「は、はぁ……」

誓子「なに、気付いてないってなんのこと?」

揺杏「いや、良いんだよ、チカセンはチカセンのままで(慈愛の目)」

由暉子「私たちはそんな誓子先輩が好きなんです(慈愛の目)」

誓子「なんで二人とも急に目が優しくなったの!?」




誓子「な、なんなの……」

揺杏「いやいや大丈夫だってほら、そろそろ部長さんあたりから連絡がくるんじゃない?」

誓子「え? 絃から?」

由暉子「恐らく部室ではなくて、他の方の部屋で準備をしているんでしょうね」

揺杏「多分ね」

誓子「部屋? 準備?」




揺杏「お、と言ってる間に花子ちゃん先輩から電話きたわ、はーい? 岩館ですけどー?」

花子『お、その声の余裕出してる感じだともう感づいてる?』

揺杏「いやー、流石にバレバレっしょ、でもまだ本人気付いてないみたいだけど」

花子『マジかよ…… これじゃweの勝ちじゃないか!』

揺杏「んで、どこ行けばいいんすか?」

花子『タッツミーの部屋に来て、場所は確かユキりんが知ってるはずだから』

揺杏「ユキ、巽の家ってどこだか知ってる?」

由暉子「はい、何度かお邪魔したことがあります」

揺杏「はいはい、それじゃ今から向かうんでよろしくー」 ピッ

誓子「…………???」

揺杏「ほらほら、さっさと行くぞーチカセン」

誓子「え、う、うん……」

由暉子「ふふっ、おめでとうございます、誓子先輩」

試されすぎる大地 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ

0000000000092


ソフィア「そろそろ暖かくなってきたな」

誓子「そうねぇ、もうそろそろ上着とかもいらないかしら」

明華「つい先週までは雨が降ったりしていて肌寒かったのですが」

誓子「先週の土日とか凄かったものね、雨と風が」

ソフィア「朝のうちだけと思って干してたシャツとか、昼頃ぶっ飛んじゃって大変だったな」

明華「どうしてそんなハイリスクローリターンな挑戦をしたのですか……」

ソフィア「ギリギリでいつも生きていたいから、かな」

誓子「リアルでも手に入れたかったの?」




ソフィア「明華の風をどうこうする力でああいう雨と風、なんとか制御とか出来なかったのか?」

誓子「無茶苦茶言ってるけど、そもそも干さなければいい話でしょう」

明華「そうですよ、私にだってあれほどの嵐は、頑張って体中に風を集めないと巻き起こせないというのに」

ソフィア「聞いといてなんだけど頑張れば出来るのかよ」

明華「Take it so so… Take it so so… 」

誓子「文法的に言葉の意味は分からないけどとにかく凄い自信ね……」




ソフィア「でも急に暖かくなるとそれはそれで…… 眠くなるよな……」 ウトウト

明華「随分と眠そうですね」

ソフィア「……うーん、春眠は いいぞ。」 ウトウト

誓子「まぁ気持ちは分かるけどね、これだけ昼間暖かかったら」
ソフィア「桧森は北海道出身だろ? あっちはまだ4月でも寒かったりするの?」

誓子「普通に雪残ってるわね、場所にもよるけど」

明華「流石雪国ですね」

誓子「こっちに来て冬に雪が無いことのありがたみを実感したわ……」

ソフィア「道民だったらこっちの冬はそれほど厳しく感じなかったりするの?」

誓子「ふふ、道民は超気密住宅で家まるごと暖房ガンガンかけるから、それほど寒さに強いわけじゃないの」

ソフィア「なぜ誇った」




明華「世界中色々と見ましたが、北海道は世界でも指折りの豪雪地帯ですよね、最初びっくりしました」

ソフィア「へぇ、そうなんだ」

誓子「まぁさっき言ったように場所によるけどね…… 札幌あたりはあんまりそんなことないし」

ソフィア「じゃあ凄いところは?」

誓子「旭川より北は見渡す限り雪の白と空の青しかなかったりする」

明華「それはそれで絶景でしょうね」

ソフィア「悟り開けそうだな……」

誓子「綺麗は綺麗なんだけど…… そうね、見てるのは30分くらいが限度じゃない?」

明華「長いこと見てると飽きたりするんですか」

誓子「氷点下の上にだだっ広いから風が凄いと最悪死ぬわね」

ソフィア「試されすぎだろ北海道」




明華「しかし北海道ですか…… 一度でいいのでぜひとも本場のイクラを賞味してみたいものですね」

ソフィア「ああ、そういえばイクラ大好きなんだっけ」

明華「はい、正確に言えば魚卵全般が好物なんですが」

誓子「北海道は鮭釣りに命かけてる人が沢山いるから、親戚から一匹丸ごともらえたりすることもあるわよ」

明華「う、う、うらやましいいいいいいいいいい……!!」

ソフィア「確かに羨ましいは羨ましいけど、それでいいのか欧州の風神」

明華「誓子さん! 今度届いたら是非私にも! す、少し! 少しでいいので!」

誓子「いや私個人宛に届く訳じゃないんだけどね!?」

ソフィア「……海鮮丼でも食べに行くか」

明華「ごちそうさまです!」

ソフィア「いや奢んないよ!?」


SS100本の記念アンケートを実施中です。宜しければご回答のほど、お願い申し上げます。

アイドル地獄変 【咲-Saki- O大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ

dfafa


京太郎「おはよーす」 ガラッ

ソフィア「おー、おはよう」

誓子「え、あ、京太郎君か、おはよ」

京太郎「来て早々ガッカリされてるんですが俺なんかしました?」

誓子「あー、ごめんね、今日はユキが来るって聞いてたものだから」

京太郎「マジっすかウヒョー!」

ソフィア「ウヒョーてお前」

京太郎「いやだって! 普段めったに部活に来ないあの文字通り本物のアイドルが! 来るんですよ!」

ソフィア「事前に想定してた以上にテンション上がってて、いっそ清々しいくらい気持ち悪いぞ……」

誓子「……言わないほうが良かったかしら」



京太郎「まぁ茶番はともかく、珍しいっすね、部活に顔出せるなんて」

誓子「普段から仕事と授業で殺人的なスケジュールだからね……」

由暉子「申し訳ありません、私もなるべく時間を見つけて来るようにはしているのですが」 ヒョコッ

ソフィア「まぁ、忙しいだろうに顔を出してくれるだけでもありがたいよ」

誓子「実際忙しいのは私たちも分かってるしね…… あとユキ、いつから居たの」

京太郎「!!www!WWWww!!w???ww!!?Wwww?」

由暉子「来たのはつい今しがたです、某先輩に教わったオーラ消しの練習がてら侵入しました」 ドヤァ

ソフィア「部員なんだから次からは堂々と入れな」

誓子「バラエティに毒されてるの? 心配だわ……」

由暉子「はぁ、 気をつけます……?」



京太郎「やぁ真屋さん、お久しぶり!」 サワヤカスマイルー

ソフィア(態度の違いが露骨すぎんぞ)

誓子(態度の違いが露骨すぎる)

由暉子「……中身が絃先輩と入れ替わったとか、そういう」

京太郎「すげえ、これが本物のアイドルのマジボケ……!」

誓子「京太郎君もいい加減に落ち着きなさい、ユキだって部活中もアイドルやってたら疲れるでしょ」

ソフィア「アイドル扱いしないほうが楽なの?」

由暉子「それはまぁ、確かにそうかもしれませんね、私も部室で話していると楽しいですし」

京太郎「……そうだな、分かったよ、真屋さん」

由暉子「良ければユキと気安く呼んで下さい、えと、京太郎くん、同級生ですよね?」 ニコッ

京太郎「尊い……」

誓子「名状しがたい顔するのやめなさい」

京太郎「っと、じゃあ、えーと、ユキ、よろしくな」

由暉子「はい、宜しくお願いします」

京太郎「……今日俺、死ぬかもしれんな」

由暉子「あ、あの、突然虚空を見つめて何かと会話を始めたのですが」

誓子「ほっとけば大丈夫よ」



ソフィア「じゃあ、せっかく四人居るし、打とうか?」

誓子「ユキも麻雀でいい?」

由暉子「では、一局だけ……」

ソフィア「あ、なんか予定あったんだ、ごめんね無駄話してて」

由暉子「いえ、それが楽しいので」

京太郎「じゃあ早速起家決めを」

ソフィア「お、意外と復活早かったな?」

京太郎「女性をお待たせするなど紳士の振る舞いではありませんからね」 キリッ

誓子「席順適当にじゃんけんでもいい?」

ソフィア「かまわんよ、東南西北抜き出すのも面倒だし」

京太郎「無視しないデ!」



カチャカチャ カチャカチャ

由暉子「京太郎くんは麻雀お強いのですか?」

京太郎「いや、あんまりだなー、この部活で多分一番か二番に弱いよ」

ソフィア「一番と断言しないあたりが意地だな」 ククク

京太郎「なんぼなんでも上柿の奴に負けるわけにはいかないんですよ」 グヌヌ

誓子「上柿っていうのはユキたちの同級生の子で」

由暉子「恵さんですよね、何度か話したことが…… あ、ダブルリーチです」

京太郎「早くね!!?」

誓子「なんか能力使ったの?」

由暉子「いえ、偶然です」

ソフィア「豪運すぎっぞ!」

由暉子「たまたまで…… あ、すみません、ツモです、2000・3900」

誓子「終わった!?」

京太郎「マジ震えてきやがった……こわいです;」

由暉子「つ、次! 次行きましょう!」

誓子「次の用事はいいの?」

由暉子「…………そんな予定もありましたね」 メソラシー

京太郎「うわー仕事の予定ぶっとばすつもりだこの子」

ソフィア「はは、まぁ不完全燃焼なのは分かるけどな…… ちなみに次の予定ってなに?」

由暉子「はい、一時間後に某看板番組の打ち合わせとあいさつ回りが」

誓子「行きなさい」

京太郎「行きなさい」

ソフィア「行きなさい」

由暉子「アッハイ」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード